2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
財物
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
52 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
上告を棄却
のであるから,成年後見人が業務上占有する成年被後見人所有の財物を横領した場
1 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無 2 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合に成年後見人と成年被後見人との間の親族関係を量刑上酌むべき事情として考慮することの当否
上告を棄却
1 パチスロ店内で、パチスロ機から不正な方法によりメダルを窃取した者の共同正犯である者が、上記犯行を隠ぺいする目的をもって、その隣のパチスロ機において、自ら通常の方法により遊戯していた場合、この通常の遊戯方法により取得したメダルについて窃盗罪が成立するか 2 窃取した財物と窃取したとはいえない財物とが混在している場合における窃盗罪の成立範囲について判示した事例
懲役3年6月
続している以上,新たな暴行があった場合と同視できる,あるいは財物奪取に向け...に,新たに財物取得の意思を生じ,前記暴行・脅迫により反抗が抑圧されている状...態に乗じて財物を取得した場合において,強盗罪が成立するには,新たな暴行・脅
強制わいせつ目的による緊縛状態に乗じて財物を取得した行為につき、強盗罪が成立するとされた事例
上告を棄却
裁判所から選任された未成年後見人が,業務上占有する未成年被後見人所有の財物
家庭裁判所から選任された未成年後見人が未成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無
破棄
の追及から離脱することなく、これらの者によって直ちに財物を取り返されるか、
窃盗犯人が他人の居宅内で財物を窃取後窃盗の犯意を持ち続けてその天井裏に潜み約三時間程度経過後に駆け付けた警察官に対して逮捕を免れるため加えた暴行が窃盗の機会継続中に行われたものとされた事例
上告を棄却
という事案であるところ、窃盗犯人が所有者以外の者の占有する財物を窃取した場...窃盗犯人と財物の占有者との間のみならず、所有者との間にも存することを要する...ものと解するのが相当であるから、これと同旨の見解に立ち、被告人と財物の所有
窃盗犯人が所有者以外の者の占有する財物を窃取した場合における刑法二四四条一項の適用と同項の親族関係
破棄
 論旨は、要するに、刑法二二五条の二のいわゆる拐取者財物要求罪の行為主体は... そして、原判決は、第二事実として、いわゆる拐取者財物要求の事実を認定し、...安否を憂慮する者の憂慮に乗じてその財物の交付を要求し」たというのである。こ
一 営利拐取罪の性質 二 刑法二二五条の二第二項にいう「其財物」の意義
破棄
 (一) 本件財物取得行為は、いずれも被害者Dの不知の間になされたものであ...るから、右財物取得行為とDに対する暴行、脅迫との間には因果関係が存在しな...い。よつて、本件財物取得行為は強盗罪の構成要件を充足するものではない。
一、 反抗抑圧状態にある被害者不知の間になされた財物の奪取につき強盗罪の成立を認めた事例 二、 強盗強姦罪の包括一罪を構成するとされた事例
上告を棄却
主張であつて、上告適法の理由とならない(披告人は、当初から財物を領得する意...このような場合には、被害者が生前有していた財物の所持はその死亡直後において...被害者からその財物の占有を離脱させた自己の行為を利用して右財物を奪取した一
人を殺害した後被害者が身につけていた財物を奪取した行為が窃盗罪にあたるとされた事例
控訴を棄却
財物と認めているものと解せられるから、右支払証票が財物であるか否かは問題で...欺罪の判示として構成要件である財物の具体的表示があり、欠くるところがないの...も、金券でも財物でもない。
一、 歳出金支払証票の財物性 二、 郵便切手類及び印紙の売さばき人の名義貸行為の適否 三、 渡切経費と業務上横領罪の成否
上告を棄却
り財産上不法の利益を得、かつ、財物を騙取した場合は、単一なる詐欺罪を構成す
一個の欺罔行為により財産上不法の利益を得かつ財物を騙取した場合における罪数。
控訴を棄却
とは認めることができない。しかも、被告人が原判示第三および同第四の各財物を...所有の財物を自己の所持に移すことによつて成立するものである。原判決の認定し... <要旨>そして、人の財物に対する所持の保護は、もとよりその人の死亡により原
同棲中の情婦を殺害し約三時間ないし八六時間経過後室内に遺留された死者の財物を持ち去る行為が窃盗罪を構成するとされた事例
破棄
族でない者の所有に属する財物を被告人の非同居の親族が占有する場合にこれをそ...の親族から窃取した案件については、窃盗の直接被害者である当該財物の占有者A... なお附言するに、本件の如く、犯人の親族でない者の所有に属する財物を犯人の
他人の財物を窃取しこれを占有している非同居の親族から右財産を窃取した場合に親族相盗の規定は適用されるか
控訴を棄却
の窃取にかかる<要旨第一>財物を処分しても事後処分として別に犯罪を構成しない
一、 窃取した財物をもつて金員を騙取した場合、窃盗罪のほかに詐欺罪が成立するか 二、 右の場合に、窃盗と詐欺とは牽連犯となるか
上告を棄却
刑法二四六条一項所定の財物に当るものと解するを相当とする。なお当法廷判決判
投票用紙並びに投票用封筒は刑法第二四六条第一項の所定の財物にあたるか。
上告を棄却
のみならず所論の点に関し、本件公傷年金証書をもつて刑法にいわゆる財物に該当...財物に対する事実上の所持それ自体を保護の対象としているものと解すべきである...させた被告人の判示所為が刑法二四二条にいわゆる「他人ノ財物ト看做」された自
一 国鉄公傷年金証書は財物か 二 担保に供した国鉄公傷年金証書に対する詐欺罪の成立
破棄
二三六条に所謂強盗の罪は暴行又は脅迫の手段を以つて他人の財物を強取す...脅迫の手段を以つて他人の財物を強取するの意図があつたとしても、犯行に際して...は、現実に暴行又は脅迫の手段を加えないで、他人の財物を単に窃取したに止まる
甲の財物を窃取した後引続き甲を脅迫して財物を強取しようとしたが未遂に終つた場合の罪責
控訴を棄却
し、右利益は、結局、被告人の騙取にかかる原判示第一の財物の代金に相当し、両...者は財産上の価値において異なるものではないから、すでに、被告人が右財物の騙... なるほど、すでに財物騙取の行為をもつて詐欺罪とした以上、その後の財物返還
一、 欺罔者が財物を騙取した後それに相当する金員の請求を受けてその支払を免れるため被欺罔者に暴行を加えて傷害におよんだ場合と強盗致傷罪の成否 二、 刑法第二三六条第二項にいう不法利得には被害者の処分行為を要するか
破棄
につながつていること即ち偶然の支配によつて財物を得或いはこれを失うという賭
一、 賭金代用のチケツトは刑法第一八五条にいわゆる財物か 二、 賭博の常習性は犯人の所為自体によつても認定し得るか
上告を棄却
祈祷をなし財物を取得する所為が詐欺罪を構成する事例
棄却
つても、財物であつて盗罪の目的となりうることは大審院判例〔明治四四年八月一
使用済の印紙と財物
破棄
しない旨主張するにより、案ずるに、強盗罪が成立するためには、暴行脅迫と財物
甲、乙、丙が丁女の強姦を共謀し丙において丁女を姦淫中甲、乙が共謀して丁女の財物を奪取する行為と因果関係の存否並びに強盗罪の成否
上告を棄却
があれば衣料切符として通用するものと認められる。原判決がこれを財物と認め、
衣料切符用紙は財物か
破棄
するために必要な、財物に対する事実上の支配の奪取が存しないことになる。
財物に対する事実上の支配の奪取及び不法領得の意思がないため窃盗罪の成立しない一事例
破棄
一、 増資新株式申込証拠金領収証の性質 二、 欺岡と財物交付との間の因果関係
棄却
既に死体若くは遺骨とは別個独立して純然たる財物として死者の遺族の権利に属し
戦災死亡者仮墳墓の改葬作業中に右仮墳墓にあつた死体または遺骨から脱落した金歯と刑法第二三五条にいわゆる財物
控訴を棄却
うな関係において結び付いている場合には、刑法の観点からはこれを一個の財物と...もあてはめることができるであろう。)。そしてかくのごとく刑法上一個の財物と...分する意図を有したにすぎない場合、すなわち厳密にいえば不正領得の意思が財物
財物の一部について不正領得の意思をもつて財物を持ち出した場合における窃盗罪成立の範囲
上告を棄却
 弁護人平岡啓道の上告趣意(後記)第一は、法令違反(外食券もまた財物である)
旅行者用外食券と刑法第二四六条第一項の財物
上告を棄却
原判決は控訴趣意第一点について「財物を交付させる手段として、他人を脅迫した
財物を交付させる手段として他人を脅迫した者がこれを交付させるにつき正当な権利を有していた場合と恐喝罪の成否
破棄
一、 財物罪における不法領得の意思 二、 麻薬取締法第三条の譲渡罪
上告を棄却
 刑法二四六条一項に定むる財物の騙取とは犯人の施用した欺罔手段により、他人...を錯誤に陥れ、財物を犯人自身又はその代人若くは第三者に交付せしむるか或はこ
刑法第二四六條第一項にいわゆる「財物を騙取した」との意義
上告を棄却
 刑法における財物取罪の規定は人の財物に対する事実上の所持を保護せんとする
所持禁止の財物に対する窃盗罪の成立
上告を棄却
 第二点詐欺罪において財物の所有者は、他人なることが明かであれば必ずしも具
詐欺罪において財物の所有者を具体的に判示することの要否
控訴を棄却
窃取せられた財物の所有者名の相異と理由のくいちがい
上告を棄却
 強、窃盗罪において奪取行為の目的となる財物とは、財産権殊に所有権の目的と...令綴一冊外書類印鑑等数十点は、もとより強、窃盗罪の客体たる財物に当るものと...た令状によらないで他人の看守する建物に侵入して暴行、脅迫によつて財物を奪取
強窃盜罪における奪取行爲の目的たる財物の意義と共産黨の中央指令等は同罪の財物にあたるか
上告を棄却
 しかし、詐欺罪の目的物たる財物とは、財産権ことに所有権の目的となることを...でないとしても財物でないとはいえない。そして、原判決は、該約束書を認定する
縣經濟部商工課長名義の硝子の配給を約束する書面には詐欺罪の目的物たる財物にあたるか
上告を棄却
 人を恐喝して財物を交付せしめる場合には恐喝罪が成立する。本件のように公務...喝し財物を交付せしめた場合には、たといその被害者の側においては公務員の職務...に対し財物を交付する意思があつたときと雖も、当該公務員の犯行は、収賄罪を構
公務員がその職務の執行に名を籍りて人を恐喝し財物を交付せしめた行爲の擬律
上告を棄却
物であるから、刑法にいわゆる財物にあたるものといわなければならない。従つて、
「家庭用主食購入通帳」は刑法にいわゆる財物にあたるか
上告を棄却
が認められる以上は現場において、被告人が自ら暴行脅迫若しくは財物強取の行為
強盜の共謀と暴行脅迫又は財物強取の行爲をしない者の責任
強窃盗を実行するものについては、その窃取した財物に関して、重ねて賍物罪の成...がごとく、強盗の幇助をした者が正犯の盗取した財物を、その賍物たるの情を知り
一 從犯の意義―正犯の盜取した財物をその情を知つて買受けた強盜の幇助者の賍物故買罪の責任 二 賍物の故買者がその賍物の故買物件を運搬する行爲と刑法第二五六條第二項 三 昭和二三年法律第二五一號による罰金額の變更と新舊法の比照
上告を棄却
 しかし、有罪判決に示すべき強盗罪の一構成要件たる「他人の財物」であること
強盜罪において「他人の財物」であることを判示する具體性の程度
上告を棄却
即ち他人の所有にかかる財物に関する犯罪であつて、財物を強取した事実とその財
財物を強取した旨の公訴事実に基きその財物を受取つて運搬した事実を認定することの可否
上告を棄却
たものである)適法に取得することのできない財物の交付を受けることは恐喝罪を
一 労働争議にあたらない一場合 二 勞働組合法第一一條違反の所爲があるから提訴すると告知して不當に財物を取得した者の責任
上告を棄却
為を為すによりこれを取得するもので、財物を得ると否とは、「窃盗財物を得てそ
一 強盜傷人罪の既遂の時期と財物取得の有無 二 少年に對する保護處分と事實審の自由裁量權 三 舊刑訴法第七二條の規定の性質と同條違反を理由とする上告の適否
上告を棄却
るから、犯人がその間家人の所持する財物を奪取すればそれは窃盗ではなく強盗で...ては所論のように個々の財物について奪取の状況を逐一説明する必要のないことも
一 精神鑑定の請求と精神障碍の事實上の主張 二 裁判所法第二六條第一項の合憲性 三 精神病者の證言の證據能力 四 刑訴法第三四七條第一項の法意 五 被害者不知の間になされた財物の奪取と強盗罪 六 緊急逮捕手続と司法警察官の被害者に対する訊問権 七 證據書類中の被害金額の限度内でこれと異る被害金額を認定した場合と虚無の證據 八 刑訴應急措置法第一三條第二項の合憲性
上告を棄却
財物の交付を受けようと、第三者を介してこれを受けようと、恐喝罪の成否に影響
一 第三者を解して財物の交付を受けた場合における恐喝罪の成立 二 被告人の恐喝行爲についてのみ判示し他の共犯者に觸れない判決の正否
上告を棄却
である。しかも、暴行又は脅迫を以て他人の占有に属する財物を強取すれば、たと...いその物が自己の財物であつてもなお強盗罪の成立を妨げないのであるから、原審...が右Aの占有に属する金品を強取した旨の事実を認定した以上、「その財物が何人
一 強盜罪の目的たる財物に關する判示の程度 二 判事の更迭により公判手續を更新した場合と刑訴法第四一〇條第四號 三 刑訴應急措置法第一三條第二項の合憲性
上告を棄却
ら騙取財物ではないというのであるが、原審の認定した事実によれば被告人Aは精
一 財物を自己の企圖する者の占有下に取得した場合における詐欺罪の成立 二 米穀の賣買と物價統制令違反
上告を棄却
人ノ財物」を判示するには犯人及び共犯者以外の者の所有に属する如何なる財物な...て足り、所論のようにその財物の種類、数量、価格等若しくは何れの物品が何人の
強盜罪における「他人ノ財物」の判示程度
52 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in