2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
証拠調
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
134 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
棄却
ものではあるが,本件では,検察官において受訴裁判所に対し証拠調べの一環とし... 私は,被告事件について証拠調手続が開始された後においては,原則として捜査...機関による捜索差押えは許されず,必要があれば,受訴裁判所に対し,証拠調べの
被告事件について証拠調べ手続が開始された後に裁判官が発付した捜索差押許可状に基づき検察官が行った差押処分が是認された事例
破棄
 【要旨一】証拠調べの必要性を欠くことを理由として文書提出命令の申立てを却
一 証拠調べの必要性を欠くことを理由として文書提出命令の申立てを却下する決定に対し不服の申立てをすることの許否 二 民訴法一九七条一項三号所定の「技術又は職業の秘密」の意義
棄却
手続上の配慮を欠かせないのであつて、非行事実の認定に関する証拠調べの範囲、
非行事実の認定に関する証拠調べの範囲、限度、方法の決定と家庭裁判所の裁量
棄却
 本件抗告申立の適否について判断するに、本件証拠調請求却下決定に対する異議
証拠調請求却下決定に対する異議申立棄却決定に対する特別抗告が不適法として処理された事例
上告を棄却
調書の証拠調に関する手続はすべて適法になされていることが認められ、右のよう
裁判所外における証人尋問及びその証人尋問調書の証拠調に関する手続が憲法三一条、三二条、三七条、一項、二項、八二条一項に違反しないとされた事例
棄却
 本件証拠調の方法に関する決定に対する異議申立棄却決定のような訴訟手続に関
証拠調の方法に関する決定(公判期日外の証拠調)に対する特別抗告の適否
上告を棄却
違反の主張であり(原審が事実誤認の有無を審査するにあたり、証拠調手続を経て
証拠調手続を経ない証拠を判断の資料にした場合の判決への影響
棄却
 ところで、証拠調の請求を却下する決定に対し刑訴法上独立して即時抗告をする
証拠調請求却下決定に対する即時抗告を棄却した決定に関し特別抗告が不適法とされた事例
破棄
二審が訴を却下した一審判決を違法としながら本案について証拠調をし原告の請求は理由がないと判断して控訴棄却の判決をすることは許されるか
取り消す
証拠調べがなされていない段階で、本件訴えの変更の申立てがなされたこと、原告
集団示威運動の不許可処分の無効確認またはその取消しを求める訴えにつき、訴状、答弁書各陳述後証拠調べ施行前に、これを損害賠償請求の訴えに変更することが許された事例
棄却
基づいて裁判すれば足り、それ以上証拠調または事実調査の義務を負うものではな...い。したがつて、原裁判所が、本件制裁を科するに際し、特段の証拠調または事実
一、 法廷等の秩序維持に関する法律による制裁と証拠調または事実調査の要否 二、 本人の署名のない書面によつてした法廷等の秩序維持に関する規則一三条二項の代理人選任の効力 三、 抗告状記載の複数の抗告人の氏名と監置の制裁を受けた複数の氏名不詳者との対応関係等が明らかでない場合の抗告の適否
上告を棄却
民訴法二六二条に基づく調査嘱託の結果の証拠調
上告を棄却
一、競願関係にある者の一人に免許が付与され他にこれが拒否された場合と取消訴訟の提起 二、競願関係にある者の一人に免許が付与され当該免許期間が満了して再免許が付与された場合と免許処分等の取消訴訟の利益 三、電波法九四条第二項にいう「電波監理審議会が認定した事実」の意味 四、電波法第九四条による郵政大臣の決定に前項の認定事実の記載を欠く場合と裁判所独自の証拠調による事実の確定の許否
控訴を棄却
同人の所在不明を理由として刑事訴訟法第三二一条第一項第二号によつて証拠調が...不明」にあたるものとして同法条により証拠調の請求をなしたが、弁護人は、右資...から、同法条によつて前記調書の証拠調をなした原審の措置に違法のかどは存しな
所在不明を理由に刑事訴訟法第三二一条第一項第二号により証拠調べが行われた供述調書は後に至つてその所在が判明し証人尋問が行われた場合その証拠能力を失うか
上告を棄却
なわれた者については、いずれも原告本人としての証拠調がそれぞれなされている...被上告人らを右証拠調の方法の差異に従い、証人または本人として正しく表示して
選定当事者によつて追行される訴訟における選定者の証拠調の方式
上告を棄却
認する第一審判決が、適法に証拠調のされていない所論Aの各供述調書を犯罪事実...認定の証拠としているとしても、かような違法は、本件のごとく、右証拠調を経な
適法な証拠調を経ない証拠を他の証拠と総合して犯罪事実を認定した違法と判決への影響
上告を棄却
 証人Dおよび同Eに対する原審の証拠調は、民訴法二六五条に基づき受命裁判官...により原審裁判所以外の場所において行われたものであつて、その証拠調の結果が
受命裁判官による証拠調と公開
破棄
を乙事件という)においてのみ証拠調その他の訴訟手続が続行されたこと、同三六... なお、被告B1において不関与のままに所論の証拠調がされ、その結果が所論の...き場合には、併合前にそれぞれの事件においてされた証拠調の結果は、併合された
弁論の併合と併合前にされた証拠調の結果
上告を棄却
審はそのなした証拠調に基づいて証拠調の必要限度を合理的に裁量して所論証人の...証拠調の限度に関する合理的裁量の結果であることが認められ、原審が上告人主張
離婚事件における証拠調の限度
上告を棄却
 第一審証人Dの尋問が裁判所外における証拠調期日において施行され、右証拠調...行なう証拠調は、これを公開する必要がないものと解すべきであるから、第一審の
受訴裁判所が裁判所外で行なう証拠調の公開の要否
棄却
を判断し得るに止まり、自ら証拠調をなして自由に事実の確定をなすことを得ない
一、 電波法第九四条の規定による郵政大臣の決定に認定事実の記載を欠く場合における決定の効力 二、 右の場合に決定の適否審査のための証拠調をすることができるか
上告を棄却
証拠関係カードの記載録と被告人等の検事に対する各供述調書がいずれも刑訴法第三二二条第一項及び同第三二一条第一項第二号の書面として当該被告人に対する関係においてのみならず、他の共同被告人等に対する関係においても、その取調請求がなされ、その趣旨において証拠調がなされたことの証明の有無。
上告を棄却
唯一の証拠方法でない場合の証拠調の要否。
上告を棄却
は相当である。右主張を立証するため、上告人提出の証拠につき既に一部証拠調が...なお証拠調必要とし、これがため訴訟の完結を遅延せしめると認めたものであるこ...と判文上明らかであつて、右主張を立証するための証拠調が一部施行されたからと
証拠調が一部施行された主張を時機に後れて提出されたものとして却下することの可否。
上告を棄却
 上告人が原審でした所論証拠調の申請につき、原審がその許否を決することなく
証拠調の申請につき許否を決することなく結審しても違法でないとされた事例
上告を棄却
めにとくに鑑定等の特別の証拠調を要するものではなく、またかかる推定の生ずる
一 裁判官の通常の知識により認識し得べき推定法則と証拠調の要否。 二 海上衝突予防法(明治二五年法律第五号)第一九条にいう「衝突ノ虞アル」見合関係の意義。
上告を棄却
いずれも適法な証拠調を経ていない、と前提して、判例違反及び訴訟法違反をいう...けれども、右書面はいずれも適法な証拠調を経ていること原判示のとおりであるか... なお所論証拠調請求書五(記録第一冊一八一丁)中番号2及び3には、証拠の標
英文で記載した証明書および右日本語の翻訳文の証拠調が適法に行われたとした事例。
上告を棄却
ば、第一審裁判所はその用法に従つて、証拠調をしたことが明らかであるから右録
証拠物たる録音テープの証拠調の方法。
上告を棄却
に同意し、且つ証拠調をすることに異議がない以上、謄本を証拠とするため証拠調
原本に代えて証拠書類の謄本の取調請求があつた場合と証拠調
上告を棄却
明らかであつて、第一審判決挙示の証拠は、いずれも適法な証拠調を経たものであ
公判手続を更新した公判調書の記載と証拠調手続。
上告を棄却
もまた証拠申請および証拠調がなされたものと解するを相当とし、なお被告人等は...本件公訴事実を全面的に否認しているばかりでなく、仮に所論各調書の証拠調に所...続を採つているのであるから右かしは治癒され、従つて所論各調書は適法な証拠調
一 被告人の検察官に対する供述調書が刑訴法第三二二条第一項および第三二一条第一項第二号の書面として取調請求がなされたものと認められる事例 二 証拠調に関するかしが治癒されたと認められる事例
上告を棄却
公判において適法な証拠調の施行された株式会社C作成にかかる買取書、大蔵事務
証拠調決定がなされたものと認められる一事例
上告を棄却
 わが刑事訴訟法上裁判所は、原則として、職権で証拠調をしなければならない義...刑訴二九八条一項において、〃検察官、被告人又は弁護人は、証拠調を請求するこ...とができる〃と定めたのは、証拠調における当事者主義の本体を明らかにしたもの
一 現行刑訴法上裁判所は職権で証拠調をしたり検察官に対して立証を促したりする義務があるか 二 裁判所に検察官に対し証拠を提出を促がす義務があると認められる一場合 三 審理不尽に基く理由の不備または事実の誤認があつて判決に影響を及ぼすことが明らかな事例
上告を棄却
裁判自体に関与した場合をいうのであつて、前審における証拠調に関与しただけで
前審の証拠調に関与した裁判官と除斥原因
上告を棄却
ものというべく、検察官において特にこれが立証をしないで右書面の証拠調の請求
刑訴法第三二一条第一項第二号の書面の証拠調の請求と信用すべき特別の情況立証の要否
上告を棄却
の証拠調を要するものではなく、また、これが判断を判文に示す必要もないから、第一審の審理判決に所論のような違法があるとはいえない。なお、第一審裁判所は
「信用すべき特別の情況」存否の判断に関する証拠調および判文に示すの要否
上告を棄却
由に当らない。(なお、犯罪事実を認定するには適法な証拠調を経た証拠によるこ...期日において所論証拠書類が適法に証拠調べを施行された旨の記載があるから、そ...の適法な証拠調べがされたことは明らかである。該証拠書類が記録に編綴されてい
適法な証拠調を経たことが認められる証拠書類が記録に編綴されていない場合と犯罪事実の認定
上告を棄却
として証拠調を請求するには、供述調書の原本を提出することを要し、その謄本を...このことは、証拠調を終つた証拠書類を裁判所に提出する場合に、裁判所の許可を...第五、第六回供述調書の謄本を刑訴三二一条一項二号に該当する書面として証拠調
一 検察官の面前における供述を録取した書面について証拠調を請求するには、その原本に代えて謄本を提出することが許されるか 二 右書面の謄本自体に原本に準ずる証拠能力を認めた一事例
上告を棄却
異り必ずしも、刑訴法に定められた一定の法式に従い証拠調を経た証拠にのみよる
量刑の事情に属する事項の判断と証拠調
棄却
 本件証拠調請求却下の決定のように訴訟手続に関し判決前にした決定は、刑訴四
証拠調請求却下決定と刑訴法第四三三条第一項にいう「この法律により不服を申し立てることができない決定」
控訴を棄却
人はその証拠調に異議なく、証拠とすることに同意して、これが取調がなされた旨...いことが明白である。右各供述調書が適法な証拠調を経たものである以上、刑事訴...裁判所の心証は公判廷においての証拠調により形成されるものであつて、同条が証
証拠調をした別件被告事件記録中の供述調書の原本または謄本が当該判決記録中に編綴されていない場合に該供述調書を罪証に供することの適否
上告を棄却
拠能力を認めて証拠調を施行した原審の訴訟手続には法令違反があると云わざるを...は右の違法な証拠調によつて明らかに影響を受けたとはいゝ得ないものといわねば
証拠能力のない証拠を証拠調した違法と判決に対する影響の有無
上告を棄却
手続に従つて適法な証拠調を経た証拠によつて認定処断されたものであつて、また、...ないから、必ずしも公判廷で証拠調を経た証拠により認定することも、判決にその
たばこ専売法違反の犯罪に係る製造たばこ没収不能のためその価額を追徴する場合、没収不能の事由の認定と証拠調の要否
上告を棄却
意見書の証拠調をしなかつた場合についてのものである。しかるに本件においては、...について証拠調をしないで検事の聴取書のみについて証拠調をしこれを証拠に採用
一 供述調書中に引用された他の供述調書についても常に証拠調を要するか 二 旧刑訴法第三六〇条第二項の主張にあたらない事例
上告を棄却
三二一条一項二号の書面として証拠調の請求がなされ、裁判所は適法にそれ等書面...に対する証拠調を行つていることが認められる。それ故所論判例違反の主張はその...対照してみれば、検察官においてその証拠調請求を撤回したものと解するのが相当
証拠調請求につき留保したまま決定をしないことの違法性
上告を棄却
 原審が、その第一回公判期日において弁護人の請求にかかる示談書の証拠調を却...かかる証拠につき、刑訴三九三条一項但書が、常に控訴審に証拠調の義務を課した
刑訴第三九三条第一項但書(昭和二八年法律第一七二号による改正前のもの)と第一審判決後に成立した示談書の証拠調
上告を棄却
その証拠調の手続の適否が判決に影響を及ぼすのは専ら此の供述調書だけである。...そして右書面は刑訴第三二二条の条件を具備する場合は同意なくとも証拠調をする...るか否かに関する事項について被告人に尋ねた上証拠調をして居るのであつて、強
検察官が同意を条件として被告人の検察官に対する供述調書の証拠調を請求したのに対し、被告人がこれを証拠とすることに同意しなかつた場合とその供述調書の証拠調
無罪
ば、原審が所論のように証人として喚問を決定されたAに対し、証拠調期日に先立...回答を求めたこと並びに右各回答書については適法な証拠調が行われていないこと...するにあたり、適法に証拠調を経ない公判廷外の第三者の供述又は供述書類
適法に証拠調を経ない公判廷外の第三者の供述または供述調書類を被告人の自白その他犯罪事実の存否に関する供述の信憑力有無の判断の資料に供することができるか
134 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in