2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
訴訟手続
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
103 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
被上告人は,弁護士を代理人に選任して応訴したが,訴訟手続の途中で同...被上告人に対する判決の送達がされないまま確定したから,その訴訟手続は同号に...我が国においてその効力を認められるためには,判決の内容及び訴訟手続が日本に
訴訟当事者に判決の内容が了知されず又は了知する機会も実質的に与えられなかったことにより不服申立ての機会が与えられないまま確定した外国裁判所の判決に係る訴訟手続は民訴法118条3号にいう公の秩序に反する
控訴を棄却
弁護人坂根真也の控訴趣意は,法令適用の誤り,訴訟手続の法令違反及び...訴訟手続の法令違反の主張について...おいて,判決に影響を及ぼすことが明らかな訴訟手続の法令違反がある,と
1 税関長の許可を受けないでダイヤモンド原石を輸入する意思で禁制品である覚せい剤を輸入しようとした場合の罪責 2 禁制品である覚せい剤の輸入(未遂)の公訴事実について、訴因変更手続を経ることなく、ダイヤモンド原石の無許可輸入(未遂)の事実を認定した原審の訴訟手続に法令違反はないとした事例
棄却
上告棄却の確定決定に対する再審請求について、刑訴法436条1項所定の再審事由の主張がなく不適法であることが明らかであるとして、刑訴規則285条2項による訴訟手続の停止決定を取り消し、棄却した事例
取り消す
上記の者からの再審請求事件について,当裁判所は,その訴訟手続を停止する必...要がなくなったものと認め,平成20年11月21日にした訴訟手続停止決定を取
上告棄却の確定決定に対する再審請求について、刑訴規則285条2項による訴訟手続の停止決定を取り消した事例
棄却
態にあったが,控訴裁判所である原々審は,刑訴規則285条1項による訴訟手続...おそれはないから,控訴裁判所は,刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止を
控訴棄却の確定判決に対する再審請求が適法な再審事由の主張がなく不適法であることが明らかなときと刑訴規則285条1項による訴訟手続の停止
懲役9年
また,本件の訴訟手続をみるに,本件は,裁判員の参加する刑事裁判に関す...判所が,訴訟手続中に訂正させず,また,原判決中でその部分が誤りである旨...誤解していた可能性のある裁判員らに対し,正確な法定刑の教示をせずに評議が行われたものと推認され,これは,刑事訴訟法379条にいう訴訟手続に法
裁判員裁判において、合議体を構成する裁判官が裁判員らに対し教示を欠いたことが、刑事訴訟法379条にいう訴訟手続の法令違反に当たるとされた場合
破棄
第1 訴訟手続の法令違反の主張について...判決には訴訟手続の法令違反がある。...次に,この訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼすかを検討する。
共犯者とされる証人の証言拒絶が刑訴法321条1項2号前段のいわゆる供述不能に当たるとしてその検察官調書を採用した訴訟手続に法令違反があるとされた事例
破棄
調べ請求を却下したことに訴訟手続の法令違反があるとした点において,法令解釈...これに対し,検察官は,量刑不当を理由に,被告人は,訴訟手続の法令違...を得ない。この点において第1審は審理を尽くしておらず,訴訟手続に法令の違反
被告人の検察官調書の取調べ請求を却下した第1審の訴訟手続について、同調書が犯行場所の確定に必要であるとして、その任意性に関する主張立証を十分にさせなかった点に審理不尽があるとした控訴審判決が、刑訴法294条、379条、刑訴規則208条の解釈適用を誤っているとされた事例
破棄
のは,訴訟手続の安定性と明確性を確保し,相手方の保護を図る趣旨と解されると...で,訴訟手続は中断すると解するのが相当である。なぜなら,上記規定は,訴訟代...から,訴訟手続の中断事由が生じたとしても,訴訟代理権は消滅しないものとして
1 原告として確定されるべき者が訴訟提起当時その国名を「中華民国」としていたが昭和47年9月29日の日中共同声明に伴って「中華人民共和国」に国名が変更された国家としての中国であるとされた事例 2 訴訟当事者を代表していた者の代表権の消滅が公知の事実である場合における代表権の消滅の効力発生時期 3 外国国家を代表して外交使節が我が国で訴訟を提起した後に我が国政府が当該外国国家の政府として上記外交使節を派遣していた政府に代えて新たな政府を承認したために上記外交使節の我が国における当該外国国家の代表権が消滅した場合における訴訟手続の中断 4 上告審が職権探知事項に当たる中断事由の存在を確認して原判決を破棄する場合における口頭弁論の要否
取り消す
り,その審級の利益を確保する見地から,第1審の訴訟手続が法律に違反す
刑事施設の被収容者に対する第1回口頭弁論期日呼出状、訴状副本等の送達が当該刑事施設の長に宛ててされたが被収容者がこれらの書類の交付を受けることのないまま欠席判決が言い渡された第1審の訴訟手続が被収容者にとって手続保障の見地から看過しがたい不利益が生じる蓋然性があることを理由に違法とされ事件が原審に差し戻された事例
上告を棄却
すれば,本件訴訟手続において,被告人の防御権あるいは弁護人選任権が侵害され...から,第1審の訴訟手続は,被告人の防御権ないし弁護人選任権を侵害する違法な... 以上によれば,第1審の訴訟手続に法令違反があるとは認められない。
殺人、死体遺棄の公訴事実について被告人が第1審公判の終盤において従前の供述を翻し全面的に否認する供述をするようになったが弁護人が被告人の従前の供述を前提にした有罪を基調とする最終弁論をして裁判所がそのまま審理を終結した第1審の訴訟手続に法令違反は存しないとされた事例
懲役3年
果を併せて,原判決の訴訟手続につき検討する。...ると解される。すなわち,判決宣告は,その審級の訴訟手続の終結点であり,とくに第...を再開した点において,第2回公判期日以降の訴訟手続に法令違反がある。すなわ
判決宣告手続の途中で、手続を当該期日において完結させることなく、次回期日を指定するなどした訴訟手続が、違法とされた事例
破棄
ものとなった可能性が高いにもかかわらず、一審原告が訴訟手続上の救済を得られ...訴訟手続及び前訴判決には何ら瑕疵はないといわなければならない。2...図の下に、作為又は不作為によって相手方が訴訟手続に関与することを妨げ、ある
一 前訴において相手方当事者の不法行為により訴訟手続に関与する機会のないまま判決が確定した場合に右判決に基づく債務の弁済として支払った金員につき損害賠償請求をすることが許されないとされた事例 二 前訴において相手方当事者の不法行為により訴訟手続に関与する機会を奪われたことにより被った精神的苦痛に対する損害賠償請求と前訴判決の既判力
破棄
 控訴趣意のうち訴訟手続の法令違反の論旨について... 右によれば、その余の点について検討を加えるまでもなく、原審の訴訟手続に
児童福祉法違反被告事件についての家庭裁判所の訴訟手続に地方裁判所係属中の職業安定法違反の犯罪事実をも実質上処罰する趣旨で刑を量定した違法があるとされた事例
棄却
 なお、勾留取消し請求却下の裁判は刑訴規則六条にいう「訴訟手続」に含まれな
勾留取消し請求却下の裁判と刑訴規則6条にいう「訴訟手続」
棄却
 なお、勾留期間更新の裁判は刑訴規則六条にいう「訴訟手続」に含まれないとし
勾留期間更新の裁判と刑訴規則六条にいう「訴訟手続」
上告を棄却
刑事訴訟手続において外国の管轄司法機関により行われた嘱託証人尋問の調書の民事訴訟における証拠能力
棄却
可しない旨の決定は、同法四二〇条一項にいう「訴訟手続に関し判決前にした決定」
特別弁護人の選任を許可しない旨の決定が刑訴法420条1項にいう「訴訟手続に関し判決前にした決定」に当たるとされた事例
上告を棄却
 弁護人重光武徳の上告趣意第一点は、違憲をいうが、本件訴訟手続において外国
外国人である被告人の訴訟手続について憲法31条違反をいう主張が、前提を欠くとされた事例
破棄
審理を行っているから、原審の訴訟手続には、判決に影響を及ぼすことの明らかな... したがって、原審の第五回公判期日における訴訟手続は、刑訴法三一条、二八九
必要的弁護事件の公判期日に所属弁護士会から既に退会命令を受けた弁護士が出頭して行われた審理につき判決に影響を及ぼす訴訟手続の法令違反があるとされた事例
破棄
である。しかし、原審における訴訟手続及び原判決の構成を見れば明らかなよう...後記のように、原判決の事実認定が支持するに足りるものである以上、右訴訟手続
一 破棄判決の拘束力を有する判断の範囲 二 破棄判決の拘束力に関する解釈を誤つた訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼすことが明らかとはいえないとされた事例
棄却
相手方は、当庁昭和六〇年(行ウ)第一四八号事件の被告の訴訟手続を受継せよ。...訴訟手続が中断したので、民事訴訟法二〇九条、二一六条に基づき、本件訴訟を相手方に...民事訴訟法二〇九条の準用により訴訟手続は中断するものと解されるから、右権限を承継
外国人登録法の適用を受ける外国人の居住地の変更に伴って、同法8条に基づき、旧居住地の区長から右外国人に関する登録原票の送付を受けた新居住地の市長は、右登録原票を訂正する権限を承継することになるから、右居住地の変更前に提起された外国人登録原票訂正申請棄却処分取消訴訟の被告適格を承継するが、法務大臣によって指定された訴訟代理人がいない場合には、民事訴訟法209条の準用により訴訟手続は中断するとして、右市長に対し、右訴訟手続の受継を命じた事例
棄却
することは、両訴訟が民訴法二二七条にいう「同種ノ訴訟手続二依ル場合」にあたらない...前記追加的変更は、従前の請求についての訴訟手続が控訴審の最終段階に至つて...を要するものと考えられる。したがつて、右訴えの変更は、訴訟手続を著しく遅滞させる
1 新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条1項1号は、憲法21条1項、22条1項、29条1項、2項、31条、35条に違反しないとした事例 2 運輸大臣が、新東京国際空港建設反対運動の集会、居住等に使用していた工作物の所有者らに対し、右工作物が新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条1項1号所定の集合の用に供されるおそれがあるとしてした右工作物の使用禁止命令の取消しを求める訴えの利益が、右命令による使用禁止期間の経過により失われたとされた事例 3 新東京国際空港建設反対運動の集会、居住等に使用していた工作物の所有者らが、国に対し、右工作物が新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条1項1号所定の集合の用に供されるおそれがあるとしてした運輸大臣の右工作物の使用禁止命令により被った損害の賠償請求が、右命令は、右条項の要件を充足した適法なものであり、また、右命令によって、右所有者らに財産上の損害又は右命令と相当因果関係がある精神的苦痛は生じないとして、棄却された事例 4 運輸大臣が昭和53年以降毎年5月ごろそれぞれ1年の期間を限り、新東京国際空港建設反対運動の集会、居住等に使用していた工作物の所有者らに対し、右工作物が新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条1項1号所定の集合の用に供されるおそれがあるとして右工作物の使用禁止命令を発している場合において、行政事件訴訟法19条2項に基づき民事訴訟法232条の規定の例により、昭和53年5月16日に発した命令の取消しを求める訴えに昭和60年5月10日に発した命令の取消しを求める訴えを追加する訴えの変更の申立てが、右両訴えの請求の基礎が同一であるとはにわかに断じ難いばかりでなく、右変更は訴訟手続を著しく遅滞させるものであるから許されないとされた事例
却下
 二 人事訴訟手続法二条三項は、夫婦の一方又は第三者の提起する婚姻無効・取...きは、裁判所は本案の訴訟手続受継のため弁護士を承継人として選定することを要...に終了し、特別の定めのある場合(人事訴訟手続法二九条三項)を除いて、原告の
検察官を被告とする離婚無効確認訴訟における原告の死亡と人事訴訟手続法第二条第四項の準用の有無(消極)
上告を棄却
 人事訴訟事件について検察官が人事訴訟手続法五条一項、二六条に基づき弁論期
人事訴訟事件の弁論期日において検察官が立会ないし意見陳述をしない場合における当該事件の訴訟手続の適否
棄却
離婚の訴えの管轄を定めた人事訴訟手続法一条一項の規定と憲法三二条
破棄
訴訟手続の中断中に審理及び判決がされた場合と上告理由
棄却
却下する場合を除いては訴訟手続を停止しなければならない旨を定めている。しか...しながら、この規定は、その文言からも明らかなとおり、訴訟手続そのものを対象...があるまでの間他の裁<要旨>判官が代つて訴訟手続を進行すべき旨を定めているわ
刑訴規則一一条にいう「訴訟手続」の意義
破棄
訴訟手続は刑事訴訟法二八六条に違反しており、その違法は判決に影響を及ぼすこ...人不出頭のまま同期日の公判手続を行つた原裁判所の訴訟手続は正当であつて、所...れる。所論は前提を欠き失当である。原審第七回公判期日の訴訟手続に所論違法の
必要的弁護事件において弁護人不出頭のまま実質審理を行つた原審の訴訟手続が刑事訴訟法二八九条に違反するとされた事例
上告を棄却
刑訴法三七九条にいう「訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼすことが明らかである」ことの意義に関する判例に対する判例違反の主張が「欠前提」とされた事例
破棄
 一、 原審の訴訟手続について。...一回公判期日(昭和五二年(わ)第一二号等)における訴訟手続を記載した公判調...署名も押印も全く存在しないことが明らかである。そこで、原審の訴訟手続の適法
一 裁判所書記官の署名、押印がない公判調書の効力 二 公判調書が無効な場合に、当該公判期日の訴訟手続を他の資料で証明することの可否 三 公判調書の無効が判決に影響を及ぼすことの明らかな訴訟手続の法令違反に該当しないとされた事例
上告を棄却
第一審の訴訟手続が公示送達によつてされ控訴期間を徒過した場合に控訴の追完が認められなかつた事例
破棄
り、したがつて、本件訴訟手続は同控訴人に関しては同控訴人の死亡により中断す... 右事実関係によれば、原審の訴訟手続には、中断中に手続を進行させた法令違背... しかし、上告人A1については訴訟手続の中断はないのであるから、同上告人に
中断中の弁論に基づき、中断の事実を看過して口頭弁論を終結して判決が言い渡された場合の、訴訟手続の瑕疵
上告を棄却
歌山地方裁判所田辺支部昭和四九年(ワ)第 号債務引受金事件の第一審訴訟手続...多数の訴訟において、訴訟手続を簡素化、単純化して訴訟の効率的な進行をはかる...に「第一審の訴訟手続について」との文言が記載されている場合でも、特段の事情
選定当事者の選定書に「第一審の訴訟手続について」との文言が記載されている場合と上訴審における選定の効力
破棄
を及ぼすことの明らかな訴訟手続の法令違反があり、審理不尽の違法がある、とい...証の機会を与えなかつた原審の訴訟手続は、結局、証拠調請求の採否に関する裁判
被告人の行為の正当性に関する審理を尽くしていないため訴訟手続に法令の違反があるとされた事例
破棄
ぼすことの明らかな訴訟手続の法令違反があるというのである。...り、その他の訴訟手続についても、裁判所の判断が示された以上、当事者に不満が...有効な弁護を受ける権利を失わせた重大な訴訟手続の法令違反があり、その違反が
一、 国選弁護人が辞任するについての正当理由の判断権の帰属 二、 公判期日の直前に私選弁護人が辞任し弁護人不在のままでされた公判審理が、判決に影響を及ぼすことが明らかな訴訟手続の法令違反に当たらないとされた事例
破棄
     東京高等裁判所が昭和四六年六月九日上告人に対し訴訟手続を受継すべ...けないで同年一二月二三日死亡したため、訴訟手続は、原審において中断するに至...主張し、上告人に訴訟手続を受継させることを求める申立をなし、原審は、民訴法
控訴審の終局判決言渡後判決正本の送達前における訴訟当事者の死亡による訴訟手続の中断と受継決定のみの破棄を求める新当事者の上告の適否
棄却
議申立棄却決定のように、訴訟手続に関し判決前にした決定は、刑訴法四三三条一
証拠決定に関する異議申立棄却決定につき訴訟手続に関し判決前にした決定であつて刑訴法四三三条の一項の決定にあたらないとされた事例
棄却
下決定に対する異議申立棄却決定のように、訴訟手続に関し判決前にした決定は、
訴訟手続に関する判決前の決定と特別抗告
控訴を棄却
んする訴訟手続を承継し、Aのなした訴訟行為を追認しに。右のように右海員中控...訴人らのみによつて訴訟手続を承継するのは、控訴人ら以外の者は控訴人訴訟代理...いし(18)による訴訟手続の承継は許されるべきではない。
一、 機関部がなくみずから航行する能力のない積荷用艀が商法六八四条一項にいう船舶にあたるとされた事例 二、 海難救助料請求訴訟を追行していた船長が死亡し後任船長の存否不明の場合本人である海員が訴訟手続を承継することが許されるか
上告を棄却
 ところで、判決に影響を及ぼすことが明らかでない訴訟手続の違法があつたから...るということができないこと、および、訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼす...べき問題であり、訴訟手続の法令違反が判決に影響を及ぼす可能性があるというだ
一 公判調書の記載の正確性についての異議申立権の行使が妨げられた場合と刑訴法五二条の適用の有無 二 第一審公判調書の記載の正確性についての異議申立権行使の機会が与えられなかった違法が控訴審判決に影響を及ぼすことが明らかな訴訟手続の違法にあたらないとされた事例
上告を棄却
金銭の支払を求める詐害行為取消訴訟手続において被告は自己の債権額に対応する按分額の支払を拒むことができるか
控訴を棄却
が訴訟手続の場以外の場においてなす行為は、その訴訟手続の場における弁護人の...れる場合は、訴訟手続の場におけるものとは異なり、弁護人において被告人の利益...はできない。刑事訴訟法において一定の訴訟手続が定められている以上、弁護人
一、 犯罪にあたる事実を摘示して人の名誉を毀損した場合における真実の証明の程度 二、 弁護人が訴訟手続の場以外の場において被告人の利益擁護のため他人の名誉を毀損する行為と違法性の阻却
上告を棄却
続の訴訟代理を委任し、同弁護士が訴訟代理人となつてその訴訟手続を追行し、昭...任されたため、被上告人B1、同B2は訴訟追行権を失い、訴訟手続の中断事由を...生じたから、あらためて被上告人三名において本件訴訟手続を受け継ぐ旨の訴訟手
更生会社の管財人を当事者とする訴訟の係属中に管財人が追加選任された場合と訴訟手続の中断
控訴を棄却
金銭の支払を求める詐害行為取消訴訟手続において被告は配当要求をすることができるか
上告を棄却
 離婚無効の訴は、人事訴訟に属するものとして人事訴訟手続法の規定が準用され、
一、離婚届を偽造して届出をした者と不法行為の成否 二、離婚無効の訴と人事訴訟手続法の準用
上告を棄却
法違反をいうが、実質は訴訟手続の単なる法令違反をいうに帰し、同第二点は単な...いて第一審判決に訴訟手続上の瑕疵があつたとしても、被告人は控訴趣意書におい
一 起訴状(略式命令請求書)との間に記載内容上軽微とはいえない差異がある略式命令に対し正式裁判の請求がなされ公判が開始された場合における審理の対象 二 訴因罰条の追加を明確な形でなさしめなかつた訴訟手続上の瑕疵が治癒されたものと認められた事例
上告を棄却
訴訟代理人があるため訴訟手続が中断しない場合と当事者の表示
上告を棄却
知の懈怠は、当該訴訟手続の効力に影響があることを前提とするものであるが、同
一 行政事件訴訟法第四五条・第三九条による通知の懈怠と当該訴訟手続の効力 二 農地の所有権移転についての知事の許可の性質
上告を棄却
一 最高裁における訴訟手続受継の申立(破産による中断の場合)が却下された事例 二 上告人会社が上告状(昭四〇・五・一二)、上告理由書(昭四〇・六・二九)を提出し、上告理由書提出期間も経過して、一件記録が最高裁判所に到着後上告人会社が破産(昭四〇・八・一四)になり訴訟手続中断した場合において、民訴法第二二二条第一項にのつとり、第四〇一条にのつとる判決言渡がされた事例
103 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in