2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
程度
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
251 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6
上告を棄却
組みを示した後,平成4年選挙について,違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著...投票価値の不均衡は,違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあった旨判示...お5倍前後の水準が続いていたのであるから,投票価値の不均衡について違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態を解消するには足りないものであっ
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
上告を棄却
組みを示した後,平成4年選挙について,違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著...投票価値の不均衡は,違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあった旨判示...お5倍前後の水準が続いていたのであるから,投票価値の不均衡について違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態を解消するには足りないものであっ
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
破棄
び程度は,私道としての利用に関する建築基準法等の法令上の制約の有無のみなら...れるか否か,また,その低下がどの程度かを考慮して決定する必要があるというべ
私道の用に供されている宅地の相続税に係る財産の評価における減額の要否及び程度の判断の方法
却下
による障害とを併合して初めて障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の...国民年金法30条2項は,障害等級は,障害の程度に応じて重度のものか...て,その傷病により障害等級に該当する程度の障害の状態にあるときは,そ
国民年金法(平成19年法律第109号による改正前)附則9条の2第1項に基づき老齢基礎年金の支給繰上げの請求をし、同条3項に基づき老齢基礎年金を支給されている者が、当該老齢基礎年金の支給繰上げの請求後に同法30条の3に基づく障害基礎年金の支給を請求した場合において、仮にその者が当該老齢基礎年金の支給繰上げの請求前に基準傷病による障害と他の障害とを併合して障害等級に該当する程度の障害の状態に該当するに至っていたとしても、同法附則9条の2の3が適用されるか。
却下
害の状態は国民年金法施行令別表に定める障害等級2級に該当する程度にある...厚生労働大臣による国年令別表に規定する障害の程度の認定は,「国民年...障害等級2級の障害の程度
うつ病による障害の程度が障害認定日に障害等級2級に該当しないとして障害基礎年金の裁定の請求を却下した処分の取消訴訟が認容された事例
取り消す
障害等級に該当する程度の障害の状態にあったとして,予備的には上記障害認定...件傷病による障害の状態は国年法及び厚年法所定の障害等級に該当する程度のも...国年法施行令別表及び厚年法施行令別表に規定する障害の程度の認定に関
頸椎症性脊髄症による下肢の痙性麻痺の障害の状態が、障害認定日の時点において、厚生年金保険法施行令別表第1の12号の「前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの」に該当するものであったとして、当該障害の状態が障害等級3級に該当する程度のものではないとしてされた障害厚生年金の不支給決定が取り消された事例
控訴を棄却
「法」という。)30条の2第1項による障害等級に該当する程度の障害の状...ら国民年金法施行令(以下「施行令」という。)別表に定める程度に該当しな...障害の程度の認定の時期は,次のとおりとする。
1 障害基礎年金に係る精神の障害による障害の程度の認定に関する「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」(平成14年3月15日庁保発第12号社会保険庁運営部長通知)の規定内容及び運用の合理性 2 不安恐慌性障害及び回避性人格障害による精神の障害が国民年金法施行令別表に規定する障害の程度に該当しないとしてされた障害基礎年金を支給しない旨の処分が違法であるとは認められないとされた事例
棄却
という。)30条の2第1項にいう障害等級に該当する程度の障害の状態にあ...金法施行令(以下「施行令」という。)別表に定める程度に該当しないことを...に規定する障害等級1級又は2級に該当する程度の障害の状態にあるときに,
1 障害基礎年金に係る精神の障害による障害の程度の認定に関する「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」(平成14年3月15日庁保発第12号社会保険庁運営部長通知)の規定内容及び運用の合理性 2 不安恐慌性障害及び回避性人格障害による精神の障害が国民年金法施行令別表に規定する障害の程度に該当しないとしてされた障害基礎年金を支給しない旨の処分が違法であるとは認められないとされた事例
上告を棄却
打撲擦過とCの右母指基節骨骨折は除かれる。以下同じ。)を相当程度重篤化させ...のとおり,共謀加担後の被告人の暴行は,Cらの傷害を相当程度重篤化させたもの...要素であるが,他の項目の特定がある程度されていれば,「加療期間不明の傷害」
共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲
棄却
処分行政庁が原告に対して平成21年9月30日にした障害程度区分を区分1と...による改正前のもの。以下「支援法」という。)21条1項に基づき障害程度区分...う当該申請に係る障害者等の障害程度区分に関する審査及び判定の結果に基づき,
障害者自立支援法(平成22年法律第71号による改正前)21条1項に基づいてされた障害程度区分を区分1とする障害程度区分認定処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
し,本件犯行時,是非弁別能力及び行動制御能力がある程度減退していたが,それ...の統合失調症の病状の程度,被告人の公判供述から認められる本件犯行の動機,従...度のみならず,これが心理学的要素に与えた影響の有無・程度についても,専門家である佐藤鑑定の意見に従って,本件犯行当時,被告人は責任能力を欠いていたと
1 精神鑑定の意見の一部を採用した場合と責任能力の有無・程度の判断 2 責任能力の有無・程度について原判決の判断手法に誤りがないとされた事例
取り消す
実額反証の程度について...,その反証の程度は,原告がその主張額に対...との三点につき,合理的な疑いを容れない程度に証明される必要があると解
大工工事業を営む白色申告者の所得税について、反面調査により把握した事業所得の総収入金額に一定の条件により類似業者の平均所得率を乗じて推計してされた更正処分が、推計の必要性及び合理性があり、総収入金額及び必要経費の実額の主張について合理的な疑いを容れない程度の立証がないとして、適法とされた事例
破棄
ながら,生物学的要素である精神障害の有無及び程度並びにこれが心理学的要素に...与えた影響の有無及び程度については,その診断が臨床精神医学の本分であること...有無・程度は,被告人の犯行当時の病状,犯行前の生活状態,犯行の動機・態様等を総合して判定すべきである(最高裁昭和58年(あ)第1761号同59年7月
1 責任能力判断の前提となる精神障害の有無及び程度並びにこれが心理学的要素に与えた影響の有無及び程度について、精神医学者の鑑定意見等が証拠となっている場合における、裁判所の判断の在り方 2 統合失調症による幻覚妄想の強い影響下で行われた行為について、正常な判断能力を備えていたとうかがわせる事情があるからといって、そのことのみによって被告人が心神耗弱にとどまっていたと認めるのは困難とされた事例
上告を棄却
程度の立証が必要である。ここに合理的な疑いを差し挟む余地がないというのは,...合理的な疑いを差し挟む余地のない程度に証明されたと判断したものであり,同判
1 有罪認定に必要とされる立証の程度としての「合理的な疑いを差し挟む余地がない」の意義 2 有罪認定に必要とされる立証の程度としての「合理的な疑いを差し挟む余地がない」の意義は、直接証拠によって事実認定をすべき場合と情況証拠によって事実認定をすべき場合とで異なるか
控訴を棄却
が異なることに伴う減価補正として少なくとも3%程度は必要であるとの認...3%「程度」と,いずれも幅のある認定判断がされているのはこのような経...る程度のものということはできず,また,被控訴人は不整形地という制約の
固定資産課税台帳に登録された土地の価格について、固定資産評価審査委員会がした審査申出棄却決定の取消訴訟において、前記土地を評価するに際しては標準的画地と容積率が異なることに伴う減価補正として少なくとも3パーセント程度は必要であること等を認定して、前記決定を全部取り消す旨の判決がされ、同判決が確定したが、これを受けて前記委員会がした減額決定において前記減価補正が不要であるとされた場合につき、前記認定事実等について前記判決の拘束力が発生しており、前記委員会がこれらの判断に反する処分又は裁決をすることは許されないということはできないとされた事例
上告を棄却
を速やかに外部の医療機関に転送したとしても,上告人の後遺症の程度が軽減され...たならば,患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明され...告人を速やかに外部の医療機関に転送したとしても,上告人の後遺症の程度が軽減
拘置所に勾留中の者が脳こうそくを発症し重大な後遺症が残った場合について速やかに外部の医療機関へ転送されていたならば重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されたとはいえないとして国家賠償責任が認められなかった事例
破棄
象とする各支出を特定して認識することができる程度に個別的,具体的に摘示され...ことができる程度に摘示されているのであれば,これをもって足りるのであり,上...記の程度を超えてまで当該行為等を個別的,具体的に摘示することを要するもので
1 住民監査請求における対象の特定の程度 2 住民監査請求が請求の対象の特定に欠けるところはないとされた事例
控訴を棄却
を他の支出と区別して特定認識できる程度に個別具体的に摘示する必要がある。...ことができる程度に摘示されているのであれば,これをもって足りるのであり,上...記の程度を超えてまで当該行為等を個別的,具体的に摘示することを要するもので
1 住民監査請求における対象の特定の程度 2 住民監査請求が請求の対象の特定に欠けるところはないとされた事例
控訴を棄却
麻薬及び向精神薬取締法64条のジアセチルモルヒネ等輸入罪におけるジアセチルモルヒネ等であることの認識の内容、程度
破棄
又は甲がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性を侵害された...程度の可能性」があったとまではいえない。...れていたならば患者がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性
スキルス胃がんにより死亡した患者について胃の内視鏡検査を実施した医師が適切な再検査を行っていれば患者がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性があったとして医師に診療契約上の債務不履行責任があるとされた事例
破棄
められないとしても,重い脳障害を残さない相当程度の可能性が侵害された旨を主...発生するものとされている。意識障害の程度は,軽いこん迷から深こん睡まで種々...送によって上告人の後遺症を防止できたことについての相当程度の可能性があると
1 開業医に患者を高度な医療を施すことのできる適切な医療機関へ転送すべき義務があるとされた事例 2 医師に患者を適時に適切な医療機関へ転送すべき義務を怠った過失がある場合において上記転送が行われていたならば患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されるときの医師の不法行為責任の有無
破棄
をするに足りる程度に当該行為の存在又は内容を知ることができなかった場合にも...力をもって調査すれば客観的にみて上記の程度に当該行為の存在及び内容を知るこ...当の注意力をもって調査すれば客観的にみて監査請求をするに足りる程度に本件各
普通地方公共団体の住民が相当の注意力をもって調査を尽くしても客観的にみて住民監査請求をするに足りる程度に財務会計上の行為の存在又は内容を知ることができなかった場合における地方自治法242条2項ただし書にいう正当な理由の有無の判断基準
却下
残った程度に回復した。...々身体が熱っぽい感じがする程度で、他には特に身体の異常には気がつかなかっ...いを差し挟まない程度に真実性の確信を持ち得るものであることを必要とすると解
1 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定の要件であるいわゆる放射線起因性についての立証の程度 2 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定申請却下処分の取消請求が、認容された事例
上告を棄却
ていた相当程度の可能性の存在が証明されるときは、医師は、患者に対し、不法行
医師が過失により医療水準にかなった医療を行わなかったことと患者の死亡との間の因果関係の存在は証明されないが右医療が行われていたならば患者がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性の存在が証明される場合における医師の不法行為の成否
上告を棄却
ると、認定要件のうち放射線起因性の証明の程度については、物理的、医学的観点...から「高度の蓋然性」の程度にまで証明されなくても、被爆者の被爆時の状況、そ...因することについての「相当程度の蓋然性」の証明があれば足りると解すべきであ
原子爆弾被爆者の医療等に関する法律八条一項に基づく認定の要件であるいわゆる放射線起因性の意義及びその立証の程度
破棄
暴行を加えたとする本件事案においては、窃盗の事実に対する認識は右の程度で足...ついても、窃盗の犯行後、約三時間程度経過しているとはいえ、その事情は前記
窃盗犯人が他人の居宅内で財物を窃取後窃盗の犯意を持ち続けてその天井裏に潜み約三時間程度経過後に駆け付けた警察官に対して逮捕を免れるため加えた暴行が窃盗の機会継続中に行われたものとされた事例
破棄
安定して発生すべき確実性の程度を、事案に応じ個別具体的に検討して判断される...における債権発生の可能性の程度を考慮した上、右債権が見込みどおり発生しなかった場合に譲受人に生ずる不利益については譲渡人の契約上の責任の追及により清
一 将来発生すべき債権を目的とする債権譲渡契約の締結時における目的債権の発生の可能性の程度と右契約の効力 二 医師が社会保険診療報酬支払基金から将来支払を受けるべき診療報酬債権を目的とする債権譲渡契約の効力を否定した原審の判断に違法があるとされた事例
却下
1 原告は肝機能障害が発生するに足りる程度の放射線の被曝を受けなかったか...って、一八歳未満の子、孫若しくは弟妹又は厚生省令で定める程度の廃疾の状態に...め、やがて黒い跡が残った程度に回復した。
1 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定の要件であるいわゆる放射線起因性についての立証の程度 2 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定申請却下処分の取消請求が、認容された事例
棄却
を斟酌してもなお、一般に合理性を有するものと到底考えられない程度に達してい...断ずることはできない。」とし、選挙区間の最大較差(人口)が一対四・〇九程度...において制度上当然に許されるべき程度を超えるものであるか否かが訴訟で争われ
1 衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条2項の規定の憲法13条及び43条1項適合性 2 公職選挙法12条1項、13条1項及び別表第1並びに衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条による衆議院(小選挙区選出)議員の議員定数配分規定は、平成8年10月20日施行の衆議院議員選挙当時、憲法の選挙権の平等の要求に違反する程度には至っていなかったとした事例
控訴を棄却
いとしても、それらの者は小型の写真機を用いて証明写真を撮影する程度の規模の...するとすれば、原価率は五〇パーセント程度になることが認められるのであるか...が合理的であれば、比準同業者間に通常存在する程度の個別的な営業条件の差異
1 いわゆる比準同業者の平均値を用いた推計による課税において必要とされる推計方法の合理性の程度 2 納税者が推計課税に対して必要経費についての実額を主張する場合において総収入金額と必要経費とが対応するものであることを主張立証することの要否 3 写真現像焼付取次業、感光材料及びカメラ用品販売業等を営む申告者の事業所得の金額につき、実額で把握した仕入金額等を基に、比準同業者の平均原価率及び平均一般経費率を用いて総収入金額及び一般経費を推計してした所得税の更正が、適法とされた事例
破棄
能力、通訳にどの程度の正確性が要求される場面かを客観的に判断する能力、でき...り、通訳の質を高めようと努力する姿勢、自分の通訳能力がどの程度かを客観的に...前提である。もっとも、その程度については、捜査段階においては、捜査官らの取
捜査段階において外国語を母国語とする通訳人に求められる日本語能力と法律知識の程度
棄却
作物については、単位面積当たりほぼ同程度の収入を得られるのが通例であるか...ウ 次に、同業者は、同程度の収入を得るに当たっては、同程度の必要経費を要す...り、この日の調査においても、当初一五分程度、立会いの問題や調査理由の開示の
1 推計課税における推計の合理性の意義及びその程度 2 推計による課税処分の取消訴訟において実額の主張をする納税者の主張立証すべき事項 3 畑作農業を営む者の事業所得の金額について、反面調査により把握した作物別作付面積を基に同一税務署管内の類似同業者の作物別の単位面積当たりの平均収入金額、平均雑収入率及び平均所得率を用いて前記事業所得の金額を推計してした所得税の更正が、適法であるとされた事例
棄却
等の店舗の立地条件や競争の程度、店舗の規模やチェーン店化の有無等の売上原価...多くとも七〇パーセント程度であるが、本件比準同業者の売上原価率は七〇パーセ...い程度に立証する必要があり、そうした実額反証をするにおいては、単に収入金額
1 いわゆる比準同業者の平均値を用いた推計による課税において必要とされる推計方法の合理性の程度 2 納税者が推計課税に対して必要経費についての実額を主張する場合において総収入金額と必要経費とが対応するものであることを主張立証することの要否 3 写真現像焼付取次業、感光材料及びカメラ用品販売業等を営む申告者の事業所得の金額につき、実額で把握した仕入金額等を基に、比準同業者の平均原価率及び平均一般経費率を用いて総収入金額及び一般経費を推計してした所得税の更正が、適法とされた事例
上告を棄却
二第二項にいう「通常一般の社交の程度を超えて…寄附をした者」とは、その寄附...らし、社会通念上、通常されるであろう程度を超えて寄附をした者をいうと解する
公職選挙法二四九条の二第二項という「通常一般の社交の程度を超えて…寄附をした者」の意義
破棄
とそうでない行為とが識別できる程度に特定されていることが必要であることはい...とが可能な程度に、その対象となる行為の範囲等が特定されていることが必要であ...該行為等がどの程度特定されれば請求の対象として具体性があると認められるかは、
一 地方自治法二四二条の二第一項一号に基づく差止請求の対象の特定の程度 二 地方自治法二四二条の二第一項一号に基づく公金の支出の差止請求がその対象の特定に欠けるところはないとされた事例
取り消す
ことは、むしろ原告らにおいて熟知している事柄であるから、本件程度の附記理由...という理由附記制度の趣旨に適う程度に具体的に説明する必要があるものと解すべ...法の要求する程度を満たさず、不十分なものといわざるを得ない。
1 法人税法132条1項所定の行為計算の否認を理由に法人税青色申告を更正する場合に必要とされる理由付記の程度 2 法人税青色申告についてした更正が、付記理由の不備のため同理由に係る部分の限度で違法であるとされた事例
棄却
求めたところ、原告は、「保存していない。」旨返答し、「開業して一年程度しか...の調査を制限されるいわれはない。また、質問検査の範囲、程度、時期、場所等の...として挙げられた各業者間に存する差異は、それが同業者間に通常存する程度のも
1 所得税更正処分取消訴訟において、実額反証によって必要経費の推計を破るための立証の程度 2 推計課税の方法による課税処分の取消請求が、実額主張に係る必要経費が収入金額に対応するものであることの立証がなかったなどとして、棄却された事例
却下
渡航の目的ないし必要性の内容、程度によって、申立人にその渡航ができないこと...具体的渡航計画を立てることも可能となる旨主張するが、その程度の海外渡航計画...通念上それを被ったときはその回復は容易ではないとみられる程度のものを指すと
一般旅券返納命令の効力停止の申立てにつき、いつでも海外渡航をすることのできる地位ないし海外渡航の自由に対する制約については、具体的な海外渡航の計画があって初めて、当該渡航の目的ないし必要性の内容、程度によって、申立人にその渡航ができないことにより回復困難な損害を生じるか否か、あるいはこれを避けるための緊急の必要があるか否かが決せられるというべきであり、申立人に海外渡航の具体的計画がない段階で生じる精神的な不満感ないし不充足感等は、それ自体としては、回復困難な損害とはいえないとした事例
破棄
事し、組合員はその出資額の割合又は事業に従事した程度に応じて剰余金の配当を...業従事の程度による分量配当を行わず、雇用した者に対するのと同様に、毎月その...労務の提供の程度に応じて所定の額の報酬を支払うこととしても許されないもので
漁業生産組合が毎月その事業に従事する組合員に対し労務の提供の程度に応じて支払う報酬の法的性質
棄却
の趣旨からすれば、七条四項が定める付記すべき理由の程度は、その対象の公文書...て、右の七条四項の趣旨、目的からすれば、右の理由付記の程度は、開示請求者が
東京都公文書の開示等に関する条例7条4項が公文書非開示決定通知書にその理由を付記することを要求している趣旨は、開示請求に対する実施機関の判断の慎重、合理性を担保し、恣意的な判断を抑制するとともに、処分理由を相手方に知らせて不服の申立てに便宜を与えることにあるのであるから、同項により付記すべき理由の程度については、開示請求者が理由を推知できると否とにかかわらず、いかなる理由で非開示事由を定める条項に該当するかを具体的事実に基づいて記載しなければならず、口頭の説明により補充することも許されないものと解すべきところ、開示請求に係る文書の非開示の理由として単に同条例9条8号に該当すると記載するのみでは、当該文書が同号前段の列挙する複数の文書のうちいずれに該当するのか、また、いかなる事実により同号後段の列挙する複数の障害事由のうちいずれが存するのかが不明であり、同条例7条4項により付記すべき理由としては不備であるとして、公文書非開示決定処分を取り消した事例
棄却
不都合のない程度の金員の授受があつたという事実に求められるべきである。した...に過ぎない。地代の額は、通常、公租公課の二倍ないし三・五倍程度であるとされ...ているから、原告が、本件土地に対する公租公課の三分の一程度の金員を受領した
1 地方税法348条2項ただし書の「有料」の意義 2 地方税法348条2項ただし書が、固定資産を有料で借り受けた者がこれを同項各号の固定資産として使用する場合について固定資産税を「課することができる。」と規定した趣旨 3 学校法人が借り受け、その設置する学校において直接教育の用に供している土地についてされた固定資産税及び都市計画税の各賦課決定処分が、同学校法人は、当該土地を借り受けるについて、その所有者に前記各税の額の26.52パーセントから35.25パーセントに相当する額の金員を支払っているところ、これは両者の合意に基づくもので、その額も単に謝礼というには多額であり、社会通念上無視できる程度に少額とはいえないから、同学校法人は、地方税法348条2項ただし書の「固定資産を有料で借り受けた者」に当たるとして、適法とされた事例
控訴を棄却
のゴミ焼却場に比べて三分の一程度に狭小であったからである。
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、同監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定はいわゆる公害防止協定であり公法上の契約であるところ、前記協定3条は、同協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではなく、その後に都と前記団体を事実上承継して地域住民の意向を代表する組織との間で前記協定の内容が適法に変更されたものであるとして、棄却された事例
棄却
じ。)の最大較差一一材三・九四は、憲法の選挙権の平等の要求に反する程度に至...ものとは考えられない程度に達しているときは、右のような不平等は、もはや国会...し、憲法の選挙権の平等の要求に反する程度に至った場合には、そのことによって
1 公職選挙法13条1項、同法別表第1、同法附則7項ないし10項の議員定数配分規定は、昭和61年法律第67号による改正により、直近の国勢調査の結果で議員一人当たりの人口の較差が最大1対2.99となったので、前記改正当時既に憲法14条1項に違反していたとはいえないが、平成2年2月18日施行の衆議院議員選挙当時には、議員一人当たりの選挙人数の較差が最大1対3.18に及び、選挙人数が多い選挙区の議員定数が選挙人数の少ない選挙区の議員定数よりも少ないといういわゆる逆転現象が相当数の選挙区について見られるに至ったのであって、このような投票価値の不平等の程度と、前記国勢調査の確定人口の公表後遅くとも3年後には是正の合理的期間を経過したといわざるを得ないこととを総合考慮すると、憲法14条1項に違反して無効であったというべきであるとした事例 2 衆議院議員選挙が憲法14条1項に違反する議員定数配分規定に基づいて行われたことにより違法な場合であっても、選挙を無効とする結果もたらされる不都合等諸般の事情を総合考慮すると、いわゆる事情判決の制度の基礎に存するものと解すべき一般的な法の基本原則に従い、選挙無効の請求を棄却し、当該選挙の違法を宣言するにとどめるのが相当であるとした事例
棄却
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、前記監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは、同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定3条は、協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではないとして、棄却された事例
棄却
たがって、本件建物程度の建物の新築は、特別地域として工作物の建築に制限があ...の程度からすれば、法による土地所有者等の権利に対する制限は、一般的に憲法二...風致・景観がどの程度保護すべきものであるか、また、本件建物が建築された場合
1 国立公園の第一種特別地域内に存する土地についてされた工作物の新築不許可処分により受けた建築制限が、財産権の内在的制約の範囲を超えて損失を補償すべき特別の犠牲に当たるか否かは、同土地を含む周辺一帯の地域の風致・景観の保護すべき程度、建物が建築された場合に風致・景観に与える影響、前記処分により同土地を従前の用途あるいは従前の状況から客観的に予想され得る用途に従って利用することが不可能ないし著しく困難となるか否か等の事情を総合考慮して判断すべきであるとした事例 2 国立公園の第一種特別地域内に存する土地についてされた工作物の新築不許可処分により建築制限を受けたことを理由としてした自然公園法35条1項に基づく国に対する損失補償請求が、前記工作物の新築が許可されれば、建物の建築及びその関連行為により、前記地域の自然の原始性や眺望が害されること、前記土地は客観的にみて別荘用地として利用されることが全く予想されていなかった土地であること等の事情を総合考慮すると、前記制限は財産権の内在的制約の範囲内にあり、これによって生ずる損失は補償することを要しないとして、棄却された事例
上告を棄却
べき監査の端緒を与える程度に特定すれば足りるというものではなく、当該行為等...象が右の程度に具体的に摘示されていないと認められるときは、当該監査請求は、...いて主張済みの第一審判決添付の違法支出行為内訳表(一)ないし(三)からすると、支出回数は数百回を超える程度の多数回にのぼるものとみられるにもかかわらず、
一 住民監査請求における対象の特定の程度 二 住民監査請求が請求の対象の特定を欠くものとして不適法とされた事例
棄却
告を原告から受けてこれに承諾を与えるほか、三か月に一度程度のスポットチェッ...はいずれも一パーセント未満から三パーセント程度にすぎない。なお、本件契約の...船会社の関与は右の限度に止まるのであって、かかる程度の関与をもって、本件船
1 法人が交際費等による具体的な接待、贈答等の行為の主体であり、当該交際費等に係る具体的な接待、贈答等の行為が当該法人の事業に関連して、その業務遂行の円滑化のために行われた場合には、当該交際費等は、当該法人の支出に帰すべきものであるとした事例 2 外国船会社の日本における海運代理店である法人が、船荷獲得のため、荷主に対する接待行為、贈答行為を行い、前記外国船会社がその交際費を負担していた場合につき、同会社が、年間の交際費の枠の設定につき最終的決定権を有し、また、交際費の個々の支出についても事後的に審査し得る体制にあっても、かかる程度の関与をもって、同会社が交際費に係る具体的な接待行為、贈答行為の主体であるといえないことはもとより、その行為に関与したともいえないから、その行為の主体は代理店である前記法人であり、集荷業務を主とする同法人の事業に関連して、その業務遂行の円滑化のために行われたものであるなどとして、その交際費は当該法人の支出に帰すべきものであるとした事例
上告を棄却
覚せい剤輸入罪及び所持罪における覚せい剤であることの認識の程度
棄却
よつて処分のための資料収集の補助をするなどして関与した程度では足りず、自ら...要記載事項や添付書類の有無を形式的に点検確認する程度にとどまるものというべ...考程度に付したものにすぎないものであることが明らかであるから、右は、資料収
1 行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たつた下級行政機関」の意義 2 社会保険庁長官が船員保険法による遺族年金支給の裁定処分を行うに際し、遺族年金支給裁定請求書に請求人の夫の死亡原因の調査経過及びその死亡が職務外の事由によるとの判断結果を記載した「事情聴取書」等の書面を添付して長官に進達するなどの事務処理をした山口県知事又は下関社会保険事務所長が、前記事務処理は、資料収集や意見具申等によって相手方の裁定事務そのものに関与したものとはいえず、せいぜい地方自治体の行政機関が何ら指揮命令に服さない関係にある国の行政機関に対して対等な立場でいわゆる行政協力をした程度にすぎず、「事案の処理に当たつた下級行政機関」に当たらないとされた事例
却下
は、土地利用対策専門部会による現地調査が実施された程度で、未だ、本件ゴルフ...相当程度の客観的・具体的可能性があるものとはいえず、したがつて、地方自治法
村有林を民間会社にゴルフ場建設用地として賃貸しようとしていることが違法であるとして、村長を被告として、地方自治法242条の2第1項1号に基づき提起された、その差止めを求める訴えが、現時点においては、大規模土地開発事業に関し県条例で義務付けられている開発事業者と知事との間の事前協議が終了しておらず、県知事がゴルフ場建設計画に対しいかなる意見表明をするかいまだ不明であるから、村長が前記の賃貸をすることにつき、相当程度の客観的具体的可能性があるものとはいえず、同法242条1項にいう「当該行為がなされることが相当の確実さをもつて予測される場合」に当たらないとして、却下された事例
251 件中 1/6 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in