2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
犯罪
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
犯罪の判決統計
0
7
11
3
475 件中 1/10 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
被告人が強姦及び強制わいせつの犯行の様子を隠し撮りした各デジタルビデオカセットが刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供した物」に当たるとされた事例
上告を棄却
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反被告事件...所論に鑑み,平成23年法律第74号による改正前の組織的な犯罪の処罰及び犯...罪収益の規制等に関する法律(以下「組織的犯罪処罰法」という。)3条1項9号
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成23年法律第74号による改正前のもの)3条1項9号にいう「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」に当たるとされた事例
却下
所論は,逃亡犯罪人引渡法35条1項の規定が,同法14条1項に基づく逃亡犯...適用を除外して,上記命令の発令手続において当該逃亡犯罪人に弁明の機会を与え...そこで検討するに,逃亡犯罪人引渡法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
東京高等裁判所は,東京高等検察庁の検察官から,抗告人について,逃亡犯罪...3号逃亡犯罪人引渡審査請求事件),審査をした結果,平成26年7月16日,...法10条1項3号により,本件は逃亡犯罪人を引き渡すことができる場合に該当
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
処分行政庁が平成26年7月25日付けでした逃亡犯罪人引渡法14条1項...の規定による申立人に係る逃亡犯罪人引渡命令は,本案事件の判決確定までそ...本件は,逃亡犯罪人引渡法(以下「法」という。)8条により東京高等検察
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
あるとともに,開示により犯罪捜査,公訴の維持その他の公共の安全と...部分が個人に関する情報であるとともに,開示により犯罪捜査,公訴の...いえない。)。また,プライバシーの保護や,犯罪捜査,公訴の維持そ
犯罪の捜査に関して撮影されたビデオテープにつき編集又は複製がされたものが刑事訴訟法53条の2第1項の「訴訟に関する書類」に該当するとされた事例
取り消す
(ウ) 犯罪の予防等を目的とするとき(5号)」...「(イ) 開示することにより,犯罪の予防,犯罪の捜査その他の公共の安全と...「(イ) 開示することにより,犯罪の予防,鎮圧又は捜査,公訴の維持,刑の
1 死者の相続人から開示請求がされた警察官作成の「変死体等取扱報告」と題する書面に記載された死者の病名、受診料、薬名、死体写真中の乳房と陰部の部分が京都府個人情報保護条例(平成8年京都府条例第1号)13条2項1号、1項1号所定の「開示請求をした者以外の者」の個人情報に当たらないとされた事例 2 死者の相続人から開示請求がされた警察官作成の「変死体等取扱報告」と題する書面に記載された死者の病名、受診料、薬名が京都府個人情報保護条例(平成8年京都府条例第1号)13条2項1号、1項7号所定の「府が行う事務事業に関する個人情報であって、これを開示することにより同種の事務事業の目的が達成できなくなり、これらの事務事業の公正かつ適切な執行に著しい支障が生じるおそれがあるもの」の個人情報に当たらないとされた事例 3 警察官作成の「変死体等取扱報告」と題する書面に記載された事件性の判定項目、変死観察メモの検視内容等、損傷、身体特徴図示の検視内容等、検視写真の検視内容等(陰部、乳房部分を除く。)は、京都府個人情報保護条例(平成8年京都府条例第1号)13条2項3号所定の開示により「犯罪の予防、鎮圧又は捜査、公訴の維持、刑の執行その他公共の安全と秩序の維持に支障が生じるおそれがあると公安委員会又は警察本部長が認めることにつき相当の理由がある」個人情報に当たるとされた事例
懲役6年
件,住居侵入未遂1件の罪により懲役9年に処せられた前科)に係る犯罪事実並び...室内に火を放ったり石油を撒いたりするという極めて特異な犯罪傾向がそれぞれ認...係る犯罪事実が顕著な特徴を有し,かつ,その特徴が証明の対象である犯罪事実と
1 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることの許否 2 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることが許されないとされた事例
公にすることにより,犯罪の予防,鎮圧等の公共の安全と秩序の維持に支障...犯罪の予防,鎮圧等の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがある...④日本政府が情報収集に至った経緯,犯罪容疑者に対する捜査に関す
1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
破棄
に評価され得るような事情はなく,Bの行為について法律上犯罪行為に該当しない...とすれば,被告人にも家系図作成については犯罪が成立しない関係にあるというべ
当審において法律上犯罪行為に該当しないことを理由に無罪となった共犯者の事件と法の適用に関し別個に評価され得るような事情がないとして、略式命令に対する非常上告が認められた事例
棄却
第1審裁判所が犯罪の証明がないことを理由として無罪の言渡しをした場合であ...のような観点から見て,被告人に対して犯罪の証明がないことを理由に無罪を言い
第1審裁判所が犯罪の証明がないことを理由として無罪の言渡しをした場合と控訴審における勾留
控訴を棄却
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律 以下 組...織的犯罪処罰法」という。 3条1項1号の適用に関する事実誤認の...被告人と従業員十数名により構成される組織的犯罪処罰法2条1項に
1 店舗に回胴式遊技機を設置し従業員十数名を用いて常習賭博を行っていた経営者の行為につき組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律3条1項1号が適用された事例 2 財産上不正な利益を得る目的で行う回胴式遊技機による常習賭博においてあらかじめ賭客から取得した賭金を全額没収・追徴することの可否
棄却
道警察隊)が支出したとされる犯罪捜査報償費(報償費)は,当時の鑑識課,
県警生活保安課等が支出したとされる犯罪捜査報償費は、その所属長らが正当な公金支出を装って着服したものであり、県が前記所属長らに対する損害賠償請求権又は不当利得返還請求権を有するにもかかわらず、その行使を怠っているとしてされた住民監査請求につき、地方自治法242条2項所定の監査請求期間の制限に服するとされた事例
上告を棄却
被告人が当該犯罪を行ったとの訴因で公訴を提起した場合において,被告人1人の...行為により犯罪構成要件のすべてが満たされたと認められるときは,他に共謀共同...正犯者が存在するとしてもその犯罪の成否は左右されないから,裁判所は訴因どお
単独犯の訴因で起訴された被告人に共謀共同正犯者が存在するとしても、訴因どおりに犯罪事実を認定することが許されるか
破棄
部長」という。)に対し,「凶悪重大犯罪等に係る出所情報の活用について」と題...らない」と定め,その4号において,「公にすることにより,犯罪の予防,鎮圧又...長,警視庁組織犯罪対策部長,各道府県警察本部長にあて平成17年8月31日付
凶悪重大犯罪等に係る出所情報ファイルの有効活用等を要請する警察庁から県警察本部長あての通達文書に記録された情報のうち、同ファイルの記録対象者を限定する入所罪名及び出所事由の種別並びに同ファイルの活用方法に係る情報が、新潟県情報公開条例(平成13年新潟県条例第57号)7条4号所定の非公開情報に当たるとされた事例
破棄
弁護人前田領の上告趣意のうち,軽犯罪法1条2号(以下「本号」という。)に...そうすると,原判決及び第1審判決は,軽犯罪法1条2号の解釈適用を誤った違...態に備えて防御用として同スプレーを隠匿携帯したものである。さらに,記録を調べても,被告人には,本件に至るまで前科・前歴がなく,犯罪とは無縁の生活を送
1 軽犯罪法1条2号にいう「正当な理由」の意義及びその存否の判断方法 2 軽犯罪法1条2号所定の器具に当たる催涙スプレー1本を専ら防御用として隠して携帯したことが同号にいう「正当な理由」によるものであったとされた事例
控訴を棄却
に対して犯罪予告の虚偽通報がなされた場合(インターネット掲示板を通じての間...う「業務」に当たらず,②被告人の行為は軽犯罪法1条31号の「悪戯など」に該...②については,軽犯罪法1条31号は刑法233条,234条及び95条(本罪
犯罪予告の虚偽通報がなければ遂行されたはずの警察の公務と偽計業務妨害罪にいう「業務」
却下
)が支出したとされる犯罪捜査報償費(以下「報償費」という 。...償費の各種犯罪の捜査に伴う情報提供者ないし捜査協力者(以下「協力者...の確認を受けるとともに,その残高について犯罪捜査協力報償費支払明
県警生活保安課等が支出したとされる犯罪捜査報償費は、その所属長らが正当な公金支出を装って着服したものであり、県が前記所属長らに対する損害賠償請求権又は不当利得返還請求権を有するにもかかわらず、その行使を怠っているとしてされた住民監査請求につき、地方自治法242条2項所定の監査請求期間の制限に服するとされた事例
取り消す
犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書,現金出納簿,捜査費支出伺...れているのは,同一覧表中,⑤の施行伺,⑥の犯罪捜査協力報償費支払明細兼...公開することにより,犯罪の予防,鎮圧又は捜査,公訴の維持,
1 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書、現金出納簿、捜査費支出伺、支払精算書及び領収書に記録された捜査員へ個々の捜査報償費を交付した日、その金額等の情報が宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項ただし書による同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとした警察本部長の判断が、裁量権の逸脱又は濫用に当たらないとされた事例2 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る施行伺に記録された起案者である警察職員の氏名、印影の情報が、いずれも宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項本文により読み替えられた同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとされた事例
懲役2年6月
なお,所論にかんがみ,本件における組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等...に関する法律(以下「組織的犯罪処罰法」という。)違反の罪について,職権で判...記録によれば,本件組織的犯罪処罰法違反に係る事実関係は,次のとおりで
1 犯罪行為の実行に着手する前に取得した前払い代金等の財産の取得につき事実を仮装した場合と、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項前段の「犯罪収益等の取得につき事実を仮装した罪」の成否 2 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項前段の「犯罪収益等の取得につき事実を仮装した罪」の罪となるべき事実の摘示として欠けるところはないとされた事例 3 注文に応じて有償で児童ポルノを送付して提供するに際し、提供者が注文者から取得した金員の一部を送料として支出した場合と、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律による追徴金額の算定方法
取り消す
相当の理由がある情報」と規定したのは,犯罪の予防,鎮圧又は捜査等に...して,当該判断時点においてはその死因が非犯罪死であるとして処理し,...一応の調査終結をみたにすぎない。後の特段の事情により犯罪に関わると
開示請求権者の子の死亡に係る死体見分調書中の飛降現場断面図及び現場見取図並びに「死体の状況」及び「見分官の判断」のうち、犯罪捜査に係る着眼点、捜査手法及び関心事項に関する情報並びに写真撮影報告書中の写真及び写真撮影の状況に関する情報は、いずれも愛知県個人情報保護条例(平成16年愛知県条例第66号。平成19年愛知県条例第47号による改正前)17条6号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとした警察本部長の判断が、裁量権の逸脱又は濫用に当たらないとされた事例
棄却
しかしながら,犯罪捜査に当たった警察官が犯罪捜査規範13条に基づき作成し
1 犯罪捜査に当たった警察官が犯罪捜査規範13条に基づき当該捜査状況等を記録した備忘録は、刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となり得るか 2 警察官が捜査の過程で作成し保管するメモが証拠開示命令の対象となるものか否かの判断を行うために、裁判所が検察官に対し同メモの提示を命ずることの可否
上告を棄却
原判決は,麻薬特例法の没収・追徴について,薬物犯罪収益等を得ていない者か...ある薬物犯罪収益は,正犯が得たものであり幇助犯である被告人が得たものではな...限度で追徴を認めた。この判断は,薬物犯罪収益の具体的な分配等にかかわらず幇
薬物犯罪の幇助犯から「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」11条1項、13条1項により没収・追徴できる薬物犯罪収益等の範囲
取り消す
犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書,現金出納簿,捜査費支出...記載する各所属の犯罪捜査協力報償費(ただし,県費 )...公開することにより ,犯罪の予防 ,鎮圧又は捜査 ,公訴の維持 ,
1 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書、現金出納簿、捜査費支出伺、支払精算書及び領収書に記録された捜査員へ個々の捜査報償費を交付した日、その金額等の情報が宮城県情報公開公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項ただし書による同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとした警察本部長の判断が、裁量権の逸脱又は濫用に当たるとされた事例 2 県警察本部の各課隊における犯罪捜査協力報償費に係る支出負担行為兼支出命令決議書、施行伺及び資金前渡職員預金通帳に記録された預金口座番号、起案者である警察職員の氏名、印影、お客様番号の情報が、いずれも宮城県情報公開公開条例(平成11年宮城県条例第10号。平成14年宮城県条例第60号による改正前)8条2項本文により読み替えられた同条1項4号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当しないとされた事例
取り消す
したのち,その死体が犯罪に起因するものでないことが明らかである場合において...開示することにより,犯罪の予防,鎮圧又は捜査,公訴の維持,刑の執...犯罪の予防,鎮圧又は捜査,公訴の維持,刑の執行その他の公共の安全と秩序の維
開示請求権者の子の死亡に係る死体見分調書中の飛降現場断面図及び現場見取図並びに「死体の状況」及び「見分官の判断」のうち、犯罪捜査に係る着眼点、捜査手法及び関心事項に関する情報並びに写真撮影報告書中の写真及び写真撮影の状況に関する情報が、いずれも愛知県個人情報保護条例(平成16年愛知県条例第66号。平成19年愛知県条例第47号による改正前)17条6号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当しないとされた事例
棄却
等は,犯罪捜査規範により警察官に作成及び保存が義務付けられている以上,裁判...とも所論のとおりである。しかしながら,犯罪捜査規範13条は,「警察官は,捜...モ(手控え),備忘録等」の開示を命じているが,これは取調官であるAが,犯罪
1 刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となる証拠は、検察官が現に保管している証拠に限られるか 2 取調警察官が犯罪捜査規範13条に基づき作成した備忘録は、刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となり得るか
棄却
被告人につき,第1審裁判所が,犯罪の証明がないとして無罪判決(以下「本件無...そこで検討すると,第1審裁判所において被告人が犯罪の証明がないことを理由...おける犯罪の嫌疑は,「犯罪を犯したことが相当程度の可能性」をもって認められ
第1審裁判所で犯罪の証明がないとして無罪判決を受けた被告人を控訴裁判所が勾留する場合と刑訴法60条1項にいう「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の有無の判断
破棄
えたものと判断」するとともに,「犯罪構成要件としての明確性・公示性に欠...(以下「廃棄物処理法」という。)7条1項ただし書に実質的に違反し,犯罪...次に,原判決が,本条例の罰則規定は,犯罪構成要件の一部である犯行
1 世田谷区清掃・リサイクル条例31条の2、79条1号の規定と廃棄物の処理及び清掃に関する法律7条1項ただし書との関係 2 世田谷区清掃・リサイクル条例31条の2、79条1号の規定の犯罪構成要件としての明確性
控訴を棄却
原判決10頁20行目の「捜査の支障に」を「犯罪の捜査等に支障を」...犯罪者が自己の出所情報を警察が把握しているかについて ,...の予測をする」のと「確定的に知る」のとでは,犯罪の捜査等に及ぼす影
警察庁刑事局刑事企画課長から県警本部長に対して送付された「凶悪重大犯罪等に係る出所情報の活用について」と題する文書のうち、(1)出所者の入所罪名、(2)出所者の出所事由の種別、(3)出所情報ファイルの有効活用の項目に記載された各情報が、新潟県情報公開条例(平成13年新潟県条例第57号)7条4号に非開示事由として規定する公共秩序維持情報にいずれも該当しないとされた事例
上告を棄却
調査に際して執行官に対し虚偽の陳述をした時点で犯罪は終了しており,公訴時効...に当たるが,その時点をもって刑訴法253条1項にいう「犯罪行為が終つた時」と解すべきものではなく,上記虚偽の事実の陳述等に基づく競売手続が進行する限...り,上記「犯罪行為が終つた時」には至らないものと解するのが相当である。そう
現況調査に訪れた執行官に対して虚偽の事実を申し向けるなどした刑法96条の3第1項該当行為があった時点が刑訴法253条1項にいう「犯罪行為が終つた時」とはならないとされた事例
懲役4年6月
「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」を「組織犯罪処罰法」,...が,共犯者らと共謀の上,違法貸付けで得た金で購入した犯罪収益等である割引金...金合計29億7000万円を同被告人名義の口座に入金させて犯罪収益等を隠匿し
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律13条2項、16条1項ただし書にいう「犯罪被害財産」の意義
取り消す
     (4) 公開することにより,犯罪の予防又は捜査,人の生命,身体又は財産の保護その他の公共の安全と秩序...公表されていた者の「氏名」及び「印影」(犯罪捜査等を行う職員に係るものを除く。)...と該当条項一覧表」(以下「別紙3の1の一覧表」という。),同3の2の「『犯罪捜査に関連する報償費』の非開示
1 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、(1)警察犬指導士の住所及び口座番号、(2)警察犬飼育者の住所、氏名、口座番号等、(3)警察犬の出動現場名等、(4)警察犬審査会審査員の氏名及び印影、(5)精神鑑定嘱託に関する精神鑑定医の住所、郵便番号及び債権者コード(電話番号)、(6)部外講師謝金に関する部外講師の住所、電話番号、金融機関名、口座番号等、(7)犯罪捜査等に協力した功労により感謝状を贈呈された団体の代表者氏名、(8)暴力団排除運動及び捜査協力の功績により感謝状を授与された個人の住所、職名及び氏名、(9)交通安全運動等の功労として表彰を受けた個人、団体等の代表者の住所、(10)交通指導取締りに対する協力者の住所、氏名及び屋号、(11)質屋・古物商報償金に関する質屋等の住所及び年齢、(12)被疑者及び被害者の住所、氏名、年齢等、(13)死体解剖謝金に関する死者の氏名及び年齢、(14)犯罪捜査協力者の住所、氏名及び印影の各情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条2号に非開示事由として規定する「個人に関する情報」に該当するとされた事例 2 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、(1)警察犬指導士の氏名、(2)精神鑑定嘱託に関する精神鑑定医の病院名、氏名、印影及び口座番号、(3)質屋・古物商報償金に関する質屋等の氏名、印影及び屋号の各情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条2号に非開示事由として規定する「個人に関する情報」に該当しないとされた事例 3 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、(1)警部(同相当職)を除く警察職員の氏名、印影等、(2)質屋・古物商報償費に関する報償金受償者の住所、氏名、年齢、屋号、印影、事案の概要、協力の状況、受償行為に対する意見等、(3)死体解剖謝金に関する死体解剖医の所属、氏名、口座番号等、(4)警察犬指導士の住所、氏名等、(5)警察犬名、(6)警察犬飼育者の住所、氏名、金融機関名、口座番号等、(7)特定事件の被疑者に関する情報を提供して感謝状の贈呈を受けた団体名及び代表者名、(8)暴力団排除運動の推進に功績があって感謝状の贈呈を受けた団体名及び代表者名、(9)捜査支援資料を提供し、又は捜査活動に係る技術支援をした団体名及び代表者名、(10)精神鑑定嘱託に関して嘱託を受けた精神科医の病院名、住所、氏名、口座番号等、(11)犯罪捜査協力報償費に関する犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書、現金出納簿、捜査費支出伺、支払精算書、支払額内訳及び領収書の各情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条4号に非開示事由として規定する公共秩序維持情報に該当するとされた事例 4 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、資金前渡職員の普通預金通帳の口座番号及びお客様番号、警察犬審査会審査員の氏名及び印影の各情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条4号に非開示事由として規定する公共秩序維持情報に該当しないとされた事例
上告を棄却
現状況」とされていても,実質においては,再現されたとおりの犯罪事実の存在が
捜査官が被害者や被疑者に被害・犯行状況を再現させた結果を記録した実況見分調書等で実質上の要証事実が再現されたとおりの犯罪事実の存在であると解される書証の証拠能力
懲役3年6月
とは,社会的見解上1個のものと評価することができず,犯罪の通常の形態として...息の受領行為をするとともに,犯罪収益等の取得につき事実を仮装した本件におい...ては,制限超過利息の受領行為と,組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関
1 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項所定の行為が反復累行された場合の罪数 2 貸金業の規制等に関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)47条2号、11条1項に違反して無登録で貸金業を営む行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為との罪数関係 3 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項の犯罪収益等の取得につき仮装する行為と出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(平成15年法律第136号による改正前のもの)5条2項の制限超過利息を受領する行為とが併合罪の関係にあるとされた事例
上告を棄却
 なお,【要旨】規制薬物の譲渡を犯罪行為とする場合における,国際的な協力の...薬取締法等の特例等に関する法律2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た
規制薬物の譲渡を犯罪行為とする場合における「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に係る同法11条1項1号の没収及び同法13条1項前段の追徴に当たり取得費用等を控除することの可否
上告を棄却
され,強姦された上,財布も強取されるという強盗強姦(以下「本件犯罪」という。)... しかし,本件証拠物の廃棄処分後も,西宮署は,本件犯罪について継続捜査事件...として捜査を継続しており,本件証拠物の廃棄処分によって本件犯罪の捜査を中止
犯罪の被害者が証拠物を司法警察職員に対して任意提出した上その所有権を放棄する旨の意思表示をした場合において当該証拠物の廃棄処分が適正を欠くことを理由として国家賠償請求をすることの可否
棄却
③ 公にすることにより,捜査手法,捜査方針が明らかになり,犯罪...れ,犯罪の予防又は捜査,その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれ...じた捜査手法や方針が明らかとなり,犯罪を企図する者等が対抗措置を講じて以後
滋賀県警察本部で支出した捜査費、捜査報償費の領収書のうちペンネームで記載されたものが、滋賀県情報公開条例(平成12年滋賀県条例第113号)6条3号に規定される非開示事由(犯罪の捜査、公訴の維持に支障が生じるおそれがある)に該当するとされた事例
棄却
 犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律3条1項
犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律3条1項に基づき訴訟記録を謄写させる措置に対する抗告の許否(消極)
控訴を棄却
 【要旨】刑訴法235条1項にいう「犯人を知った日」とは,犯罪終了後において,告訴権...者が犯人が誰であるかを知った日をいい,犯罪の継続中に告訴権者が犯人を知ったと...は,既遂に達した後も,未だ犯罪は終了せず,継続していると解される。もっとも,関係
インターネット上の名誉毀損罪における犯罪の終了時期と告訴期間の起算日
 本件は,逃亡犯罪人を引き渡すことができない場合に該当する。...区東部支部に対して公訴を提起された逃亡犯罪人であるとして,平成14年3月8...日,日本国とアメリカ合衆国との間の犯罪人引渡しに関する条約(以下「条約」とい
日本国とアメリカ合衆国との間の犯罪人引渡しに関する条約3条及び逃亡犯罪人引渡法2条6号にいう犯罪の嫌疑の意義
破棄
等に関する法律(以下「麻薬特例法」という。)2条3項の薬物犯罪収益に該当す... しかしながら,麻薬特例法2条3項において薬物犯罪収益とされる「薬物犯罪の...犯罪行為により得た財産」とは,薬物犯罪の構成要件に該当する行為自体によって
薬物犯罪を遂行するために共犯者から交付を受けて使用した航空券の価額を追徴することが違法であるとして第1審判決中の追徴部分が破棄された事例
上告を棄却
 原判決は,被告人が覚せい剤密輸入の犯罪を実行するために共犯者から受領した...改正前の麻薬特例法」という。)2条3項において不法収益とされる「薬物犯罪の...犯罪行為により得た財産」等に当たらないとして追徴をしなかった。この判断は,
国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義
上告を棄却
項において不法収益とされる「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義に関す... 原判決は,上記「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義に関して,犯罪行...者から受領した航空券は上記「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に当たるとし
1 「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 薬物犯罪を遂行する過程において費消・使用されるものとして犯人が他の共犯者から交付を受けた財産と「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」 3 犯罪を実行した翌日に我が国を出国するため所持していた航空券が刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物」に当たるとされた事例 4 薬物犯罪の犯罪行為を遂行するために費消した上その残額を同行為の報酬として取得することとして共犯者から交付を受けて犯人が所有する金員を全額没収することの可否
取り消す
  オ 犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書中の月別の受入金額,支払額... (4) 公開することにより,犯罪の予防又は捜査,人の生命,身体又は財産の保護その他...事により氏名が公表されていた者の「氏名」及び「印影」(犯罪捜査等を行う職員に係るもの
1 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書の支払月日、犯罪捜査協力報償費の個別の受入金額、支払額及び残額並びに摘要の各欄に記載されている情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条4号に非開示事由として規定する公共秩序維持情報に該当するとした事例 2 県警刑事部、交通部、警備部の報償費支出に関する資料に記録された情報のうち、犯罪捜査協力報償費支払明細兼残高証明書の犯罪捜査協力報償費の月別の受入金額、支払額及び残額の各欄に記載されている情報が、宮城県情報公開条例(平成11年宮城県条例第10号)8条4号に非開示事由として規定する公共秩序維持情報に該当しないとした事例
控訴を棄却
行為が同罪及び業務妨害罪に該当するとしても,上記事実については,軽犯罪法1条1...は,個人の生命,身体及び財産の保護に任じ,犯罪の予防等に当たることをもってその...責務としている(警察法2条1項)のであるから,被疑者の犯罪にかかる事実であって
1 刑法233条の虚偽の風説の「流布」に当たるとされた事例 2 刑法233条の信用毀損、業務妨害罪と軽犯罪法1条16号の関係
懲役7年
要求する「上司打ち」をするなど,共同して犯罪を遂行するシステムができあが...っており,その犯罪の収益によって共同の費用を賄っていたことなどから,自...又は詐欺罪のみの成立を認め,組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等
1 紳士録を利用して詐欺・恐喝行為を繰り返していたグループが組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律2条1項にいう「団体」に当たるとされた事例 2 紳士録を利用して詐欺・恐喝行為を繰り返していたグループによる詐欺・恐喝の犯行が組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律3条1項の「団体の活動として、当該罪に当たる行為を実行するための組織により行われたとき」に当たるとされた事例
懲役3年6月
(以下「麻薬特例法」という)2条3項に定める「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」に...原判決が,本件航空券は「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」にあたらないとして,...所持したまま逮捕された事実が明らかであり,原判決が,「薬物犯罪の犯罪行為により
1 国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(以下「麻薬特例法」という。)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 大麻密輸を遂行するため共犯者から受領した往復航空券が、麻薬特例法2条3項にいう「薬物犯罪収益」に該当するとされた事例
その親族,とりわけ配偶者が犯罪の嫌疑を受けた場合に,これを支援,擁護する何らの行為もすることができないというのは,人間としての自然の情からみて厳格に...のことからすると,裁判官が犯罪の嫌疑を受けた配偶者の支援ないし擁護をするこ...申立人がその妻の犯罪嫌疑について犯人蔵匿,証拠隠滅等を行っていたというので
裁判官の行為が犯罪の嫌疑を受けた妻を支援、擁護するものとして許容される限界を超え裁判所法49条に該当するとされた事例
棄却
断するに当たっては、端的に「犯罪の嫌疑」そのものを対象としてこれを評価すれ...いが、副次的にそのような一面を有していることは否定し難いところである。しかし、将来の刑の執行確保の必要性をいうのであれば、犯罪人の引渡し等を内容とす...る。しかし、第一審裁判所が公判における証拠調べを経て犯罪の証明なしとして無
第一審裁判所が犯罪の証明がないことを理由として無罪の判決を言い渡した場合と控訴審における勾留
破棄
 <要旨>起訴されていない犯罪事実をいわゆる余罪として認定し、実質上これを処...告人の性格、経歴及び犯罪の動機、目的、方法等の情状を推知するための資料とし...所に起訴されている犯罪事実についても同様と考えられる。もとより、本件におい
児童福祉法違反被告事件についての家庭裁判所の訴訟手続に地方裁判所係属中の職業安定法違反の犯罪事実をも実質上処罰する趣旨で刑を量定した違法があるとされた事例
475 件中 1/10 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in