2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
法廷
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
66 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
る(最高裁平成17年(受)第1970号同19年7月13日第二小法廷判決・民集61巻5号1980頁)。...判示した最高裁平成17年(受)第560号同年12月15日第一小法廷判決・民
いわゆるリボルビング方式の貸付けについて、貸金業者が貸金業の規制等に関する法律(平成18年法律第115号による改正前のもの)17条1項に規定する書面として交付する書面に個々の貸付けの時点での残元利金につき最低返済額を毎月の返済期日に返済する場合の返済期間、返済金額等の記載をしない場合、当該貸金業者は、最高裁平成17年(受)第560号同年12月15日第一小法廷判決・民集59巻10号2899頁の言渡し日以前であっても、過払金の取得につき民法704条の「悪意の受益者」であると推定されるか
破棄
最高裁平成17年(受)第702号同19年7月6日第二小法廷判決・民集61巻5号1769頁にいう「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」の意義
0年3月5日当裁判所がした本件の各被害者につき被害者特定事項を公開の法廷で
殺人に係る被害者特定事項を公開の法廷で明らかにしない旨の決定に関し、被害者特定事項に係る名称に代わる呼称が定められた事例
なお,弁護人は,本件につき,被害者特定事項を公開の法廷で明らかにしない旨...本件の被害者A及び同Bにつき,被害者特定事項を公開の法廷で明らかにし...本件の被害者C,同D及び同Eにつき,被害者特定事項を公開の法廷で明ら
殺人に係る被害者特定事項を公開の法廷で明らかにしない旨の決定がされた事例 被害者特定事項を公開の法廷で明らかにしない旨の決定をすることと憲法32条、37条1項
棄却
一件記録によれば,原審は,口頭申出により,法廷等の秩序維持に関する...認められる。しかしながら,補佐人は,法廷等の秩序維持に関する法律(以...過後に追完することは認められない(最高裁第一小法廷昭和45年9月24
法廷等の秩序維持に関する法律に基づき地方裁判所がした制裁を科する裁判に対する本人を補佐する弁護士の抗告申立権
破棄
 (2) 平成10年11月25日,和歌山地方裁判所の法廷において,被上告人の...,小型カメラを上記法廷に隠して持ち込み,本件刑事事件の手続における被上告人...「法廷を嘲笑う『X』の毒カレー初公判-この『怪物』を裁けるのか」との表題の
1 人の容ぼう、姿態をその承諾なく撮影する行為と不法行為の成否 2 写真週刊誌のカメラマンが刑事事件の法廷において被疑者の容ぼう、姿態を撮影した行為が不法行為法上違法とされた事例 3 人の容ぼう、姿態を描写したイラスト画を公表する行為と不法行為の成否 4 刑事事件の法廷における被告人の容ぼう、姿態を描いたイラスト画を写真週刊誌に掲載して公表した行為が不法行為法上違法とはいえないとされた事例 5 刑事事件の法廷において身体の拘束を受けている状態の被告人の容ぼう、姿態を描いたイラスト画を写真週刊誌に掲載して公表した行為が不法行為法上違法とされた事例
上告を棄却
 弁護人上田誠吉の上告趣意のうち、憲法三九条違反をいう点は、法廷等の秩序維...昭和二四年新(れ)第二二号同二五年九月二七日大法廷判決・刑集四巻九号一八〇...五頁、同二八年(秩ち)第一号同三三年一〇月一五日大法廷決定・刑集一二巻一四
法廷等の秩序維持に関する法律による監置の制裁は刑罰でないことが明らかであるとして憲法39条違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 二 憲法八二条一項の規定は、裁判の対審及び判決が公開の法廷で行われるべき...して要求できることまでを認めたものでないことはもとより、傍聴人に対して法廷...最高裁昭和五二年(オ)第九二七号同五八年六月二二日大法廷判決・民集三七巻五
一 法定で傍聴人がメモを取ることと憲法八二条一項 二 法廷で傍聴人がメモを取ることと憲法二一条一項 三 法廷警察権行使についての裁量の範囲 四 法廷でメモを取ることを報道機関の記者に対してのみ許可することと憲法一四条一項 五 法廷警察権の行使と国家賠償法一条一項の違法性
棄却
二条の各違反をいう点は、法廷等の秩序維持に関する法律及び同法に基づく本件の...八年(秩ち)第一号同三三年一〇月一五日大法廷決定・刑集一二巻一四号三二九一...あつて、法廷等の秩序維持に関する法律六条一項の適法な抗告理由に当たらない。
法廷等の秩序維持に関する法律及び同法による監置決定と憲法三一条、三二条、三三条、三四条、三七条三項、八二条(補足意見がある)
棄却
 よつて、法廷等の秩序維持に関する法律九条、同規則一九条、一八条一項により、...     最高裁判所第一小法廷
法廷等の秩序維持に関する法律による監置の裁判に対する不服申立が執行終了によつて不適法に帰したとされた事例
棄却
 本件抗告の趣意は、違憲をいうが、法廷等の秩序維持に関する法律による制裁の...一五日大法廷決定・刑集一二巻一四号三二九一頁)の趣旨に照らして明らかである... よつて、法廷等の秩序維持に関する規則一九条、一八条一項により、裁判官全員
法廷等の秩序維持に関する法律による制裁の手続等と憲法三一条、三二条、三四条
棄却
所論の「裁判長はうそつきであります。」という発言がそれ自体で法廷等の秩序維...二条一項違反をいう点は、制裁を科する裁判の手続は必ずしも公開の法廷でするこ...和二八年(秩ち)第一号、同三三年一〇月一五日大法廷決定・刑集一二巻一四号三
法廷等の秩序維持に関する法律二条一項にいう「暴言」にあたるとされた事例
棄却
一項、一五条二項、七六条三項、九九条、三二条違反をいうが、法廷等の秩序維持... よつて、法廷等の秩序維持に関する規則一九条、一八条一項により、裁判官全員...     最高裁判所第一小法廷
法廷等の秩序維持に関する法律及び同法律による監置決定と憲法三一条等
上告を棄却
 弁護人小野正典の上告趣意のうち、憲法三九条違反をいう点は、当裁判所大法廷...第二二五八号同三四年四月九日第一小法廷判決・刑集一三巻四号四四二頁参照)、...     最高裁判所第三小法廷
法廷等の秩序維持に関する法律による監置の制裁後の公務執行妨害罪による処罰と憲法三九条
棄却
 本件抗告の趣意は、憲法三一条、三二条、三四条、三七条違反をいうが、法廷等...とは、当裁判所の判例(昭和二八年(秩ち)第一号同三三年一〇月一五日大法廷決...     最高裁判所第一小法廷
法廷等の秩序維持に関する法律二条による監置と憲法三一条、三二条、三四条、三七条
上告を棄却
     最高裁判所第三小法廷
救識義務違反と報告義務違反の罪数に関する大法廷判例に反する旨の主張が原判決後の判例として不適法とされた事例
却下
立人本人から右事件の担当裁判所である第三小法廷の裁判官全員を忌避する旨の申...     最高裁判所第三小法廷
第三小法廷裁判官全員に対する忌避申立が簡易却下された事例
棄却
 法廷等の秩序維持に関する法律による制裁の裁判について最高裁判所に対し特別...べきである(当裁判所昭和四三年(秩ち)第二号同年五月一日第二小法廷決定・民... よつて、同法九条、法廷等の秩序維持に関する規則一九条、一八条一項により、
法廷等の秩序維持に関する法律による制裁に対し氏名の記載のない申立書によつてした特別抗告申立の適否(消極)
上告を棄却
月二八日大法廷判決・刑集一二巻八号一七一八頁、昭和二九年(あ)第一六七一号...同三四年八月一〇日大法廷判決・刑集一三巻九号上一四一九頁)は、共謀共同正犯...     最高裁判所第三小法廷
所論引用の判例(練馬事件、松川事件各大法廷判決)は厳格な証明によつて共謀が成立したことが認定される場合に更にその日時場所等を認定し、判示することまでも要するとしているものではないとして判例違反の主張を斥けた事例
上告を棄却
は、被告人らが裁判長の訴訟指揮に従わず、法廷の秩序を乱したためやむなく採ら...なるところはないから、いつたん公判期日に出頭した被告人が裁判長から法廷の秩...     最高裁判所第一小法廷
いったん公判期日に出頭した被告人が法廷の秩序維持のため退廷を命ぜられたとき裁判所は刑訴法三四一条により当日の公判審理を行うことができるか
控訴を棄却
によつて決すべき事項である(最高裁判所第一小法廷昭和四九年七月一八日決定、...人らの態度に同調して発言する等法廷の秩序をみだしたことが明らかであるから、...の措置を講じたのは法廷の秩序維持の見地に出たやむを得ないものと認められるの
法廷の秩序維持のため被告人が退廷を命ぜられた場合において、刑訴法三二六条二項を適用して証拠を採用したことが違法でないとされた事例
上告を棄却
     最高裁判所第三小法廷
大阪地裁法廷内において爆竹を使用した事案(火薬類取締法違反、建造物侵入)
上告を棄却
最高裁判所第一小法廷
憲法二三条違反の主張が不適法とされた事例―愛知大事件― 第一小法廷の上告棄却決定において「刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない」旨判示された事例
上告を棄却
     最高裁判所第一小法廷
第一小法廷の上告棄却決定において「いまだ同(刑訴)法四一一条を適用すべきものとは認められない」と判示された事例
上告を棄却
     最高裁判所第一小法廷
第一小法廷の上告棄却決定において「刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない」旨判示された事例
上告を棄却
     最高裁判所第一小法廷
原審の判断を全面的に是認するのでないことを示すため「なお所論にかんがみ職権で調査するも、いまだ刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない」との判示を付加された第一小法廷の事例
上告を棄却
     最高裁判所第三小法廷
判例の具体的摘示を欠くとされた事例(裁判年月日と小法廷名のみのもの)
上告を棄却
     最高裁判所第一小法廷
第一小法廷の上告棄却決定において「刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない」旨判示された事例
却下
     最高裁判所第二小法廷
小法廷の全裁判官に対する忌避申立につき決定をする裁判所(代理で処理した事例)
棄却
     最高裁判所第二小法廷
原判決をした小法廷を構成する裁判官の退官による定足数の不足と、その判決に対する訂正申立についての裁判をなすべき裁判所の構成
棄却
立場にある裁判所または裁判官が、直接刑罰類似の制裁を科することを認めた法廷...で、本人の署名はない。ところで法廷等の秩序維持に関する規則一三条... よつて、法廷等の秩序維持に関する規則一八条一項により本件各抗告を棄却する
一、 法廷等の秩序維持に関する法律による制裁と証拠調または事実調査の要否 二、 本人の署名のない書面によつてした法廷等の秩序維持に関する規則一三条二項の代理人選任の効力 三、 抗告状記載の複数の抗告人の氏名と監置の制裁を受けた複数の氏名不詳者との対応関係等が明らかでない場合の抗告の適否
棄却
実によると、本人は昭和四五年一月一二日東京地方裁判所刑事第七〇一号法廷で開...つて、本人は裁判長から公開の法廷において、右「犯罪的」という用語が暴言にあ...せて考察するときは、それらの言動が法廷等の秩序維持に関する法律第二条第一項
法廷等の秩序維持に関する法律二条一項の「暴言」にあたる事例
棄却
 所論は、憲法三二条違反を主張するが、法廷等の秩序維持に関する法律による制...といわなければならない。そうすると、論旨は、法廷等の秩序維持に関する法律六...条一項所定の抗告の理由にあたらないから、法廷等の秩序維持に関する規則一九条、
法廷等の秩序維持に関する法律による制裁の裁判に対し氏名の記載のない申立書によつてした抗告申立の適否
棄却
 論旨は、違憲をいうが、法廷等の秩序維持に関する法律三条二項による行為者の...は、判例(昭和二八年(秩ち)第一号同三三年一〇月一五日大法廷決定、刑集一二... よつて、法廷等の秩序経持に関する法律九条、法廷等の秩序維持に関する規則一
法廷等の秩序維持に関する法律第三条第二項による行為者の拘束および同法第二条による制裁の合憲性
控訴を棄却
 最高裁判所大法廷は、本件に対する判決の理由六において、「郵便法七九条一項...ない」旨を判示し、検察官の右主張と全く異る見解を表明した(尤も、右大法廷の...り、同法廷としては、これら検察官の論拠をも考慮に入れたうえで、その主張を排
一、 昭和四一年一〇月二六日最高裁判所大法廷言渡の判決にいわゆる「争議行為が労組法一条一項の目的のためでなくして政治的目的のために行なわわたような場合」ということの解釈例 二、 同判決にいわゆる「争議行為が……国民生活に重大な障害をもたらす場合」ということの意義 三、 右「国民生活に重大な障害をもたらす場合」に該当しないとされた具体的事例
上告を棄却
とおり判決する。     最高裁判所第一小法廷
弁護士の法廷における証人尋問活動をソフィストの詭弁術等と批評した雑誌論文の公表が名誉毀損にならないとされた事例
上告を棄却
(昭和二八年(あ)第三四四〇号同三三年一日三〇日第一小法廷判決、刑集一二巻...一号九四頁、昭和二九年(あ)第三五九〇号同三二年七月一九日第二小法廷決定、...三小法廷判決、刑集一二巻五号九一六頁、昭和二六年(あ)第三一〇〇号同三三年
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 旧関税法第八三条第三項と憲法第三一条、第二九条。 三 刑罰法令の規定にしたがい一の犯罪につき法廷の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは憲法第三九条後段の規定に違反するか。 四 刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法の施行と第三者所有物没収に代わる追徴。
上告を棄却
二日当裁判所大法廷判決、刑集四巻四号五三五頁参照。)...と主張する点の理由のないことは、昭和三〇年二月九日当裁判所大法廷判決(刑集...開法廷においてこれを宣告すべきであるのに、その宣告の手続を採らなかつた一審
公職選挙法第二五二条の規定する選挙権および被選挙権の停止を公開法廷において宣告の手続を採らなかつた第一審判決を是認した原判決は憲法違反の違法があると主張する上告の適否。
棄却
 法廷等の秩序維持に関する法律(以下単に本法と略称する)によつて裁判所に属...が排除されるものであることは、既に当裁判所大法廷の判例とするところである(...しも公開の法廷ですることを必要としないものであることは、前記判例の趣旨とす
法廷等の秩序維持に関する法律第二条にもとづく監置決定の合憲性。
上告を棄却
ることは、当裁判所大法廷判決の判示するところである(昭和二四年新(れ)第二...二号、同二五年九月二七日大法廷判決、刑集四巻九号一八〇五頁)。また、法廷等...するところである(昭和二八年秩ち第一号、同三三年一〇月一五日大法廷決定、刑
法廷等の秩序維持に関する法律に規定する監置と憲法第三九条。
上告を棄却
 (一) 「議案四七号」及び「議案五二号」が一度も法廷に顕出されなかつた旨...のが相当である。そして右各会議録が何れも法廷に顕出されたこと記録上明かであ... (二) 一審において取寄せ法廷に顕出された証拠書類であつても、すでに還付
一 一審において取り寄せ法廷に顕出された証拠書類であつてすでに還付ずみのものを控訴審において改めて取り寄せ法廷に顕出することなく証拠として採用することの適否。 二 行政事件訴訟特例法第九条但書に反する違法と責問権の放棄による治癒。
棄却
日最高裁判所第一小法廷において上告棄却の決定宣告を受け、その宣告結果の通知...法廷において上告棄却決定の宣告を受けたこと、そして同年一一月二九日最高裁判...所第一小法廷から右上告棄却決定が同年一一月二七日あつた旨の通知が申立人に為
法廷で宣告された上告棄却決定により原判決の刑が確定したものとして原判決の刑の執行をなすべきときと右執行指揮をなしうる時期
棄却
 抗告人は法廷等の秩序維持に関する法律(以下単に「本法」と略称する)二条に... そもそも本法の目的とするところが、法廷等の秩序を維持し、裁判の威信を保持...かの法条に根拠をおくものではない。それは法廷等の秩序を維持し、裁判の威信を
一 法廷等の秩序維持に関する法律による制裁の特殊性。 二 法廷等の秩序維持に関する法律第二条にもとずく監置決定および同法第三条第二項による行為者の拘束の合憲性。
棄却
     最高裁判所大法廷
原判決をした大法廷を構成する裁判官の退官による定足数の不足とその判決に対する訂正申立についての裁判をなすべき裁判所の構成。
が無効であるとの所論は採用できない。     最高裁判所大法廷
一 裁判所法第一〇条第一号最高裁判所裁判事務処理規則第九条第三項によつて最高裁判所大法廷が同条第二項にあたる点のみについて審理裁判した場合の判決主文 二 土地区画整理施行規程に基き土地台帳地積によつてした換地予定地指定処分と憲法第二九条
上告を棄却
四八一二号同二九年二月二五日第一小法廷判決、集八巻二号一九〇頁参照)。され...いて、昭和二四年(れ)三九号同二五年七月一九日大法廷判決、集四巻八号一四一...一五日大法廷判決、集四巻一一号二二五七頁。各参照)、同第四点は、量刑不当の
一 建造物侵入罪と不退去罪との関係 二 被告人が法廷の秩序維持のため退廷させられた場合とその証人審問権
上告を棄却
命令に基づき法廷外の何処まで退廷を執行し得るかは、法廷の秩序維持を必要とす...かゝる場合においては、本件建物内部の構造殊に本件法廷の位置およびその附近の...く本件退廷命令に基づきその執行として、裁判官の指揮により右法廷の存する建物
一 退廷命令に基づき法定の在る建物の外まで退去させることができるか 二 法廷秩序維持権の及ぶ場所的範囲 三 法廷秩序維持権の及ぶ時間的限界 四 警備員に対して退廷命令を出したら傍聴人の法廷のある建物の外に出すようにと事前に指示したことの可否
棄却
     最高裁判所大法廷
最高裁判所大法廷のした裁判官忌避申立却下決定に対する異議申立
棄却
     最高裁判所大法廷
最高裁判所大法廷のした決定に対する特別抗告
上告を棄却
     最高裁判所第一小法廷
犯人蔵匿罪の成立と法廷刑が罰金以上の刑であることの認識の要否
66 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in