2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
判事事項
死亡
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
337 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7
上告を棄却
4項までが準用されている。他方,公営住宅の入居者が死亡した場合において,そ...の死亡時に当該入居者と同居していた者につき,事業主体の承認を受けて引き続き...条例24条1項は,改良住宅の入居者が死亡した場合において,その死亡時に当該
改良住宅の入居者が死亡した場合において、市長の承認を受けて死亡時に同居していた者等に限り使用権の承継を認める京都市市営住宅条例(平成9年京都市条例第1号)24条1項は、住宅地区改良法29条1項、公営住宅法48条に違反し違法、無効であるとはいえない
破棄
事案である。本件申請者らのうち本件訴訟の原審口頭弁論終結前に死亡した者につ...亡日」欄記載の日に死亡し,「上告人」欄記載の上告人ら(以下「本件相続人ら」...帳の交付の義務付けを求める訴訟は,本件被相続人らの死亡により当然に終了す
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳交付申請及び健康管理手当認定申請の各却下処分の取消しを求める訴訟並びに同取消しに加えて被爆者健康手帳の交付の義務付けを求める訴訟につき訴訟の係属中に申請者が死亡した場合における訴訟承継の成否(積極)
却下
求める事案である。Aが本件訴訟の第1審口頭弁論終結前に死亡したことから,第...論終結前の平成23年▲▲月▲▲日に死亡した。...人の死亡により当然に終了すると判断し,当該訴えにつき訴訟終了宣言をした第1
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳交付申請及び健康管理手当認定申請の各却下処分の取消しを求める訴訟につき訴訟の係属中に申請者が死亡した場合における訴訟承継の成否(積極)
破棄
消し等を求めて提起した訴訟である。Aが本件訴訟の第1審口頭弁論終結後に死亡...の負傷,疾病,障害又は死亡に関する保険給付(以下「労災保険給付」という。)...また,労災保険法に基づく保険給付を受ける権利を有する者が死亡した場合にお
じん肺管理区分が管理1に該当する旨の決定を受けた常時粉じん作業に従事する労働者等が管理4に該当するとして提起した当該決定の取消訴訟の係属中に死亡した場合における労働者災害補償保険法11条1項に規定する者による訴訟承継の成否
上告を棄却
所論は,地方公務員災害補償法の遺族補償年金につき,死亡した職員の妻につい...わらず,死亡した職員の夫については,当該職員の死亡の当時,当該夫が一定の年...の2第2項のうち,死亡した職員の夫について,当該職員の死亡の当時一定の年齢
地方公務員災害補償法32条1項ただし書及び附則7条の2第2項のうち死亡した職員の夫について一定の年齢に達していることを遺族補償年金の受給の要件としている部分と憲法14条1項
破棄
あるBが交通事故により死亡したことに関し,その妻である上告人が,労働者災害...準監督署長から,Bの死亡は業務上の事由によるものに当たらないとして,これら...部外傷により死亡した。
労働者が、業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中から参加した後、当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に、研修生をその住居まで送る途上で発生した交通事故により死亡したことが、労働者災害補償保険法1条、12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たるとされた事例
上告を棄却
同組合連合会との間で,被共済者をB,死亡共済金を400万円とする生命共済契...互会社との間で,被保険者をB,死亡保険金を2000万円とする生命保険契約...月25日に死亡した。本件生命共済契約の定めによれば,上記死亡共済金の受取人
破産手続開始前に成立した第三者のためにする生命保険契約に基づき破産者である死亡保険金受取人が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属
上告を棄却
れたが,翌日午前3時54分頃,急性硬膜下血腫に基づく急性脳腫脹のため死亡し...ずれにしても,被害者の死亡との間に因果関係が認められることとなり,「死亡さ...死亡の結果が発生したという傷害致死の事案において,刑法207条適用の前提と
1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
棄却
品名は「○」。)の副作用により死亡したとして,被控訴人に対し,機構法に...原審は,亡P3及び亡P4の死亡は,いずれもタミフルの副作用によるもの...11らの実験において,ラットが呼吸抑制から全て死亡するに至ったリ
インフルエンザ患者が服用したタミフル(オセルタミビルリン酸塩)の副作用により死亡したとする遺族の独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく副作用救済給付の請求に対する不支給決定が適法とされた事例
控訴を棄却
るものといえ,本件では,死亡に至る因果的経過において,現場で移動困難なほ...とするような激しい暴風雪がもたらされたものであるから,それによる死亡とい...遭難事故により死亡するに至る危険を予見することは可能であったと考えられ
山岳ガイドの業務に従事していた被告人が、有料登山ツアーを企画、主催し、5名の女性登山客を引率して、降雨の中、登山を開始し、その登山道上で天候悪化のため、登山客らを強風、みぞれ、吹雪等にさらさせて、追従、歩行ができない状態に陥らせ、そのうち4名を低体温症で死亡させるに至ったという遭難事故について、過失判断の前提としての予見の内容としては、遭難事故となる危険性のあるような天候の悪化の可能性で足り、それ以上に、現に生じたような著しい天候の悪化の可能性は予見の対象とはならないとして、被告人に過失を認め、業務上過失致死の責任を認めた原判決を是認した事例
破棄
硬膜下血腫による急性脳腫脹により死亡させたが,被告人A及び同B並びに同Cのい...ずれの暴行に基づく傷害により前記Eを死亡させたか知ることができないものであ...性脳腫脹により死亡させた。」
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
取り消す
本件は,国民年金の被保険者である亡Dが死亡したことから,その妻である...いう。)が死亡したとき(死亡した者につき,死亡日の前日において,死亡日の属...下単に「妻」又は「子」という。)であって,被保険者等の死亡の当時その者によ
国民年金の被保険者であった者と死亡当時起居を共にしていなかった妻及び子に対する遺族基礎年金の各不支給決定処分が違法とされた事例
棄却
う。)が死亡したことについて,亡P3及び亡P4が服用した独立行政法人医...う。本件で服用された医薬品の製品名は「 □ 」。)の副作用により死亡したものであるとして,被告に対し,機構法に基づく副作用救済給付としての遺族...副作用による疾病,障害又は死亡につき,医療費,医療手当,障害年金,障
インフルエンザ患者が服用したタミフル(オセルタミビルリン酸塩)の副作用により死亡したとする遺族の独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく副作用救済給付の請求に対する不支給決定が適法とされた事例
上告を棄却
本件は,過度の飲酒による急性アルコール中毒から心停止に至り死亡したA...の相続人である上告人らが,Aが死亡したのは,長時間の時間外労働等による心理...行動に及び,そのため,翌16日午前0時頃,死亡した。
1 不法行為によって死亡した被害者の損害賠償請求権を取得した相続人が労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金の支給を受けるなどした場合に、上記の遺族補償年金との間で損益相殺的な調整を行うべき損害 2 不法行為によって死亡した被害者の損害賠償請求権を取得した相続人が労働者災害補償保険法に基づく遺族補償年金の支給を受けるなどしたとして損益相殺的な調整をするに当たって、損害が塡補されたと評価すべき時期
棄却
事項証明書によれば,被告人は上記判決宣告前の同月25日に死亡したことが明白
控訴審判決の宣告前に被告人が死亡していた場合について最高裁判所において公訴棄却決定がされた事例
却下
本件は,老齢厚生年金の被保険者であり平成23年6月26日に死亡した...原告は亡Aの死亡当時亡Aによって生計を維持していたものであって,厚生...父母,孫又は祖父母であって,被保険者等であった者の死亡の当時その
死亡した老齢厚生年金の被保険者の孫が、厚生年金保険法59条1項にいう「被保険者等の死亡の当時その者によって生計を維持していたもの」に当たるとはいえないとされた事例
却下
平成21年4月1日頃死亡)との間で原判決別紙3「年金分割のための情報通...請求はAが死亡した日から起算して1月以内にされたものではなく,厚生年金...記改定請求の期間を第1号改定者及び第2号改定者の一方が死亡した日から起
離婚の訴えに係る訴訟における和解により離婚した原告が配偶者であった者の死亡した日から起算して1か月を経過した後にした厚生年金保険法78条の2第1項(いわゆる離婚時年金分割)の規定に基づく上記の両名の標準報酬の改定の請求が不適法とされた事例
控訴を棄却
また,父母と子1人の場合に,父が死亡して1次相続により母と子が相...続し,母が死亡して2次相続により子に全遺産が帰属するとしても,1次...が,母の死亡により突然,民法上の共有持分(民法249条以下)に変化
被相続人甲の遺産について遺産分割未了のまま他の相続人が死亡したから当該遺産全部を直接相続した旨を記載した遺産分割決定書と題する書面を添付してされた当該遺産に属する不動産に係る相続を原因とする所有権移転登記申請に対し、登記官が登記原因証明情報の提供がないとしてした却下決定が、適法とされた事例
控訴を棄却
死亡給付金の受取人とする変額個人年金保険契約,及び,原告Aを死亡給付...る旨を記載し,死亡給付金についても「年金支払特約」欄の「付加する」に...び元保険契約継続中は保険契約者の申出により,保険金,死亡給付金等(保
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
控訴を棄却
本件は,被控訴人が,平成19年3月29日に死亡したAの相続(以下「本...額個人年金保険)に係る死亡給付金支払請求権(以下「本件受給権」という。)...生命保険である変額個人年金保険に係る死亡給付金支払請
変額個人年金保険契約に基づく死亡給付金の支払請求権が、相続税法24条1項柱書にいう「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に当たるとされた事例
却下
改定請求はAが死亡した日から起算して1月以内にされたものではなく,厚生...(10) Aは,平成21年4月1日頃,死亡した。...月4日,原告に対し,本件標準報酬改定請求はAが死亡した日から起算して
離婚の訴えに係る訴訟における和解により離婚した原告が配偶者であった者の死亡した日から起算して1か月を経過した後にした厚生年金保険法78条の2第1項(いわゆる離婚時年金分割)の規定に基づく上記の両名の標準報酬の改定の請求が不適法とされた事例
控訴を棄却
あった控訴人の父死亡に伴いAの事業の1つである共済制度に基づき控訴人が...受給した同死亡に係る死亡共済金を,いわゆるみなし贈与財産とせず,控訴人...本件共済金の受領は,控訴人が,Bの死亡に伴い初めて発生した死亡共
1 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金は、相続税法9条のいわゆるみなし贈与財産に該当しないとされた事例 2 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金を一時所得として所得税の課税対象とするに際し、納付済みの共済負担金を控除しなかったことに違法がないとされた事例
棄却
平成24年2月10日死亡。)が,新たに厚生年金保険の加入記録が判明した...(5) 通算老齢年金の受給権は,受給権者が死亡したとき又は老齢年金の受給権...(8) 亡Aは,審査請求の決定前である平成24年2月10日に死亡した。そこ
1 厚生年金保険法(昭和60年法律第34号による改正前のもの)42条に基づく老齢年金の不支給決定を受けた被保険者が同決定に対する審査請求の係属中に死亡した場合において、被保険者の子は、前記決定の取消訴訟の原告適格を有するとされた事例 2 厚生労働大臣から裁定を受けた厚生年金保険法(昭和60年法律第34号による改正前のもの)42条に基づく老齢年金の一部について消滅時効が完成しており、同部分は時効特例法1条に基づく給付の対象にならない旨の決定が適法とされた事例
棄却
本件は,亡A(平成16年6月26日死亡。)の相続人である原告が,別紙物...16年6月26日に死亡し,亡Aについて相続が開始した(以下,この相...平成24年3月26日に死亡し,亡Bについて相続が開始した(以下,こ
被相続人甲の遺産について遺産分割未了のまま他の相続人が死亡したから当該遺産全部を直接相続した旨を記載した遺産分割決定書と題する書面を添付してされた当該遺産に属する不動産に係る相続を原因とする所有権移転登記申請に対し、登記官が登記原因証明情報の提供がないとしてした却下決定が、適法とされた事例
取り消す
亡Bを被保険者及び年金受取人とし,原告Aを死亡給付金の受取人とする...被保険者及び年金受取人とし,原告Cを死亡給付金の受取人とする変額個...亡Bは,平成19年6月20日(以下「本件時点」という。)に死亡し
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
棄却
有罪の言渡しを受けた者の養子である申立人の死亡を理由とする旧刑訴法による再審請求事件の手続終了宣言に対する特別抗告が棄却された事例
棄却
本件は,①原告らが,Bが平成19年4月13日に死亡したことによって...3まで),②原告Dが,Eが平成20年1月8日に死亡したことによって開...平成19年4月13日にBが死亡し,Bの妻であるE及びBの子である
被相続人がその所有する土地(農地を含む。)の売買契約を締結し、手付金を除く残代金の受領及び農地法所定の届出の前に死亡した場合において、相続税の課税財産が売買残代金請求権であるとされた事例
取り消す
死亡し,原告は,Aの唯一の相続人としてAを相続した(以下,この相続を「本...「本件保険契約」という。)に係る死亡給付金支払請求権(以下「本件受給権」...原告は,平成19年3月29日に死亡したAの養子であり,Aの唯一の相
変額個人年金保険契約に基づく死亡給付金の支払請求権が、相続税法24条1項柱書にいう「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に当たるとされた事例
棄却
原告の父死亡に伴いAの事業の1つである共済制度に基づき原告が受給した同...死亡に係る死亡共済金を,いわゆるみなし贈与財産とせず,原告の一時所得と...を含む。)」と規定している(所得税法9条1項15号。なお,死亡共済
1 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金は、相続税法9条のいわゆるみなし贈与財産に該当しないとされた事例 2 父親の死亡に伴い父親が会員であった社団法人の共済制度に基づき受給した死亡共済金を一時所得として所得税の課税対象とするに際し、納付済みの共済負担金を控除しなかったことに違法がないとされた事例
棄却
本件再審請求事件の手続は,申立人の死亡により終了し
再審請求事件の特別抗告審において有罪の言渡しを受けた者の兄である申立人の死亡により再審請求事件の手続の終了宣言がされた事例
却下
死亡労働災害事故(以下「本件事故」という。)についての災害調査復命書及...原告は,本件事故により平成▲年▲月▲日に死亡した亡Aの妻である。...同日午前▲時▲分,頭蓋骨粉砕骨折による脳挫滅によって死亡した。
亡夫の死亡労働災害事故についての災害調査復命書及び添付資料の開示請求に対し労働局長がした一部開示決定のうち、不開示とした部分の取消し及び当該不開示部分の開示決定の義務付けの各請求が、一部認容された事例
棄却
化製場設置許可処分,死亡獣畜取扱場設置許可処分及び施設設置許可処分を...分,死亡獣畜取扱場設置許可処分及び施設設置許可処分がいずれも無効であ...置許可処分,死亡獣畜取扱場設置許可処分及び施設設置許可処分(以下,こ
旧町長が、化製場等に関する法律3条1項及び8条に基づいてした化製場設置許可処分、死亡獣畜取扱場設置許可処分及び施設設置許可処分の取消しを求める訴えにつき、前記各施設設置場所から500メートルないし1キロメートル離れた地域に居住している住民の原告適格が認められた事例
棄却
第1事件は,亡F(以下「F」という。)が平成▲年▲月▲日に死亡したこ...Fの死亡によって開始した相続(以下...Fは,平成▲年▲月▲日,死亡した。Fの相続人は,第1事件原告ら及
1 医療法人の定款に、社員資格を喪失した者は拠出した資金の返還を請求することができる旨及び解散時に資金拠出者に対して資金を返還することは差し支えない旨の各規定がある場合に、同法人が、持分の定めのある社団である医療法人に当たるとされた事例 2 持分の定めのある社団である医療法人の定款に、社員の退社時や同法人の解散時に払戻しを受け得る額を自らの払込出資額の限度とする旨の定めがある場合に、同法人の社員が死亡し、社員たる資格を喪失したことに伴い、他の社員の持分の価額が、同法人の財産全体を基礎として出資割合に応じて算定される額だけ増加したとして、この金額につき、相続税法(平成19年法律第6号による改正前)9条の規定により、他の社員が贈与により取得したものとみなしてされた相続税の更正処分が、適法とされた事例
上告を棄却
であるBに相続させる旨のAの遺言は,BがAより先に死亡したことにより効力を...割の方法を指定するもので,当該遺産がAの死亡の時に直ちに相続によりBに承継...Bは,平成18年6月21日に死亡し,その後,Aが同年9月23日に死
「相続させる」旨の遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合における当該遺言の効力
控訴を棄却
論旨は,要するに,強盗の手段となる行為と被害者の死亡との関連性が認...め難いのに,被害者の死亡が強盗の機会に生じたとして強盗致死の事実(原...いて,覚せい剤使用に続発した横紋筋融解症により死亡した。
被害者の死亡の原因となった行為が強盗の機会に行われたものとされた事例
棄却
て死亡したものとみなされたことから,亡Aの配偶者である控訴人が,厚生年...したところ,社会保険庁長官から,亡Aの死亡の当時,亡Aと生計を同じくし...日に死亡した場合,2月分及び3月分の老齢厚生年金が未支給年金とな
厚生年金保険法の通算老齢年金の受給権者が失踪宣告により死亡したものとみなされたとして、同人の配偶者がした通算老齢年金の支給請求に対し、社会保険庁長官がした同年金の不支給処分の取消請求が、認容された事例
破棄
なお,被告人は,原略式命令確定後の平成20年8月7日に死亡していることが認められるが,非常上告制度の目的等に照らすと,このような場合においても,検
被告人が原略式命令確定後に死亡している場合における非常上告の可否
却下
ら」という。)は,いずれも後記(8)の死亡時まで韓国に居住していた韓...訴訟係属中の当事者の死亡と相続関係...D1は,本件訴訟係属後の平成18年8月28日に死亡した。
1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づき被爆者健康手帳の交付申請及び健康管理手当の認定申請をした者が知事による各申請の却下処分の取消しの訴えを提起した後に死亡した場合に、同人の相続人らによる訴訟承継が認められた事例 2 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳の交付申請及び健康管理手当の認定申請の却下処分を受けた者が、その取消しの訴えを提起した後、被爆者健康手帳の交付を受けた場合につき、前記訴えに係る訴えの利益は失われないとされた事例
上告を棄却
平成13年7月20日,AとCの両名が,一方が他方の死亡後になお生存...していたことが明らかではない状況で死亡した。AとCとの間には子はなく,Aの...両親及びCの両親は,いずれも既に死亡していた。Aには弟であるE以外に兄弟姉
生命保険の指定受取人と当該指定受取人が先に死亡したとすればその相続人となるべき者とが同時に死亡した場合において、その者又はその相続人は、商法676条2項にいう「保険金額ヲ受取ルヘキ者ノ相続人」に当たるか
上告を棄却
Bは,昭和57年▲月▲日に死亡し,C及び被上告人ら(いずれもBとC...た。これにより,C及び被上告人らは,Aの死亡を知った。...Cは平成19年▲月▲日に死亡し,被上告人らがその権利義務を相続し
被害者を殺害した加害者が被害者の相続人において被害者の死亡の事実を知り得ない状況を殊更に作出したため相続人がその事実を知ることができなかった場合における上記殺害に係る不法行為に基づく損害賠償請求権と民法724条後段の除斥期間
破棄
ころ,術中に心停止となり,死亡したことから,Aの子である上告人らが,本件病...院の担当医師らには,麻酔薬の過剰投与等の過失があり,Aはこれにより死亡する...心肺蘇生措置が講じられたが,功を奏せず,Aは,午後7時53分に死亡した。A
全身麻酔と局所麻酔の併用による手術中に生じた麻酔による心停止が原因で患者が死亡した場合において、麻酔医に各麻酔薬の投与量を調整すべき注意義務を怠った過失があり、同過失と死亡との間に相当因果関係があるとされた事例
取り消す
し,同年▲月▲日死亡した(甲8,原告代表者,一部につき争いがない 。 。...原告は,Aが死亡により代表取締役から退いたことから,Aの死亡により...受領した受取死亡保険金合計2億7200万円(平成15年3月期に雑収入
法人の死亡退職した代表取締役に対する生前の役員報酬及び役員退職給与に、法人税法(平成18年法律第10号による改正前)34条1項及び36条に規定する不相当に高額な部分があったとして、税務署長がした法人税の更正処分等の一部の取消しを求める請求が、一部認容された事例
控訴を棄却
Bが死亡して脱退したため,その相続人らに対し,それぞれ持分の払戻金の支...控訴人は,原判決が,組合員の死亡による脱退に伴う持分の払戻請求権は,...組合員が死亡した時点で確定的に発生し,死亡した組合員に帰属すると判示
1 中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合の組合員の死亡脱退に係る持分払戻金のうち、当該組合員の出資金を超える部分が、死亡した組合員の所得となるとされた事例 2 組合員の死亡脱退に係る脱退組合員持分払戻金のうち、組合員の出資金を超える部分が、所得税法(平成13年法律第6号による改正前又は平成15年法律第54号による改正前)25条所定のみなし配当に当たるとして、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合に対してした配当所得に係る源泉所得税の納税告知処分が、適法とされた事例
上告を棄却
本件は,宗教法人である上告人が,死亡したペット(愛がん動物)の飼い主...引取りのための自動車を数台保有して,死亡したペットの引取り,葬儀,火葬,埋
宗教法人が死亡したペットの飼い主から依頼を受けて葬儀、供養等を行う事業が法人税法2条13号所定の収益事業に当たるとされた事例
却下
亡Aは,平成▲年▲月▲日死亡し,控訴人Bが亡Aの本件訴訟を承継するととも...亡Aは,平成▲年▲月▲日,死亡し,同人の相続人全員は,控訴人Bが...亡Dは,平成▲年▲月▲日,死亡し,同人の相続人全員は,控訴人Cが
1 日本国外に居住する者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づいてした被爆者健康手帳の交付申請に対し、知事がした同申請の却下処分の取消訴訟が、前記申請者の死亡によって終了したとされた事例 2 厚生労働大臣等が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく健康管理手当認定申請を海外から可能とする措置を講じなかったこと等が違法であるとして、日本国外に居住する者が国に対してした国家賠償請求が、棄却された事例
取り消す
身寮から落下して死亡した長男の死亡現場を見分した調書等の開示を請求し...本件各文書(不開示部分C及びE)は,αの死亡時の状況,転落後の...死亡が犯罪に起因するものかどうかを検討し判断する際の着眼点,本件に
開示請求権者の子の死亡に係る死体見分調書中の飛降現場断面図及び現場見取図並びに「死体の状況」及び「見分官の判断」のうち、犯罪捜査に係る着眼点、捜査手法及び関心事項に関する情報並びに写真撮影報告書中の写真及び写真撮影の状況に関する情報は、いずれも愛知県個人情報保護条例(平成16年愛知県条例第66号。平成19年愛知県条例第47号による改正前)17条6号所定の非開示事由(公共秩序維持情報)に該当するとした警察本部長の判断が、裁量権の逸脱又は濫用に当たらないとされた事例
棄却
の死亡脱退に係る脱退組合員持分払戻金のうち組合員の出資金を超える部分が...戻金は組合員の死亡後確定するものであって組合員に帰属するものではないか...(4) 中小企業等協同組合法19条1項2号は,組合員は,死亡によって脱退す
1 中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合の組合員の死亡脱退に係る持分払戻金のうち、当該組合員の出資金を超える部分が、死亡した組合員の所得となるとされた事例 2 組合員の死亡脱退に係る脱退組合員持分払戻金のうち、組合員の出資金を超える部分が、所得税法(平成13年法律第6号による改正前又は平成15年法律第54号による改正前)25条所定のみなし配当に当たるとして、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合に対してした配当所得に係る源泉所得税の納税告知処分が、適法とされた事例
破棄
輪車に同乗していたB(当時19歳)が死亡した交通事故につき,Bの相続人であ...13分ころ死亡した。
Aが運転しBが同乗する自動二輪車とパトカーとが衝突しBが死亡した交通事故につき、Bの相続人がパトカーの運行供用者に対し損害賠償を請求する場合において、過失相殺をするに当たり、Aの過失をBの過失として考慮することができるとされた事例
破棄
被上告人らが,Aが急性心筋虚血で死亡したのは,上告人がAの健康状態に対して...の先祖の墓に1人で出かけたが,同日午後10時過ぎころ,先祖の墓の前で死亡し...け準備書面において,Aは,死亡した当日,墓の手入れのためにスコップを持参し
業務上の過重負荷と基礎疾患とが共に原因となって従業員が死亡した場合において、使用者の不法行為を理由とする損害賠償の額を定めるに当たり、使用者による過失相殺の主張が訴訟上の信義則に反するとして民法722条2項の規定を類推適用しなかった原審の判断に違法があるとされた事例
懲役2年
その後,被告人5名はいずれも死亡したが,平成10年8月14日,被告...Fは,本件原判決後の平成19年9月2日に死亡したことが認められるが,再審の...上告に及んだ後に,当該再審の請求人が死亡しても,同請求人が既に上告審の弁護
1 旧刑訴法適用事件につき再審が開始された場合、その対象となった判決の確定後に刑の廃止又は大赦があったときは、再審開始後の審判手続において免訴に関する規定の適用を排除して実体判決をすることができるか 2 旧刑訴法適用事件についての再審開始後の審判手続において、被告人は免訴判決に対し無罪を主張して上訴することができるか 3 旧刑訴法適用事件について再審が開始され、第1審判決及び控訴審判決が言い渡されて更に上告に及んだ後に、当該再審の請求人が死亡しても、再審の手続が終了しない場合
337 件中 1/7 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in