2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
機会
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
108 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
情のある場合を除き,訴訟当事者に判決の内容を了知させ又は了知する機会を実質...的に与えることにより,当該判決に対する不服申立ての機会を与えることを訴訟法...は了知する機会も実質的に与えられなかったことにより,不服申立ての機会が与え
訴訟当事者に判決の内容が了知されず又は了知する機会も実質的に与えられなかったことにより不服申立ての機会が与えられないまま確定した外国裁判所の判決に係る訴訟手続は民訴法118条3号にいう公の秩序に反する
懲役1年
を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人を有罪と判断したもの...件封筒から現金を抜き取り,これをポケット等に隠す機会があったと認められる旨...減殺するような具体的な事情を指摘するものではなく,また本件においてはそのような事情は認められず,被害発覚直後から捜査が開始されていて供述合わせの機会
置き忘れられた現金在中の封筒を窃取したとされる事件について、封筒内に現金が在中していたとの事実を動かし難い前提として被告人以外には現金を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人による窃取を認定した第1審判決及び原判決の判断が論理則、経験則等に照らして不合理で是認できないとされた事例
棄却
本件抗告の趣意は,被告人に弁明や説明の機会を与えないまま保釈を取り消し,
あらかじめ告知・弁解等の機会を与えずになされた保釈取消し決定及び保釈保証金没取決定と憲法31条
棄却
本件抗告の趣意は,被告人に弁明や説明の機会を与えないまま保釈を取り消し,
あらかじめ告知・弁解等の機会を与えずになされた保釈取消し決定及び保釈保証金没取決定と憲法31条
破棄
に照らしても,被告人Cの言う機会にEの血液が被告人Cの靴に付着してこの血...関係証拠によると,第1暴行と第2暴行との間には機会の同一性も認められるから,...第1暴行と第2暴行との間に機会の同一性も認められないと判断しているから,原判
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
破棄
し,上記の副主任を免じた措置は雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の...均等法は,雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図る...等な機会及び待遇の確保等に関する法律施行規則2条の2第6号は,上記の「妊娠
女性労働者につき妊娠中の軽易な業務への転換を契機として降格させる事業主の措置の、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」9条3項の禁止する取扱いの該当性
却下
適用を除外して,上記命令の発令手続において当該逃亡犯罪人に弁明の機会を与え...ていないことが憲法31条に違反し,また,本件において抗告人にその機会を与え...士に意見を述べる機会や所要の証人尋問等の機会を与えて引渡しの可否に係る司法
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
に当たり,事前に逃亡犯罪人に一切の弁明の機会を与えていない点で憲法3...あるから,行政処分の相手方に事前の告知,弁解,防御の機会を与えるかど...常に必ずそのような機会を与えることを必
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
補佐する弁護士は,意見を述べる機会を保障され(法9条3項),また,東...明の機会を与えるべきであるにもかかわらず,法35条が行政手続法の適用...を排除し,一切の弁明の機会を与えていないことは憲法31条に違反してお
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
上告を棄却
裁判所で審判を受ける機会が失われるに至っている。...る。捜査等に従事した警察官及び検察官の各措置には,家庭裁判所の審判の機会が
少年の被疑事件につき一旦は嫌疑不十分を理由に不起訴処分にするなどしたため家庭裁判所の審判を受ける機会が失われた後に事件を再起してした公訴提起が無効であるとはいえないとされた事例
棄却
内容の強姦未遂の事実につき,その各要旨を告げて陳述の機会を与えた上,その後...難な立証活動を一方的に課すものであって,告知聴聞の機会は形骸化し,防御権が...人に防御の機会を与える必要があるところ,本件においては,保護処分決定から相
1 保護処分決定で認定された日には非行事実の存在が認められないが、これと異なる日に事実の同一性のある範囲内で同一内容の非行事実が認められる場合と少年法27条の2第2項による取消しの要否 2 保護処分取消し申立て事件において、事実の同一性のある範囲内で保護処分決定と異なる非行事実を認定するに当たり、申立人に対して十分に防御の機会を与えているとされた事例
破棄
実の存否に関して当事者に攻撃防御の機会を与える必要性は極めて高い。しかるに,記録によれば,相手方が提出した即時抗告申立書には,相手方が本件...機会を与えないまま,上記書証をも用い,本件文書が存在していると認めるに足り...などして抗告人に攻撃防御の機会を与えることのないまま,原々決定を取り消し,
即時抗告申立書の写しを即時抗告の相手方に送付するなどして相手方に攻撃防御の機会を与えることなく、相手方の申立てに係る文書提出命令を取り消し、同申立てを却下した抗告裁判所の審理手続に違法があるとして職権により破棄された事例
控訴を棄却
め難いのに,被害者の死亡が強盗の機会に生じたとして強盗致死の事実(原...亡の原因となった覚せい剤を注射するなどした行為は強盗の機会に行われた
被害者の死亡の原因となった行為が強盗の機会に行われたものとされた事例
破棄
上告人に十分な反論及び反証の機会を与えた上で判断をすべきものである。とりわ...否を含め,上告人に十分な反論及び反証の機会を与えた上で判断をすべきものとい
法人であるYから定年により職を解く旨の辞令を受けた職員であるXがYに対し雇用契約上の地位確認及び賃金等の支払を求める訴訟において、控訴審が、X、Yともに主張していない法律構成である信義則違反の点についてXに主張するか否かを明らかにするよう促すとともにYに十分な反論及び反証の機会を与える措置をとることなく、Yは定年退職の告知の時から1年を経過するまでは賃金支払義務との関係では信義則上定年退職の効果を主張することができないと判断したことに釈明権の行使を怠った違法があるとされた事例
破棄
機会があったといえるときには,監事は,農業協同組合の代表者として監事が記載...認識した上で被上告人Y 1らに対する訴訟を提起すべきか否かを自ら判断する機会
1 農業協同組合の理事に対する代表訴訟を提起しようとする組合員が、同組合の代表者として監事ではなく代表理事を記載した提訴請求書を同組合に送付したが、監事において、当該理事に対する訴訟を提起すべきか否かを自ら判断する機会があった場合における、上記組合員の提起した代表訴訟の適法性 2 農業協同組合の合併契約に、被合併組合の貸借対照表等に誤びゅう等があったため新設組合が損害を受けたときは故意又は重過失のある被合併組合の役員個人が賠償責任を負う旨の条項がある場合、被合併組合の理事会で上記契約の締結に賛成した理事等は上記条項に基づく責任を負うか 3 農業協同組合の合併契約中の、被合併組合の貸借対照表等に誤びゅう等があったため新設組合が損害を受けたときは故意又は重過失のある被合併組合の役員個人が賠償責任を負う旨の条項が、被合併組合に貸倒引当金の過少計上があったときには、故意又は重過失のある被合併組合の役員に引当不足額相当額をてん補する義務を負わせる趣旨を含むとされた事例
棄却
の分担に関する処分の審判に対する抗告審において手続にかかわる機会を失う不利...送達せず,反論の機会を与えることなく不利益な判断をしたことが同条所定の「裁...抗告人は原審において上記主張をする機会を逸していたものと考えられる。そうで
婚姻費用の分担に関する処分の審判に対する抗告審が抗告の相手方に対し抗告状及び抗告理由書の副本を送達せず、反論の機会を与えることなく不利益な判断をしたことと憲法32条
却下
好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(平成3年...小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理...この法律は,中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創
1 独立行政法人雇用・能力開発機構が、中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(平成3年法律第57号)等の規定に基づき、雇用安定事業として行う中小企業基盤人材確保助成金の支給、不支給の決定が、抗告訴訟の対象となる「処分」に当たらないとされた事例 2 独立行政法人雇用・能力開発機構が、中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(平成3年法律第57号)等の規定に基づき、雇用安定事業として行う中小企業基盤人材確保助成金の支給を受けられる地位の確認を求める訴えが、適法とされた事例 3 独立行政法人雇用・能力開発機構が、中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(平成3年法律第57号)等の規定に基づき、雇用安定事業として行う中小企業基盤人材確保助成金の支給を受けられる地位の確認請求が、認容された事例
上告を棄却
し,障害者の選挙権行使の機会確保に関する要望書を提出したが,同要望書においても,視聴覚障害者や筋萎縮性側索硬化症の患者(いわゆるALS患者)の選挙権...的原因による投票困難者の選挙権行使の機会の確保については特段の記載はなかっ...の機会を確保する制度の創設等を要請する意見書を提出し,また,複数の地方公共
平成12年6月に施行された衆議院議員総選挙までに国会が精神的原因によって投票所に行くことが困難な者の選挙権行使の機会を確保するための立法措置を執らなかったことは国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
取り消す
後昭和50年代半ば,昭和60年法改正時,いずれの機会においてもこれ...る各機会において学生無年金を生ずることのないよう規定を整備しなかったこ
1 大学在学中に事故又は疾病によって障害を負いながら、国民年金に任意加入していなかったために障害基礎年金を支給しない旨の各処分を受けたいわゆる学生無年金障害者らが、同人らに適用される国民年金法(平成元年法律第86号による改正前)7条1項1号イが20歳以上の学生を国民年金の強制適用の対象から除外していること、及び同法30条の4が20歳前の傷病により障害者となった者に無拠出制の障害福祉年金又は障害基礎年金を支給することを定めておきながら、20歳以上の学生についてはその対象としていないことが、それぞれ憲法14条1項、25条に違反し無効であるとしてした前記各処分の取消請求が、棄却された事例 2 大学在学中に事故又は疾病によって障害を負いながら、国民年金に任意加入していなかったために障害基礎年金を支給しない旨の各処分を受けたいわゆる学生無年金障害者らが、国に対して、国が昭和34年に20歳以上の学生につき、強制適用から除外した上、障害(福祉)年金の受給対象から除く規定を立法し、その後これらの規定を改正しなかったこと、任意加入制度についての告知、聴聞の機会を保障せず、またその周知を怠ったことについて、国会及び国会議員に立法作為、不作為の違法が、内閣に法案提出行為等の違法があったとしてした国家賠償請求が、棄却された事例
破棄
所有者に対し,何ら告知,弁解,防御の機会を与えることなく,これを没収するこ...に何らの告知,弁解,防御の機会を与えることなく,これを没収し,当該第三者が...解,防御の機会を与えることなくこれを没収してることは記録上明らかであるから,
第三者が制限物権を有する物を当該第三者に告知、弁解、防御の機会を与えることなく指定漁業の許可及び取締り等に関する省令106条2項本文により没収することと憲法31条、29条
破棄
に検討した上で意思決定をする権利が奪われた結果,帝王切開術による分娩の機会...する機会を与えるべき義務があったというべきである。ところが,被上告人医師は
帝王切開術による分娩を強く希望していた夫婦に経膣分娩を勧めた医師の説明が同夫婦に対して経膣分娩の場合の危険性を理解した上で経膣分娩を受け入れるか否かについて判断する機会を与えるべき義務を尽くしたものとはいえないとされた事例
懲役20年
り,その時点で窃盗の機会は終了しているというべきであるから,本件は窃盗罪と...を理由に,本件殺害行為はなお窃盗の機会の継続中に行われたというべきであると...の機会の継続中に行われたものということはできない。原判決は時間的接着性のほ
窃盗犯人による事後の殺害が窃盗の機会継続中に行われたとはいえないとされた事例
取り消す
と,④弁明の機会(行政手続法13条1項2号)が付与されなかったことから違法...の機会の付与を要しない場合に当たるか。...なく(行政手続法13条1項1号),弁明の機会が付与されれば足りる処分である
無線応用システム、医療機器類の開発、製造、販売及び輸出入等を目的とする株式会社の製造、授与、販売に係るX線デジタルCCDセンサー等の製品は薬事法64条、55条2項、2条4項等にいう医療用具に該当するとして、行政手続法13条1項2号所定の弁明の機会の付与の手続を執ることなく、当該製品の回収を命じた農林水産大臣による処分の取消請求が、認容された事例
破棄
ものであることを理由に,被告人の上記脅迫は,窃盗の機会継続中のものというべ...の際に行われた上記脅迫が,窃盗の機会の継続中に行われたものということはでき
窃盗の犯人による事後の脅迫が窃盗の機会の継続中に行われたとはいえないとされた事例
上告を棄却
あるから,上記暴行は,窃盗の機会の継続中に行われたものというべきである。し
窃盗犯人による暴行が窃盗の機会の継続中に行われたものとされた事例
破棄
窃盗の犯行を行ったが、その機会継続中に、逮捕を免れるために同第四記載の傷害...機会継続中に行われたものではないから事後強盗致傷の事実は認められないとし...るに、原判示第四の行為が同第三の窃盗の機会継続中に行われたものとは認められ
窃盗犯人が他人の居宅内で財物を窃取後窃盗の犯意を持ち続けてその天井裏に潜み約三時間程度経過後に駆け付けた警察官に対して逮捕を免れるため加えた暴行が窃盗の機会継続中に行われたものとされた事例
破棄
よって二人の子との面接が実現したものであるにもかかわらず、その機会をとらえ
離婚等の調停の進行過程における夫婦間の合意に基づく幼児との面接の機会に夫婦の一方が右幼児を連れ去ってした拘束に顕著な違法性があるとして夫婦の他方からした人身保護法に基づく幼児の引渡請求が認められた事例
破棄
関与する機会が与えられないまま一審原告敗訴の判決が確定し、損害を被ったとし...おいては、一審原告に対し、有効に訴状等の送達がされず、訴訟に関与する機会が...前訴において一審原告に出頭の機会が与えられ、その口頭弁論期日におい
一 前訴において相手方当事者の不法行為により訴訟手続に関与する機会のないまま判決が確定した場合に右判決に基づく債務の弁済として支払った金員につき損害賠償請求をすることが許されないとされた事例 二 前訴において相手方当事者の不法行為により訴訟手続に関与する機会を奪われたことにより被った精神的苦痛に対する損害賠償請求と前訴判決の既判力
上告を棄却
座る機会を失ったとはいえ、本件株主総会において、会場の中央部付近に着席した
会社が従業員株主らを他の株主よりも先に株主総会の会場に入場させて株主席の前方に着席させたことにより株主が希望する席に座る機会を失ったとしても右株主の法的利益が侵害されたということはできないとされた事例
控訴を棄却
「すべての」の前に「事前の告知、弁解、防御の機会を与えなければ」を、同一二...その点について的確な対応をすることができず、弁解、反論を行なう機会もなかっ...告知、聴聞の機会を与えなければ同条の法意に反することとなるものであるか否か
告知、聴聞の機会を与えなかった違法が存するなどとしてされた、道路運送法(平成元年法律第83号による改正前)18条1項に基づく一般乗用旅客自動車運送事業の事業計画変更認可申請に対する却下処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
て賃料の代払の機会を与えなければならないものではない(最高裁昭和三三年(オ)...通知するなどして右地代の代払の機会を与えることが信義則上必要であり、転借人... したがって、転借人に右の機会を与えないでされた契約解除の転借人に対する効
賃料の不払を理由とする賃貸借契約の解除と転借人に賃料の代払の機会を与えることの要否
控訴を棄却
び同被控訴人の構成員である単位会の役員が右各情報に接する機会を生じさせてい...て、同被控訴人の職員等が被爆者に関する個人情報に接する機会が生ずる点につい...いること、以上の点に照らすと、右の個人情報に接する機会を生ずることをもって
1 大阪府が、社団法人大阪府原爆被害者団体協議会との間で、健康診断を受診した被爆者に対して支給する受診奨励金の支給事務を同社団法人に委託する旨の契約を締結したことが、地方自治法243条に違反しないとされた事例 2 原爆被爆者に関する個人情報は、地方公務員法34条及び原子爆弾被爆者の医療等に関する法律23条にいう「秘密」に当たるか 3 大阪府が、社団法人大阪府原爆被害者団体協議会との間で締結した、健康診断を受診した被爆者に対して支給する受診奨励金の支給事務の委託契約に基づく委託行為につき、地方公務員法34条、原子爆弾被爆者の医療等に関する法律23条に違反する事実はなく、委託により前記社団法人の職員らが被爆者の氏名等の個人情報に接する機会が生ずるとしても、前記行為が違法、不当な行為になるとはいえないとした事例 4 大阪府が、社団法人大阪府原爆被害者団体協議会に対して被爆者の健康診断受診奨励金の支給事務を委託したことが違法であり、同委託契約が無効であるとして、地方自治法242条の2第1項1号及び4号に基づき提起された同委託契約締結の差止請求及び不当利得返還請求が、いずれも棄却された事例
却下
自治法施行令一六七条の二の適用を排除している。これは、機会均等、公正、価格
1 市の施行する土地区画整理事業において市長のした保留地の売却が、地方自治法242条1項にいう財産の処分ないし契約の締結に該当し住民訴訟の対象となるとされた事例 2 市の施行する土地区画整理事業において市長のした随意契約の方法による保留地の売却につき、その処分方法及び時価より低廉な売却価格決定に違法があるとして地方自治法242条の2第1項4号に基づいてされた損害賠償請求が、機会均等、公正、価格の有利性等の要請を一歩退かせ、施行者が適宜適切に必要な事業費を取得することを可能にさせようとするために地方自治法234条1項、2項、同法施行令167条の2第1項の適用を排除している土地区画整理法108条1項の趣旨及びこれを受けた前記事業の施行規程の定めに照らすと、随意契約の方法によったことに違法がなく、相手方の選択及び売却価格の決定も適法であるとして、棄却された事例
控訴を棄却
1 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令につき、行政不服審査法57条1項所定の不服申立てについての教示をしなかったことは違法であるが、その教示がなかったからといって、当該賠償命令が取り消されるほどの違法性を帯びるものではないとした事例 2 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令は行政処分であり、同命令に対する不服申立手続の中で、賠償義務の存否及び範囲について争う機会を与えられているのであるから、不服申立期間を徒過し、賠償命令を争うことができなくなった後は、同命令に無効事由があることや、その後弁済等により賠償義務が消滅したことを主張して、賠償命令に基づく賠償金支払請求を争うのはともかく、これ以外の事由によりこれを争うことは許されないとした事例 3 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令に基づき、町が元の町収入役に対して提起した賠償金支払請求が、同命令に無効事由があることや、その後の弁済等によって賠償義務が消滅したことの主張、立証がないとして、認容された事例
却下
ば足り、すべての行政手続につき事前に告知、弁解、防御の機会の付与等の手続を...急性等に徴すると、被処分者に告知、弁解、防御の機会が与えられないとしてもこ
1 新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条6項所定の供用禁止命令に違反して、多数の暴力主義的破壊活動者の集会の用に供されたときに該当するとしてした工作物の封鎖処分の効力停止の申立てが、行政事件訴訟法25条3項にいう「本案について理由がないとみえるとき」に当たるとして、却下された事例 2 新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条1項は、同項各号所定の用に供することを禁止する命令を発するにつき告知、弁解、防御の機会を被処分者に与える手続がなくとも、憲法31条に違反しない。 3 新東京国際空港の安全確保に関する緊急措置法3条3項によって同条1項1号の禁止命令の発せられた工作物に立ち入るには、裁判官による令状を要しないと解すべきであり、前記各条項は憲法35条ないしその精神に抵触しない。
棄却
査人に対し十分な陳述の機会を与えなかつたこと。...したがつて、T委員に対する忌避申立の機会を与えず、不意打ち的に審査終了の結...それのある懲戒委員に対し、忌避申立ての機会も与えられる手続のことである。仮
1 弁護士会への強制加入制度と憲法18条、19条及び22条 2 弁護士会の懲戒処分と憲法31条 3 依頼事件の相手方及びその親族らに対し、その送付が恐喝的行為ないし強要的行為に該当すると判断されるような書面を送付した弁護士に対し、日本弁護士連合会のした業務停止6箇月の裁決が、適法とされた事例 4 弁護士会の懲戒委員会において審査を受ける弁護士に最終意見陳述の機会を与えなかった場合につき、当該弁護士は、度重なる審判期日において発言の機会を与えられ、随時自己の意見を陳述しているから、当該審査手続が違法であるとはいえないとされた事例
棄却
賠償義務の存否及び範囲について争う機会が与えられているのであるから、不服申し立て
1 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令につき、行政不服審査法57条1項所定の不服申立てについての教示をしなかったことは違法であるが、右教示がなかったからといって、当該賠償命令が取り消されるほどの違法性を帯びるものではないとした事例 2 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令は行政処分であり、右命令に対する不服申立手続の中で、賠償義務の存否及び範囲について争う機会を与えられているのであるから、不服申立期間を徒過し、賠償命令を争うことができなくなった後は、右命令に無効事由があることや、その後弁済等により賠償義務が消滅したことを主張して、賠償命令に基づく賠償金支払請求を争うのはともかく、右以外の事由によりこれを争うことは許されないとした事例 3 地方自治法243条の2第3項に基づいて町長がした収入役に対する賠償命令に基づき、町が収入役に対して提起した賠償金支払請求が、右命令に無効事由があることや、その後の弁済等によって賠償義務が消滅したことの主張、立証がないとして、認容された事例
棄却
防御する機会を奪われたものであるから、この手続の省略は、憲法三一条に違反するもの...時から、被告大臣に対し、行服法二五条一項ただし書に基づき、口頭で意見を述べる機会...これにより争点が明らかになつた後に口頭意見陳述の機会を付与されたい旨申し入れ、同
1 土地収用法71条は、憲法29条3項に違反しないとした事例 2 憲法29条と生活権保障 3 公共用地の取得に関する特別措置法21条1項の仮補償金による補償によって行われる緊急裁決制度が、憲法29条3項に違反しないとされた事例 4 公共用地の取得に関する特別措置法42条3項により、緊急裁決のうち仮補償金については損失の補償に関する訴えを提起できないとされていることが、憲法32条の裁判を受ける権利を害しているとはいえないとされた事例 5 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決は、公共用地の取得に関する特別措置法20条1項所定の緊急裁決の要件を満たしているとした事例 6 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決において、同委員会が、損失補償に関する事項につき審理が尽くされていないので、公共用地の取得に関する特別措置法20条、21条に基づき仮補償金を定めて緊急裁決をすることができると判断したことに、合理性を欠き、裁量権を濫用した違法はないとした事例 7 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決において、同委員会が、一つの収用につき、損失補償対象者として、土地の所有者とその使用借権者の2名がいるのに、各人別の仮補償額決定を行わず、右の2人につき一括してこれを定めたことが、右使用借権者に同裁決の審理に協力する姿勢がなく、使用借権に対する損失補償額を確定できなかったことによるもので、土地収用法69条ただし書により、個別の補償決定を要しない場合に該当し、適法であるとされた事例 8 公共用地の取得に関する特別措置法20条2項が、緊急裁決の申立てを建設省令で定める様式に従い、書面ですることとしている趣旨は、専ら収用委員会の便宜を図ることにあり、したがって、申立書の様式上の欠陥は、被収用者の法律上の利益に関係ある瑕疵とはいい難いとして、収用委員会が、右の申立てにつき、緊急裁決によって実体判断をした後には、申立書に様式上の欠陥があっても、これを理由に右裁決を違法とすることはできないとした事例 9 公共用地の取得に関する特別措置法20条4項は、緊急裁決の申立てがあった日から2箇月の期間内に緊急裁決するよう努力すベきことを定めた規定であって、右期間の経過により、収用委員会は、当該緊急裁決の申立てにつき緊急裁決する権限及び義務を失うものではないとした事例 10 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決につき、審理手続上の違法はないとした事例 11 特定公共事業認定と緊急裁決との間の違法性の承継 12 新東京国際空港第1期建設事業は、公共用地の取得に関する特別措置法7条4号所定の特定公共事業の認定要件を満たすとした事例 13 既に土地収用法上の事業認定を受けている者が、当該事業の一部についてのみ特定公共事業の認定を受けようとする場合であっても、公共用地の取得に関する特別措置法39条1項により、同法8条の適用は排除されるのであり、その結果、土地収用法24条所定の事業認定申請書の縦覧手続が行われないこととなったとしても、公共用地の取得に関する特別措置法3条所定の住民に対する事業の説明及び同法10条所定の特定公共事業認定の告示によって、関係住民は、自己の土地が特定公共事業対象地に入っているかどうかを知り、不服のある者は不服申立てをする機会を与えられるのであるから、以上の手続は、憲法31条に違反するものではないとした事例 14 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決に対する審査請求を棄却した建設大臣の裁決に審理不尽の違法はないとした事例 15 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決に対する審査請求を棄却した建設大臣の裁決には、理由付記の不備はないとした事例 16 新東京国際空港公団の申立てにより千葉県収用委員会がした権利取得及び明渡しの緊急裁決及び同裁決に対する審査請求棄却の裁決の取消しを求める請求が、いずれも棄却された事例
控訴を棄却
年と共に学習する機会を奪うなど懲戒的効果を目的として行われているが、原級留置処分...が同年令集団との学習の機会を奪い、学習意欲を喪失させることのほか、教師が原級留置...きとなり第二学年における教育を受ける機会を奪われ一般市民として有する公立学校の利
1 高等学校の生徒を同一学年に留置きとする旨の処分は、これにより、当該生徒は、所定の期間が経過したにもかかわらず次学年に進級できず次学年における教育を受ける機会を奪われ、一般市民としての公立学校の利用を一部拒否し、法令の根拠に基づいてこれを受忍させる法的効果を有するものであるから、当該生徒の市民法秩序における権利義務に影響を与えるものとして、抗告訴訟の対象となるとした事例 2 高等学校における単位不認定は、これが生徒を同一学年に留め置く処分に直接結び付くこととなっているものであるから、その適否は、司法審査の対象になるとした事例 3 高等学校の生徒に対してされた同人を同一学年に留置きとする旨の処分が、その前提となった数学?及び英語?の評定を1とし、それに基づきその単位を不認定としたことにつき、裁量権の範囲を超え又はその濫用があったとはいえないなどとして、適法とされた事例
上告を棄却
して弁明する機会を与えれば足り、当該占有者に対し右契約に基づき右専有部分の...使用、収益をさせている区分所有者に対して弁明する機会を与えることを要しない
建物の区分所有等に関する法律六〇条一項の集会の決議と当該専有部分の区分所有者に対する弁明の機会付与の要否
上告を棄却
窃盗の目的で金槌等を隠して携帯していたというものであつて、このように機会を
常習累犯窃盗の罪と別の機会に窃盗目的で犯された軽犯罪法一条三号(侵入具携帯)の罪との罪数関係
控訴を棄却
する機会を与えられなかつたとはいえ、
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 県医師会は、同会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を徹回することができるとした事例 3 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が、新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき、医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、同会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 4 県医師会が、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師に対し、右指定の取消処分をするのに先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 5 新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、県医師会から、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分を受けた医師が、右取消処分後にした右指定医師の指定の申請を、同会が、右取消処分と同じ理由により却下したことが、適法とされた事例
控訴を棄却
評価が他の納税者の場合と比較して公平に行なわれているか否かを検討させる機会を与え...比較して適正かつ公平になされているか否かを検討する機会が与えられないことになり不...局右不服事由に関する実質的な主張及び立証の機会を被控訴人に対して与えることなく
1 固定資産評価委員会は、固定資産課税台帳に登録された固定資産の評価に関する審査の申出をした者に対し、同人が不服事由を明らかにし、かつ、不服事由となった評価に関する反論の主張及び立証をするために合理的な範囲で、右評価の根拠、計算方法等価格決定の理由を了知させる措置を執るべきであるとした事例 2 地方税法415条により、納税者が縦覧することのできる固定資産課税台帳の範囲 3 固定資産課税台帳に登録された土地の固定資産の評価に関する審査の申出を棄却した審査決定が、固定資産評価委員会が、右申出前に右土地周辺の土地の課税台帳の縦覧等を許されなかった右審査申出人に対し、右土地の具体的な評価方法や計算根拠を明らかにし、あるいは右評価に関する詳細な資料の内容を明らかにするなどして、不服事由に関する実質的な主張及び立証の機会を与えることをしなかった点において、口頭審理の手続に重大な瑕疵があるとして、取り消された事例
棄却
前に被告人に陳述、防禦の機会を与えなかつたのは憲法三一条、二九条に違反する
事前に陳述・防禦の機会を与えずに保釈取消・保釈保証金没取の決定をすることと憲法三一条・二九条
棄却
(2) 本件取消処分は、原告に対し、弁明、主張の機会を与えることなく一方的...(イ) 近代行政法においては、何人もその弁明の機会を与えられることなく不利...べきであり、原告としても当然弁明、立証する機会を与えられなければならない 
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 2 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 3 県医師会は、同会により優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を撤回することができるとした事例 4 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 5 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分後にした県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の申請を県医師会が右取消処分と同じ理由により却下したことが適法とされた事例
控訴を棄却
ず、口頭陳述の機会を与えることなく前記却下の決定をしたことは行政不服審査法...明らかな場合には、口頭審理の申立てに対しその機会を与えることなく、異議申立...従つて、本件異議申立てにつき口頭審理の機会が与えられなかつたことの違法をい
異議申立て又は審査請求が、法定の期間経過後にされたものであるときその他不適法なものであって、その補正ができないものであることが一見して明らかな場合には、行政不服審査法25条1項ただし書所定の申立てがあったとしても、口頭陳述の機会を与えることなく、異議申立て又は審査請求を却下することができるとした事例
却下
る。かかる不利益処分をするには、本人に告知聴問の機会を与えることが行政手続...べきであつて、その機会に入所基準に該当するか否かを審査して措置解除をするこ...(2) 行政庁が国民に不利益処分をするには、本人に告知聴問の機会を与えるこ
1 区福祉事務所長が、児童が児童福祉法24条にいう「児童の保育に欠ける」状況にはないとしてした保育所入所申請却下処分及び保育所措置解除処分が、違法ではないとされた事例 2 区福祉事務所長が保育所措置解除処分をするに当たり、児童の保護者に告知と聴問の機会を与えなかったとしても、違法とはいえないとした事例 3 区福祉事務所長がした保育所措置解除処分の通知書に理由附記を欠いているとしても、違法とはいえないとした事例 4 区福祉事務所長がした児童を入所させる保育所を変更する処分の取消しを求める訴えが、当該児童が変更前の保育所の保育対象児童の年齢制限を経過したことにより、訴えの利益を欠くとされた事例
棄却
人に陳述の機会を与えなかつたのは違憲(一三条、二九条)であると主張する点は、
保釈取消、保釈保証金没取の決定に際し、被告人に陳述の機会を与えなかつたことが憲法一三条、二九条に違反しないとされた事例
棄却
分者に摘示して、当該事実に対する弁解と防御(反対証拠の提出)の機会を与えよ...聴聞手続は、被処分者に弁解と防御の機会を与えてその利益を保障する目的で行わ...識させ、来るべき聴聞手続で弁解、防御が十分できるように準備の機会を与えるこ
1 普通自動車の運転に関する違反行為に基づき大型、普通、二輪の各運転免許を取り消した処分が、適法とされた事例 2 道路交通法104条1項及び同法施行令39条1項に基づいてした聴聞手続通知書の「処分をしようとする理由」欄に累積点数の計算上対象となるすベての過去の違反行為を記載しなかった瑕疵が、聴聞手続で過去の違反行為について弁解防御の機会を与えたことによって、治癒したとされた事例 3 自動車運転免許取消処分についての異議申立てに対する決定の謄本が、原本を正確に謄写して作成されたものであり、かつ、当該書面の作成者名下に右作成者の公印が押捺されている場合には、原本と相違ない旨の認証文言及び作成者の署名又は記名押印を欠いても、右決定の取消原因とはならないとした事例
棄却
として国政に、又は地方住民として地方自治に参加する機会を保障するものであつ...には、当然に投票の機会の保障を含むものというべきであり、投票の機...会の保障なくして選挙権の保障などはあり得ない。投票の機会の保障されない選挙
一 国会議員の立法行為又は立法不作為と国家賠償法の適用 二 憲法におげる選挙権の保障の中には投票の機会の保障を含むか 三 衆議院議員、参議院議員並びに地方公共団体の議会の議員及び長の選挙における投票の方法を立法するについての憲法上の制約 四 国会の立法不作為の憲法適合性と裁判所の判断権 五 いわゆる在宅投票制度を設ける立法をしなかつたことが違憲、違法であるとされた事例 六 国会議員が違憲、違法に在宅投票制度を設ける立法をしなかつたことによつて選挙権を侵害したことにつき故意又は過失があつたとはいえないとされた事例
108 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in