2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
業務
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
業務の判決統計
172
35
30
74
34
1
534 件中 1/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
約」という。)を締結して郵便関連業務に従事していた上告人らが,被上告人によ...が実施していたが,郵政民営化に伴い,承継会社が旧公社の業務等を承継し(同法...の郵便関連業務に従事していた。なお,上告人X 1らが旧公社の非常勤職員であっ
1 郵便関連業務に従事する期間雇用社員について満65歳に達した日以後は有期労働契約を更新しない旨を定める就業規則が労働契約法7条にいう合理的な労働条件を定めるものであるとされた事例 2 郵政民営化法に基づき設立されて日本郵政公社の業務等を承継した株式会社がその設立時に定めた就業規則により日本郵政公社当時の労働条件を変更したものとはいえないとされた事例 3 期間雇用社員に係る有期労働契約が雇止めの時点において実質的に期間の定めのない労働契約と同視し得る状態にあったということはできないとされた事例
破棄
務を拡大し,A各事業年度当時,地域企画,調達,財務,材料技術,人事,情報システム及び物流改善に係る地域統括に関する業務(以下,この業務を「地域統括業...務」という。)のほか,持株(株主総会,配当処理等)に関する業務,プログラム...設計業務及びBのための各種業務の代行業務を行っていた。
1 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項にいう株式の保有に係る事業に含まれるとはいえないとされた事例 2 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項及び4項にいう主たる事業であるとされた事例
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...て会社の業務執行を統括し,運転事故の防止についても経営会議等を通じて必要な...揮すべき業務に従事していた。
曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について、鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
破棄
また,②被上告人使用商標は商標法4条1項10号にいう「他人の業務に係る商品...は,日本国内において,被上告人の業務に係る商品を表示するものとして需要者の...一方,商標法4条1項10号が,商標登録の出願時において他人の業務に
1 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、同号該当による無効理由の存在をもって、同法39条において準用する特許法104条の3第1項の規定に係る抗弁を主張することの許否 2 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、その登録商標が自己の業務に係る商品等を表示するものとして周知である商標との関係で同号に該当することを理由として、権利濫用の抗弁を主張することの許否
棄却
労働者の業務上の負傷,疾病,障害又は死亡(以下「業務災害」...業務災害に関する保険給付について...上記ア(ア)の業務災害に関する保険給付は,療養補償給付,休業補償
労働保険の保険料の徴収等に関する法律12条3項所定の事業に該当する事業に従事する労働者について労働者災害補償保険法7条1項1号の業務災害に関する保険給付等に係る支給処分がされたことを前提として、当該事業の事業主に対し、労働保険の保険料の徴収等に関する法律19条4項に基づく労働保険料の額の決定処分がされている場合に、当該決定処分の取消訴訟において、当該事業主が上記支給処分の違法を当該決定処分の取消事由として主張することの可否
棄却
のに対し,原告が,Aは法166条2項1号にいう「業務執行を決定する...当該上場会社等に係る業務等に関する重要事実を当該契約の締結若し...くはその交渉又は履行に関し知ったものは,当該業務等に関する重要
1 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資を行うことについて、金融商品取引法166条2項1号にいう「業務執行を決定する機関」に当たるとされた事例 2 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資に必要な準備を開始するよう担当部下に指示する行為が、金融商品取引法166条2項1号にいう公募増資を「行うことについての決定」に当たるとされた事例 3 会社と法律顧問契約を締結していた弁護士が、会社の業務執行を決定する機関が公募増資を行うことについての決定をしたことを「知った」(金融商品取引法166条1項4号)ものとされた事例
却下
1日までの間も本件会社の業務に従事していたにもかかわらず,被告から本件会...する者として本件会社の業務を行っていた者であり,同日に本件会社の株...関する業務等を行う法人である。
会社の代表取締役の権利義務を喪失した後も会社の業務に従事していた者につき、健康保険法3条1項及び厚生年金保険法9条にいう「事業所に使用される者」に当たるとされた事例
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...域官」という。)が平成14年12月26日に業務上過失致死傷罪で起訴され,平...すべき業務に従事しており,現場の警察官に会って直接報告を受け,また,明石市
花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、警察署副署長に同署地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯は成立しないとされた事例
破棄
準監督署長から,Bの死亡は業務上の事由によるものに当たらないとして,これら...工場(以下「本件工場」という。)等において,営業企画等の業務を担当してい...産部長であるE(以下「E部長」という。)がその社長業務を代行していた。
労働者が、業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中から参加した後、当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に、研修生をその住居まで送る途上で発生した交通事故により死亡したことが、労働者災害補償保険法1条、12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たるとされた事例
控訴を棄却
25年改正法による改正前のもの)の「業務外の事由による疾病,負傷」に該...同様に健康保険料を支払っている労働者も,業務上生じた傷病について健康...「なお,この点に関し,控訴人は,会社代表者の業務上の負傷等に対する
1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
上告を棄却
業務上過失致死傷被告事件...・空調設備の設計業務を担当した者であり,建築設備に関する高度の知識と豊富な...したがって,被告人に本件爆発事故について過失があるとして,業務上過失致死
ガス抜き配管内で結露水が滞留してメタンガスが漏出したことによって生じた温泉施設の爆発事故について、設計担当者に結露水の水抜き作業に係る情報を確実に説明すべき業務上の注意義務があったとされた事例
棄却
同組合の業務執行者に組合員による出資金及び金融機関からの借入金により...た経済的利益(以下「本件ローン債務免除益」という。)及び②上記業務執行...者に対して支払うべき手数料の一部について,上記業務執行者から債務の免除
1 民法上の組合を組成した上で金融機関から金員を借り入れて購入した航空機を航空会社に賃貸する事業を営んでいた者が航空機を売却して当該事業を終了する際に航空機の購入原資の一部となった借入金の一部に係る債務の免除を受けたことによって得た利益が一時所得に該当するとされた事例 2 民法上の組合を組成した上で金融機関から金員を借り入れて購入した航空機を航空会社に賃貸する事業を営んでいた者が航空機を売却して当該事業を終了する際に業務執行者に対して支払うべき手数料に係る債務の免除を受けたことによって得た利益が一時所得に該当するとされた事例
棄却
前のもの。以下同じ。)の「業務外の事由による疾病,負傷」に該当するとは...るのは被告であり,全国健康保険協会愛媛支部長は支部の業務の執行に関する...健康保険法は,労働者の業務外の事由による疾病,負傷若しくは死亡又は
1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
却下
7条2号の規定により同月8日から1か月の業務の停止に処する旨の処分を取...ら,司法書士法47条2号の規定により,1か月の業務の停止に処する旨の処...業務に関する法令及び実務に精通して,
法務局長が司法書士に対してした司法書士法47条2号の規定による業務停止処分の取消しを求める訴えについて、行政事件訴訟法9条1項括弧書にいう「処分又は裁決の取消しによって回復すべき法律上の利益」があるとは認められないとされた事例
控訴を棄却
業務上過失致死被告事件...論旨は,被告人に過失を認め,業務上過失致死罪の成立を認めた原判決には,...岳ガイドの業務に従事していた被告人が,富山県黒部市内の祖母谷温泉から白馬
山岳ガイドの業務に従事していた被告人が、有料登山ツアーを企画、主催し、5名の女性登山客を引率して、降雨の中、登山を開始し、その登山道上で天候悪化のため、登山客らを強風、みぞれ、吹雪等にさらさせて、追従、歩行ができない状態に陥らせ、そのうち4名を低体温症で死亡させるに至ったという遭難事故について、過失判断の前提としての予見の内容としては、遭難事故となる危険性のあるような天候の悪化の可能性で足り、それ以上に、現に生じたような著しい天候の悪化の可能性は予見の対象とはならないとして、被告人に過失を認め、業務上過失致死の責任を認めた原判決を是認した事例
却下
人に選任され,同人名義の預金通帳等を保管し,同人の財産を管理する業務に従事...と考えられる。本件は,被害額300万円の業務上横領という相応の犯情の重さを
業務上横領被疑事件において勾留請求を却下した原々裁判を取り消して勾留を認めた原決定に刑訴法60条1項の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
取り消す
利益(以下「本件ローン債務免除益」という。)及び②当該組合の業務執行者に...関連会社であるP13有限会社(以下「本件業務執行者」という。)の合...ただし,業務執行者が存続期間の延長を提案し,かつ,本件組合に対
1 民法上の組合を組成した上で金融機関から金員を借り入れて購入した航空機を航空会社に賃貸する事業を営んでいた者が航空機を売却して当該事業を終了する際に航空機の購入原資の一部となった借入金の一部に係る債務の免除を受けたことによって得た利益が一時所得に該当するとされた事例 2 民法上の組合を組成した上で金融機関から金員を借り入れて購入した航空機を航空会社に賃貸する事業を営んでいた者が航空機を売却して当該事業を終了する際に業務執行者に対して支払うべき手数料に係る債務の免除を受けたことによって得た利益が一時所得に該当するとされた事例
却下
助手業務を委託した 愛知県東海市(以下「東海市」という。)の設置する東...(1) 原告が本件小学校における英語指導助手業務に従事するに至った経緯等...雇用された後,P3に英語指導助手業務を委託していた愛知県稲沢市及び
教育事業等を目的とする株式会社に雇用され、小学校に派遣されて英語指導助手業務に従事していた外国人である原告による厚生年金保険及び健康保険の被保険者の資格の確認の請求を却下する旨の処分が違法とされた事例
取り消す
業務停止処分取消請求事件...国土交通大臣が平成24年8月30日付けで原告に対してした業務停止処...の業務停止処分(以下「本件懲戒処分」という。)を受けたことから,被告に
2階及び3階部分が、その中央付近に設置された階段、吹抜き及びエレベーターによって東西の各部分に分けられた構造の居住用建築物を設計した一級建築士に対して、複数の直通階段の設置を求める建築基準法35条、建築基準法施行令121条1項6号及び2項に違反する居住用建築物の設計であり、建築士法18条1項に違反する事由があるとして国土交通大臣がした業務停止処分が取り消された事例
破棄
が,労働基準法65条3項に基づく妊娠中の軽易な業務への転換に際して副主任を...の業務に従事することを内容とする期間の定めのない労働契約を締結し,本件病院...同科の科長を除き,患者の自宅を訪問してリハビリテーション業務を行うチーム
女性労働者につき妊娠中の軽易な業務への転換を契機として降格させる事業主の措置の、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」9条3項の禁止する取扱いの該当性
棄却
処分行政庁が平成25年6月5日付けで原告に対してした税理士業務の禁止...認められることを理由として,税理士業務の禁止の処分(以下「本件処分」と...懲戒処分により税理士業務を行うことを禁止された者で,当該処分を
1 税理士であった原告が委嘱者である納税者の所得税の期限後申告並びに確定申告に当たり所得金額を不正に計算した確定申告書等を作成した行為が税理士法(平成26年法律第10号による改正前のもの)45条1項に定める違反行為に当たると認められた事例 2 税理士であった原告が税理士法(平成26年法律第10号による改正前のもの)45条1項に定める違反行為をしたとしてされた税理士業務の禁止の懲戒処分が適法とされた事例
上告を棄却
業務上過失致死被告事件...所論に鑑み,被告人甲に対する業務上過失致死罪の成否に関し,その業務上の注...会」という。)に市内の公園の維持管理業務等を委託していたところ,大蔵海岸に
国から占用許可を得て市が公園の一部として開放し維持管理していた人工砂浜での埋没事故について、同砂浜を含む海岸における工事の監督、巡視や海岸保全施設の管理等の事務を担当していた国土交通省職員に同砂浜に関する安全措置を講ずべき業務上の注意義務があったとされた事例
上告を棄却
業務上過失致死被告事件...所論に鑑み,業務上過失致死罪の成否に関し,その業務上の注意義務の有無につ...会」という。)に市内の公園の維持管理業務等を委託していたところ,大蔵海岸に
国から占用許可を得て市が公園の一部として開放し維持管理していた人工砂浜での埋没事故について、同砂浜を含む海岸の工事、管理に関する事務を担当していた国土交通省職員に同砂浜に関する安全措置を講ずべき業務上の注意義務があったとされた事例
破棄
過重な業務に起因するものであって上記解雇は違法,無効であるとして,被上告人...目指していた。本件プロジェクトにおける上告人を含む技術担当者の主な業務は,...る計画が変更されて業務量も減少していたことなどから,5月,技術担当者が1名
労働者に過重な業務によって鬱病が発症し増悪した場合において、使用者の安全配慮義務違反等に基づく損害賠償の額を定めるに当たり、当該労働者が自らの精神的健康に関する一定の情報を使用者に申告しなかったことをもって過失相殺をすることができないとされた事例
上告を棄却
会社が主催する募集型の企画旅行の添乗業務に従事していた被上告人が,上告人に...対し,時間外割増賃金等の支払を求める事案である。上告人は,上記添乗業務につ...派遣されて,添乗業務に従事している。上告人が,被上告人を雇用するに当たり作成している派遣社員就業条件明示書には,就業時間につき,原則として午前8時か
募集型の企画旅行における添乗員の業務につき、労働基準法38条の2第1項にいう「労働時間を算定し難いとき」に当たらないとされた事例
却下
渋谷区は,次のイ,ウ及びオのとおり,本件法人との間で業務委託協定を...法人との間で,次の定めのある業務委託協定を締結した。(乙12,13)...業務委託協定を締結した。(甲2の1,乙14)
1 普通地方公共団体との間でその権能に属する事務の一部に関する業務委託協定を締結している私人は、当該普通地方公共団体の所有する行政財産を排他的に使用するに当たり、地方自治法238条の4第7項の規定による使用許可を受けることを要するか 2 普通地方公共団体が青少年健全育成に関する事務の一部を法人に委託し、その委託費用の支払に代えてその所有する建物の一部を当該法人に無償で使用させたことが違法でないとされた事例
却下
た同年11月7日から10月間鑑定評価等業務を行うことを禁止す...月7日から10月間鑑定評価等業務を行うことを禁止する旨の 処分の効力を...40条1項前段に基づき,同年11月7日から10か月間鑑定評価等業務を行
不動産鑑定士に対する10か月間の鑑定評価等業務の禁止処分によって生ずる損害が行政事件訴訟法25条2項にいう「重大な損害」に当たるとされた事例
棄却
う。)から講師による講義等の業務及び一般家庭から家庭教師による個人指導...の業務をそれぞれ受託し,かつ,これらの業務に係る講師又は家庭教師として...控訴人と契約を締結して当該業務を行った者に対し,当該契約所定の金員(た
教育機関等から講師による講義等の業務を、一般家庭から家庭教師による個人指導の業務をそれぞれ受託した株式会社が、講師又は家庭教師として前記株式会社と契約を締結して、前記各業務を行った者に対して当該契約所定の各金員を支払ったことについて、当該各金員の支払が所得税法28条1項に規定する給与等に該当し、また、前記講師等から前記各金員を対価とする役務の提供を受けたことが課税仕入れに当たらないとして税務署長がした源泉徴収に係る所得税の納税告知処分等及び消費税の更正処分等が、適法とされた事例
控訴を棄却
した上,その交付の決定,補助金額の確定及びその支払業務並びに,審査の結...知書により間接補助事業者に通知する業務(本件補助金事業)を行っていたと...付する業務」(本件補助金交付業務)を経済産業大臣の定める事業者(以下
環境対応車普及促進事業補助金の交付業務を行っていた事業者がした、補助金の交付申請に対する不交付決定の取消しを求める訴えが、却下された事例
取り消す
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例2条1項2号の...業の健全化に資するため,その業務の適正化を促進する等の措置を講...良で静穏な環境の下で円滑に業務を運営するという利益をも保護
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律3条1項に基づくぱちんこ屋の営業許可処分の取消しの訴えにつき、同ぱちんこ屋から100メートル以内にある小学校に通学する児童の保護者らの原告適格が否定された事例
棄却
う。)から講師による講義等の業務を,いわゆる一般家庭から家庭教師によ...る個人指導の業務を,それぞれ受託する一方,②原告の上記①の各業務に係...る講義等又は一般家庭における個人指導の業務を行った者に対し,当該契約
教育機関等から講師による講義等の業務を、一般家庭から家庭教師による個人指導の業務をそれぞれ受託した株式会社が、講師又は家庭教師として前記株式会社と契約を締結して、前記各業務を行った者に対して当該契約所定の各金員を支払ったことについて、当該各金員の支払が所得税法28条1項に規定する給与等に該当し、また、前記講師等から前記各金員を対価とする役務の提供を受けたことが課税仕入れに当たらないとして税務署長がした源泉徴収に係る所得税の納税告知処分等及び消費税の更正処分等が、適法とされた事例
棄却
本件は,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「風営...風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律...風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則(以下「施行規
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律9条1項に違反して営業所の構造又は設備の変更をした風俗営業者に対する同法26条1項に基づく風俗営業許可取消処分が適法とされた事例
却下
国土交通大臣が平成24年8月30日付けで申立人に対してした業務停...国土交通大臣が平成24年8月30日付けで申立人に対してした業務停止命...国土交通大臣から平成25年1月1日から3か月間の業務停止命令(以下「本
共同住宅について違法設計に及んだことを理由に3か月間の業務停止命令を受けた一級建築士が、行政事件訴訟法25条2項に基づき前記懲戒処分に基づく効力の停止を求めた申立てが、認容された事例
却下
(1) 風 俗営業等 の規制 及び業務 の適正 化等に関す る法律 (以下「 風営...(3) 風 俗営業等 の規制 及び業務 の適正 化等に関す る法律 施行令( 以下...び業務の適正化等に関する法律施行条例(昭和34年大阪府条例第6
1 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律3条1項に基づくぱちんこ屋の営業許可処分の取消しの訴えにつき、同ぱちんこ屋から100メートル以内にある小学校に通学する児童の保護者らの原告適格が認められた事例 2 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律3条1項に基づくぱちんこ屋の営業許可処分の取消請求が、認容された事例
棄却
(以下「本件事業」という。)に関する業務を行うことを目的として設立され...原告は,本件事業に関する設計・整備業務,維持管理業務及び運営業務...並びにこれらに附帯する一切の業務を行うことを目的として平成20年1
株式会社の最初の事業年度に係る課税期間の消費税及び地方消費税について、同期間中の株式払込金の取扱手数料、司法書士事務所に対する報酬、印鑑代、保証料の送金の手数料、融資スキームの構築に関する手数料及び法律顧問業務に関する報酬等の支払が消費税法(平成23年法律第82号による改正前。以下同じ)30条2項1号ロに規定する「課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要する課税仕入れ」に区分される等としてされた、更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
は,金商法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に
1 検察官は金融商品取引法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に基づく権限を有する者」に当たるか 2 金融商品取引法21条の2第3項にいう「虚偽記載等に係る記載すべき重要な事項」の意義 3 金融商品取引法21条の2第5項にいう「虚偽記載等によって生ずべき当該有価証券の値下り」の意義 4 虚偽記載等のある有価証券報告書等の提出者等を発行者とする有価証券につき、投資者がこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で取得しこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で処分した場合における、上記投資者が金融商品取引法21条の2に基づき請求することのできる額の算定方法 5 金融商品取引法21条の2に基づく損害賠償債務が遅滞に陥る時期
控訴を棄却
部を含む。)が発注する委託業務(建設工事に係る測量,調査,設計等の委...託業務を除く。)の競争入札の参加資格を有していること,並びにA等級の...本件は,控訴人が千葉県公安委員会によって警備業務に係る営業の停止処分
1 県知事の事業者に対する物品の購入等の契約に関する一般競争入札及び指名競争入札への参加禁止並びに前記各入札の参加資格の取消しの各措置の行政処分性 2 県が発注する委託業務の競争入札の参加資格を有していること、一般競争入札参加者及び指名競争入札参加者の入札参加資格を有していること、並びに指名競争入札における指名業者の地位にあることの各確認を求める訴えが、いずれも却下された事例
破棄
告人と業務委託契約を締結してその修理等の業務に従事する業者(以下「代行店」...パートタイマー25名)のうち,出張修理業務(被上告人から指示された特約店又...は顧客宅等を訪問して修理を行う業務)に従事していた者は正社員3名,契約社員3名の計6名であり,出張修理業務のうち多くの割合の業務は個人代行店21店及
音響製品等の設置、修理等を業とする会社と業務委託契約を締結して顧客宅等での出張修理業務に従事する受託者につき、上記会社との関係において労働組合法上の労働者に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
所論に鑑み,被告人両名に対する業務上過失致死傷罪の成否について,職権で判...り,三菱自工が製造した自動車の品質保証業務を統括する業務に従事し,同社製自...シャシーを担当するグループ長の地位にあり,被告人Xを補佐し,品質保証業務に
1 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故について、同トラックの製造会社で品質保証業務を担当していた者において、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務があったとされた事例 2 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故と、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務に違反した行為との間に因果関係があるとされた事例
破棄
て,その業務を妨害するなど,第1審判決の「事実及び理由」第2の1(2)記載の...有者が,業務執行に当たっている管理組合の役員らをひぼう中傷する内容の文書を...配布し,マンションの防音工事等を受注した業者の業務を妨害するなどする行為
マンションの区分所有者が、業務執行に当たっている管理組合の役員らをひぼう中傷する内容の文書を配布するなどする行為が、建物の区分所有等に関する法律6条1項所定の「区分所有者の共同の利益に反する行為」に当たるとみる余地がある場合
棄却
Dオンライン提携業務に関するプレスリリースを撤回する旨のプレスリリ...のCDオンライン提携業務に関する記事及び被告設置の現金自動支払機又...随する業務(以下「本件提携業務」という。)を行っていた。ところが,被
オンライン現金自動支払機の相互利用に関する基本契約等に基づき、第二地方銀行との間で相互に他行の保有する現金自動支払機等による現金の払出し等の提携業務を行っていた都市銀行が、同行を委託者、前記第二地方銀行を受託者とする前記提携業務に係る委託契約を解約し、同業務に係る電文送信の履行拒否をしたことが、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項6号イ、不公正な取引方法2項所定の不当な取引拒絶に当たらないとされた事例
取り消す
センターの業務休止当時,その利用に関し法的利益を有するといえるとこ...殺業務従事者ら」を「並びに食肉センターで稼働すると殺業務従事者及...び内臓洗い従事者(以下,「と殺業務従事者ら」といい,利用業者とと
市が経営すると畜場の廃止に当たり、市が同と畜場の利用業者及び同と畜場で働くと殺業務等従事者に対して支援金を支払ったことは違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、市長であった者個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
破棄
告人と業務委託契約を締結してその修理補修等の業務に従事する者(被上告人の内...する株式会社である。被上告人の従業員約200名のうち修理補修業務に従事する...る。)に限定されており,修理補修業務の大部分は約590名いるCEによって行
住宅設備機器の修理補修等を業とする会社と業務委託契約を締結してその修理補修等の業務に従事する受託者が、上記会社との関係において労働組合法上の労働者に当たるとされた事例
控訴を棄却
1 労働基準監督署長が業務災害に関する障害等級の認定のため医師にした照会に対する回答の記載のうち医師の署名印影及び障害残存の理由に係る各情報、並びに医師が労働基準監督署長に提出した意見書の記載のうち残存障害の評価に係る情報等が、いずれも行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例 2 業務災害に関する障害等級の認定のための資料として労働基準監督署長に提出された書面の記載のうち心理検査の結果についての検査者の意見が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例
取り消す
(航海)の業務を1箇月停止するとの裁決を取り消す。...言い渡した原告の三級海技士(航海)の業務を1箇月停止するとの裁決(以下...業務を1箇月停止する旨の裁決(本件裁決)を言い渡した(甲1)。
貨物船の船首と左舷前方から接近中の漁船の右舷船体中央部が衝突した事故について、地方海難審判所が、海上衝突予防法15条の横切り船の航法は適用されず、同法38条及び39条の船員の常務によって律するのが相当であるなどとして、前記貨物船の海技士に対してした三級海技士(航海)の業務を1か月停止するとの裁決が、取り消された事例
上告を棄却
は,被告会社の代表取締役として,その業務全般を統括していたものであるが,被...告人は,被告会社の社長付として被告会社の決算業務や法人税の確定申告業務等を...統括していたC及び被告会社の総務経理部社員Dらと共謀の上,被告会社の業務に
1 実質的に経理担当の取締役に相当する権限を与えられていた者が法人税法(平成19年法律第6号による改正前のもの)164条1項にいう「その他の従業者」に当たるとされた事例 2 法人税ほ脱犯において秘匿した所得を自ら領得する行為者の意図と法人税法(平成19年法律第6号による改正前のもの)164条1項にいう「業務に関して」の要件
上告を棄却
所論にかんがみ,被告人両名に対する業務上過失傷害罪の成否について,職権で...東空域においてレーダーを用いる航空路管制業務を行うために必要とされる技能証...示を与えるなどの航空路管制業務に従事し,被告人Bは,被告人Aが上記実地訓練
航行中の航空機同士の異常接近事故について、便名を言い間違えて降下の管制指示をした実地訓練中の航空管制官及びこれを是正しなかった指導監督者である航空管制官の両名に業務上過失傷害罪が成立するとされた事例
上告を棄却
空会社」という。)から業務委託を受けている会社の係員に対し,真実は,バンク
他の者を搭乗させる意図を秘し、航空会社の搭乗業務を担当する係員に外国行きの自己に対する搭乗券の交付を請求してその交付を受けた行為が、詐欺罪に当たるとされた事例
取り消す
いう。)に基づき,原告が被災した平成▲年▲月▲日発生の業務災害(以下...条1項に基づき,原告が平成▲年▲月▲日に被災した業務災害(本件労災)
1 労働基準監督署長が業務災害に関する障害等級の認定のため医師にした照会に対する回答の記載のうち医師の署名印影及び障害残存の理由に係る各情報、並びに医師が労働基準監督署長に提出した意見書の記載のうち残存障害の評価に係る情報等が、いずれも行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例 2 業務災害に関する障害等級の認定のための資料として労働基準監督署長に提出された書面の記載のうち心理検査の結果についての検査者の意見が、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律14条7号所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例
上告を棄却
が,その立地条件等を前提に事業用に各室を賃借して,それぞれの業務を行ってい...業務に関し,共犯者らと共謀の上,弁護士資格等を有さず,法定の除外事由もない...結した上で各室を明け渡させるなどの業務を行うことの委託を受けて,これを受任
弁護士資格等がない者らが、ビルの所有者から委託を受けて、そのビルの賃借人らと交渉して賃貸借契約を合意解除した上で各室を明け渡させるなどの業務を行った行為について、弁護士法72条違反の罪が成立するとされた事例
534 件中 1/11 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in