2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
方法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
方法の判決統計
0
1
0
804 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
1 被害者の行使する自賠法16条1項に基づく請求権の額と労働者災害補償保険法12条の4第1項により国に移転して行使される上記請求権の額の合計額が自動車損害賠償責任保険の保険金額を超える場合、被害者は国に優先して損害賠償額の支払を受けられる 2 自賠法16条の9第1項にいう「当該請求に係る自動車の運行による事故及び当該損害賠償額の確認をするために必要な期間」の意義及びその判断方法
破棄
を乗務員の月稼働額に乗ずる方法によって計算するものとされ,嘱託乗務員の歩合...増賃金の算定に当たり,割増率その他の計算方法を両者で区別していることはうか
1 有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であることは、労働契約法20条にいう「その他の事情」として考慮されることとなる事情に当たる 2 有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるか否かについての判断の方法 3 無期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給する一方で有期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給せずに歩合給を支給するという労働条件の相違が、労働契約法20条にいう不合理と認められるものに当たらないとされた事例
却下
改定の方法により上記輸入商品の引渡しを受けたか否かが争われている。...方法により本件商品の引渡しを受けることはできず,相手方は対抗要件を具備して...対し,執行抗告をした。原審は,相手方が占有改定の方法により本件商品の引渡し
銀行が、輸入業者の輸入する商品に関して信用状を発行し、当該商品につき譲渡担保権の設定を受けた場合において、上記輸入業者が当該商品を直接占有したことがなくても、上記輸入業者から占有改定の方法によりその引渡しを受けたものとされた事例
上告を棄却
侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合における刑法36条の急迫性の判断方法
破棄
私道の用に供されている宅地の相続税に係る財産の評価における減額の要否及び程度の判断の方法
上告を棄却
1 児童福祉法34条1項6号にいう「淫行」の意義 2 児童福祉法34条1項6号にいう「させる行為」に当たるか否かの判断方法
棄却
を計算する必要があり,そのために財産の評価の方法について可能...算方法及び財産の評価の方法について定め,これにより収益の額の...可能な限度であらかじめ全国一律の収益の額の計算方法及び財産の
1 資産の低額譲受けにつき受贈益相当額が法人税法(平成18年法律第10号による改正前のもの)22条2項の「収益」に該当するか否か(積極) 2 法人税の課税につき上場有価証券等以外の出資持分の評価額を算定するに当たり、当該出資持分は財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17(例規)による国税庁長官通達)188(法人税基本通達(昭和44年5月1日付け直審(法)25(例規)による国税庁長官通達)がその例によって算定するとしているもの)が定める「同族株主以外の株主等が取得した株式」には該当しないとされた事例 3 受取配当等の益金不算入額に係る控除負債利子額の算定において、確定申告時に選択したのと異なる計算方法に変更することの可否(消極) 4 受取配当等の益金不算入額に係る控除負債利子額の算定において、負債利子控除割合が1を超える場合や、控除負債利子額の合計額が現実支払利子額を超える場合の取扱い 5 青色申告の場合における法人税の更正処分について、その除斥期間の経過後に更正通知書に附記されていない理由を更正処分の根拠として主張することができるとされた事例
上告を棄却
組織再編成は,その形態や方法が複雑かつ多様であるため,これを利用する...ては,①当該法人の行為又は計算が,通常は想定されない組織再編成の手順や方法...法132条の2は,前述のとおり,組織再編成の形態や方法は複雑で多様である
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 甲社が乙社の発行済株式全部を買収して乙社を完全子会社とし、その後乙社を吸収合併した場合において、甲社の代表取締役社長が上記買収前に乙社の取締役副社長に就任した行為が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
組織再編成は,その形態や方法が複雑かつ多様であるため,これを利用する...ては,①当該法人の行為又は計算が,通常は想定されない組織再編成の手順や方法...順や方法に基づくものであるのみならず,これにより実態とは乖離した非適格分割
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 新設分割により設立された分割承継法人の発行済株式全部を分割法人が譲渡する計画を前提としてされた当該分割が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
破棄
基準変更後の退職金額の計算方法について説明した。...本件基準変更後の退職金額の計算方法に基づき,平成14年12月末日現在の退職...告人に残った場合の当面の退職金額とその計算方法を具体的に知ったものであり,
1 就業規則に定められた賃金や退職金に関する労働条件の変更に対する労働者の同意の有無についての判断の方法 2 合併により消滅する信用協同組合の職員が、合併前の就業規則に定められた退職金の支給基準を変更することに同意する旨の記載のある書面に署名押印をした場合において、上記変更に対する当該職員の同意があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
控訴を棄却
計する必要性があり,処分行政庁が推計した所得金額は,合理的な方法(税...乗じる方法)によるものであるから,適正な所得金額であるとして,本件各...課税の方法を否定するものでないが,
1 租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律の施行に関する省令(平成22年総務省、財務省令第1号による改正前のもの)9条の2第1項又は7項による届出書の提出は、租税条約に基づく税の軽減又は免除を受けるための手続要件となるか。 2 ある場所が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約(平成16年条約第2号)5条4項各号に該当するとして恒久的施設から除外されるためには、当該場所での活動が準備的又は補助的な性格であることを要するか。 3 所得税法上の非居住者である甲がアメリカ合衆国から本邦に輸入した自動車用品をインターネットを通じて専ら日本国内の顧客に販売する事業の用に供していたアパート及び倉庫が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約5条の規定する恒久的施設に該当するとされた事例 4 所轄税務署長が、上記3の販売事業における平成17年分ないし平成20年分の各収入金額(売上金額)に、甲の平成16年分の事業所得に係る青色申告特別控除前の所得金額の総収入金額に占める割合を乗じる方法によって、上記販売事業につき、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約に基づき恒久的施設に配分される課税所得となる所得金額を推計したことについて、推計の必要性及び合理性があるとされた事例
上告を棄却
配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金銭が供託され、その後、当該根抵当権者に対し上記配当表記載のとおりに配当がされる場合における、当該供託金の充当方法
破棄
計算方法につき当事者間に争いがない。
1 外国法に基づいて設立された組織体が所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人に該当するか否かの判断の方法 2 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者につき、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除することができないとされた事例
破棄
にその物の製造方法の記載があるいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレーム...求の範囲にその物の製造方法の記載がある場合における特許発明の技術的範囲の確...を含んで成る方法によって製造される,プラバスタチンラクトンの混入量が0.
1 物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームにおける特許発明の技術的範囲の確定 2 物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームと明確性要件
破棄
にその物の製造方法の記載があるいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレーム...請求の範囲にその物の製造方法の記載がある場合における特許要件の審理の前提と...を含んで成る方法によって製造される,プラバスタチンラクトンの混入量が0.
物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームにおける発明の要旨の認定
棄却
等から当該顧客に向けて発送するという方法により,本件販売事業を行...特典の適用を受けるに当たっての届出の書式や方法等については,法律...本件販売事業は,インターネット等を使った方法により売買契約
1 租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律の施行に関する省令(平成22年総務省、財務省令第1号による改正前のもの)9条の2第1項又は7項による届出書の提出は、租税条約に基づく税の軽減又は免除を受けるための手続要件となるか。 2 ある場所が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約(平成16年条約第2号)5条4項各号に該当するとして恒久的施設から除外されるためには、当該場所での活動が準備的又は補助的な性格であることを要するか。 3 所得税法上の非居住者である甲がアメリカ合衆国から本邦に輸入した自動車用品をインターネットを通じて専ら日本国内の顧客に販売する事業の用に供していたアパート及び倉庫が所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約5条の規定する恒久的施設に該当するとされた事例 4 所轄税務署長が、上記3の販売事業における平成17年分ないし平成20年分の各収入金額(売上金額)に、甲の平成16年分の事業所得に係る青色申告特別控除前の所得金額の総収入金額に占める割合を乗じる方法によって、上記販売事業につき、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約に基づき恒久的施設に配分される課税所得となる所得金額を推計したことについて、推計の必要性及び合理性があるとされた事例
上告を棄却
作物の放送への利用の許諾につきその使用料の徴収方法を定めて利用者らとの契約...れる放送利用に係る使用料(以下「放送使用料」という。)の徴収方法としては,...の徴収方法につき,年間の包括許諾による利用許諾契約が締結される場合とそれ以
音楽著作権の管理事業者が放送への利用の許諾につき使用料の徴収方法を定めるなどの行為が、独占禁止法2条5項にいう「排除」の要件である他の事業者の参入を著しく困難にする効果を有するとされた事例
棄却
(2) 本件出資持分の評価方法(受贈益の計上漏れの有無)...対する出資の価額の算定は,株式の評価方法に関する定めに準じて計算さ...定する必要があるところ,P4社が保有する原告P1の株式の評価方法
1 資産の低額譲受けにつき受贈益相当額が法人税法(平成18年法律第10号による改正前のもの)22条2項の「収益」に該当するか否か(積極) 2 法人税の課税につき上場有価証券等以外の出資持分の評価額を算定するに当たり、当該出資持分は財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56、直審(資)17(例規)による国税庁長官通達)188(法人税基本通達(昭和44年5月1日付け直審(法)25(例規)による国税庁長官通達)がその例によって算定するとしているもの)が定める「同族株主以外の株主等が取得した株式」には該当しないとされた事例 3 受取配当等の益金不算入額に係る控除負債利子額の算定において、確定申告時に選択したのと異なる計算方法に変更することの可否(消極) 4 受取配当等の益金不算入額に係る控除負債利子額の算定において、負債利子控除割合が1を超える場合や、控除負債利子額の合計額が現実支払利子額を超える場合の取扱い 5 青色申告の場合における法人税の更正処分について、その除斥期間の経過後に更正通知書に附記されていない理由を更正処分の根拠として主張することができるとされた事例
上告を棄却
本件は,被上告人が,本件各決議には決議の方法等につき法令違反があると...意していても,本件議決権行使は不適法であり,決議の方法に法令違反があること...い。」と規定しているところ,これは,共有に属する株式の権利の行使の方法につ
1 共有に属する株式について会社法106条本文の規定に基づく指定及び通知を欠いたまま権利が行使された場合における同条ただし書の株式会社の同意の効果 2 共有に属する株式についての議決権の行使の決定方法
棄却
の範囲とその設定方法を基本的に同じくする公定幅運賃の指定に当た...が提出される前に公定幅運賃の範囲を指定する方法が公示(近畿運輸...局長設定に係る「公定幅運賃の範囲の指定方法等について」〔平成2
1 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、その本案事件として提起された差止めの訴えが、行政事件訴訟法37条の4第1項ただし書所定の「その損害を避けるため他に適当な方法があるとき」に当たらないと認められた事案 2 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、行政事件訴訟法37条の5第2項所定の「償うことのできない損害を避けるため緊急の必要」があると認められた事案 3 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、行政事件訴訟法37条の5第2項所定の「本案について理由があるとみえるとき」に当たるとされた事案
取り消す
1 受訴裁判所によってされた刑訴法90条による保釈の判断に対する抗告審の審査の方法 2 詐欺被告事件において保釈を許可した原々決定を取り消して保釈請求を却下した原決定に刑訴法90条、426条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
控訴を棄却
するについては,特段の事情がない限り,更正の請求という手続以外の方法...事情がない限り,更正の請求という手続以外の方法でこれを主張することは...張の端数調整方法を採用することはできない。
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
控訴を棄却
なお,刑事訴訟法上の捜索は強制捜査の方法であるから,これが任意の承
1 金融商品取引法211条1項に基づく差押えが適法とされるために必要な差押物件と犯則嫌疑事実との間の関連性の有無の判断方法 2 金融商品取引法211条1項所定の「犯則事件を調査するため必要がある」旨の要件該当性の判断方法
棄却
の供給契約を随意契約の方法によりA株式会社(以下「A」という。)との間...から,随意契約の方法により締結したことが違法である旨,また,Aを契約締...ガス供給契約を随意契約の方法により締結したことは適法であり,
市が競艇施設の空調熱源となる都市ガスの供給契約を随意契約の方法により締結したことが違法でないとされた事例
控訴を棄却
「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月...成した「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」は違法であ...名護市長及びγ村長に対し,本件事業に係る環境影響評価を行う方法を記載し
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
却下
当な方法があるときには当たらず,補充性の要件に欠けるところはない。...う方法としては,事後的にこれら処分の取消訴訟等を提起する方法があり,...むしろこれが法の予定している通常の方法であるし,本件運賃変更命令に
1 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、その本案事件として提起された差止めの訴えが、行政事件訴訟法37条の4第1項ただし書所定の「その損害を避けるため他に適当な方法があるとき」に当たらないと認められた事案 2 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、行政事件訴訟法37条の5第2項所定の「償うことのできない損害を避けるため緊急の必要」があると認められた事案 3 一般乗用旅客自動車運送事業者が、近畿運輸局長に届け出た運賃が特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法16条1項に基づいて同局長が指定する運賃の範囲内にないことを理由として、同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令、同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止又は事業許可の取消しの仮の差止めの求めについて、行政事件訴訟法37条の5第2項所定の「本案について理由があるとみえるとき」に当たるとされた事案
取り消す
当するとして,同号に規定されている評価方法に基づいてその価額を評価...と[イ]の各数値の合計を差し引いたものとするとの方法により端数を調整...以上の方法が相続税法基本通達〔昭和34年1月28日付け直資10(例
いわゆる年金型の死亡給付金の支払の特約の付された保険契約につき死亡給付金の支払事由の発生後に支払の方法が特定された場合にも当該死亡給付金の請求権がいわゆるみなし相続財産として相続税法24条1項(平成22年法律第6号による改正前のもの)の「定期金給付契約で当該契約に関する権利を取得した時において定期金給付事由が発生しているものに関する権利」に該当するとされた事例
棄却
の供給契約を随意契約の方法によりA株式会社(以下「A」という。)との間で締...の2第1項2号に該当することを理由に随意契約の方法で締結されたが,蒲郡市に...ていることや,随意契約の方法により都市ガス供給契約が締結された実例は供給可
市が競艇施設の空調熱源となる都市ガスの供給契約を随意契約の方法により締結したことが違法でないとされた事例
棄却
時機に後れて提出した攻撃又は防御の方法に当たるというべきである。
1 金融商品取引法211条1項に基づく差押えが適法とされるために必要な差押物件と犯則嫌疑事実との間の関連性の有無の判断方法 2 金融商品取引法211条1項所定の「犯則事件を調査するため必要がある」旨の要件該当性の判断方法
上告を棄却
提起した。被上告人らは,本件土地の分割方法として,本件持分を被上告会社が取...4660円を支払うという全面的価格賠償の方法による分割を希望している。被上...原審は,共有物分割請求に関し,本件持分について全面的価格賠償の方法が
1 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係 2 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決がされた場合に支払われる賠償金の性質とその支払を受けた者の保管義務 3 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決において賠償金の支払等に関し命じ得る事項
取り消す
放送事業収入に一定率を乗ずる等の方法で音楽著作物の放送等利用に係る使用料...割合を反映させない方法で放送等使用料を算定することとしているため,放送事業...難な状態になっているとして,上記の放送等使用料算定方法及びその徴収は,他の
1 公正取引委員会が音楽の著作物の著作権に係る著作権管理事業者(甲社)に対してした排除措置命令取消審決の取消訴訟につき、甲社と競業関係にある管理事業者(乙社)の原告適格が肯定された事例 2 音楽の著作物の著作権に係る著作権管理事業者が、ほとんど全ての放送事業者との間で放送等使用料の徴収方法を包括徴収とする利用許諾契約を締結し、この契約に基づき、放送等使用料を徴収している行為が、独占禁止法2条5項に定める排除型私的独占に該当しないとした公正取引委員会の排除措置命令取消審決の認定及び判断には誤りがあるとして同審決が取り消された事例
取り消す
ラック・ショールズ・モデルは,その算定方法として広く合理的と...号イ),有効性判定の方法は,同号イに定める方法,すなわち,デ...て,施行令121条の2第1項1号イの方法により有効性判定を行
控訴審において新たにされた、外貨建社債に係る外国為替の変動に伴って生ずるおそれのある損失の額を減少させるために行った通貨オプション取引のうち売建オプション取引の決済損益額が法人税法61条の5第1項により益金の額に算入されるべきであるとの控訴人(国)の主張が、時機に後れた攻撃防御方法として却下されないとされた事例
控訴を棄却
る方法等により,控訴人と本件各地権者との本件各契約に基づく土地賃貸借...第15号「不公正な取引方法」...原審は,本件においては控訴人の主張する「不公正な取引方法に該当する行
スーパーマーケットを出店、経営する者が、同じくスーパーマーケットの出店、経営をする者の出店を妨害する目的で、当該出店予定地の地権者らに働きかけを行い、前記出店予定者が地権者らと締結した前記土地の賃貸借予約契約に基づく本契約の締結を拒絶させたことは、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項6号ヘ、昭和57年公正取引委員会告示第15号「不公正な取引方法」14項に該当し、同法19条に違反する旨主張して、前記働きかけを行った者に対し、同法24条に基づき、前記妨害の禁止等を求める請求が、いずれも棄却された事例
上告を棄却
労働者が使用者から正当な理由なく就労を拒まれたために就労することができなかった日と労働基準法39条1項及び2項における年次有給休暇権の成立要件としての全労働日に係る出勤率の算定の方法
棄却
仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い,金銭を供託する方法により担保を立てさせて強制執行の停止がされた場合,債権者である被供託者は他の債権者に先...たがって,仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い,金銭を供託する方法により担保...銭を供託する方法により担保が立てられた場合,被供託者は,債務者につき更生計
1 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い金銭を供託する方法により担保を立てさせて強制執行の停止がされた後に債務者につき更生手続開始の決定がされた場合における上記担保の被担保債権の性質 2 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴う強制執行の停止に当たって金銭を供託する方法により担保が立てられた場合において債務者につき更生計画認可の決定がされた後であっても供託金の還付請求権を行使することの可否
棄却
公害健康被害の補償等に関する法律4条2項に基づく水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟における審理及び判断の方法
棄却
公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法3条1項に基づく水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟における審理及び判断の方法
上告を棄却
いて,「「抗悪性腫瘍薬の臨床評価方法に関するガイドライン」について」(平成...3年2月4日薬新薬第9号厚生省薬務局新医薬品課長通知)により標準的方法につ...い,又は一般に認められた標準的治療方法がないがんの入院患者を対象に実施され
1 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な情報とその提供方法 2 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な添付文書の副作用に係る記載の適否を判断する際に考慮すべき事情及びその判断の観点
破棄
継続的な金銭消費貸借取引に係る基本契約が過払金充当合意を含む場合における、過払金について発生した民法704条前段所定の利息を新たな借入金債務に充当することの可否及びその充当方法
棄却
告が代わって負担することを約する方法等により,原告と本件各地権者との本...不当廉売や不当高価購入が不公正な取引方法として差し止められる場合に...は,これらの相手方は,自ら不公正な取引方法を行ったわけではないが,その
スーパーマーケットを出店、経営する者が、同じくスーパーマーケットの出店、経営をする者の出店を妨害する目的で、当該出店予定地の地権者らに働きかけを行い、前記出店予定者が地権者らと締結した前記土地の賃貸借予約契約に基づく本契約の締結を拒絶させたことは、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律2条9項6号ヘ、昭和57年公正取引委員会告示第15号「不公正な取引方法」14項に該当し、同法19条に違反する旨主張して、前記働きかけを行った者に対し、同法24条に基づき、前記妨害の禁止等を求める請求が、いずれも棄却された事例
却下
行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月14日公...飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」(平成19年8月14...した「a飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価方法書」は違法である
1 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続に不備等があるとして、前記事業の主体である沖縄防衛局長が環境影響評価方法書及び同準備書の作成並びに前記手続をやり直す義務を負うこと等の確認を求める訴えが、却下された事例 2 飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価法又は沖縄県環境影響評価条例に基づく環境影響評価その他の手続における不備等によって、同法及び同条例によって保障されている意見陳述権が侵害され、これにより精神的苦痛を被ったとして、国家賠償法1条1項に基づきされた損害賠償請求が、棄却された事例
棄却
額に係る具体的な算定方法は,厚生労働大臣の定めに委ねられており(同...「診療報酬の算定方法」(平成20年厚生労働省告示第59号。ただし,...は,上記療養の給付に要する費用の額の算定方法について,点数制度をも
1 社会保険診療等を非課税取引と定めた上、課税期間における課税売上割合が95パーセントに満たない事業者には、その非課税取引の仕入れに係る消費税額について仕入税額控除を認めないという消費税法6条1項、別表第1の6号、7号、30条1項、2項の仕組みが、診療報酬の額を公定価格とする健康保険法76条2項、診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)とあいまって、医療法人等について、一般の事業者と異なり、仕入税額控除あるいは価格の引上げによる転嫁を採ることができないとしていることと憲法14条1項 2 平成20年度及び平成22年度の厚生労働大臣の告示による診療報酬改定行為につき、医療法人等が負担する仕入税額相当額の適正な転嫁という点に配慮しているとして、国家賠償請求が棄却された事例
争点 (1)ア(情報公開法5条3号,4号及び6号該当性の審査方法及び主張...「第三国による居中調停(mediation)以外に適当な方法は考えら...の条文化交渉を開始したが,①対象となる「紛争」の表現方法,②
1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
棄却
刑訴法448条2項による刑の執行停止決定に対する不服申立ての方法
却下
けでした生活保護の開始申請に対し,保護の種類及び方法を居宅保護の方法...原判決2頁11行目から12行目にかけての「(保護の種類及び方法につき...居宅保護の方法による生活扶助及び住宅扶助とするもの)」を削る。
1 生活保護の開始申請に対し、稼働能力を活用していないとして社会福祉事務所長がした同申請の却下決定の取消請求が、認容された事例 2 路上生活者が社会福祉事務所長に対してした生活保護(居宅保護の方法による生活扶助及び住宅扶助)を開始する旨の決定の義務付けを求める請求が、認容された事例
棄却
1 損害の元本に対する遅延損害金を支払う旨の定めがない自動車保険契約の無保険車傷害条項に基づき支払われるべき保険金の額の算定方法 2 自動車保険契約の無保険車傷害条項に基づく保険金の支払債務に係る遅延損害金の利率
取り消す
つき店舗以外の場所にいる者に対する郵便その他の方法による販売をす...にいる者に対する郵便その他の方法による医薬品の販売又は授与(以下「郵便...方法に起因するものか否かの調査が行われていない。」を「インターネット
1 医薬品のインターネットによる通信販売を行う事業者らが、薬局開設者又は店舗販売業者が当該薬局又は店舗以外の場所にいる者に対する郵便その他の方法による医薬品の販売又は授与を行う場合は第一類医薬品及び第二類医薬品の販売又は授与は行わない旨の規定並びに前記各医薬品の販売又は授与及び情報提供は有資格者の対面により行う旨の規定を薬事法施行規則に加える改正省令が違法であるとしてした、前記各医薬品を郵便等により販売することができる地位にあることの確認を求める訴えが、適法とされた事例 2 薬局開設者又は店舗販売業者が当該薬局又は店舗以外の場所にいる者に対する郵便その他の方法による医薬品の販売又は授与を行う場合は第一類医薬品、第二類医薬品の販売又は授与は行わない旨の規定並びに前記各医薬品の販売又は授与及び情報提供は有資格者の対面により行う旨の規定を薬事法施行規則に設ける改正省令と国家行政組織法12条3項
却下
損害を避けるために他に適当な方法がないか。...また,廃棄物等を搬入するトラックからの廃棄物等の落下や飛散は,運搬方法への指導監督の問題であって,本件とは無関係であるか...廃棄物の投入方法
1 県知事がした産業廃棄物処理施設設置許可処分の取消しの義務付けを求める訴えにつき、同施設の周辺に居住する住民らの原告適格が肯定された事例 2 産業廃棄物処理施設の周辺住民らが提起した、県知事による同施設の設置許可処分の取消しの義務付けを求める訴えが、行政事件訴訟法37条の2第1項にいう「重大な損害を生ずるおそれ」の要件を満たすとされた事例 3 県知事がした産業廃棄物処理施設設置許可処分の取消しの義務付けを求める訴えが、行政事件訴訟法37条の2第1項にいう「その損害を避けるため他に適当な方法がないとき」の要件を満たすとされた事例 4 産業廃棄物処理施設の周辺住民らによる、県知事が廃棄物の処理及び清掃に関する法律15条の3第1項1号に基づき同施設設置許可の取消しをすることの義務付け請求が、認容された事例
上告を棄却
事項の決定は取締役会の権限とはされず,株主割当て以外の方法により募集株式を...そして,非公開会社が株主割当て以外の方法により発行した新株予約権に株主総...いまま株主割当て以外の方法による募集株式の発行がされた場合と異なるところは
1 商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)280条ノ21第1項に基づく株主総会決議による委任を受けた取締役会が定めた新株予約権の行使条件をその発行後に変更する取締役会決議の効力 2 非公開会社において株主総会の特別決議を経ないまま株主割当て以外の方法によってされた募集株式発行の効力 3 非公開会社が株主割当て以外の方法により発行した新株予約権の行使条件に反した当該新株予約権の行使による株式発行に無効原因がある場合
棄却
投資者が金商法21条の2に基づき請求することのできる額の算定方法につ...きであるのに(以下,このような算定方法を「個別比較法」という。),これと異なり,取得価額の総額と処分価額の総額との差額をもって19条1項限度額とした...金額をもって被上告人らの請求可能額とした(以下,このような算定方法を「総額
1 検察官は金融商品取引法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に基づく権限を有する者」に当たるか 2 金融商品取引法21条の2第3項にいう「虚偽記載等に係る記載すべき重要な事項」の意義 3 金融商品取引法21条の2第5項にいう「虚偽記載等によって生ずべき当該有価証券の値下り」の意義 4 虚偽記載等のある有価証券報告書等の提出者等を発行者とする有価証券につき、投資者がこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で取得しこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で処分した場合における、上記投資者が金融商品取引法21条の2に基づき請求することのできる額の算定方法 5 金融商品取引法21条の2に基づく損害賠償債務が遅滞に陥る時期
804 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in