2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
摘示
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
103 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
に摘示された事実を真実であると信ずるについて相当の理由があるから,被上告人...本件各紙掲載記事は,専門医である上告人が,自己の専門分野で単純な過誤を犯し患者を死亡させたとの事実を摘示するものであって,上告人の社会的評価...は,専ら公益を図る目的に出たものである。本件各紙掲載記事に摘示された上記事
新聞社が通信社からの配信に基づき自己の発行する新聞に記事を掲載するに当たり当該記事に摘示された事実を真実と信ずるについて相当の理由があるといえる場合
懲役3年
1 行為者を相手方として児童に淫行をさせる場合の児童福祉法34条1項6号に違反する罪の罪となるべき事実の摘示に理由不備の違法があるとされた事例 2 養父が児童をして自己を相手に性交させた行為が児童福祉法34条1項6号にいう「児童に淫行をさせる行為」に該当するとされた事例
上告を棄却
の者の閲覧可能な状態に置き,もって,公然と事実を摘示して乙株式会社の名誉を...的で本件表現行為を行ったものではあるが,摘示した事実の重要部分である,乙株...告人が摘示した事実を真実と信じたことについては相当の理由があると解すべきで
1 インターネットの個人利用者による名誉毀損と摘示事実を真実と誤信したことについての相当の理由 2 インターネットの個人利用者による名誉毀損行為につき、摘示事実を真実と誤信したことについて相当の理由がないとされた事例
懲役2年6月
る第1審判決が,罪となるべき事実として前提犯罪の内容を摘示していないことには理由不備の違法があるなどと主張する。...して,同罪の罪となるべき事実の摘示に当たっては,上記財産が同法所定の「犯罪...あるから,同罪に係る罪となるべき事実の摘示として欠けるところがないことは明
1 犯罪行為の実行に着手する前に取得した前払い代金等の財産の取得につき事実を仮装した場合と、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項前段の「犯罪収益等の取得につき事実を仮装した罪」の成否 2 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律10条1項前段の「犯罪収益等の取得につき事実を仮装した罪」の罪となるべき事実の摘示として欠けるところはないとされた事例 3 注文に応じて有償で児童ポルノを送付して提供するに際し、提供者が注文者から取得した金員の一部を送料として支出した場合と、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律による追徴金額の算定方法
破棄
7月にずれ込み,米国より2年4か月遅れたという事実を摘示するものであって,... 本件記載イは,被上告人が加熱製剤の治験の時期に財団の設立資金とするために製剤メーカー各社から寄付を募っていたという事実を摘示するものである。この記...を摘示しつつ,それらを前提として,被上告人が治験統括医という絶対的に優位な
我が国における加熱血液製剤の製造承認等に関する雑誌記者等の執筆者がその記事等に摘示されている事実を真実であると信じたことには相当の理由があるとして名誉毀損による不法行為の成立が否定された事例
破棄
と認めることができる。 (3)ア 本件放送で摘示された事実のうち,本件要約部分を除く部分については... イ 本件要約部分については,所沢産の野菜のダイオキシン類濃度として摘示さ... ウ したがって,本件放送により摘示された事実については,その重要な部分が
1 テレビジョン放送をされた報道番組の内容が人の社会的評価を低下させるか否かについての判断基準 2 テレビジョン放送をされた報道番組によって摘示された事実がどのようなものであるかについての判断基準 3 テレビジョン放送をされた報道番組によって摘示された特定産地の野菜のダイオキシン類汚染に関する事実についてその重要な部分が真実であることの証明があるとはいえないとされた事例
破棄
部分は、事実を摘示するものと見るのが相当である。本件記事は、上告人が前記殺人被告事件を犯したとしてその動機を推論するものであるが、右推論の結果として...の存否を決することができるものであり、右は、事実の摘示に当たるというべきで
被告人の読書歴等に基づき犯行の動機を推論する内容の新聞記事が事実を摘示するものであるとされた事例
破棄
のであれば、これが事実を摘示するものであるか、又は意見ないし論評を表明する...ものであるかを問わず、成立し得るものである。ところで、事実を摘示しての名誉...ら公益を図ることにあった場合に、摘示された事実がその重要な部分について真実
一 特定の事実を基礎とする意見ないし論評の表明による名誉毀損において行為者が右事実を真実と信ずるにつき相当の理由がある場合の不法行為の成否 二 名誉毀損の成否が問題となっている新聞記事における事実の摘示と意見ないし論評の表明との区別 三 特定の者について新聞報道等により犯罪の嫌疑の存在が広く知れ渡っていたこととその者が当該犯罪を行ったと公表した者において右のように信ずるについての相当の理由
控訴を棄却
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、同監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定はいわゆる公害防止協定であり公法上の契約であるところ、前記協定3条は、同協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではなく、その後に都と前記団体を事実上承継して地域住民の意向を代表する組織との間で前記協定の内容が適法に変更されたものであるとして、棄却された事例
棄却
本件監査請求には、「特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がなく、...までを常に摘示しなければならないものではないというべきである。
1 住民監査請求において要求される違法性・不当性に関する主張の程度 2 住民監査請求が特定の法令に違反している等の具体的な事実の摘示がないとの理由で却下された場合において、その却下は不適法なものであり、前記監査請求については監査委員による監査又は勧告が行われていないものというべきであるとして、監査請求をした日から60日を経過した日から30日以内に提起された地方自治法242条の2第1項4号に基づく訴えは、同条2項3号により適法であるとした事例 3 東京都北清掃工場の建替えに伴う地元還元公共施設の建設が、都が同工場の付近住民が結成した団体との間で締結した東京都北清掃工場設置に関する協定3条に違反するから、その設計委託料の支出は違法であるとして提起された、地方自治法242条の2第1項4号に基づく都清掃局長個人に対する損害賠償請求が、前記協定3条は、協定締結当時の事情に基づいてされたおおよその合意にすぎず、都に前記団体に対する債務を負担させるような法的効果を生ずる性質のものではないとして、棄却された事例
破棄
口頭弁論期日においては、なんら抗弁を主張しなかつたが、第一審判決の事実摘示...第一審の口頭弁論の結果を陳述するに際し「第一審判決事実摘示のとおり陳述する」...ても、第一審判決事実摘示に右の事実が主張された旨記載され、控訴審での口頭弁
第一審で主張されなかつた事実が第一審判決事実摘示に記載され控訴審において「第一審判決事実摘示のとおり陳述する」旨弁論した場合と右弁論の意味
上告を棄却
場の所在地、右遊技場の営業継続期間、遊技機の種類・台数、賭博の態様を摘示し...度の判示で常習賭博罪の罪となるべき事実の具体的摘示として欠けるところはない。
遊技機を設置して行う常習賭博罪の罪となるべき事実の摘示の程度
棄却
つき、当審における書証目録及び証人等目録の記載を引用するほかは、原判決の事実摘示
青色申告に係る所得税の更正の通知書に、「あなたの主宰するMB相互協力会の所得については、個人の事業所得として申告の要があると認められます」と記載するにとどめ、右認定の理由及び資料等を摘示しないでした理由付記が、右更正は帳簿書類の記載自体を否認してされたものではないので、処分庁の法的評価、判断の結論を示せば足りるとして、適法とされた事例
控訴を棄却
次のとおり付加、訂正するほかは原判決事実摘示のとおりであるからこれを引用する。...原判決事実摘示の補正
1 1個の企業グループを構成する同族会社数社が、「拠出金還元金規約」を約定し、これに基づいて、特定の仕入先からの各月ごとの購買金額が所定の額を超えるときは、その超過額に所定の係数を乗じた額の金員を拠出し、仕入先を右の仕入先から新たな仕入先に転換したときは、その購買金額の各社別の合計額で案分して右拠出金を各社に還元している場合について、右企業グループの全体から見ればこれによって仕入先の開発が促進されるという利点があるとしても、拠出する額が還元を受ける額より多い会社については、他社による仕入先の開発が自社の支出したその差額分と対価性のある役務の提供であるとはいえないから、右差額分の支出は法人税法37条に規定する寄附金の支出に当たるとした事例 2 青色申告に係る法人税の更正の通知書に「雑損失勘定に仕入拡帳費として計上したグループ各社による拠出金の支出は、金銭の贈与であり、寄付金と認める。」と記載するにとどめ、右認定の理由及び資料を摘示しないでした理由付記が、右更正は、帳簿書類の記載を否認してされたものではなく、法的評価を申告者と異にしたことによるものであるから、どの事項についてどのような法的判断をしたかを明らかにし得る程度に記載すれば足りるとして、適法とされた事例
控訴を棄却
  一 本件摘示事実の公知性について。(第二点の二イ5、なおロ12参照)。...  ニ 本件摘示事実の真実性について(第二点、第四点の一)...  三 本件摘示事実が真実であると信ずるにつき相当の理由があったとの点につ
一 名誉毀損罪における摘示事実の真実性を証明する方法及び程度 二 名誉毀損罪における摘示事実を真実と誤信したことの相当性を証明する方法及び程度
棄却
ような更正をした根拠を、右帳簿書類の記載以上に信憑力のある資料を摘示するこ...簿書類の記載以上に信用力のある資料の摘示もしないで雑損失という帳簿の記載を...となるのであるから、その更正理由の記載に当たつて課税庁側に当該資料の摘示を
1 青色申告に係る法人税の更正の通知書に「雑損失勘定に仕入拡張費として計上したグループ各社による拠出金の支出は、金銭の贈与であり、寄付金と認める。」と記載するにとどめ、右認定の理由及び資料を摘示しないでした理由付記が、右更正は、帳簿書類の記載を否認してされたものではなく、法的評価又は判断を申告者と異にしたことによるものであるから、これがどの事項についてどのような結論を採ったかを理解し得る程度に特定して記載されれば足りるとして、適法とされた事例 2 一個の企業グループを構成する同族会社数社が、「拠出金還元金規約」を約定し、これに基づいて、特定の仕入先からの各月ごとの購買金額が所定の額を超えるときは、その超過額に所定の係数を乗じた額の金員を拠出し、仕入先を右の仕入先から新たな仕入先に転換したときは、その購買金額の各社別の合計額で案分して右拠出金を各社に還元している場合について、右企業グループの全体から見ればこれによって仕入先の開発が促進されるという利点があるとしても、拠出する額が、還元を受ける額より多い会社については、他社による仕入先の開発が自社の支出したその差額分と対価性のある役務の提供であるとはいえないから、右差額分の支出は法人税法37条に規定する寄附金の支出に当たるとした事例
却下
青色申告に係る所得税の更正の通知書に、「あなたの主宰するMB相互協力会の所得については、個人の事業取得として申告の要があると認められます」と記載するにとどめ、右認定の理由及び資料等を摘示しないでした理由付記が、右更正は帳簿書類の記載自体を否認してされたものではないので、処分庁の法的評価、判断の結論を示せば足りるとして、適法とされた事例
上告を棄却
他人の名誉を毀損する事実を摘示した者が免責を受けるために真実性を立証すべき範囲
破棄
 本件公訴事実の要旨は、先に摘示した、原判決認定の罪となるべき事実の要旨
名誉毀損文書を郵送したことが「公然事実ヲ摘示」したものとはいえないとされた事例
上告を棄却
 弁護人北元正勝の上告趣意第一は、判例違反をいうが、判例の具体的摘示を欠き...的な摘示があるとはいえない。)、同第二は、憲法三七条一項違反をいうが、実質
言渡裁判所及び言渡日のみを指摘するにとどまる判例違反の主張は、判例の具体的な摘示があるとはいえない
上告を棄却
 原判決の事実摘示として証拠関係の記載を全く欠いていることは所論のとおりで
判決の事実摘示として証拠関係の記載を全く欠いた場合について判決に影響を及ぼす違法がないとされた事例
上告を棄却
 本件記録及び原判決の説示に徴すると、原判決の事実摘示として所論の証拠関係
判決の事実摘示として証拠関係の記載を欠いた場合に判決に影響を及ぼす違法がないとされた事例
棄却
特別抗告申立書自体に違憲および判例違反の具体的な摘示がなく、抗告期間内にこれを補う理由書も提出されていないとして、特別抗告が不適法とされた事例
上告を棄却
 原判決の事実摘示欄に所論の証拠関係についての記載がなくても、それが判決の
事実摘示欄に証拠関係についての記載を欠く判決と上告理由
上告を棄却
 判決の事実摘示として「証拠関係は本件記録中の証拠関係部分のとおりである」...旨を記載したからといつて、証拠に関する摘示をしたことになるものではないが、...本件においては、記録及び原判決の理由の説示に徴し、前記証拠関係の摘示を欠い
判決における事実欄の証拠摘示に記録中の証拠目録を引用したにすぎない場合について判決に影響を及ぼすことの明らかな法令違背がないとされた事例
上告を棄却
関する主張を第一審判決の事実摘示のとおりと陳述しているところ、右事実摘示に... 判決の事実摘示として「証拠関係は本件記録中の証拠関係部分のとおりである」...旨を記載したからといつて、証拠に関する摘示をしたことになるものではないが、
判決における事実欄の証拠摘示に記録中の証拠目録を引用したにすぎない場合について判決に影響を及ぼすことの明らかな法令違背がないとされた事例
棄却
らの具体的な摘示がなく、抗告提起期間内にこれを補う理由書も提出されていない
特別抗告申立書自体に違憲及び判例違反の具体的な摘示がなく、抗告期間内にこれを補う理由書も提出されていないとして、特別抗告が不適法とされた事例
棄却
一、名誉毀損の摘示事実につき事実と誤信する相当の根拠がないとされた事例 二、弁護人が被告人の利益擁護のためにした行為と刑法上の違法性の阻却 三、弁護人が被告人の利益擁護のためにした名誉毀損行為につき正当な弁護活動として刑法上の違法性が阻却されないとされた事例
上告を棄却
(イ)被告人の摘示した事実が真実であることの立証がされており、又は被告人が...存在しないものと判断せざるをえない。また、被告人らがその摘示した事実を真実...当な弁護活動の範囲を起えるものというほかはないのである。 さらに、既に判示したとおり、被告人らの摘示した事実は、真実であるとは認め
一 名誉毀損の摘示事実につき真実と誤信する相当の根拠がないとされた事例 二 弁護人が被告人の利益擁護のためにした行為と刑法上の違法性の阻却 三 弁護人が被告人の利益擁護のためにした名誉毀損行為につき正当な弁護活動として刑法上の違法性が阻却されないとされた事例
棄却
は、判例の具体的摘示を欠き(刑訴規則二七四条は抗告申立書にその理由を記載す
共犯者の審理と憲法三七条一項 判例の具体的摘示を欠く事例
取り消す
聴聞にとどまるのでは足りず、進んでその事項を具体的に摘示し、被処分者に主張...上微妙なものを含んでいるがゆえに被処分者に当該事項を摘示すべきであると認め...に摘示することを要する場合であるのに、これを行わないまま漫然と聴聞を実施
1 運転免許の取消処分をするに当たり、公安委員会が被処分者に当該処分の結果に影響を与える可能性のある事項を具体的に摘示し、かつ、関連する証拠を開示して、被処分者に十分な主張立証の機会を与えることなしに実施した聴聞が、違法とされた事例 2 運転免許の取消処分に当たり、聴聞を主宰した公安委員が事案に対する十分な理解を欠くまま実施した聴聞が違法とされた事例 3 運転免許の取消処分の決定に当たり、公安委員会を構成する公安委員が持ち回りの方法により会議を開き、その議決によってした右取消処分の審査判定手続が違法とされた事例
上告を棄却
 弁護人元林義治の上告趣意のうち、判例違反をいう点は、判例の具体的摘示を欠
判例の具体的摘示を欠くとされた事例
却下
て摘示しなければならない。
1 税務署係官の説明により、青色申告承認取消処分に対する異議申立期限を誤解した結果、国税通則法(昭和45年法律第8号による改正前)76条1項所定の期間内に異議申立てをしなかったことについて、同条3項にいう「やむを得ない理由」ないしこれに準ずる理由があるとされた事例 2 青色申告承認取消処分の通知書に記載すべき理由付記の程度としては、「法人税法127条1項3号に掲げる事実に該当すること。」では足りず、当該事実を処分の相手方が知り得る程度に特定して摘示しなければならない。
上告を棄却
判例違反をいう点は判例の具体的摘示を欠き(裁判所名および言渡日のみを指摘す...るにとどまる判例違反の主張は判例の具体的な摘示があるとはいえない。)、その
判例の具体的摘示を欠くとされた事例(裁判所名と言渡年月日のみのもの)
上告を棄却
原判決の理由摘示が不十分であるとの違憲主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
判所名および言渡日のみを指摘するにとどまる主張は判例の具体的な摘示があると
上告趣意書に判例の具体的摘示がないとされた事例
上告を棄却
 弁護人徳永正次の上告趣意のうち、判例違反をいう点は、判例の具体的な摘示が
判例の具体的摘示なしとされた事例
上告を棄却
摘示を欠き、その余は、単なる法令違反の主張であつて、いずれも刑訴法四〇五条
判例の具体的摘示を欠くとされた事例
上告を棄却
る点は、判例の具体的摘示を欠き、その余は、事実誤認、単なる法令違反の主張で
判例の具体的摘示を欠くとされた事例(裁判年月日と小法廷名のみのもの)
上告を棄却
上告趣意のうち、判例違反をいう点は、判例の具体的摘示を欠き、その余は、事実
判例の具体的摘示を欠くとされた事例(カード参照)
上告を棄却
立を放棄し、故意に死刑を含む有罪判決をした旨の名誉毀損の摘示事実に関し、被
名誉毀損の摘示事実を真実と誤信したことにつき相当の理由がないとされた事例
上告を棄却
量刑事情としての犯罪事実の摘示と憲法三一条
控訴を棄却
二三〇条の二にいう真実の証明があつたとするには、公然事実を摘示して人の名誉...を毀損した行為につき、その摘示された事実が真実であることの蓋然性が合理的な...各摘示された事実について、右の程度の真実の証明がないので、同条を適用する余
一、 犯罪にあたる事実を摘示して人の名誉を毀損した場合における真実の証明の程度 二、 弁護人が訴訟手続の場以外の場において被告人の利益擁護のため他人の名誉を毀損する行為と違法性の阻却
上告を棄却
な摘示がなく(上告理由として判例違反を主張する場合には、裁判所名、事件番号、
判例違反の主張と判例の具体的な摘示
上告を棄却
よび右期日の口頭弁論調書には、被控訴代理人の陳述として「原判決事実摘示のと
控訴審の口頭弁論調書に当事者一方の訴訟代理人の陳述として「原判決事実摘示のとおり原審口頭弁論の結果陳述」と記載されている場合の解釈
上告を棄却
放火罪について択一的事実摘示の方法が違法でないとされた事例
上告を棄却
一 密輸拳銃の故買と同一拳銃の不法所持の罪数関係 二 刑法第四五条前段、第四八条第一項の摘示を遺脱した原判決の適否
上告を棄却
張事実を控訴審において陳述するに際し、第一審判決事実摘示のとおり陳述したも
控訴審口頭弁論における「第一審判決事実摘示のとおり陳述」の意味
上告を棄却
に係りもつぱら公益を図る目的に出た場合には、摘示された事実が真実であること
公共の利害に関する事実の摘示と名誉毀損の成否
上告を棄却
本人訴訟の判決に訴訟代理人の主張として当事者の主張が摘示されていても単なる誤記と認められ判決に影響を及ぼすべき違法をきたさないとされた事例。
103 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in