2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62197 
刑事22003民事40194
判事事項
収賄罪
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
51 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
上告を棄却
所論にかんがみ,事後収賄罪の成否について,職権により判断する。...である。原判決がこれと同旨の判断に立ち,事後収賄罪の成立を認めたのは,正当である。
防衛庁調達実施本部副本部長等の職にあった者が、退職後に私企業の非常勤顧問となり顧問料として金員の供与を受けたことについて、事後収賄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
法197条1項前段の収賄罪の成立を認めた原判断は,正当である。
警視庁A警察署地域課に勤務する警察官が同庁B警察署刑事課で捜査中の事件に関して告発状を提出していた者から現金の供与を受けた行為につき収賄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
公務員が請託を受けて公正取引委員会の委員長に対し同委員会が調査中の審査事件を告発しないように働き掛けることとあっせん収賄罪の成否
上告を棄却
7条1項前段の収賄罪に該当することは明らかである。前記①の関係につき,被告...解すべき根拠はない。したがって,被告人につき,前記①の関係も含めて収賄罪の
中央省庁の幹部職員の不作為について収賄罪における職務関連性が認められた事例
控訴を棄却
く,斡旋贈収賄罪を構成しないものであるから,原判決が犯罪事実として判示する...ところは,およそ斡旋贈収賄罪の構成要件を充足しないものであり,原判決には,...贈収賄罪の成立を認めた。
斡旋贈収賄罪を構成する一事例
破棄
文部事務次官が特定業者の進学情報誌事業の遂行に支障を及ぼす行政措置をあえてとらなかったことが収賄罪にいう職務に該当するとされた事例
破棄
るが、請託に対応した行為をすることは受託収賄罪の成立要件ではないことに加え
一 国家公務員の採用に関するいわゆる青田買い防止と内閣官房長官の職務権限 二 内閣官房長官に対する受託収賄罪が成立するとされた事例
控訴を棄却
能であるから、本件は受託収賄罪には該当しないものである、この点においても、...人のみならず、収賄側の被告人にとっても、受託収賄罪の、いわば直接証拠となる...ものであって、本件受託収賄罪の成否は、このC証言の信用性いかんにかかってい
一 北海道開発法五条一項一号後段の「これに基く事業」の意義 二 北海道総合開発計画に載せられたスポーツ施設の建設に関する情報の市等からの入手、右施設の事業主体となる第三セクターに対する出資企業及び右施設工事の施行業者の市等に対するあっせん紹介と北海道開発庁長官の職務権限 三 北海道東北開発公庫に対し民間事業への融資に関する働き掛けを行うことと北海道開発庁長官の職務権限 四 北海道開発庁長官に対する受託収賄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
公開価格で取得できる利益は、それ自体が贈収賄罪の客体になるものというべきで
新規上場に先立ち株式を公開価格で取得できる利益が贈収賄罪の客体になるとされた事例
却下
は、収賄罪や外為法違反の罪の構成要件要素たる事実ではなく、この点についての判示がないから...が一段落したので、改めて贈収賄罪の成否の観点から金銭授受に至る経緯について取調べをするよ...五億円の趣旨、性格が明らかにならないものでも、A1に対する収賄罪が成立しないというもので
一 刑訴法二二六条による証人尋問の請求を受けた裁判官と外国の裁判所に対し証人尋問の嘱託をする権限 二 憲法三八条一項違反とその主張適格 三 東京地方検察庁検事正の不起訴確約によつて外国の裁判所による嘱託証人尋問調書を取得したことが違法でないとかれた事例 四 供述者が原供述当時から国外にいる場合と刑訴法三二一条一項三号の供述不能の要件 五 内閣総理大臣について受託収賄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
ときは、受託収賄罪が成立すると解すべきであるから、被告人の本件所為について...受託収賄罪の成立を認めた原判断は正当である。
市長の再選後に担当すべき職務に関し受託収賄罪が成立するとされた事例
上告を棄却
収賄罪で逮捕された市職員を懲戒免職でなく分限免職にして退職手当を支給したことが地方自治法二四二条一項にいう違法な公金の支出に当たらないとされた事例
破棄
階での弁解を排斥して収賄罪の成立を認めるには十分でないから、その成立を認め...めるに足る証拠はないから、収賄罪の成立を認めた原判決には、判決に影響を及ぼ...らの職務に関して賄賂を収受などしたときに科せられるいわゆる収賄罪の刑は、犯
公務員の職務権限を定めた法規が廃止されても収賄罪につき「刑の廃止」があつたとはいえないとされた事例
上告を棄却
 なお、収賄罪の規定にいう公務員の職務に関しというのは、公務員が法令に規定
公務員が法令に規定された職務上の権限を行使しないという不作為と収賄罪の規定にいう職務の関連性
破棄
学校教諭が父兄からギフトチエツクを反覆収受した事案につき収賄罪認定に誤認、審理不尽ありとされた事例
破棄
土地区画整理組合の理事に就任する前事実上右組合業務の執行をしていた者の理事に就任するまでの間における組合業務に関する収賄行為と土地区画整理法一三七条一項の収賄罪の成否
上告を棄却
刑法一九七条ノ四の斡旋収賄罪が成立するためには、その要件として、公務員が積...とが明らかであるから、右の判示各事実が斡旋収賄罪にあたるとした原判決の判断
公務員の地位利用と斡旋収賄罪
上告を棄却
項の収賄罪が成立するものと解すべきである)。
公務員が保証人となつている債務の立替弁済と刑法第一九七条第一項の収賄罪の成否
上告を棄却
受託収賄罪が成立するとした原判示は相当である)、同第三、第六点は単なる法令
公務員に対する一定の職務行為の依頼が他の公務員の指示勧誘に基づく場合と受託収賄罪の成否。
上告を棄却
贈収賄罪における職務と密接な関係のある行為とされた事例。
上告を棄却
農業委員会の委員に収賄罪の成立が認められた事例。
上告を棄却
件につき贈収賄罪の成立を認めたことは正当である。)
法令上の根拠なくして県知事に委託された国の行政事務が贈収賄罪における本来の職務と密接な関係のある行為にあたるとされた事例。
上告を棄却
税務署所得税第一係係員の職務権限と収賄罪
上告を棄却
とつた措置が正当であるか否かを問わず贈収賄罪を構成するものであり(昭和八年
収賄罪と職務行為の正否。
破棄
衆議院議員が国政調査に関与する場合の職務行為と収賄罪
上告を棄却
公務員の将来命ぜられるべき職務に関し収賄罪の成立する事例。
上告を棄却
一 贈収賄罪における職務と密接な関係のある行為にあたる事例 二 村助役がその本来の職務行為の一部につき関与しない旨の内規や申合せがある場合と刑法第一九七条の職務
上告を棄却
一 訴因変更手続を要しない事例。―起訴状記載の事実と一審判決認定事実の間における場所の差異― 二 第一審に提出した弁論要旨と題する書面を援用する旨の控訴趣意書の適否 三 収賄罪における税務署法人税課係員の担当地域と職務権限
上告を棄却
第一の各所為につき収賄罪の成立を肯定したのは相当であつて、これをもつて論旨
一 取引高税印紙は印紙犯罪処罰法にいう印紙か 二 収賄罪の成立する事例
上告を棄却
ことができる。原判示第一の事実が刑法一九七条一項後段の収賄罪を構成するとし...る。また、贈収賄罪における職務は、当該公務員の職務執行行為のみでなく、これ...八頁参照。なお、原判示第三および第四は刑法一九七条一項後段の収賄罪の判示と
収賄罪が成立する事例。
上告を棄却
品を収受した以上、収賄罪の成立は免れない。また記録をしらべても、その余の所
収賄罪の成立する事例。
上告を棄却
海上保安官につき収賄罪が成立する一事例
上告を棄却
収賄罪を構成する一事例
上告を棄却
公務員の斡旋行為が収賄罪にいわゆる「其職務ニ関スル」場合。
上告を棄却
為が刑法一九七条一項前段の収賄罪に該当するものであるとした原判決の説示は正
収賄罪の成立する一事例。
上告を棄却
収賄罪の「職務」にあたる事例
控訴を棄却
いわゆる登記事務を取り扱う権限を有しない地方法務局支局長が部下職員に命じて登記申請につき便宜を与えたことに対して金員の供与を受けた所為と収賄罪の成否
破棄
一、 文部省管理局教育施設部学校給食課課長補佐の職務権限と収賄罪の成立 二、 公判調書の作成にあたつて速記を引用することの適否
上告を棄却
収賄罪について訴因の変更を必要としない一事例
控訴を棄却
町議会の議員として厚生委員たるものの職務行為と収賄罪
上告を棄却
一 いわゆる第三者収賄罪の成立と第三者の意義 二 いわゆる第三者収賄罪において第三者たる法人が賄賂を収受した場合の沒収、追徴の要件
棄却
一、 国鉄職員がなす国鉄共済組合の業務の執行は公務員としての職事務の執行か 二、 国鉄共済組合物資部水戸鉄道管理局支部仕入係の職務権限と収賄罪の成否
控訴を棄却
る決定権の認められていないことは所論のとおりである。しかし収賄罪は公務員が...を収賄罪に問擬したのは当然である。所論は独自の見解に立つて原審の適切な判断
特別都市計画事業復興土地区画整理委員の職務と収賄罪の成否
破棄
鉄道警備係につき収賄罪の成立する一事例
上告を棄却
のみならず、収賄罪は公務員が職務に関し賄賂を収受するによつて成立する犯罪で...つても、いやしくも収受の当時において公務員である以上は収賄罪はそこに成立し、...賄賂に関する職務を現に担任することは収賄罪の要件でないと解するを相当とする。
公務員が転職後前の職務に関し賄賂を収受することは収賄罪を構成するか
上告を棄却
税務署直税課係員の職務権限と収賄罪
上告を棄却
の下に、業者等から饗応接待を受けたとの事実を認定して、これを収賄罪に問擬し
特に命ぜられてした他局課所管の事務に関し賄賂を収受したときと収賄罪の成立
上告を棄却
一般社交的儀礼の範囲を逸脱すると認められる金員の供与と収賄罪の成立
棄却
係長に転任後、其の転任前の職務行為に関し賄賂を収受しても収賄罪が成立し、之
公務員の転職と収賄罪の成否
51 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in