2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62197 
刑事22003民事40194
判事事項
原則
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
192 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
破棄
することは,不利益変更禁止の原則に違反して許されないものというべきである。...の原則に違反して許されず,原審としては,仮に本件和解が無効であり,かつ,被
1 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合と不利益変更禁止の原則 2 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合において、控訴審が、当該和解が無効であり、かつ、請求の一部に理由があるが第1審に差し戻すことなく自判をしようとするときの判決主文
棄却
下「本件定数配分規定」という。)は,憲法の保障する代表民主制の基本原則...も のと解 すべき一 般的 な法の 基本原則 」( 最高裁昭 和51 年4 月1 4...と解 すべき一般的 な法の基本原則でしかないからである。
平成25年7月21日に行われた参議院(選挙区選出)議員選挙について、大阪府選挙区等の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第三の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は、憲法の保障する代表民主制の基本原則及び選挙権の平等に違反し無効であるから、これに基づき施行された前記各選挙区における選挙も無効であるとしてした前記各選挙の無効請求がいずれも棄却されるとともに、主文において前記各選挙が違法であると宣言された事例
却下
原則に従い,原告が申請した個別の原価(ただし,運転者人件費については...請手続を簡略化し,標準処理期間として設定された期間(原則として申請の
1 一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー業)を営む者が、初乗運賃を500円に変更することなどを内容とする変更認可申請をしたところ、地方運輸局長が、公示した審査基準に基づく査定額は550円であり、これに沿って申請額を変更しない場合は前記申請を却下するとの通知をしたことにつき、当該通知は行政処分に当たらないとされた事例 2 一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー業)を営む者がした、運賃の認可申請について、地方運輸局長の公示に示された審査基準を適用されることなく、道路運送法9条の3第2項1号の原則に従い、申請した個別の原価等に基づいて運賃の査定を受けて認可を受けることができる地位を有することの確認を求める訴えが、確認の利益を欠くとされた事例
棄却
原則としてその違反者に対して課されるものであり,過少申告があって...我が国の租税法上,内国法人に対しては,原則として,各事業年度の所得...る法人税を課し(法人税法5条),外国法人に対しては,原則として,各事
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うゼネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の「法人」に該当するとされた事例
取り消す
体が我が国の租税法上の法人に該当するか否かは,原則として,当該外国の法...公平の原則に反する上,法人法定主義が採用されていない法制下では,我...判断基準を導き出すことはできず,実質所得者課税の原則(所得税法12
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うジェネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の法人に該当するとされた事例
棄却
達178)の株式の価額の算定については,原則として類似業種比準方式によ...価するのは相当ではなく,その評価について原則的評価方式である類似業種比...の会社の規模区分に応じた原則的評価方式である類似業種比準方式によ
取引相場のない株式について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17・国税庁長官通達、平成17年5月17日付け課評2−5による改正前)189(2)にいう株式保有特定会社の株式に該当するとして、同株式の価額を、大会社についての原則的評価方式である類似業種比準方式ではなく、同通達189−3に定めるS1+S2方式によって評価してした相続税の更正処分が違法とされた事例
棄却
かく,原則としてこれを満たさなければ我が国の租税法上の法人に該当し...公平の原則に反するし,法人法定主義が採用されていない法制下では,我...原則は,課税物件の帰属について「名義と実体,形式と実質が一致しない
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うジェネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の法人に該当しないとされた事例
由という国際通念に従って処理されるべきものであるという原則を確認...神及び基本原則に従い,国交正常化を早期に実現するため,平成14年...びその国民の全ての財産及び財産権を相互に放棄するとの基本原則に従
1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号(国の安全等に関する情報)及び同条4号(公共安全秩序維持情報)該当性の審査方法と主張立証責任 2 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、文化財問題、法的地位問題、請求権問題等について行った韓国側との交渉の様子やその評価、政府部内での検討の様子、日本政府の具体的見解等の情報が、①同文書の開示部分に記録されている情報と同一の内容のもの又は同一と評価し得るもの、②日韓会談において両国間で授受された文書に記録されているもの、③当時の官公庁において一般国民に公開することも予定していて一般的又は網羅的に調査するなどして得た情報であって現在において一般に入手可能なもの等に記録されているもの、④専ら当時の財政事情、経済情勢又は貨幣価値等に基づく検討内容又は計算金額等に係るもの、⑤日本に所在する朝鮮半島に由来する文化財に関する客観的事実等に係るもの、⑥韓国側開示文書によって既に公にされている情報と同一の内容のもの等であると認められる場合には、外務大臣の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があると認められるが、その余のものについてはいずれも原則として、一般的類型的にみて、今後想定される北朝鮮との日朝国交正常化交渉等において交渉上不利益を被るおそれがあるとして、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとした事例 3 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、日韓会談及びその準備段階の政府部内における議論の内容やそれに対する評価、政府部内での検討の様子等の内部機密情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たるとされた事例 4 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①竹島問題に関する日本側の提案、見解、対処方針であって、日本側が韓国側に文書で提示したもの又は日韓両政府間で現に行われた交渉時に発言されたもの(ただし、原則として非公開約束があるものを除く。)、②竹島問題に関して韓国側から提示された提案、見解等(ただし、原則として非公開原則があるものを除く。)、③竹島問題に関する第三国の見解等が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号の不開示情報に当たらないとされた事例 5 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、①韓国要人一行等が訪日する際の警備計画に関するもの、②特定の場所における警備態勢及び警備対策に係る政府内部での具体的な検討状況、③海上保安庁の韓国周辺水域での警備体制についての検討状況、④日本政府が情報収集に至った経緯、犯罪容疑者に対する捜査に関する情報収集の方法や操作手法自体等の情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 6 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、一般に公表されていない国の機関の連絡先に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号の不開示情報に当たるとされた事例 7 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、竹島を含む水域の警備等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条4号の不開示情報に当たるとされた事例 8 日韓会談(日本政府と大韓民国政府との間において両国間の外交関係の開設等の関係の正常化を目的として実施された会談)に関する行政文書に記録された情報のうち、昭和天皇と韓国政府高官とのやりとりが記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イに当たり同号の不開示情報に当たらず、また同条3号の不開示情報にも当たらないとされた事例
破棄
係における当事者間の信義誠実の原則としてみだりに契約関係が失効することのな
保険料の払込みがされない場合に履行の催告なしに生命保険契約が失効する旨を定める約款の条項の、消費者契約法10条にいう「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」該当性
取り消す
続の開始の時点におけるP2株式の価額を大会社についての原則的評価方...式の会社規模に応じた原則的評価方式による評価額。評価通達189...株式については,原則として類似業種比準方式をもって評価すべきで
取引相場のない株式について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17・国税庁長官通達、平成17年5月17日付け課評2−5による改正前)189(2)にいう株式保有特定会社の株式に該当するとして、同株式の価額を、大会社についての原則的評価方式である類似業種比準方式ではなく、同通達189−3に定めるS1+S2方式によって評価してした相続税の更正処分が違法とされた事例
破棄
たものとはいえず,照応の原則を定める法89条1項に違反するものではない。...原審は,照応原則違反の有無を判断するに当たり,南側道路を廃止しない...て定められたものであるから,照応原則違反の有無は上記(2)のとおりその廃止を
仮換地の指定が照応の原則を定める土地区画整理法89条1項に違反しないとされた事例
却下
して,原則として出資額を限度とする有限責任を負い,当該事業活動に対する限定的...には,デフォルト・ルール(権利不行使による原則形態へのみなし原則)として,パ...所得税法所定の「人格のない社団」(同法2条1項8号)とは,原則として,
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うジェネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の法人に該当しないとされた事例
取り消す
択がない場合には,デフォルト・ルール(権利不行使による原則形態へ...のみなし原則)として,パートナーシップとしての課税を選択したもの...所得税法所定の「人格のない社団」(同法2条1項8号)とは,原則と
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うゼネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の法人に該当しないとされた事例
破棄
当該条項が,民法1条2項に規定する基本原則,すなわち信義則に反して消費者の...本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」には当たらないと解するのが
1 消費者契約法10条と憲法29条1項 2 賃貸借契約書に一義的かつ具体的に記載された更新料の支払を約する条項の消費者契約法10条にいう「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」該当性
破棄
損害が発生したことを否認して本件請求を争うことは,信義誠実の原則に反し許さ...を否認して本件請求を争うことは,信義誠実の原則に反し許されないものというべ
簡易生命保険契約の保険金受取人が無断で保険金等の支払を受けた者に対し不法行為に基づく損害賠償を請求する場合において上記の者が損害の発生を否認して請求を争うことが信義誠実の原則に反し許されないとされた事例
棄却
本件LPS法では,要旨以下のとおり規定されている(なお,原則として...(c) 契約における自由原則,及びパートナーシップ契約の執行性に最大限...しない限り原則として乙A3添付の日本語訳のとおり記載するが,日本語訳
アメリカ合衆国デラウェア州法に基づき、無限責任を負うゼネラル・パートナー及び原則として出資額を限度とする有限責任を負うリミテッド・パートナーから組成された事業形態であるリミテッド・パートナーシップ(LPS)が、我が国の租税法上の「法人」に該当するとされた事例
取り消す
の定める政教分離原則に違反する行為であって,敷地の使用貸借契約を解除し...あり,憲法20条1項後段,89条に規定される政教分離原則に明らかに反す...させることは政教分離原則に違反するなどとして住民監査請求をした。同委
市がその所有する土地を神社施設の敷地として無償で使用させていることは、憲法の定める政教分離原則に違反する行為であって、敷地の使用貸借契約を解除し同施設の撤去及び土地明渡しを請求しないことが違法に財産の管理を怠るものであるとして、地方自治法242条の2第1項3号に基づいてされた前記怠る事実の違法確認請求が、棄却された事例
破棄
固有必要的共同訴訟において合一確定の要請に反する判決がされた場合と不利益変更禁止の原則
破棄
地として無償で使用させていることは,憲法の定める政教分離原則に違反する行為...1項後段及び89条の政教分離原則の精神に明らかに反するものというべきであ...分離原則を定めた憲法の規定に違反するものではないというものである。しかしな
1 市が連合町内会に対し市有地を無償で神社施設の敷地としての利用に供している行為が憲法89条、20条1項後段に違反するとされた事例 2 市が連合町内会に対し市有地を無償で神社施設の敷地としての利用に供している行為が憲法の定める政教分離原則に違反し、市長において同施設の撤去及び土地明渡しを請求しないことが違法に財産の管理を怠るものであるとして、市の住民が怠る事実の違法確認を求めている住民訴訟において、上記行為が違憲と判断される場合に、その違憲性を解消するための他の合理的で現実的な手段が存在するか否かについて審理判断せず、当事者に対し釈明権を行使しないまま、上記怠る事実を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
分離原則に違反し違憲であり ,...化財等を対象に含んでいるとの理由のみをもって,政教分離原則に反する...争点( 1)(Aの本件発会式出席に関する公金支出が政教分離原則(憲法20
市長が、神社の大祭奉賛会の発会式に出席して祝辞を述べたことが政教分離原則に違反し、違憲であり、これに係る公用車運転職員の給料の支出等も違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、市長個人に損害賠償の請求をすることを市長に対して求める請求が、一部認容された事例
棄却
対する新株予約権の無償割当ては,株主平等の原則に反し,著しく不公正な方法に...は,法247条の規定が適用又は類推適用されるところ,これは株主平等の原則に...7条の規定が類推適用され,株主平等の原則の趣旨が及ぶとした上で,本件新株予
1 株主平等の原則の趣旨は株主に対して新株予約権の無償割当てをする場合に及ぶか 2 株主に対する差別的取扱いが株主平等の原則の趣旨に反しない場合 3 特定の株主による経営支配権の取得に伴い、株式会社の企業価値がき損され、株主の共同の利益が害されることになるか否かについての審理判断の方法 4 株式会社が特定の株主による株式の公開買付けに対抗して当該株主の持株比率を低下させるためにする新株予約権の無償割当てが、株主平等の原則の趣旨に反せず、会社法247条1号所定の「法令又は定款に違反する場合」に該当しないとされた事例 5 株式会社が特定の株主による株式の公開買付けに対抗して当該株主の持株比率を低下させるためにする新株予約権の無償割当てが、会社法247条2号所定の「著しく不公正な方法により行われる場合」に該当しないとされた事例
棄却
助長,援助,促進する効果があり,政教分離原則に違反し違憲であるとして,...Aの本件発会式出席に関する公金支出が政教分離原則 憲法20条1項 ,...ら,憲法の定める政教分離原則に違反する。
市長が、市職員を同行して、神社の大祭奉賛会発会式に出席して祝辞を述べたことについて、その出席に伴う公金の支出が、政教分離原則に違反し、違憲であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、当該市長個人に損害賠償の請求をすることを市長に対して求める請求が棄却された事例
破棄
表者は,原則として男子孫に限られるが,男子孫の後継者がいない場合や幼少の場...本件慣習のうち,入会権者の資格を原則として男子孫に限り,A部落民以...知の事実といえること,被上告人以外の入会団体の中にも会員資格を原則として男
1 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者の資格要件を一家の代表者としての世帯主に限定する部分が公序良俗に反しないとされた事例 2 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者の資格を原則として男子孫に限定し同入会部落の部落民以外の男性と婚姻した女子孫は離婚して旧姓に復しない限り入会権者の資格を認めないとする部分が民法90条の規定により無効とされた事例
破棄
適合性原則違反,顧客にできる限り損失を被らせないようにすべき義務違反,説明... 3 原審は,オプション取引に係る適合性原則違反に関し,次のとおり判断して...有する者であれば,いわゆる一般投資家であっても,証券会社の担当者がこれを勧めることが直ちに適合性の原則に違反することになるとはいえない。しかし,オプ
1 証券取引における適合性原則違反と不法行為の成否 2 証券会社の担当者による株価指数オプションの売り取引の勧誘が適合性原則から著しく逸脱するものであったとはいえないとして不法行為の成立が否定された事例
取り消す
 しかし,水利権は,原則として過去10年間の基準渇水水量を基準として許可されるものであり,10年...(2) 独立採算の原則違反について...子の支払を前提としている点で,通常の経済的取引と変わらず独立採算の原則に触れるものではないし,出
1 水資源開発公団が建設した長良川河口堰の建設負担金のために県が一般会計から工業用水道事業会計(特別会計)に支出することは、地方公営企業の独立採算の原則に反し違法であるとして、県知事らに対してされた地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項1号に基づく前記支出の差止請求が、棄却された事例 2 水資源開発公団が建設した長良川河口堰の建設負担金のために県が一般会計から工業用水道事業会計(特別会計)に支出したことが、地方公営企業の独立採算の原則に反し違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、元県知事個人に対してされた損害賠償請求、及び前記改正後の同号に基づき、県知事に対し元県知事個人に対して損害賠償請求をすることを求めた請求が、いずれも棄却された事例
控訴を棄却
営企業の経営原則を定めた企業法(地方公営企業法)3条などに違反し
中部国際空港建設関連事業としての開発用地埋立造成事業が、採算の見通しを欠き、かつ自然環境を破壊する不合理なものであり、地方公営企業の経営原則を定めた地方公営企業法3条等に違反した違法なものであるから、これに要する費用の支出も違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項1号に基づき、前記事業の実施主体である県企業庁の管理者兼業務執行者に対してされた前記費用支出の差止請求が、棄却された事例
上告を棄却
を争うことは,信義誠実の原則に反し許されないものというべきである。
不当利得返還請求訴訟において不当利得返還請求権の成立要件である「損失」が発生していないと主張して請求を争うことが信義誠実の原則に反するとされた事例
上告を棄却
時差式信号機の設置された交差点での右折進行と対向直進車両の運転についての信頼の原則
棄却
イ 争点(4)イ(独立採算の原則違反)について...編入し国会の監督下に置きやすくするという総計予算主義の原則(財政法14条)から好ま...算主義の原則が採用され,実際の整理上の便宜という点からも国家財政の場合と異なると
1 水資源開発公団が建設した長良川河口堰の建設負担金のために県が一般会計から工業用水道事業会計(特別会計)に支出することは、地方公営企業の独立採算の原則に反し違法であるとして、県知事らに対してされた地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項1号に基づく前記支出の差止請求が、棄却された事例 2 水資源開発公団が建設した長良川河口堰の建設負担金のために県が一般会計から工業用水道事業会計(特別会計)に支出したことが、地方公営企業の独立採算の原則に反し違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、元県知事個人に対してされた損害賠償請求、及び前記改正後の同項に基づき、県知事に対し元県知事個人に対して損害賠償請求をすることを求めた請求が、いずれも棄却された事例
取り消す
が実務によって変更されるものではなく、原則として当不当の問題が生ずるにすぎ...e 公平原則違反...家族において異なった判断が下されるのは、公平の原則に反するといわざるを得な
1 出入国管理及び難民認定法49条3項に基づき法務大臣がした同条1項の異議申出に対する裁決の、行政事件訴訟法3条3項にいう「裁決」該当性 2 長期間平穏に本邦に在留するイラン・イスラム共和国国籍の者ら家族に対する退去強制令書発付処分が、裁量権を逸脱又は濫用し、比例原則に反する違法なものであるとして、取り消された事例 3 退去強制令書発付処分における主任審査官の裁量権の有無
棄却
経営原則を定めた地方公営企業法(以下「企業法」という。)3条などに違反した...ア 地方公営企業は,常に企業の経済性を発揮する(以下「経済性発揮原則」とい...増進原則」という。)ように運営されなければならない(企業法3条)。なお,こ
中部国際空港建設関連事業としての開発用地埋立造成事業が、採算の見通しを欠き、かつ自然環境を破壊する不合理なものであり、地方公営企業の経営原則を定めた地方公営企業法3条等に違反した違法なものであるから、これに要する費用の支出も違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項1号に基づき、前記事業の実施主体である県企業庁の管理者兼業務執行者に対してされた前記費用支出の差止請求が、棄却された事例
取り消す
支出は,地方財政法4条1項(最少経費原則)に反し違法であり,騎西町は同額の
町長、総務課長ら町の職員も参加した町の区長、区長代理らの視察研修等に公金を支出したのは、地方財政法4条1項(最小経費原則)に反し違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、町に代位して、町長個人及び総務課長個人に対してされた損害賠償請求が、いずれも認容された事例
棄却
政教分離原則,国民主権原理等に違反する違憲違法の儀式に参列するためのもので...教分離原則に違反しないかどうかが問題となることは間違いない。しかし,旧登極...性である。そこで政教分離原則を適用するにあたっては,まずもって,憲法が規定
知事が即位礼正殿の儀に、県議会議長が同儀及び大嘗宮の儀に出席したことが政教分離の原則等に違反し違憲、違法であり、これらに係る旅費の支出も違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号(平成14年法律第4号による改正前のもの)に基づき、同知事及び同議長に対してされた損害賠償請求等が、いずれも棄却された事例
却下
出は,最少経費原則を定めた地方財政法4条1項に反し違法であり,これらを支出...公金を支出してはならないのであるが(最少経費原則,地方財政法4条1項),上
1 町長、総務課長ら町の職員も参加した町の区長、区長代理らの視察研修等は、実質的にみて観光、懇親を目的とした慰安旅行であり、これに公金を支出したのは、地方財政法4条1項(最小経費原則)に反し違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、町に代位して、総務課長個人に対してされた損害賠償を求める訴えが、同総務課長個人が同号にいう「当該職員」に当たらないとして、却下された事例 2 町長、総務課長ら町の職員も参加した町の区長、区長代理らの視察研修等は、実質的にみて観光、懇親を目的とした慰安旅行であり、これに公金を支出したのは、地方財政法4条1項(最小経費原則)に反し違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、町に代位して、町長個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
却下
住民である原告らが、憲法二〇条三項の政教分離原則に違反し、随意契約の制限に...二 憲法の政教分離原則違反の有無(本件公金支出の違法性)...第二 憲法の政教分離原則違反の有無
村が観音像を設置するために公金を支出したことが憲法20条3項の政教分離原則に違反するなどとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、元村長ら個人に対してされた損害賠償請求が、認容された事例
棄却
定める政教分離原則、国民主権原理等に違反する違憲違法の儀式に参列するための...る。そして、政教分離の原則は、国家の宗教的中立を要求する趣旨に基づくもの...たるものではないから、政教分離の原則に違反しない。
知事が即位礼正殿の儀に、県議会議長が同儀及び大嘗宮の儀に出席したことが政教分離の原則等に違反し違憲、違法であり、これらに係る旅費の支出も違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、同知事及び同議長に対してされた損害賠償請求等が、いずれも棄却された事例
破棄
原則又は権利濫用の法理の適用により、これを有しないと主張している。...めることは、信義衡平上著しく不当であって、事情変更の原則の適用により上告人... 2 しかし、事情変更の原則を適用するためには、契約締結後の事情の変更が、
一 事情変更の原則と契約締結時の当事者の予見可能性及び帰責事由 二 ゴルフクラブ入会契約締結後のゴルフ場ののり面の崩壊という事情の変更とゴルフ場経営会社の予見可能性及び帰責事由
棄却
画整理事業者の裁量に委ねられ計画道路の位置の指定は照応の原則とは無関係であ...照応の原則に反するといわなければならない。...なり、照応の原則に違反している。
土地区画整理事業施行者が当初の仮換地計画に定められた計画道路を変更して仮換地指定処分をしたことにより、自己所有建物の一部除却を余儀なくされたことは、これによりその所有する建物の一部除却を免れた近隣地所有者との間において著しい不公平となり、照応の原則に違反するなどとしてした前記処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
違反して、原位置換地の原則を逸脱し、飛び換地により、不当に自宅建付地又はそ...う」に、同三行目「五」を「三」に各改め、同「(照応原則について)」を改行し...(照応原則について)に対する認否」に、同二七頁四行目「<地名略>」を「<地
特定土地区画整理事業に係る集合農地区内への仮換地の指定処分が照応の原則に違反するなどとして提起された同処分の取消請求が、棄却された事例
破棄
止の原則が適用される余地がないにもかかわらず、右原則を適用して本件公訴を棄...禁止の原則は、明文の規定のない少年保護事件手続においても適用があると解すべ...禁止の原則に抵触する違法、無効な措置であり、さらに、本件検察官送致決定を受
一 少年保護事件手続と不利益変更禁止の原則の適用の有無 二 中等少年院送致決定が抗告審で取り消された場合、差戻しを受けた家庭裁判所において刑事処分を相当として検察官送致決定をすることは不利益変更禁止の原則に抵触するか(消極)
控訴を棄却
地方自治法242条の2第1項1号に基づき特定の清掃工場の建設に関する総事業費の支出負担行為及び支出命令の差止めを求める訴えが提起された後に、当該工場建設に関する個別の契約に係る公金の支出命令の差止めを求める訴えが提起された場合と二重起訴禁止及び別訴禁止の原則
却下
(二) 照応原則違反...法九八条、八九条により、仮換地指定処分に当たっても照応の原則の適用がある...するように定める」ことになっている。すなわち、原位置換地の原則は、これが満
特定土地区画整理事業に係る集合農地区内への仮換地の指定処分が照応の原則に違反するなどとして提起された同処分の取消請求が、棄却された事例
却下
わせるべきか維持すべきかを決定するものであるから、原則として、当該訴訟にお...の中ですべての違法事由を主張することができるのであるから、逆に、原則とし
地方自治法242条の2第1項1号に基づき特定の清掃工場の建設に関する総事業費の支出負担行為及び支出命令の差止めを求める訴えが提起された後に、当該工場建設に関する個別の契約に係る公金の支出命令の差止めを求める訴えが提起された場合と二重起訴禁止及び別訴禁止の原則
棄却
1 特別都市計画法(昭和21年法律第19号、昭和29年法律第120号により廃止)13条1項に基づく土地区画整理のための換地予定地の指定と換地処分との間の違法性の承継 2 土地区画整理事業における換地処分が、手続的違法も照応の原則違反もないとして、適法とされた事例
却下
(一) 土地区画整理法(以下「法」という。)八九条の照応原則違反について...益な処分をしたが、これは平等原則に違反している。...訂正とは全く関係がない問題であり、位置、利用状況等からみても、照応原則に違
1 土地区画整理法上の保留地の設定の行政処分性 2 整地済みであった従前地の一部を誤って未整地と評価してした換地処分につき、整地済みとして換地計算した場合の配当地積の加算がされていないとしても、土地区画整理法89条に定める照応原則に違反する不均衡があるとまではいえず、清算金により調整すべきであるとして、同処分のうち清算金処分の部分のみを違法として取り消した事例
棄却
本件換地処分は次の諸点からすれば、法八九条一項所定の照応の原則に反してい...いずれの点からしても本件換地処分には、照応の原則に違反するところがなく、適...三 本件換地処分の適法性(照応原則の違反の有無)について検討する。
1 特別都市計画法(昭和21年法律第19号、昭和29年法律第120号により廃止)13条1項に基づく土地区画整理のための換地予定地の指定と換地処分との間の違法性の承継 2 土地区画整理事業における換地処分が、手続的違法も照応の原則違反もないとして、適法とされた事例
上告を棄却
まる忠魂碑等は原則として撤去の必要はないものとされた。昭和二七年四月、講和...して、いわゆる政教分離の原則に基づく諸規定(以下「政教分離規定」という。)...の解釈の指導原理となる政教分離原則は、国家が宗教的に中立であることを要求す
一 市が忠魂碑の存する公有地の代替地を買い受けて右忠魂碑の移設・再建をした行為及び右忠魂碑を維持管理する地元の戦没者遺族会に対しその敷地として右代替地を無償貸与した行為が憲法二〇条三項により禁止される宗教的活動には当たらないとされた事例 二 財団法人D会及びその支部と憲法二〇条一項後段にいう「宗教団体」及び憲法八九条にいう「宗教上の組織若しくは団体」 三 市の教育長が地元の戦没者遺族会が忠魂碑前で神式又は仏式で挙行した各慰霊祭に参列した行為が憲法上の政教分離原則及び憲法二〇条、八九条に違反しないとされた事例 四 自己の権限に属する財務会計上の行為を吏員に委任した普通地方公共団体の長と地方自治法二四二条の二第一項四号にいう「当該職員」 五 自己の権限に属する財務会計上の行為を吏員に委任した普通地方公共団体の長の損害賠償責任
控訴を棄却
1 法人が減価償却資産の償却費を各事業年度の損金の額に算入するためには、当該事業年度以前にその減価償却資産を取得していたことを要するか 2 法人が、完成された物を引き渡すことを内容とする請負契約によって減価償却資産を取得する場合に、その償却費を事業年度の損金の額に算入するためには、原則として、当該事業年度以前に完成した当該減価償却資産の引渡しを受けていたことを要するとした事例
棄却
(一) 照応の原則違反...土地区画整理法(以下「法」という。)第九八条第二項にいう照応の原則は従前の...公平を欠き、照応の原則に違反する。
1 土地区画整理事業において仮換地の指定を受ける者同士の間の公平の確保と照応の原則 2 土地区画整理事業における当初の仮換地計画変更後の仮換地指定処分により自己所有の建物の一部を移転ないし除却しなければならなくなった者が提起した同処分の取消請求が、棄却された事例
却下
方公共団体の議員の数は、原則として人口に比例して条例で定めるとし、選挙区条...接する郡市と合わせて一選挙区を設けなければならないのが原則である(強制合区...公選法は、議員定数の配分方法として、各選挙区に対する定数配分は原則として人
1 都道府県議会議員の選挙区を郡市の区域によるものとし、各選挙区において選挙すべき議員の数を選挙人の数ではなく原則として人口に比例して定めるとする公職選挙法15条の規定及びこれに基づく千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号)の合憲性 2 千葉県議会が平成3年千葉県条例第1号により千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号)及び千葉県議会議員の定数を減少する条例(昭和53年千葉県条例第53号)を改正するに当たり、公職選挙法271条2項に基づくいわゆる特例選挙区を存置したことが、適法とされた事例 3 千葉県議会議員の選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号)の議員定数配分規定の適法性、合憲性
192 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in