2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
判断
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
1020 件中 1/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
度等のほか,過去の非違行為やその後の対応等も含めて総合的に考慮した上で判断...原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,被上告人...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次
地方公共団体の男性職員が勤務時間中に訪れた店舗の女性従業員にわいせつな行為等をしたことを理由とする停職6月の懲戒処分について、裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用した違法があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
以上によれば,これと同旨の原審の判断は,正当として是認することができ...原審は,前記事実関係の下において,次のとおり判断して,原判決確定の日...しかしながら,原審の上記判断は,是認することができない。その理由は,
1 被害者の行使する自賠法16条1項に基づく請求権の額と労働者災害補償保険法12条の4第1項により国に移転して行使される上記請求権の額の合計額が自動車損害賠償責任保険の保険金額を超える場合、被害者は国に優先して損害賠償額の支払を受けられる 2 自賠法16条の9第1項にいう「当該請求に係る自動車の運行による事故及び当該損害賠償額の確認をするために必要な期間」の意義及びその判断方法
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,被上告人の賃金及び付加金の請求を一部認容した。...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...働者の実際の労働時間等の勤務状況などの事情を考慮して判断すべきである。しか
基本給と区別して支払われる定額の手当の支払により労働基準法37条の割増賃金が支払われたということができないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
法により算出されるべきであるとした上,要旨次のとおり判断して,上告人の請求...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...か否かの判断がされていることがうかがわれるが,上記のような道路判定の性質に
土地の固定資産評価について、当該土地に接する街路が建築基準法42条1項3号所定の道路に該当する旨の市長の判定があること等を理由に上記街路が同号所定の道路に該当することを前提とする登録価格の決定を適法とした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断し,上告人らの...しかしながら,原審の上記判断のうち,精勤手当及び超勤手当(時間外手...囲により一義的に定まるものではなく,使用者は,雇用及び人事に関する経営判断
1 有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であることは、労働契約法20条にいう「その他の事情」として考慮されることとなる事情に当たる 2 有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるか否かについての判断の方法 3 無期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給する一方で有期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給せずに歩合給を支給するという労働条件の相違が、労働契約法20条にいう不合理と認められるものに当たらないとされた事例
懲役1年6月
当裁判所の判断...証拠といえるかどうかを判断するに当たっては,供述を変更するに至った経緯・過...程を含め,その内容が,A公判供述の信用性判断を動揺させるに足りる事情を供述
陳述書等の新証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるとして再審開始の決定をした原判断に刑訴法435条6号の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
断に当たっては本件貸付債権が存在することを前提に判断することを要し,本件の...原々決定を取り消した原審の判断には,法令の解釈適用を誤った違法がある旨をい...場合に当たるか否かの判断に当たっては,当該再生債権の存否を含め,当該再生債
小規模個人再生において住宅資金特別条項を定めた再生計画案の可決が信義則に反する行為に基づいてされた場合に当たるか否かの判断に当たり無異議債権の存否等を考慮することの可否(積極)
破棄
原審は,上記事実関係の下において,次のとおり判断して,上告人の請求を...ないから,上告人の請求は,その余の点について判断するまでもなく理由がない。...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次
個人情報の漏えいを理由とする損害賠償請求訴訟における損害に関する原審の判断に審理不尽の違法があるとされた事例
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,上告人ら...する求償権を取得したか否かについては判断をする必要がない。...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次
県が求償権の一部を行使しないことは違法な怠る事実に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
の他方に対する各訴訟費用請求権の額を判断する上で考慮される各当事者の負担す...上記の定めのとおり,訴訟費用請求権の額を判断する上で考慮される各当事者の...抗告人らに対する訴訟費用請求権の額を判断する上で考慮されるBの負担すべき費
民訴法85条前段の費用の取立てをすることができる額につき受救助者に猶予した費用に相手方当事者の訴訟費用の負担割合を乗じた額と定めるべきものとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
することができるものとしているのは,無効の抗弁について審理,判断することに...正審決等の確定を理由として事実審の判断を争うことを許すことは,終局判決に対...同様に,事実審における審理及び判断を全てやり直すことを認めるに等しいといえ
特許権者が、事実審の口頭弁論終結時までに訂正の再抗弁を主張しなかったにもかかわらず、その後に特許法104条の4第3号所定の特許請求の範囲の訂正をすべき旨の審決等が確定したことを理由に事実審の判断を争うことの許否
却下
原審は,次のとおり判断し,本件各国籍留保の届出が戸籍法104条3項所...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...届出をすることの障害となる事情の有無やその程度を勘案して判断するのが相当で
戸籍法104条1項所定の日本国籍を留保する旨の届出について同条3項にいう「責めに帰することができない事由」があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
所論に鑑み,本件における正当防衛及び過剰防衛の成否について,職権で判断す...是認した原判断は正当である。
侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合における刑法36条の急迫性の判断方法
却下
判断枠組みについて...裁量権の範囲の逸脱又はその濫用があるかどうかを判断すべきである。...判断枠組みについて
道路橋の高架下の区画を占用する原告らが、道路管理者である被告に対し、同区画の占用の更新許可を求めて、それぞれ道路法32条1項に基づく道路占用許可申請をしたところ、道路橋の耐震補強・補修工事の実施の必要性を理由とする不許可処分を受けたため、被告を相手に、その取消し等を求めたが、上記各不許可処分に係る被告の判断に裁量権の範囲の逸脱又はその濫用はないとして、原告らの請求が棄却等された事例
懲役1年
本件公訴事実並びに第1審判決及び原判決の各判断...当裁判所の判断...を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人を有罪と判断したもの
置き忘れられた現金在中の封筒を窃取したとされる事件について、封筒内に現金が在中していたとの事実を動かし難い前提として被告人以外には現金を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人による窃取を認定した第1審判決及び原判決の判断が論理則、経験則等に照らして不合理で是認できないとされた事例
破棄
上告人らの未払賃金の請求を一部認容すべきものとした。その判断の要旨は,次の...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...の定める割増賃金を支払ったとすることができるか否かを判断するには,労働契約
歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の賃金規則上の定めが公序良俗に反し無効であるとして未払賃金の請求を認容した原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,本件各処...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...することなく,減額をする必要がないとした原審の判断には,相続税法22条の解
私道の用に供されている宅地の相続税に係る財産の評価における減額の要否及び程度の判断の方法
破棄
原審は,上記事実関係の下において,改正前契約に係る売買契約は民法93条ただし書又は94条1項により無効であるとした上で,次のとおり判断して,被...約又は売買契約に関する事項であって購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要...るが,その内容は購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものに当たらず,
個別信用購入あっせんにおいて、購入者が名義上の購入者となることを承諾してあっせん業者との間で立替払契約を締結した場合に、販売業者が上記購入者に対してした告知の内容が、割賦販売法35条の3の13第1項6号にいう「購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの」に当たるとされた事例
上告を棄却
第2号要件を含む公有水面埋立法4条1項各号の要件に適合すると判断して,平成...に適合すると判断されている。...慮されているとして,本件埋立事業が第2号要件に適合すると判断されている。
1 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項1号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 2 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項2号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 3 内閣総理大臣又は各省大臣が地方自治法245条の7第1項の是正の指示をすることができる場合 4 国土交通大臣が県に対し公有水面の埋立ての承認の取消しが違法であるとしてこれを取り消すよう是正の指示をしたにもかかわらず、県知事が当該承認の取消しを取り消さなかったことについて、地方自治法251条の7第1項にいう相当の期間が経過したとされた事例
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,本件処分...とに判断されるべきことは法令の文言上明示されておらず,本件減額規定につき明...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次
地方税法施行令附則6条の17第2項にいう「居住の用に供するために独立的に区画された部分が100以上ある共同住宅等」の該当性の判断
破棄
上告趣意に対する判断...職権判断...見込みがないとした判断には,誤りはない旨判示した。
被告人に訴訟能力がないために公判手続が停止された後訴訟能力の回復の見込みがないと判断される場合と公訴棄却の可否
控訴を棄却
化に関する訴訟手続の法令違反の主張に対する判断は,事実誤認の主張に対す...る判断の次に示すこととする。...原判決の判断の要旨
差し押えたパソコンに対する検証許可状を得てサーバにアクセスし、メール等を閲覧するなどの検証をして作成された検証調書等の証拠能力を否定したものの、その他の証拠については、本件検証がなくても、捜査機関がそれらの証拠を取得することが可能であったと認められるため、本件検証と密接な関連性がないとして証拠能力を認めた原判決の判断が是認された事例
控訴を棄却
定すべき理由はないと判断し,また,本件告知処分が租税公平主義及び信義則...控訴人は,原判決の上記判断を不服として控訴し,原判決の取消しと本件告...ア(ア) 争点3(本件条項の解釈,適用の在り方)についての判断を前提と
1 日本国内にある不動産を譲渡した者が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)2条1項5号の非居住者に該当するか否かについて判断した事例 2 日本国内に住所があると説明して住民票を提出するなどしていた売主に対する不動産の売買代金の支払につき、買主である不動産会社が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)212条1項に基づく源泉徴収義務を負うか否かについて判断した事例
破棄
原審は,上記事実関係の下で,次のとおり判断して,上告人の被上告人ら各...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...審の上記3(1)の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反があ
匿名組合契約の営業者が新たに設立される株式会社に出資するなどし、同社が営業者の代表者等から売買により株式を取得した場合において、営業者に匿名組合員に対する善管注意義務違反はないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
原審は,前記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,上告人ら...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...治法232条の2の定める公益上の必要性に係る判断に裁量権の範囲の逸脱又は濫
市の経営する競艇事業の臨時従事員等により組織される共済会から臨時従事員に対して支給される離職せん別金に充てるため、市が共済会に対してした補助金の交付が、その後の条例の制定により遡って適法なものとなるとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
原審は,前記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,上告人ら...2の定める公益上の必要性があるとの判断が裁量権の範囲を逸脱し,又はこれを濫...原審の前記第1の3の判断は是認することができない。その理由は,次のと
市の経営する競艇事業の臨時従事員等により組織される共済会から臨時従事員に対して支給される離職せん別金に充てるため、市が共済会に対してした補助金の交付が、地方自治法232条の2所定の公益上の必要性の判断に関する裁量権の範囲を逸脱し、又はこれを濫用したものとして違法であるとされた事例
破棄
部分につき,要旨次のとおり判断して,前市長の相続人らに対する損害賠償の請求...で,その適法性を判断すべきである。...しかしながら,原審の上記3(2)の判断は是認することができない。その理
市が土地開発公社の取得した土地をその簿価に基づき正常価格の約1.35倍の価格で買い取る売買契約を締結した市長の判断が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用するものとして違法となるとはいえないとされた事例
上告を棄却
所論に鑑み,職権で判断する。...体的状況を総合考慮して判断するのが相当である。これを本件についてみると,原判決が是認する第1審判決が認定した事実によれ...り,同号違反の罪の成立を認めた原判断は,結論において正当である。
1 児童福祉法34条1項6号にいう「淫行」の意義 2 児童福祉法34条1項6号にいう「させる行為」に当たるか否かの判断方法
棄却
生活の本拠たる実体を具備しているか否かを判断する際には, その者の...していたのであるから,本件米国住居が,P1の生活の本拠を判断す...するか否かを市町村又は特別区が判断した上で,交付されるもので
1 日本国内にある不動産を譲渡した者が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)2条1項5号の非居住者に該当するか否かについて判断した事例 2 日本国内に住所があると説明して住民票を提出するなどしていた売主に対する不動産の売買代金の支払につき、買主である不動産会社が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)212条1項に基づく源泉徴収義務を負うか否かについて判断した事例
上告を棄却
となる事業上の必要性はないと判断されており,c以外のb社の特定役員が本件合...少させるものであることをいうと解すべきであり,その濫用の有無の判断に当たっ...適用を受けるもの又は免れるものと認められるか否かという観点から判断するのが
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 甲社が乙社の発行済株式全部を買収して乙社を完全子会社とし、その後乙社を吸収合併した場合において、甲社の代表取締役社長が上記買収前に乙社の取締役副社長に就任した行為が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
少させるものであることをいうと解すべきであり,その濫用の有無の判断に当たっ...適用を受けるもの又は免れるものと認められるか否かという観点から判断するのが...れるもの」に当たると解するのが相当である。所論の点に関する原審の判断は,以
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 新設分割により設立された分割承継法人の発行済株式全部を分割法人が譲渡する計画を前提としてされた当該分割が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断し,上告人らの...しかしながら,原審の上記判断はいずれも是認することができない。その理...する労働者の同意の有無についての判断は慎重にされるべきである。そうすると,
1 就業規則に定められた賃金や退職金に関する労働条件の変更に対する労働者の同意の有無についての判断の方法 2 合併により消滅する信用協同組合の職員が、合併前の就業規則に定められた退職金の支給基準を変更することに同意する旨の記載のある書面に署名押印をした場合において、上記変更に対する当該職員の同意があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
効により消滅したと判断される場合には,本件反訴において,予備的に同請求権を...請求権は時効により消滅したと判断したが,上記2の相殺の抗弁につき何ら判断す...ないものか否かについて判断する。
本訴請求債権が時効消滅したと判断されることを条件とする、反訴における当該債権を自働債権とする相殺の抗弁の許否
控訴を棄却
当裁判所は,原判決の認定,判断は,被害者らの装備に関する認定部分を除...ると判断した。...することが期待できるのであるから,過失判断の前提としての予見の内容として
山岳ガイドの業務に従事していた被告人が、有料登山ツアーを企画、主催し、5名の女性登山客を引率して、降雨の中、登山を開始し、その登山道上で天候悪化のため、登山客らを強風、みぞれ、吹雪等にさらさせて、追従、歩行ができない状態に陥らせ、そのうち4名を低体温症で死亡させるに至ったという遭難事故について、過失判断の前提としての予見の内容としては、遭難事故となる危険性のあるような天候の悪化の可能性で足り、それ以上に、現に生じたような著しい天候の悪化の可能性は予見の対象とはならないとして、被告人に過失を認め、業務上過失致死の責任を認めた原判決を是認した事例
破棄
しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...ら,本件における上記の所得の帰属を判断するに当たっては,本件各LPSが所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号(以下「所得税法2条1項7号等」とい...判断することが予定されているものということができる。そして,我が国において
1 外国法に基づいて設立された組織体が所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人に該当するか否かの判断の方法 2 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者につき、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除することができないとされた事例
破棄
原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断して,本件固定資産税等の納税義務者は本件各土地の所在する地区の住民により組織されている自...しかしながら,原審の上記3(1)の判断は是認することができるが,同(2)の判断は是認することができない。その理由は,次のとおりである。...定資産税等の納税義務者に該当する旨の判断をしたものであり,このような原審の
登記簿の表題部の所有者欄に「大字西」などと記載されている土地につき、地方税法343条2項後段の類推適用により、当該土地の所在する地区の住民により組織されている自治会又は町会が固定資産税の納税義務者に当たるとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
与したり影響を及ぼすことができず,③本件営業者は自らが適当と判断する条件で...原審は,上記事実関係等の下において,要旨次のとおり判断し,本件各更正...益の分配に係る所得区分の判断につき従前の行政解釈が変更されたものと評価することはできず,旧通達の下においても,本件匿名組合契約に基づく利益の分配は雑
1 匿名組合契約に基づき匿名組合員が受ける利益の分配と所得区分の判断 2 匿名組合契約に基づき航空機のリース事業に出資をした匿名組合員が、当該契約に基づく損失の分配を不動産所得に係るものとして所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
棄却
議決権の割合によって形式的に判定すべきである。仮に実質判断をすべ...なる判断基準により,eを控訴人a及びdの同族関係者に該当するとし...著しく低い価額の対価の判断方法について
1 同族会社に該当する会社に対してされた時価より著しく低い価額の対価での財産の譲渡により譲渡を受けた当該会社の資産の価額が増加した場合、当該会社の株主又は社員は、相続税法9条に規定する「対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で利益を受けた」といえるか 2 同族会社に該当する会社である株式会社及び合名会社に対して取引相場のない有限会社の持分がそれぞれ譲渡された場合における当該持分の価額について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17(例規)国税庁長官通達。ただし、平成18年10月27日付け課評2-27・課資2-8・課審6-10による改正前のもの)189-3に定める方式によって評価することとするのが相当であるなどと判断された事例
破棄
て,原判決は,以上の認定・判断に基づき,被告人A及び同Bについては,それぞれ...2 原判決は,本件について刑法207条を適用しない判断の理由として,①「第1暴...という判断を示し,被告人Aと同Bには原判示第1の内容の傷害罪が成立するにとど
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
棄却
請求を棄却すべきものとした原判断は,正当として是認することができる。
刑訴法435条6号の証拠の明白性を否定した原判断が是認された事例(いわゆる福井女子中学生殺人事件)
取り消す
り,被告人を保釈するかどうかの判断が現に審理を担当している裁判所の裁量に委...かどうかを審査すべきであり,受訴裁判所の判断を覆す場合には,その判断が不合...程度を勘案してなされたとみられる原々審の判断が不合理であることを具体的に示
1 受訴裁判所によってされた刑訴法90条による保釈の判断に対する抗告審の審査の方法 2 詐欺被告事件において保釈を許可した原々決定を取り消して保釈請求を却下した原決定に刑訴法90条、426条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
おいて開札を行い,最高の価額で買受けの申出をしたCの入札を有効と判断して,...開札期日を開くという方法を選択した執行裁判所の判断が不合理で違法なものということはできない,②...所論は,上記2①の原審の判断は,競落価格の適正らしさを欠き,本件不
不動産強制競売事件の期間入札において、執行官が無効な入札をした者を最高価買受申出人と定めたとして売却不許可決定がされ、これが確定した場合に、当初の入札までの手続を前提に再度の開札期日を開くこととした執行裁判所の判断に違法がないとされた事例
棄却
当裁判所の判断...あるかどうかを判断する前提として,本件各譲渡に係る本件P6出資の時...べき特段の事情があるかどうかについても必要に応じて判断することとし,
1 同族会社に該当する会社に対してされた時価より著しく低い価額の対価での財産の譲渡により譲渡を受けた当該会社の資産の価額が増加した場合、当該会社の株主又は社員は、相続税法9条に規定する「対価を支払わないで、又は著しく低い価額の対価で利益を受けた」といえるか 2 同族会社に該当する会社である株式会社及び合名会社に対して取引相場のない有限会社の持分がそれぞれ譲渡された場合における当該持分の価額について、財産評価基本通達(昭和39年4月25日付け直資56・直審(資)17(例規)国税庁長官通達。ただし、平成18年10月27日付け課評2-27・課資2-8・課審6-10による改正前のもの)189-3に定める方式によって評価することとするのが相当であるなどと判断された事例
破棄
(有害物質に関する作業場の空気環境の良否を判断するための指標)による規制が...原審は,前記の事実関係等の下において,次のとおり判断して,上告人らの...論旨は,原審の前記第1の3(1)の判断には,国家賠償法1条1項の解釈適
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
果の報告を受けた厚生労働大臣が上記裁定請求に対する判断をすることとされてい...しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次...政庁が最終的判断を行った上で当該処分をしたような場合などは,当該組織の関与
1 行政組織法上の行政機関以外の組織が行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たった下級行政機関」に該当する場合 2 日本年金機構の下部組織である事務センターが行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たった下級行政機関」に該当しないとした原審の判断に違法があるとされた事例
控訴を棄却
当裁判所の判断...当裁判所も控訴人の請求は理由がないと判断する。その理由は,以下のとお...後記2のとおり控訴人の当審での主張に対する判断を付加するほか,
1 金融商品取引法211条1項に基づく差押えが適法とされるために必要な差押物件と犯則嫌疑事実との間の関連性の有無の判断方法 2 金融商品取引法211条1項所定の「犯則事件を調査するため必要がある」旨の要件該当性の判断方法
取り消す
の判断の要件について規定していないから,不開示情報該当性の有無につい...て判断するに当たっては,同法5条各号(本件では3号,4号及び6号)所...本件の争点は,係争情報の法定不開示情報該当性である。その判断の前提
行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号及び同条4号所定の不開示情報該当性の主張立証責任と判断基準
控訴を棄却
当裁判所の判断...当裁判所も,控訴人の本件請求は理由がないと判断する。その理由は,後記...2に当裁判所の判断を補足するほかは,原判決の「事実及び理由」欄の第3の
1 農地法18条2項1号の「賃借人が信義に反した行為をした場合」に当たるとはいえないと判断された事例 2 農地法18条2項5号の「その他正当の事由がある場合」に当たるとはいえないと判断された事例
取り消す
否かの判断に際しては,...その判断において,基礎となる事実に誤認がある場合,考慮すべき事項...断された場合,又はその判断が社会通念又は関連する憲法,法律ないし
入国管理局長が出入国管理及び難民認定法49条1項に基づく異議の申出は理由がない旨の裁決をするに当たり、ボリビア人である母及び本邦で出生した幼年の子らに特別に在留を許可すべき事情があるとはいえないと判断したことにつき、裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用した違法があるとされた事例
却下
(1)原爆放射線起因性の判断...判断に当たっての基本的な考え方...申請に係る疾病等における原爆放射線起因性の判断に当たっては,原因
1 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請を却下する処分の全部又は一部が違法であるとして取り消され、原爆症認定をすべき旨が命じられた事例 2 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定の申請につき、申請から約2年2~5か月後に原爆症認定の要件の充足に関する判断を誤って却下したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例
1020 件中 1/21 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in