2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62197 
刑事22003民事40194
判事事項
公訴事実
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
破棄
自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
控訴を棄却
論旨は,原判決には,起訴状記載の公訴事実が営利目的での覚せい剤の輸
1 税関長の許可を受けないでダイヤモンド原石を輸入する意思で禁制品である覚せい剤を輸入しようとした場合の罪責 2 禁制品である覚せい剤の輸入(未遂)の公訴事実について、訴因変更手続を経ることなく、ダイヤモンド原石の無許可輸入(未遂)の事実を認定した原審の訴訟手続に法令違反はないとした事例
破棄
本件公訴事実及び争点...本件公訴事実の要旨は,被告人は,(1)...は,その住所を知らされなかったものである。上記(1)ないし(3)の公訴事実となっ
殺人、現住建造物等放火の公訴事実について間接事実を総合して被告人を有罪とした第1審判決及びその事実認定を是認した原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
懲役1年2月
本件公訴事実の要旨は,「被告人は,平成19年3月17日午後10時5...所に起訴されていたが(以下「前訴」という。),その公訴事実の要旨は,「被告...窃盗を「別件建造物侵入,窃盗」という。),その犯行日は本件公訴事実の犯行日
前訴の建造物侵入、窃盗の訴因と後訴の非現住建造物等放火の訴因との間には公訴事実の単一性がなく、前訴の確定判決の一事不再理効は後訴に及ばないとされた事例
懲役1年10月
傷害の公訴事実について,被告人は,A,Bらと暴行の共謀をしたことはな...として,同公訴事実と概ね同旨の「罪となるべき事実」第3の傷害致死及...7年8月15日付け起訴状記載の公訴事実(傷害致死及び傷害,原判示第
無罪の公訴事実に係る未決勾留日数のうち勾留されていない有罪の公訴事実の本刑に算入し得る日数
上告を棄却
なお,所論にかんがみ職権で判断するに,本件の公訴事実は,被告人が,道路標...公訴事実どおりの最高速度違反の事実が認められるとして第1審判決を破棄した原
控訴審において公訴棄却の第1審判決を公訴事実どおりの事実が認められるとして破棄して自判することができるとされた事例
上告を棄却
被告人は,第1審判示第8の事実と公訴事実の同一性が認められるわいせつ
刑法46条2項により刑を科さないとされた公訴事実に係る未決勾留日数の算入
上告を棄却
 (1) 本件公訴事実は,要旨,被告人は,A,Bらと共謀の上,① 営利の目的... (2) 被告人は,第1回公判期日から第5回公判期日までの間,上記公訴事実②...,前記各公訴事実の犯行場所に関する訴因変更手続がなされた際,従前の供述を翻
殺人、死体遺棄の公訴事実について被告人が第1審公判の終盤において従前の供述を翻し全面的に否認する供述をするようになったが弁護人が被告人の従前の供述を前提にした有罪を基調とする最終弁論をして裁判所がそのまま審理を終結した第1審の訴訟手続に法令違反は存しないとされた事例
上告を棄却
旨を記載した本件公訴事実は,本罪の訴因の特定として欠けるところはないという
「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」5条違反の罪の公訴事実が多数回にわたり多数人に譲り渡した旨の概括的記載を含んでいても訴因の特定として欠けるところはないとされた事例
破棄
者の供述にしたがって公訴事実のとおりの事実を認めるべきであるから,その点につい...(1) 原判決が認定した事実は前記のとおりであるところ,本件公訴事実は,被告人は...は,公訴事実に比べると,暴行につき,殴打行為を「(A)の左目の部分及び鼻の左側面
傷害罪につき公訴事実中の暴行及び傷害の結果の各一部を除外して縮小認定した原判決に対し被告人のみが控訴している場合に控訴裁判所が職権調査により公訴事実のとおりの事実を認定することが許されるとされた事例
破棄
 本件公訴事実の概要は、被告人両名が...が、これらの事件も順次右第五及び第六の事件に併合され、その結果、公訴事実全... <要旨>しかしながら、本件は、公訴事実のうち、前記第五は法定刑が死刑又は無
強盗殺人及び殺人の各公訴事実について共同正犯の関係にある共同被告人両名に対し同一の国選弁護人を選任しこれを維持したのは刑訴規則二九条二項に違反するとして右両名に対し死刑を言い渡した第一審判決を破棄した事例
上告を棄却
覚せい剤使用罪につき使用時間、場所、方法に差異のある訴因間において公訴事実の同一性が認められた事例
上告を棄却
 なお、第一審裁判所は、誤つて元の訴因の事実とは併合罪関係にあり公訴事実の
誤つて公訴事実の同一性のない訴因の追加及び立証がされた場合の事後措置
破棄
殺人教唆等の公訴事実につき被教唆者の供述の信用性を肯定しアリバイの成立を否定した原審の判断が支持し難いとして破棄された事例
破棄
 1 昭和五一年四月六日付起訴状記載の公訴事実第一(以下「本起訴状第一事実」...で故買。 4 昭和五一年四月三〇日付追起訴状記載の公訴事実第一(以下「追起訴状第一...な疑いが残るとして、追起訴状第一事実を無罪とし、他の一部の公訴事実について
一 賍物寄蔵の公訴事実につき賍物性の未必的認識を認めた原判断に事実誤認があるとして破棄自判(無罪)された事例 二 控訴審における予備的訴因追加の適否につき意見が付された事例
上告を棄却
のような点は、原判決は被告人が本件公訴事実を争つたことをもつて量刑上不利益
公訴事実を争つたことを量刑上不利益に斟配したものではないとして、憲法三八条一項違反の主張が「欠前提」とされた事例
上告を棄却
に公訴事実の同一性を認めた原判断は、正当である。... 問題は、第一審における本位的訴因と予備的訴因とが公訴事実の同一性の範囲内
枉法収賄と贈賄の各訴因の間に公訴事実の同一性が認められる事例
破棄
が相違しており、このような場合には、右両訴因間に公訴事実の同一性を認めるこ...い渡しをせず、これと公訴事実の同一性ありと認めることのできない予備的訴因に...る。そこで、右本位的訴因と予備的訴因との間に公訴事実の同一性が認められるか
公訴事実の同一性があるとされた事例
破棄
     本件公訴事実中、暴力行為等処罰に関する法律違反の点については、被... なお、本件公訴事実のうち、暴力行為等処罰に関する法律違反に係る公訴事実
常習的傷害の公訴事実について被告人の単純暴行罪の前科との関係で確定裁判を経たものとされた事例
破棄
変更の請求をしたのを許可したのは、公訴事実の同一性のない事実について訴因変... 公訴事実第一の記載中、「午後七時五分過ぎころ」の次に、「から午後七時二五...と書面にもとずいて訴因変更請求をし、口頭で右訴因変更は公訴事実第二について
公訴事実の同一性がないとされた事例
上告を棄却
 私は、上告趣意第六点のうち、原判決が、被告人Aに関する公訴事実(二)、す... 被告人Aに対しては、右の公訴事実(二)のほか、公訴事実(一)として、同被...して公訴事実(一)(二)の全部について無罪の判決をした。この判決に対して、
一、学生集会と憲法二三条の関係 二、併合罪の関係にある二個の公訴事実についてされた原判決につき上告審が主文においてこれを破棄差し戻す旨を示しその理由中において右公訴事実の一部にのみ関係のある破棄理由を示すにとどまる判決を言い渡した場合における右破棄判決の効果
上告を棄却
公訴事実の同一性があるとの原審の判断は正当である。)、同第二点は、事実誤認、...日に開かれた第一審第五四回公判期日にいたり、検察官から予備的訴因の追加が請求され、これに対し、弁護人らから公訴事実の同一性を害するという理由で異議の...に公訴事実の同一性があるかどうかの点である。詐欺罪は、「人ヲ欺罔シテ財物ヲ
一 公訴事実の同一性があるとされた事例 二 金沢市金銭物品等の寄附募集に関する条例または小松市寄附金品取締条例にいう寄附募集にあたるとされた事例
破棄
     被告人Aに対する公訴事実中昭和四六年五月二五日付起訴状記載第一の...公訴事実は、被告人Aが賭場を開張し、寺銭を徴して利を図つたものであり、予備...記載第一の公訴事実(本位的訴因)は、「被告人A、同Cは藤原捷と共謀の
賭博開張図利罪と常習賭博罪との間における公訴事実の同一性の有無
破棄
 すなわち、被告人Cに対する公訴事実の要旨は、同被告人が第一審判決別表(四)...被告人Cに対する公訴事実中前記のように、税関吏に対し実際に輸出しようとする... すなわち、被告人Cに対する公訴事実中、まず、第一審判決が同被告人に対し有
一 上告審判決の主文に控訴棄却の旨を表示することの可否 二 関税法一一一条一項所定の無許可輸出罪と同法一一三条の二所定の虚偽申告罪との罪数関係 三 関税法の無許可輸出罪の公訴事実中に税関吏に対し虚偽の申告をした旨の記載があるが同法の虚偽申告罪の起訴はなかつたものとみるのが相当であるとされた事例 四 当初の関税法の無許可輸出罪の訴因につき第一審で無罪とされ検察官が控訴したが控訴審でも罪とならないとされただ外国為替及び外国貿易管理法の無承認輸出罪の成立する余地があるとして破棄差し戻した判決に対し被告人のみが上告した場合と上告審の職権調査の範囲
上告を棄却
 なお、記録によると、第一審判決は、被害者Aに対する強姦致傷の公訴事実に関
一部の公訴事実につき判決理由中で犯罪の証明がないと判断しながら主文における無罪の言渡を欠く場合と無罪部分の確定の有無等
棄却
 被告人が甲、乙、丙の三個の公訴事実について起訴され、そのうち甲事実のみに
勾留状の発せられていない公訴事実を裁量保釈の審査の一資料とすることの可否
上告を棄却
備的訴因との間に、公訴事実の同一性が認められるとした原判断は相当である。)、
公訴事実の同一性があるとされた事例
破棄
     本件公訴事実中昭和四一年九月二〇日午前二時四〇分頃神奈川県茅ケ崎... (一) 本件起訴状には、公訴事実一として、「被告人は、公安委員会の運転免...法違反(無免許運転)罪(公訴事実一)と業務上過失傷害罪(公訴事実二)とによ
一、 併合罪の関係に立つ甲・乙両事実を含む公訴事実に対し訴因変更の手続により乙事実についてのみ判断を示した判決の是否 二、 右判決に対し被告人が控訴を申し立てた場合における審判の範囲
上告を棄却
の間に公訴事実の同一性が認められるとした原判断は相当である。)
甲が乙に三〇万円を供与したとする訴因と甲乙共謀のうえ右三〇万円のうち二四五、〇〇〇円について丙らに供与したとする訴因との間の公訴事実の同一性
上告を棄却
求書記載の殺人の事実との間に公訴事実の同一性を認めた原判断は正当である。)
公訴事実の同一性が認められた事例
上告を棄却
たとする予備的訴因との間には、公訴事実の同一性が認められから、右予備的訴因
一 公職選挙法第二一一条第一項第一号の供与等を共謀した者の間における金銭又は物品の授受と同条項第五号の交付又は受交付の罪の成否 二 右共謀にかかる供与等が行なわれた場合における供与等の罪と交付又は受交付の罪との関係 三 前記共謀にかかる供与等が共謀者間で授受された金銭又は物品の一部について行なわれた場合における供与等の罪と交付又は受交付の罪との関係 四 二審が一審判決を破棄するにさいし二審で追加された予備的訴因に基づいて自判することと審級の利益 五 甲が乙に三万円を交付したとする訴因と甲乙共謀のうえ右三万円中二万七、〇〇〇円について丙らに供与等をしたとする訴因との間の公訴事実の同一性。
破棄
  そこで、まず、右本位的訴因と予備的訴因との間に公訴事実の同一性が存する...りうけたとの事実)を媒介として公訴事実の同一性を考察するとしても、右媒介の...詐欺の事実とが公訴事実の同一性の範囲内にあることは認められるけれども、右背
公訴事実の同一性がなく訴因の予備的追加の請求が許されないとされた事例
破棄
原判決もその挙示の証拠により右公訴事実のとおりの事実を認定している。すなわ...ち、公訴事実も原判決も、被告人個人が漁業を営むものであつて、その所有のA丸...するのであるから、両者は基本たる事実関係を異にし、公訴事実の同一性を認める
公訴事実の同一性が認められない一事例
控訴を棄却
 弁護人の控訴趣意第一点は、本件公訴事実中には訴因が特定していない部分があ
起訴状の公訴事実の記載が訴因の特定ありとされた事例
上告を棄却
の賍物牙保の事実との間に公訴事実の同一性を認めた原判断を相当と認める。)
公訴事実の同一性を認められた事例。―詐欺の本位的訴因と賍物牙保の予備的訴因―
上告を棄却
所論起訴状の公訴事実(賍物故買)との間には、公訴事実の同一性ありと解するの
公訴事実の同一性ありと解された事例。―勾留状の被疑事実(窃盗)と起訴状の公訴事実(賍物故買)―
上告を棄却
本的事実において同一であると認め、本件訴因変更により公訴事実の同一性が害さ
公訴事実に同一性の認められる事例−重過失致死と傷害致死
上告を棄却
り、(本件窃盗の訴因と、横領の訴因とは、公訴事実の同一性を有するものと認め
公訴事実に同一性の認められる事例
控訴を棄却
 原判決か肯認した本件起訴状の公訴事実は、「被告人は日本人であるが、昭和二...いて、公訴事実は訴因を明示してこれを記載しなければならない、訴因を明示する...い限り、起訴状に公訴事実を記載するに当り犯罪の日時、場所及び方法を一一具体
一、 起訴状において密出国の時を約七年の期間をもつて示し、出国の場所方法について具体的摘示をしない場合における公訴事実の記載の適否 二、 刑訴第二五五条第一項前段の法意
上告を棄却
 所論は要するに、被告人Dに対する本件現住建造物放火幇助の公訴事実につき、...渡をした第一審判決を支持した原判決は、公訴事実の同一性の有無につき、又既判... しかし、右放火幇助の公訴事実の要旨をみるに、本犯である原審相被告人Cは愛
故意犯(現住建造物放火幇助)と過失犯(失火)との間に公訴事実の同一性の認められた事例。
上告を棄却
ことができるから、両者は公訴事実の同一性を有するものと解すべく、従つて第一...訴因が公訴事実の同一性を有するものと判断せられる場合であつても、右無罪部分... 本件において業務上横領の訴因と窃盗の訴因とが公訴事実として同一性を有する
一 公訴事実の同一性の認められる事例−業務上横領と窃盗 二 同一事実に対する別訴の提起が二重起訴にあたらないとされた事例
上告を棄却
公訴事実の同一性の認められる事例。
上告を棄却
 所論は、第一審判決がその第二部(二)の第三の株式関係の公訴事実に関する判...た択一的訴因たる商法違反については、公訴事実の同一性を害するから、訴因の追...者(商法違反)は、公訴事実の同一性を害するものでなく、かつ被告人の防禦に実
一 公訴事実の同一性の認められる一事例。―業務上横領と商法第四八九条第二号前段― 二 裁判所は訴因変更を促がし又はこれを命ずる責務があるか
上告を棄却
たばこ専売法七一条五号、二九条二項の無指定販売罪の幇助犯の公訴事実を公訴状
製造たばこ無指定販売罪幇助犯の公訴事実の記載方法
上告を棄却
お所論について調べてみるに、仮りに本件公訴事実が請託収賄でありとしても、事...実審が審理の上単純収賄と認めるときは、公訴事実の同一性を害せずかつ被告人の
請託収賄の公訴事実を単純収賄と認定することと訴因変更の要否
上告を棄却
本件無謀操縦と業務上過失致死の各事実は、公訴事実としては別個の事実であつて、...所論の如く公訴事実の同一性を認むべきものではなく、また、右両者は、独立別個
一 道路交通取締法違反(無謀操縦)と業務上過失致死の各事実が公訴事実の同一性を欠く一事例 二 道路交通取締法違反(無謀操縦)罪と業務上過失致死罪との間に牽連関係乃至一所為数法の関係が存しない場合
破棄
 職権により調査すると、本件公訴事実は、「被告人は昭和二七年一二月三〇日頃... そして、訴因の追加変更は公訴事実の同一性を害しない限度においてのみ許容さ...たのは、右予備的訴因の事実が前記本位的訴因の事実と公訴事実の同一性を害しな
公訴事実の同一性を欠く一事例
破棄
云つて公訴事実の同一性を害するものではないから、これを以て審判の請求を受け
一、 詐欺罪における被害者の相違と公訴事実の同一性 二、 判決に影響を及ぼすことが明らかな訴訟手続の法令違反にあたらない一事例
上告を棄却
一 公訴事実の同一性の認められる一事例 二 業務上横領と詐欺
破棄
 論旨は、被告人A4、同A5に対する本件公訴事実につき、原審が無罪の言渡し... よつて記録を閲するに、被告人両名に対する公訴事実は、両名が、昭和二十三年... よつて、原審並びに当審において取り調べた証拠によつて、右公訴事実を検討す
失火と放火幇助との公訴事実の同一性
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in