2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
一人
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
166 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4
控訴を棄却
同一人が、特定の銘柄の株式につき、一定期間に、繰り返し、自己の売り注文と買い注文とを同時刻に約定させる取引を行ったことが、金融商品取引法159条1項1号で禁止される仮装取引に当たるとしてした課徴金納付命令が、適法であるとされた事例
棄却
そして,同一人が,特定の銘柄の株式につき,自己の売り注文
同一人が、特定の銘柄の株式につき、一定期間に、繰り返し、自己の売り注文と買い注文とを同時刻に約定させる取引を行ったことが、金融商品取引法159条1項1号で禁止される仮装取引に当たるとしてした課徴金納付命令が、適法であるとされた事例
取り消す
1 被相続人の全ての遺産を、共同相続人中の一人を除くその他の相続人らに相続させる趣旨の遺言が、前記遺言に記載のない相続人の相続分を零と定める限度で、相続分の指定があるものとされ、前記その他の相続人らが、国税通則法5条2項の規定によって当該指定された相続分に応じて国税の納付義務を承継するとされた事例 2 国税通則法5条2項の共同相続人が納税義務を承継する同税の額の計算の基礎となる相続分の定めに遺留分減殺請求が及ぼす影響
却下
1 数人の提起する養子縁組無効の訴えにおいて共同訴訟人の一人が上告を提起した後にされた他の共同訴訟人による上告の適否 2 数人の提起する養子縁組無効の訴えにおいて共同訴訟人の一人が上告受理の申立てをした後にされた他の共同訴訟人による上告受理の申立ての適否
上告を棄却
本件は,被相続人である預金者が死亡し,その共同相続人の一人である被上...の共同相続人の一人である。...そして,預金者が死亡した場合,その共同相続人の一人は,預金債権の一部を相
1 金融機関の預金者に対する預金口座の取引経過開示義務の有無 2 共同相続人の一人が被相続人名義の預金口座の取引経過開示請求権を単独で行使することの可否
棄却
同一人が複数の会社の役員に就任している場合において、一方の会社が廃棄物の処理及び清掃に関する法律14条5項2号ニに該当するとして産業廃棄物運搬業等の許可を取り消されたことにより、他方の会社についても、当該役員が同法7条5項4号ニに該当することにより同法14条5項2号ニに該当することになったとして、同法14条の3の2第1項1号に基づく産業廃棄物収集運搬業の許可の取消処分がされたことから、後者の会社が、当該取消処分に係る同法の規定は憲法22条1項に反し違憲無効であるとしてした前記取消処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
場合には,同一人に対し1回に支払われる金額につき,5000円に「当該
1 ホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、支払金額から控除する金額を算定するに際し、所得税法施行令322条の「当該支払金額の計算期間の日数」とは、「同一人に対し1回に支払われる金額」の計算の基礎となった期間に含まれる全日数をいうと解するのが相当であるとされた事例 2 ホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、「ペナルティ」と称するホステスが欠勤や遅刻をした場合の損害賠償金の額を報酬の総支給額から控除することはできないとした事例
棄却
日数」について「同一人に対して1回に支払われる金額の計算要素となった...また,その場合には,支払者が同一人に対してホステス報酬のほかに法2...であり,これを「同一人に対して1回に支払われる金額の計算要素となった期
1 パブクラブに勤務するホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、支払金額から控除する金額を算定するに際し、所得税法施行令322条の「当該支払金額の計算期間の日数」とは、「同一人に対し1回に支払われる金額」の計算要素となった期間の日数(実際の出勤日)を指すものというべきであるとした事例 2 パブクラブに勤務するホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を計算するに当たり、「ペナルティ」と称するホステスが欠勤、遅刻等をした場合の「罰金」の額を報酬の総支給額から控除することはできないとした事例
取り消す
令で定める金額を,同一人に対し1回に支払われる金額につき,5000円...に近い額を源泉徴収税額として徴収するため,同一人に対して1回に支払...源泉徴収においては,政令で定める同一人に対して1回に支払われる金額
1 ホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、支払金額から控除する金額を算定するに際し、所得税法施行令322条の「当該支払金額の計算期間の日数」とは、「同一人に対し1回に支払われる金額」の計算の基礎となった期間に含まれる全日数をいうと解するのが相当であるとされた事例 2 ホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、「ペナルティ」と称するホステスが欠勤や遅刻をした場合の損害賠償金の額を報酬の総支給額から控除することはできないとした事例
棄却
「同一人に対し1回に支払われる金額」に...一人に対し1回に支払われる金額」の集計期間,すなわち,本件各集計期...「同一人に対し1回に支払われる金額」の計算要素となっ
1 パブクラブに勤務するホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を算定するに当たり、支払金額から控除する金額を算定するに際し、所得税法施行令322条の「当該支払金額の計算期間の日数」とは、「同一人に対し1回に支払われる金額」の計算要素となった期間の日数(実際の出勤日)を指すものというべきであるとした事例 2 パブクラブに勤務するホステスに対する報酬について源泉徴収に係る所得税額を計算するに当たり、「ペナルティ」と称するホステスが欠勤、遅刻等をした場合の「罰金」の額を報酬の総支給額から控除することはできないとした事例
上告を棄却
定款に株式譲渡制限の定めのある非上場会社の一人株主がその全株式を同社の債務の担保のため譲渡担保に供するなどした後に同社の役員の解任及び選任等の株式会社変更登記申請を行い同社の商業登記簿の原本にその旨記載させた行為につき公正証書原本不実記載罪が成立するとされた事例
破棄
特許出願をした特許を受ける権利の共有者の一人から同人の承継人と称して特許権の設定の登録を受けた無権利者に対する当該特許権の持分の移転登録手続請求が認められた事例
棄却
 なお,同一人につき被告事件の勾留とその余罪である被疑事件の勾留が競合して
同一人につき被告事件の勾留と余罪である被疑事件の勾留が競合している場合に被告事件についてだけ弁護人に選任された者に対する接見等指定権行使の可否(積極)
取り消す
(三) 原告は、本件住民監査請求の請求人の一人であり、自らは意見陳述や意見... 一人目の陳述者である原告は、教育委員会に対して請願を行い、それに対する教...(2) 右陳述者のうちの一人目(原告)、二人目、四人目の者が意見陳述に先立
1 住民監査請求に基づき監査委員が実施した監査における意見陳述手続の際に請求人らが提出した参考資料等に記載された同人らの住所、氏名、職業及び勤務先並びに同手続における同人らの陳述を記録した文書に記載された同人らの一人が所属する市民団体の名称が、大分県情報公開条例(昭和63年大分県条例第31号、平成9年大分県条例第36号による改正前)9条1号に非開示事由として規定する個人情報に該当するとした事例 2 住民監査請求の審理に関する公文書、資料等に含まれる情報の一部が、大分県情報公開条例(昭和63年大分県条例第31号)9条7号に非開示事由として規定する事務事業情報に該当するとした事例 3 県代表監査委員がした公文書非公開処分は、同一の性質の公文書に係る他の公文書公開請求に対する処分と比較して公開範囲が著しく限定されており、当該非公開処分に係る公文書公開請求をした者を差別したものであって違法であるなどしてされた国家賠償請求が、棄却された事例
却下
 3 しかし、被相続人の生存中に売買を原因として相続人の一人に対する所有権
一 被相続人の生存中に相続人に対し売買を原因としてされた所有権移転登記につき被相続人の死亡後に相続を原因とするものに更正することの可否 二 被相続人の生存中にその所有不動産につき共同相続人の一人に対し所有権移転登記がされた上で第三者のために抵当権設定登記がされた場合において被相続人の死亡後に他の相続人がした真正な登記名義の回復を原因とする持分移転登記手続請求及び抵当権設定登記についての更正登記手続請求が認められた事例
棄却
一 共同不法行為者の一人と被害者との間で成立した訴訟上の和解における債務の免除の効力が他の共同不法行為者に対しても及ぶ場合 二 共同不法行為者の一人と被害者との間で成立した訴訟上の和解における債務の免除の効力が他の共同不法行為者に対しても及ぶ場合における求償金額の算定
破棄
条、破産法一〇四条四号)、連帯債務関係が発生した後に連帯債務者の一人が和議...れる。ところで、連帯保証人の一人について和議認可決定が確定した場合において、...変わるところはないから、連帯債務者の一人について和議認可決定が確定した場合
一 構成員に会社を含む共同企業体の債務と各構成員の連帯債務関係 二 和議開始の申立てをした連帯債務者の一人に対し他の連帯債務者が右申立てを知って和議開始決定前の弁済により取得した求償権をもって相殺することの可否 三 和議認可決定を受けた連帯債務者の一人に対し他の連帯債務者が和議開始決定後の弁済により取得した求償権をもってする相殺の要件及び限度
破棄
共有者の一人による共有物の変更と他の共有者からの原状回復請求の可否
上告を棄却
 右のとおり、証人のうちの一人であるFは、Dが本件遺言公正証書に押印する際
一 公正証書遺言において証人が遺言者の署名押印に立ち会うことの要否 二 遺言者の押印の際に二人の証人のうち一人の立会いなく作成された遺言公正証書につきその作成の方式に瑕疵があるがその効力を否定するほかはないとまではいえないとされた事例
取り消す
の財産を相続人のうちの一人に遺贈した事例である。)、相続財産の処分を受ける
相続人の一人に遺産全部を包括して遺贈する旨の遺言公正証書を不動産登記法41条所定の相続を証する書面として添付してされた、相続を原因とする所有権移転登記申請に対し、登記官が相続を証する書面の添付がないとしてした却下決定が、適法とされた事例
上告を棄却
 共同相続人のうちの一人である甲が、他に共同相続人がいること、ひいては相続...証拠関係に照らして首肯するに足り、右事実によると、亡Dの共同相続人の一人であるEは、相続財産に属する本件土地について、共同相続人である被上告人らの承
単独名義で相続の登記を経由した共同相続人の一人から不動産を譲り受けた者と相続回復請求権の消滅時効の援用
破棄
分の割合に応じて求償することができるものではない。そして、連帯保証人の一人
和議認可決定を受けた連帯保証人の一人に対し他の連帯保証人が和議開始決定後の弁済により取得した求償権の行使の要件とその限度
破棄
であるから、土地共有者の一人だけについて民法三八八条本文により地上権を設定...設定した場合を想定すると、他に特段の事情のない限りは共有者全員を束ねて一人...そのうちの一人の債務を担保するため、共同で各自の共有持分に抵当権を設定した
地上建物の共有者の一人にすぎない土地共有者の債務を担保するため土地共有者の全員が各持分に共同して抵当権を設定した場合に法定地上権が成立しないとされた事例
上告を棄却
号七九三頁参照)、共同相続人の一人から遺産を構成する特定不動産について同人
共同相続人の一人が相続の準拠法上の規定を遵守しないで日本にある相続不動産についてした持分の処分と物権変動の準拠法である日本法上の権利移転の効果
上告を棄却
項が、一筆の土地の一部の譲渡に限らず、同一人の所有に属する数筆の土地の一部
同一人の所有に属する数筆の土地の一部が担保権の実行としての競売により袋地となった場合と民法二一三条二項の囲繞地通行権の成否
上告を棄却
法定相続分を下回る相続分を指定された共同相続人の一人から法定相続分に応じた共有持分権を譲り受けた者が取得する持分の割合
上告を棄却
一人会社の株主がその保有する株式を他に譲渡した場合には、定款所定の取締役会
一 代表取締役が取締役と認めていない者と株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律二四条一項にいう取締役 二 いわゆる一人会社の株主が定款所定の取締役会の承認を得ないでした株式譲渡の効力
上告を棄却
犯者の一人について過剰防衛が成立したとしても、その結果当然に他の共同正犯者
一 共同正犯が成立する場合における過剰防衛の成否の判断方法 二 殺人の共同正犯者中の一人に過剰防衛が成立する場合に他の一人について過剰防衛が成立しないとされた事例
棄却
までもなく、また選挙権における平等原則が一人一票の原則のみならず投票価値の...つてその範囲が画されていると考える以上、一人の国民が投じた一票が他の国民の...選挙区間における議員一人当たりの人口の較差を「定数較差(人口比)」といい、
公職選挙法13条1項、同法別表第1、同法附則7項ないし10項の議員定数配分規定は、平成2年2月18日施行の衆議院議員総選挙当時において、議員一人当たりの選挙人数の較差が合憲の基準である1対3の範囲を超えて最大1対3.18に及んでおり、憲法の選挙権の平等の要求に反し、違憲状態になっていたというべきであるが、合理的期間内における是正が憲法上要求されていると考えられるのにそれが行われない場合に初めて憲法違反と断ぜられるべきものであり、国会が実際に定数較差是正のための措置を執ることを要求される時期については、もはや近い将来において較差3倍以内に戻る可能性がなくなった時点であると解するのが相当であるところ、前記選挙当時は、前記選挙が次に予定されていた国勢調査までの間に施行されたこと等の判示の事情を考慮すると、いまだ定数較差是正のための合理的期間内であったと考えるのが相当であるから、前記選挙当時、前記議員定数配分規定が違憲であったと断定することはできないとした事例
棄却
間における議員一人当たりの選挙人数(選挙の際の自治省の発表による。以下同...間における議員一人当たりの選挙人数に最大一対四・四〇の較差を生ぜしめていた...値)人口に基づく選挙区間における議員一人当たりの人口の較差は最大一対二・九
1 公職選挙法13条1項、同法別表第1、同法附則7項ないし10項の議員定数配分規定は、昭和61年法律第67号による改正により、直近の国勢調査の結果で議員一人当たりの人口の較差が最大1対2.99となったので、前記改正当時既に憲法14条1項に違反していたとはいえないが、平成2年2月18日施行の衆議院議員選挙当時には、議員一人当たりの選挙人数の較差が最大1対3.18に及び、選挙人数が多い選挙区の議員定数が選挙人数の少ない選挙区の議員定数よりも少ないといういわゆる逆転現象が相当数の選挙区について見られるに至ったのであって、このような投票価値の不平等の程度と、前記国勢調査の確定人口の公表後遅くとも3年後には是正の合理的期間を経過したといわざるを得ないこととを総合考慮すると、憲法14条1項に違反して無効であったというべきであるとした事例 2 衆議院議員選挙が憲法14条1項に違反する議員定数配分規定に基づいて行われたことにより違法な場合であっても、選挙を無効とする結果もたらされる不都合等諸般の事情を総合考慮すると、いわゆる事情判決の制度の基礎に存するものと解すべき一般的な法の基本原則に従い、選挙無効の請求を棄却し、当該選挙の違法を宣言するにとどめるのが相当であるとした事例
破棄
る被告人に対する取調べも、「第五期間」と同様に新設の印西警察署に被告人一人...期間」と同様に印西警察署の留置場に被告人一人だけを留置し、厳しい監視状況下...者を留置することはなく、終始、被告人のみ一人が留置された。
警察署の留置場に被告人をことさら一人にして長期間留置し、留置中の動静を厳しく監視するなどしてほとんど連日長時間取り調べた結果得られた自白の任意性に疑いがあるとされた事例
控訴を棄却
り、一人一日に排出するし尿の量は一・二リットルであるから、汲み取り収集によ...年度の本件区域内の計画収集人口五万八八七一人、浄化槽人口は八二二一人、非水...理人口一万六四九一人であり、昭和六一年度の本件区域内の計画収集人口五万八六
同一人がした浄化槽法35条に基づく浄化槽清掃業の許可申請及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成3年法律第95号による改正前)7条に基づく浄化槽汚泥収集運搬業の許可申請に対し、これらをいずれも不許可とした一部事務組合管理者の処分のうち、浄化槽汚泥収集運搬業の不許可処分が、裁量権の逸脱又は濫用があったとは認められないから適法であるとされ、浄化槽清掃業の不許可処分については、前記申請者は、前記のとおり浄化槽汚泥収集運搬業の許可を受けられず、また、その許可のある者と前記汚泥の収集、運搬の委託契約を締結するなどの方策をとらなかったため、し尿浄化槽の清掃の結果引き抜いた汚泥の運搬、処分についての確実な方策をもたないから、業務に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあり、浄化槽法36条2号ホの欠格事由に該当するとして、前記不許可処分が適法とされた事例
棄却
ことに当たるか否か、すなわち、本件土地の共有者の一人が他の共有者にその持分...譲渡した場合は、仮にその後もその土地において同一人によって営農が継続されて
長期営農継続農地に係る固定資産税及び都市計画税の徴収猶予取消処分の取消しを求める請求が、当該農地の共有者の一人が他の共有者にその持分を譲渡した場合は、その後も営農の主体に変更がない場合であっても、農地の一部について所有者の変動が生じたことになり、しかも、共有者全員が共有土地全体の価格を課税標準とする納税義務を連帯して負うことからすると、その納税義務主体たる所有者の同一性が失われることになり、地方税法(平成3年法律第7号による改正前)附則29条の5第1項にいう「引き続き長期営農継続農地として保全」したといえないこととなるから、同条7項の「第一項の規定の適用がないことが明らかとなつたとき」に当たるとして、棄却された事例
棄却
4 そして、右改正の趣旨は、当面の暫定措置として、議員一人当たりの人口較差...の間一人増員して五一二人となり、また、選挙区別議員一人当たりの人口の最高と...員一人当たりの人口の較差が最大一対二・九九(長野三区と神奈川四区)であるこ
1 公職選挙法13条1項、同法別表第1、同法附則7項ないし10項の議員定数配分規定が、平成2年2月18日施行の衆議院議員総選挙当時において、議員一人当たりの選挙人数の最大較差が3.18対1に及んでおり、かつ、人口が多い選挙区の議員定数が人口の少ない選挙区の議員定数よりも少ないといういわゆる逆転現象が相当数の選挙区について見られたとしても、その較差数値の示す投票価値の不平等状態は、その数値のみをとらえれば、違憲とも判断すべき状態にあるといえなくもないが、昭和61年法律第67号による公職選挙法改正の経緯等の事情に徴すると、国会の裁量権の限界として、国会において通常考慮し得る諸般の要素をしん酌してもなお一般に合理性を有するとは考えられない程の著しい不平等状態に達していたとはいえず、いまだ憲法14条1項に違反するとはいえないとされた事例 2 新聞及び週刊誌が選挙期間内に選挙の予想記事を掲載公表したことが公職選挙法1条及び138条の3に違反し、かつ、選挙の結果に異動を及ぼすおそれがあったのに、選挙管理委員会がこれを禁止すべき措置を怠ったことが違法であるとしてされた、同法205条に基づく選挙無効の請求が、前記記事の内容は、同法148条1項が報道機関に保障している選挙の候補者に関する報道、評論に属するものであって、同項ただし書が禁止する表現の自由を濫用して選挙の公正を害するものではないから、選挙に関する人気投票の公表とは異なり、また、新聞社等は、同法205条1項にいう選挙の規定違反の主体たるべき選挙管理執行機関に該当しないとして、棄却された事例
棄却
 <要旨第一>ところで、遺言において被相続人が特定の財産を共同相続人の一人に
一 特定の財産を共同相続人の一人に「相続させる」旨の遺言の法的性質 二 特定の財産を共同相続人の一人に「相続させる」旨の遺言により遺産分割方法の指定がされた場合と所有権取得の効力 三 数筆の土地を共同相続人の一人に相続させる旨分割方法を指定した遺言の後に遺言者がした同土地の合筆及び分筆の登記手続と右遺言との抵触の有無
破棄
明渡請求につき、1 土地の一番根抵当権設定当時土地と地上建物が同一人の所有...でなかった以上、土地と地上建物を同一人が所有するに至って後に一番根抵当権の...が、2 土地の一番根抵当権設定当時土地と地上建物が同一人の所有でなかったと
土地を目的とする一番抵当権設定当時土地と地上建物の所有者が異なつていたが後順位抵当権設定当時同一人の所有に帰していた場合と法定地上権の成否
破棄
二 原審は、右事実関係の下において、共有者の一人が相続人なくして死亡したと... 他方、法二五五条は、「共有者ノ一人カ……相続人ナクシテ死亡シタルトキハ其... したがって、共有者の一人が死亡し、相続人の不存在が確定し、相続債権者や受
共有者の一人が相続人なくして死亡したときとその持分の帰すう
取り消す
1 検定教科書の改訂検定申請に対し不合格処分がされ、その後、同一人が新規検定を経た教科書を著作発行した場合において、著作者が不合格処分がされた図書をなお教科書として出版する意思を有するときは、右新規検定を経た教科書が出版されたことにより訴えの利益が失われたとすることはできないとした事例 2 学習指導要領が改正された場合に、改正前に検定を経た教科書につき改訂検定を受けるための要件 3 改訂検定申請に対する不合格処分の取消しを求める訴えが、その後に学習指導要領が改正されており、右改正による新旧学習指導要領の変動が微小であって審査基準の実質的変更が少ないとはいえず、また、同一科目の教科書について、右指導要領の改正にもかかわらず旧指導要領下で検定を経た教科書を引き続き使用することがやむを得ないとされるような特別の事情も認められないから、右処分の対象となった教科書について改訂検定を受ける余地がなく、また、右不合格処分が副教材等としての採択に影響を及ぼすとしても、それは事実上の不利益にすぎず、訴えの利益を欠くとして、却下された事例
控訴を棄却
人は控訴人一人であると認定している。原判決は、亡Aの相続人を決定する次元で...場合、亡Aの相続人は控訴人一人であるが、これはたまたま同時死亡の推定規定に...より一人になったというだけであるから、免責規定が推定相続人全員に適用される
保険金を受け取るべき者の一人が被保険者を殺害して自己も同時に死亡したと推定されるときにおける他の受取権利者の保険金受取額
棄却
国民各自が有する選挙権は、単に一人一票の原則(選挙資格の平等)が保障されるだけで...一〇月一日現在の各選挙区の議員数、人口数、議員一人当りの人口数は別紙数表7のとお...と、別紙数表612のとおりとなり、議員一人当りの選挙人数は選挙区間で最大一対三・
公職選挙法14条及び同法別表第二の議員定数配分規定が、昭和58年6月26日施行の参議院選挙区選出議員選挙当時において、議員一人当たりの有権者数の最大区と最小区の較差が5.56対1に達しており、かつ、一部選挙区間においていわゆる逆転現象が生じていたとしても、いまだ憲法14条1項、15条1項ないし3項、43条1項、44条ただし書に違反するに至っていたものとはいえないとされた事例
棄却
された人口に基づき、議員一人当たりの人口数を求め、各選挙区の人口を、議員一人当た...昭和五九年一二月一四日の改正前の東京都議会の選挙区、国勢調査人口、定数、議員一人...「議員一人当たりの選挙人数につき選挙区の間で生じ
1 地方公共団体の議会の議員の選挙において、公職選挙法15条7項ただし書によって許される選挙区間における議員一人当たりの人口較差の限度 2 東京都議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区における議員の数に関する条例(昭和44年東京都条例第55号)の一部を改正する条例(昭和59年東京都条例第130号)所定の議員定数配分規定が、昭和60年7月7日の東京都議会議員選挙当時、全体として公職選挙法15条7項に違反するとされた事例 3 東京都議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区における議員の数に関する条例(昭和44年東京都条例第55号)の1部を改正する条例(昭和59年東京都条例第130号)所定の議員定数配分規定に基づいて実施された東京都議会議員選挙について、都議会は、前回実施された都議会議員選挙に関してされた最高裁判所の違法宣言判決後に、議員定数配分規定の是正のため相当程度の努力をしており、しかも、右努力は今後も続けられ、近い将来において適法な議員定数配分規定が定められる可能性が認められるから、行政事件訴訟法31条1項に規定する事情判決の制度の基礎にある法の一般原則に従うべきであるとして、原告らの所属する葛飾区選挙区における選挙を無効とすることを求める請求のうち、右選挙の違法宣言を求める部分を認容し、違法宣言を超えて無効宣言を求める部分を棄却した事例
棄却
張にすぎず(地方裁判所の一人の裁判官が刑訴法二四条によりした忌避申立却下の
地方裁判所の一人の裁判官が刑訴法二四条により忌避申立却下の裁判をした場合とこれに対する不服申立方法
控訴を棄却
間」という。)の一箇月当たりの仕入額を基礎にして、これに利用客一人当たりの...客一人当たりの消費額の伸び率(昭和四四年一月から一二月までと本件課税期間と...被控訴人が利用客一人当たりの消費額の伸び率を算出するにあたつて昭和四四年一
1 カフェー経営者が納入すべき料理飲食等消費税に係る課税標準額を、右カフェーの過年度の仕入実額を基礎とし、これに利用客一人当たりの消費額の伸び率等を適用してした推計方法が合理的であるとされた事例 2 料理飲食等消費税の特別徴収義務者で法人税につき青色申告承認処分を受けている者に対し、推計によって料理飲食等消費税を課することが許されるとした事例
棄却
ろ、かかる申立を適法とするならば、一個の裁判に対し同一人から同一の理由に基
同一の決定に対し同一人が同一理由に基づいて更に抗告を申し立てることの適否
棄却
 なお、同一人につき被告事件の勾留とその余罪である被疑事件の逮捕、勾留とが
同一人につき被告事件の勾留とその余罪である被疑事件の逮捕勾留とが競合している場合における刑訴法三九条三項の接見等の指定権
棄却
が占める平均値(以下「外注費・人件費率」という。)及び青色事業専従者一人当...パーセントを原告の売上金額に乗じて計算した金額から右青色事業専従者一人当た...人件費率及び青色事業専従者一人当たりの平均給与額は別表五2記載のとおりであ
帽子製造業を営む個人の外注費と人件費の合計額を、近接する税務署管内の営業規模がほぼ同じである個人同業者の右合計額の売上金額に占める割合の平均及び青色事業専従者一人当たりの平均給与額に基づいて推計したことが、合理的であるとされた事例
破棄
いてその全額の弁済を請求することができ、譲受人の一人から弁済の請求を受けた
指名債権が二重に譲渡され確定日付のある各譲渡通知が同時に債務者に到達した場合における譲受人の一人からする弁済請求
破棄
人であるから、共同相続人の一人によつて相続持分権を侵害された他の共同相続人... ところで、旧民法下の遺産相続における共同相続人のうちの一人が相続財産のう...定すべき理由はないが、右共同相続人の一人において、自己の本来の持分をこえる
一 旧民法下の遺産相続による共同相続人の一人によつて相続権を侵害された他の共同相続人が右侵害排除を求める場合と相続回復請求権の規定の適用 二 旧民法下の遺産相続による共同相続人の一人によつて相続権を侵害された他の共同相続人の右侵害排除を求める請求について相続回復請求権の規定が適用されるべき一場合
上告を棄却
共同相続人の一人によつて相続権を侵害された他の共同相続人の右侵害排除を求める請求について民法八八四条の適用がないとされた事例
破棄
 ところで、共同相続人のうちの一人が相続財産のうち自己の本来の相続持分をこ...の一人において、自己の本来の持分をこえる部分が他の共同相続人の持分に属する
共同相続人の一人によつて相続権を侵害された他の共同相続人の右侵害排除を求める請求について民法八八四条が適用されるべき事例
166 件中 1/4 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in