2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62198 
刑事22004民事40194
判事事項
一事例
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
848 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
控訴を棄却
斡旋贈収賄罪を構成する一事例
上告を棄却
全日本自由労働組合員らが職業安定所長に対して行つた交渉が、使用者対被使用者という関係を前提とする団体交渉権の行使に該当しないとされた一事例
破棄
刑訴法四一一条二号にあたる一事例
破棄
がん具のモデルガンを改造したものが銃砲刀剣類所持等取締法所定の「けん銃」にあたるとされた一事例
破棄
判決宣告に際し一旦朗読を終了した主文の内容を変更して更に告知し直すことが違法でないとされた一事例
破棄
刑事訴訟法三七八条三号後段に該当する一事例
破棄
建物賃借権者につき占有による自救行為を認めた一事例
控訴を棄却
一、 昭和二五年東京都条例第四四号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例第一条の集団示威運動に関する規定の対象である場所に該当する一事例 二、 右規定の対象である場所とその管理権
破棄
合、その原因は色々あるにしても、要するに、最悪の経過をたどつた一事例とみる
因果関係の存在を否定した一事例
破棄
一、 刑法第二〇八条の二の一項の解釈 二、 前同条同項にいわゆる兇器にあたる一事例 三、 前同条同項前段所定の兇器準備集合罪の成立する一事例
控訴を棄却
一、 映倫審査を通過した映画の上映についてわいせつ性を認めた一事例 (いわゆる映画「黒い雪」事件) 二、 映画のわいせつ性を判断するにさいし文書のそれと対比してとくに 考慮すべき事項 三、 わいせつ映画の上映について犯意を欠く一事例
破棄
現行犯逮捕に際し実施された捜索差押が違法でないとされた一事例
控訴を棄却
一、 軽犯罪法第一条第三三号前段と憲法第二一条との関係 二、 右軽犯罪法の法規にいわゆる「みだりに」他人の工作物にばり札をするの意義 三、 右軽犯罪法の法規違反に該当する一事例
控訴を棄却
弁護士法第七二条に違反する一事例
破棄
一、 タクシー会社の労働争議の際組合員が会社所有の自動車の車輪を撤去する行為と労働組合法第一条第二項但書の暴力の行使 二、 右労働争議の際組合員が会社所有の車検とキイの抑留を継続する行為と威力業務妨害罪の成否 三、 争議行為の正当性の限界を越えた争議手段の一事例
破棄
一、 昭和四〇年法律第六九号による改正前の国家公務員法第一一〇条第一項第一七号にいわゆる「あおり」行為及びあおりを「企てた」行為の意義 二、 あおり行為を「企てた」場合にあたる一事例 三、 「あおり」行為にあたる一事例 四、 非現業の国家公務員の組織する団体ないし組合の行なう争議行為について政治的目的を有するものと解すべき一事例
夫婦の一方を相手方とした金銭給付訴訟において夫婦の他方の補助参加を許した一事例
控訴を棄却
一、 昭和二五年東京都条例第四四号「集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例」第一条の集団示威運動に関する規定は屋外の公共の場所における該運動のみを対象とするか 二、 右規定の対象たる場所に該当する一事例
破棄
業務上過失致死傷罪について罪となるべき事実の判示が不備であるとして破棄差戻をした一事例
破棄
居直りによる強盗殺人と認定された一事例
取り消す
代金支払遅延を理由としてした国の国有財産売払契約の解除が信義則に反するとされた一事例
控訴を棄却
国道の管理に瑕疵があつたとして国家賠償法第二条を適用した一事例
控訴を棄却
軽犯罪法第一条第三二号の適用が認められた一事例
破棄
強盗傷人罪の暴行にあたる一事例
破棄
道路交通法第七二条第一項後段にいわゆる物の損壊にあたる一事例
控訴を棄却
麻薬取締法にいう麻薬中毒の判断基準を示した一事例
破棄
訴因の変更を促しまたはこれを命じないことが審理不尽となる一事例
控訴を棄却
登記の欠缺を主張し得ないいわゆる「背信的悪意者」と認むべき一事例
控訴を棄却
いわゆる「信頼の原則」を適用して交差点を右折せんとする自動車運転者に後方の安全確認の注意義務がないとした一事例
破棄
酩酊運転の罪と業務上過失致死の罪が刑法第五四条第一項前段の想像的競合に当るとされた一事例 ○判決要旨 業務上過失致死事件において酩酊運転以外に過失の存在を認めることができない場合には、一個の行為で道路交通法第一一七条の二第一号違反の酩酊運転の罪名と業務上過失致死の罪名に触れるものと解するのが相当である。
控訴を棄却
強度の精神薄弱(痴愚)の状態にある婦女に対する姦淫が準強姦に当るとした一事例
棄却
一、 有限会社取締役が有限会社法第三〇条ノ三により第三者に対し賠償責任を負う一事例 二、 右損害賠償の遅延損害金の起算点
破棄
一、 器物損壊罪の告訴権者に該当する一事例 二、 境界毀損罪の成立する一事例
控訴を棄却
夜間警手不在の専用軌道踏切内で消火作業に従事中の消防自動車と電車との衝突事故につき電車運転者の過失を認めた一事例
控訴を棄却
郵便法第八〇条第二項国家公務員法第一〇九条第一二号各違反の罪の成立する一事例
破棄
道路交通法第七二条第一項前段違反の事実につき錯誤がある場合の一事例
破棄
公職選挙法第138条第1項の戸別訪問にあたる一事例
控訴を棄却
労働組合が右組合の決議違反を理由としてなした所属組合員に対する懲戒処分を無効と認めた一事例
破棄
背任罪の成立する一事例
取り消す
候補者の何人を記載したかを確認し難いものとして無効投票とされた一事例
取り消す
民法第九四条第二項の類推適用を認めた一事例
棄却
正当事由に基づく家屋賃貸借契約の解約申入れを認めた一事例
控訴を棄却
民法第七〇九条の過失責任を認めた一事例
破棄
因果関係の認められる一事例
控訴を棄却
業務上過失傷害罪の成立する一事例
848 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in