2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
食糧管理法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
食糧管理法の判決統計
44
1
0
0
85 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
控訴を棄却
増設)許可申請一覧表記載の各申請日に食糧管理法に基づいて被控訴人に対してな...(一) 米穀小売業につき都道府県知事による許可制度を採用した食糧管理法八条...ノ三の規定及びこの許可の要件を定めた食糧管理法施行令(以下「施行令」とい
1 米穀小売販売業の分店設置許可申請に対して県知事のした不許可処分につき、同許可申請が食糧管理法施行令(昭和22年政令第330号、昭和63年政令第315号による改正前)5条の12第1項6号所定の年間販売見込数量に関する要件を充足していたとは認められないから、前記不許可処分は違法ではないとした事例 2 米穀小売業につき許可制度及びその許可の要件を定めた食糧管理法8条の3、同法施行令(昭和22年政令第330号、昭和63年政令第315号による改正前)5条の12、同法施行規則(昭和57年農林水産省令第1号、昭和63年農林水産省令第20号による改正前)55条と憲法22条1項
棄却
葉県知事から食糧管理法(以下「法」という。)八条ノ三第一項の米穀の小売業の...穀の輸入は許可を要しないものとし、これを受けて食糧管理法の施行に関する件
1 食糧管理法11条1項に基づく米穀輸入許可処分と裁判所の審査 2 農林水産大臣が、船用品供給業者からの食糧管理法11条1項に基づく米穀輸入許可申請を不許可とした処分につき、農林水産大臣が、輸入を認めるべき必要性をさほど重視せず、輸入を認めた場合の国内産米の需給等への影響を重視して決定したことに、裁量権の逸脱、濫用は認められないとした事例
控訴を棄却
業者登録制は、昭和五六年六月一一日公布の「食糧管理法の一部を改正する法律 」
食糧管理法(昭和56年法律第81号による改正前)の定める米穀小売販売業者の新規登録に関し、原告らと競願関係にあった3名の者に対する業者登録処分の無効確認及び原告らの右登録申請に対する被告の不作為の違法確認を求める訴えが、右法律改正の結果、米穀小売販売業者の登録制度が廃止され、米穀小売業を営むについては新たに都道府県知事の許可を受けることが必要となったことにより、訴えの利益を欠くに至ったとされた事例
却下
原告らが、それぞれ被告に対し、昭和五六年二月一八日食糧管理法施行規則二二条一項に...被告は食糧管理法の定める米穀小売販売業者の登録処分をなす権限を有するもの...米穀の販売を行う者については、従来食糧管理法八条ノ二の規定に基づく販売業
食糧管理法(昭和56年法律第81号による改正前)の定める米穀小売販売業者の新規登録に関し、原告らと競願関係にあった3名の者に対する業者登録処分の無効確認及び原告らの右登録申請に対する被告の不作為の違法確認を求める訴えが、右法律改正の結果、米穀小売販業者の登録制度が廃止され、米穀小売業を営むについては新たに都道府県知事の許可を受けることが必要となったことにより、訴えの利益を欠くに至ったとされた事例
棄却
一、(食糧管理法(以下食管法と略称)三条二項違反について)暫定加算は時期別...にもなり、このような不平等の職権は憲法及び食糧管理法の趣旨からみて政府の説
1 食糧管理法3条の規定に基づく米穀の生産者の政府に対する米穀の売渡し及び政府の買入行為の法的性質 2 農林大臣が昭和43年産米穀の政府買入価格の決定に際し、時期別格差制度の廃止の地域農業経済に及ぼす影響を緩和するために講じた暫定加算の措置が、裁量の範囲を逸脱したものとは認められないとした事例 3 昭和43年産米穀の政府買入価格を定める農林省告示(昭和43年8月21日付同省告示第1291号)は、行政事件訴訟法3条2項にいう「行政庁の処分」に当たるとした事例 4 特定の地域の農業経済の事情は食糧管理法3条2項にいう「其ノ他ノ経済事情」に当たるとした事例
棄却
(一) 食糧管理法(以下「食管法」という)。三条二項の規定によれば、米穀の
1 食糧管理法3条の規定に基づく米穀の生産者の政府に対する米穀の売渡し及び政府の買入行為の法的性質 2 農林大臣が昭和43年産米穀の政府買入価格の決定に際し、時期別格差制度の廃止の地域農業経済に及ぼす影響を緩和するために講じた暫定加算の措置が、裁量の範囲を逸脱したものとは認められないとした事例 3 昭和43年産米穀の政府買入価格を定める農林省告示(昭和43年8月21日付農林省告示第1291号)は行政事件訴訟法3条2項にいう「行政庁の処分」に当たるとした事例 4 特定の地域の農業経済の事情は食糧管理法3条2項にいう「其ノ他ノ経済事情」に当たるとした事例
上告を棄却
土地と米一斗および金四〇〇〇円とをもつてする売買および交換の混合契約が食糧管理法に違背する違法があつてもこれを理由として契約の無効を主張することが信義誠実の原則に反し許されないとされた事例
上告を棄却
反及び量刑不当の主張に帰し、刑訴四〇五条の上告理由に当らない。(食糧管理法
食糧管理法第三一条第九条該当の罪と刑法第一九条の適用。
破棄
決が本件につき適用した食糧管理法施行規則四〇条にいわゆる「食糧管理法又は同...わなければならない。従つて、被告人D酒造株式会社も食糧管理法三七条による責
一 食糧管理法施行規則第四〇条の趣旨 二 清酒製造に従事する使用人の食用に供するため米穀を政府以外の者から買い受ける行為と食糧管理法施行規則第四〇条の適用の有無
上告を棄却
主食の所有者が貯蔵するためにこれを輸送の委託をする場合と食糧管理法施行規則第四七条
上告を棄却
〇五条の上告理由に当らない。そして、本件ビルマ米が所論のごとく食糧管理法四...て食糧管理法の統制の枠外に置かれて自由な取引を許容されるものと解することは...そして、原判決が本件ビルマ米を食糧管理法二条の米穀に該当するものとしたのは、
通達に基き払下げられたビルマ米と食糧管理法の適用
上告を棄却
外水粳玄米に該当する玄米で、食糧管理法の適用を受けるものである旨の判示は、
農産物規格規程上「規格外水粳玄米」に該当する玄米と食糧管理法の適用。
上告を棄却
 食糧管理法九条一項にいう「譲渡其ノ他ノ処分」の中には、譲受や買受をも含む
食糧管理法第九条第一項にいう「譲渡其ノ他ノ処分」の意義
上告を棄却
粳精米)が食糧管理法の対象となるものであるかどうかに付考察すると、本件ビル...マ米は、同法二条所定の米穀に該当し、前記農林省告示(本件当時の食糧管理法の...なお右原料米は、すべて、食糧管理法の対象であるもので、知事は他用途に流用又
いわゆる黄変米と食糧管理法の適用
上告を棄却
及び判例違反をいうが、原判決の俗に荷粉米という粳外米が食糧管理法二条にいわ
俗に荷粉米という粳外米は食糧管理法第二条にいわゆる米穀にあたるか
上告を棄却
食糧管理法施行令第五条の五と同令第八条、同法施行規則第三九条との関係
上告を棄却
 食糧管理法九条一項にいう「譲渡其ノ他ノ処分」の中には、譲受や買受をも含む
食糧管理法第九条第一項にいう「譲渡其ノ他ノ処分」の意義
上告を棄却
食糧管理法第二条にいう主要食糧たる米穀
上告を棄却
 論旨第一、二、三点を通じて本件等外玄米は食糧管理法上の米穀に該当しないこ...である。所論違憲の主張は、等外玄米も食糧管理法にいわゆる米穀に該当する以上、
等外玄米と食糧管理法上の米穀
上告を棄却
反の主張であつて、刑訴四〇五条の上告理由に当らない。(所論食糧管理法施行規
食糧管理法施行規則第四七条の法定の除外事由と刑訴法第三三五条第二項。
上告を棄却
   論旨は、食糧管理法が消費者の米穀類の買い受け行為を黙過して処罰の対象...て食糧管理法施行令六条は、政府以外の者は所定の除外事由がある場合のほか、何...別せず、何人でも右規定に違反すれば食糧管理法九条一項三一条によつて処罰され
食糧管理法施行令第六条の法意
上告を棄却
 所論のいわゆる余剰米といえども、所論食糧管理法九条一項同施行令六条適用の
一 供出完了後のいわゆる余剰米に関する食糧管理法第九条第一項、同施行令第六条の適用の合憲性 二 食糧管理法違反罪における買受米の換価金の没収 三 懲役と罰金とを併科し、更に附加刑として換価金の没収を科することの可否
上告を棄却
 所論食糧管理法、同法施行令及び同法施行規則の各規定が、憲法二五条の規定に
食糧管理法、同法施行令及び同法施行規則の合憲性
上告を棄却
であつても、食糧管理法の適用を受けるものと解すべきである)、被告人本人の上
不合格品として政府が買上げることを拒否した米穀と食糧管理法適用の有無
上告を棄却
至つたが、右指示に基づかないで売り渡す場合は、食糧管理法施行令一〇条違反の...値とを有するものと認定し、従つて食糧管理法二条所定の米穀に当りその販売、譲
食糧管理法施行令第一〇条違反罪の成立すべき場合
上告を棄却
 弁護人渡部信男の上告趣意第一点は違憲をいうが、食糧管理法が憲法二二条違反
食糧管理法は憲法第二二条に違反するか
上告を棄却
効たると否とを問わず、第一審判決に示す法条(食糧管理法施行令八条、同施行規...護人裾分の上告趣意一は単なる法令違反の主張であり(本件のような食糧管理法三
一 主要食糧の闇売買における私法上の効果の有無と食糧管理法違反罪の成否 二 食糧管理法第三一条と刑法第一九条の適用
上告を棄却
食の輸送が罪とならない場合は、食糧管理法施行規則四七条に列挙している場合に
主食の借用に伴いこれを輸送する場合と食糧管理法施行規則第四七条
破棄
 食糧管理法は国民食糧の確保及び国民経済の安定を図るため食糧を管理しその需...これと同一方法により配給又は価格決定がされるものではないが、食糧管理法並に...米は荷粉米であることにかかわりなく食糧管理法第二条にいわゆる米穀にあたるも
俗に荷粉米という粳外米は食糧管理法第二条にいわゆる米穀にあたるか
控訴を棄却
酒造を業とする被告人において自己の買い受けた粳玄米を酒造職人の食糧に充当する行為と食糧管理法施行規則第四〇条違反罪の成立
上告を棄却
決、集四巻二号七三頁参照)とするところである。また食糧管理法九条は、主要食... 食糧管理法九条一項は、命令に委任する範囲として、「主要食糧ノ公正且適正ナ... 所論三及び四について。 所論三は、食糧管理法施行規則が違憲無効であるという見解を前提とし、事実誤
食糧管理法第九条第一項と同法施行令第八条との関係
上告を棄却
なお食糧管理法九条にいう譲渡その他の処分の中には売買をも含むものと解するの
食糧管理法施行令第七条及び同法施行規則第四〇条は同法第九条による委任の範囲内に属するか
上告を棄却
審院判例は、本件のような賍物故買と食糧管理法違反の案件には、適切でない。そ...た食糧管理法違反の罪とは、その犯罪取締の目的とその法益とを異にするものであ
贓物たる粳籾を故買した罪とこれを運搬移動した食糧管理法違反の罪とは牽連犯か併合罪か
上告を棄却
海水に浸潰して供出には適しないが食糧には供し得る玄米の売渡と食糧管理法違反罪の成立。
破棄
事実について、食糧管理法施行規則第三十七条(昭和二十七年農林、運輸省令第三...し、且つこれを綜合的に考察し、なお食糧管理法第九条に基く一連の法規が、米穀...米穀の処分行為をも広く之を規制せんとする趣旨であるから、食糧管理法第九条、
供出割当のない転落農家の米穀譲渡に対する食糧管理法施行規則の該当法条
上告を棄却
 弁護人宮田光秀の上告趣意第一点は、憲法違反をいうが、所論食糧管理法施行令
食糧管理法施行令第八条にいわゆる所有者の意義
棄却
昭和二十六年度産米につき食糧管理法第三条の規定により割当を受けた数量の米を...認定しているので<要旨>はないのである。即ち原判決は食糧管理法施行規則第三十...主から借主に移転する場合であるから、食糧管理法施行規則第三十八条の適用に当
所有権の移転を伴う米穀の引渡と食糧管理法施行規則第三八条にいわゆる譲渡
上告を棄却
 弁護人前田茂の上告趣意第一点は結局食糧管理法九条の解釈を争うものであるが、
食糧管理法第九条の法意
破棄
 本件において、食糧管理法第一条は「本法ハ国民食糧ノ確保及国民経済ノ安定ヲ... なお、食糧管理法の目的は前記の如く国民全般の食生活その他一切の経済生活を...安定確保すること即ち公共の福祉にあるから、前記食糧管理法関係法規は所論の憲
食糧管理法第九条第一項と憲法第三一条
破棄
たもの」と認定し、これに食糧管理法第九条、第三十一条、同法施行令第十一条、...同法施行規則第四十七条を適用処断したのである。しかし食糧管理法第九条やその...あるが、その行為は主要食糧の公正な配給を確保するという食糧管理法の目的を阻
生産者のする自家収納または精米のための主要食糧の運搬と食糧管理法令にいわゆる主要食糧の移動または輸送
控訴を棄却
避難行為として食糧管理法違反の罪を免責せられるものではない。然るに本件に於
一、 県請負工事の遂行に必要な人夫の飯米補給のための倉糧買入と緊急避難 二、 買主の同一性に関する売主の錯誤と食糧管理法違反罪の成立
上告を棄却
当らない。(食糧管理法施行規則二九条で農林大臣が主要食糧の輸送の委託若しく...適正な配給を確保し食糧管理法の目的を遂行するための必要に出たものである。さ...に該当すること勿論であり、原判決には所論のような違法はない。また食糧管理法
食糧管理法施行規則第二九条(改正前のもの)にいわゆる「輸送」の意義
控訴を棄却
が如き規定は食糧管理法上全然なく食糧管理法の建前としては割当数量が実収高を...年一二月七日最高裁判所判決参照)所論の食糧管理法施行規則第三条の二は...が未完了になつたとて食糧管理法に触れるというのであつては憲法に保障する基本
食糧管理法施行規則第三条の二と保有優先
棄却
受に当るものと解すべきを相当とし、また斯く解してこそ、食糧管理法が国民食糧
成熟した立毛の状態の大麦の売渡買受と食糧管理法令適用の有無
破棄
 本件犯行当時の食糧管理法施行規則第一条によれば、市町村長は米の生産者にそ... 食糧管理法による米穀供出の割当数量が、実収高以上である場合には、この実収... 食糧管理法による米穀供出の割当数量が実収高以上である場合には、この実収高
一 食糧管理法施行規則(昭和二二年八月一二日農林省令第六八号による改正前のもの)第一条の市町村長のなす米麦供出割当数量の通知方法 二 米麦不供出罪の審判と右通知が公示されたか否かの審理の要否 三 米麦の供出割当数量が実収高を超えるとの主張と旧刑訴法第三六〇条第二項の主張
上告を棄却
 しかし、食糧管理法三条一項違反の生産米不供出の罪は、定められた割当数量相...大法廷判決)原判決には所論の如く、食糧管理法令の適用を誤つた違法はない。従...範囲内であることは明白である。ところで本件犯罪当時における食糧管理法一条一
一 市町村長の供米期日通知の欠缺と食糧管理法第三条第一項違反の生産米不供出罪成立 二 供米数量の割当と供出義務
控訴を棄却
 次に、めん類及びパンが食糧管理法第二条に規定する、いわゆる主要食糧である...ことは食糧管理法施行令第<要旨>一条の規定を俟つて初めて知り得るものであるこ...第一〇条であつて、右食糧管理法施行令第一条のごとき、主要食糧の何であるかを
食糧緊急措置令第一〇条による主要食糧不正受配の法令の適用として食糧管理法施行令第一条摘示の要否
上告を棄却
 本件行為の食糧管理法九条は「政府ハ特ニ必要アリト認ムルトキハ政令ノ定ムル...る。本件の場合において食糧管理法九条から枠を定める委任を受けた政令(食糧管...令、食糧管理法施行規則二九条)は、この枠の範囲内において法律の委任に従つて
一 食糧管理法施行規則第二九条と法律の委任 二 食糧管理法第九条と食糧管理法施行令第一一条及び同法施行規則第二九条との関係
破棄
     本件公訴事実のうち、食糧管理法違反の点及び物価統制令違反の点はい...食糧管理法第九条第三十一条同法施行令第十一条同法施行規則第二十九条(昭和二...の所為に対し食糧管理法第九条第三十一条同法施行令第十三条昭和二十三年八月十
一、 政令に基かない食糧管理法施行細則の無効 二、 賄賂を第三者の実力支配内に置く場合と賄賂供与罪の成立
上告を棄却
しも甘藷澱粉を食糧管理法の条項に違反して運搬する手段としてなされるものとい...うことはできない上、甘藷澱粉の恐喝とそれを食糧管理法に違反して不法に運搬す...と食糧管理法違反の罪とを併合罪として処断したことは正当である。論旨は理由が
一 公判調書における証拠調をした書類の表示方と「各聴取書」との表示の意義 二 甘藷澱粉の恐喝罪と之を運搬した食糧管理法違反罪との関係
85 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in