2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61910 
刑事21947民事39963
法律
鉄道営業法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
10 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
 鉄道営業法一一条ノ二第二項及び鉄道運輸規程七三条二号は、商法五七八条の特...適法に確定した事実関係のもとにおいて、被上告人が鉄道営業法及び鉄道運輸規程
鉄道営業法一一条ノ二第二項及び鉄道運輸規程七三条二号と商法五七八条との関係
上告を棄却
の本件各所為につき、鉄道営業法三五条及び刑法一三〇条後段の各規定を適用して... なお、鉄道営業法三五条にいう「鉄道地」とは、鉄道の営業主体が所有又は管理...る第一審判決の認定するところによれば、被告人四名の本件各所為が鉄道営業法違
一 鉄道営業法三五条及び刑法一三〇条後段を適用しても憲法二一条一項に違反しないとされた事例 二 鉄道営業法三五条にいう「鉄道地」の意義 三 刑法一三〇条にいう「人ノ看守スル建造物」の意義 四 鉄道営業法三五条にいう「鉄道地」及び刑法一三〇条にいう「人ノ看守スル建造物」にあたるとされた事例
破棄
てさえ厳格な要件が定められていること等から考えると、鉄道営業法四二条一項に... まず、鉄道営業法四二条一項は、旅客、公衆が停車場その他鉄道地内にみだりに...認めている。)。そして、鉄道営業法四二条一項の規定により、鉄道係員が当該旅
一、勤労者の争議行為に際して行なわれた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 二、A労働組合員らの争議行為の際における信号所侵入行為が刑法上の違法性を欠くものでなくその刑事責任を問うことが憲法二八条に違反しないとされた事例 三、鉄道営業法四二条一項により鉄道係員が旅客公衆を車外または鉄道地外に退去させるにあたり必要最少限度の強制力を用いることの可否と憲法三一条 四、旧「鉄道公安職員基本規程」(昭和二四年一一月一八日総裁達四六六号)三条、五条(現「鉄道公安職員基本規程(管理規程)」(昭和三九年四月一日総裁達一六〇号)二条、四条)に定める鉄道公安職員の鉄道施設警備等の職務と公務執行妨害罪における公務 五、A労働組合員らの争議行為の際におけるてこ扱所二階の信号所への立入り、同所に通ずる階段へのすわり込みが鉄道営業法三七条、四二条一項三号にいう公衆がみだりに鉄道地内に立ち入つた場合にあたるとされた事例 六、鉄道公安職員がてこ扱所二階の信号所に立ち入り同所に通ずる階段にすわり込んだA労働組合員らを鉄道営業法四二条一項により退去させる場合に許される強制力行使の程度
上告を棄却
館宿泊の勧誘をした鉄道営業法三五条違反の罪とが、併合罪の関係にあるとして処
軽犯罪法第一条第三二号違反の罪と鉄道営業法第三五条違反の罪との罪数関係
上告を棄却
立ち入る行為が、軽犯罪法一条三二号違反の罪と鉄道営業法三七条違反の罪との一
軽犯罪法第一条第三二号違反の罪と鉄道営業法第三七条違反の罪との罪数関係
控訴を棄却
 所論は、要するに、原判決は鉄道営業法第二十五条は抽象的危殆犯を規定したも... <要旨>しかし、鉄道営業法第二十五条に「鉄道係員職務上ノ義務ニ違背シ又ハ職... そこで本件について鉄道営業法第二十五条に該当する事実の存否について調査し
鉄道営業法第二五条の法意
控訴を棄却
入つた場所が駅長の看守しない建造物であるとしても、右場所は鉄道営業法第三十...所為については法条競合により右鉄道営業法第三十七条の規定を適用すべきであ...の右規定に触れるものというべきである。もつとも鉄道営業法第三十七条は「停車
一、 刑法第一三〇条にいわゆる看守があるとは認め難い事例 二、 軽犯罪法第一条第三二号と鉄道営業法第三七条との関係
破棄
規程第三条及び鉄道営業法第四十二条第一項第三号、第三十七条により鉄道公安職...によるピケ排除の職務権限は引出せない。又鉄道営業法第四十二条の退去せしむる...から、ピケツト隊員は鉄道営業法第四十二条第一項第三号、第三十七条により、妄
一、 鉄道公安職員は鉄道営業法第四二条第一項の「鉄道係員」にあたるか 二、 不法な目的で鉄道地内に立入つたりなどした鉄道職員と鉄道営業法第四二条第一項の「旅客及公衆」 三、 鉄道営業法第四二条第一項にいわゆる「退去セシムルコトヲ得」の意義および憲法第三一条との関係
上告を棄却
ではなく、特別法である鉄道営業法三八条を適用すべきものであると主張する。し...かし、刑法九五条と鉄道営業法三八条とは、互に交錯するところはあるが、一般法・
一 上告申立をした原審弁護人がその資格で提出した上告趣意書の効力 二 上告趣意書提出期間後に上告審の弁護届を提出した原審弁護人が右期間内に提出した上告趣意書の効力 三 刑法第九五条と鉄道営業法第三八条との関係
控訴を棄却
めていたこと、右所為は鉄道営業法第三十五条に違反するものであるが、被告人が...下車させ、前示鉄道営業法違反の事実等につき被告人を取調の為同駅ホームの運転...示鉄道営業法違反の現行犯人が逃走の虞あるものとしてこれを逮捕しようとしたと
一、 鉄道営業法違反の現行犯人を逮捕しようとした鉄道公安職員に対する右犯人の暴行と公務執行妨害罪の成否 二、 刑法第九五条と鉄道営業法第三八条の関係
10 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in