2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61983 
刑事21960民事40023
法律
鉄道事業法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
12 件中 1/1 ぺージ
棄却
国土交通大臣は,鉄道事業法23条1項4号に基づき,A株式会社及びB...国土交通大臣は,鉄道事業法16条5項1号及び同法23条1項1号に基...国土交通大臣は,鉄道事業法16条5項1号及び同法23条1項1号に基
1 鉄道事業法16条1項(平成11年法律第49号による改正前のものを含む)に基づく鉄道旅客運賃認可処分の取消し又は同処分の無効確認及び同法16条5項1号に基づく前記運賃の変更命令又は同法23条1項1号に基づく前記運賃上限の変更命令の義務付けを求める各訴えにつき、居住地から職場や学校等への日々の通勤や通学等の手段として反復継続して日常的に前記鉄道事業に係る鉄道を利用している者らの原告適格が肯定された事例 2 居住地から職場や学校等への日々の通勤や通学等の手段として反復継続して日常的に鉄道を利用している者らがした、鉄道事業法16条5項1号に基づく旅客運賃の変更命令又は同法23条1項1号に基づく旅客運賃上限の変更命令の義務付けを求める訴えが、行政事件訴訟法37条の2第1項にいう「重大な損害を生ずるおそれ」の要件を満たし適法とされた事例 3 鉄道運賃変更認可処分の無効確認請求が、同処分に鉄道事業法(平成11年法律第49号による改正前)16条2項1号又は2号の規定する認可要件に違反する違法があるとは認められないとして、棄却された事例
却下
国土交通大臣が鉄道事業法23条1項4号に基づきP2株式会社及びP...国土交通大臣が鉄道事業法16条5項1号及び同法23条1項1号に基...国土交通大臣は,鉄道事業法23条1項4号に基づき,P1株式会社及びP
1 鉄道事業法16条1項(平成11年法律第49号による改正前のものを含む)に基づく鉄道旅客運賃認可処分の取消し又は同処分の無効確認及び同法16条5項1号に基づく前記運賃の変更命令又は同法23条1項1号に基づく前記運賃上限の変更命令の義務付けを求める各訴えにつき、居住地から職場や学校等への日々の通勤や通学等の手段として反復継続して日常的に前記鉄道事業に係る鉄道を利用している者らの原告適格が肯定された事例 2 居住地から職場や学校等への日々の通勤や通学等の手段として反復継続して日常的に鉄道を利用している者らがした、鉄道事業法16条5項1号に基づく旅客運賃の変更命令又は同法23条1項1号に基づく旅客運賃上限の変更命令の義務付けを求める訴えが、行政事件訴訟法37条の2第1項にいう「重大な損害を生ずるおそれ」の要件を満たし適法とされた事例 3 鉄道運賃変更認可処分の無効確認請求が、同処分に鉄道事業法(平成11年法律第49号による改正前)16条2項1号又は2号の規定する認可要件に違反する違法があるとは認められないとして、棄却された事例
却下
の変更の認可を受け,さらに,平成4年3月10日には,鉄道事業法(平...係法施行法1301条1項,同法附則1条,鉄道事業法12条4項,10...P1は,平成16年10月5日,鉄道事業法17条に基づき,本件鉄道施
1 鉄道線路の一定区間を高架複々線化する鉄道施設変更工事について、地方運輸局長が7年の間にした鉄道事業法10条2項に基づく各完成検査合格処分の取消しを求める訴えが、いずれも却下された事例 2 地方運輸局長がした、鉄道事業法17条に基づく運行計画の変更の届出の受理行為が、取消訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例 3 鉄道施設変更工事により完成した高架鉄道施設に、鉄道運送事業者が鉄道を複々線で走行させることを許す地方運輸局長が行う一切の処分の差止めを求める訴えが、却下された事例
棄却
被控訴人が平成15年1月23日付けでA株式会社に対してした鉄道事業法...忍限度を超える騒音被害を生じさせるものであって,鉄道事業法(以下「事業
1 鉄道の計画予定地の近隣住民らが提起した、鉄道事業法8条2項に基づき国土交通大臣がした前記鉄道の工事施行認可処分の取消請求につき、市の環境条例に基づく環境影響評価手続において対象事業に係る環境影響を受ける範囲であると認められた関係地域内に居住又は勤務する住民らの原告適格が認められた事例 2 鉄道の計画予定地の近隣住民らが提起した、鉄道事業法8条2項に基づき国土交通大臣がした前記鉄道の工事施行認可処分の取消請求が、棄却された事例
却下
鉄道」という。)に対してした鉄道事業法(以下「事業法」という。)8条2...事業基本計画とは,鉄道事業の種別ごとに,鉄道事業法施行規則(昭和6
1 鉄道の計画予定地の近隣住民らが提起した、鉄道事業法8条2項に基づき国土交通大臣がした前記鉄道の工事施行認可処分の取消請求について、市の環境条例に基づく環境影響評価手続において対象事業に係る環境影響を受ける範囲であると認められた関係地域内に居住又は勤務する住民らには原告適格が認められるとされた事例 2 鉄道の計画予定地の近隣住民らが提起した、鉄道事業法8条2項に基づき国土交通大臣がした前記鉄道の工事施行認可処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
2005年日本国際博覧会(愛知万博)会場間ゴンドラリフトの設置に際し、運輸局長が鉄道事業法32条に基づいてした索道事業許可処分の取消しの訴えにつき、索道施設から100メートルないし11キロメートル離れた場所に居住する者らの原告適格を否定した事例
却下
 被告は,鉄道事業法(平成15年法律第96号による改正前のもの。以下「法」...ともいう。)64条及び鉄道事業法施行規則(平成16年国土交通省令第1号によ...(2) 鉄道事業法等の保護する利益
2005年日本国際博覧会(愛知万博)会場間ゴンドラリフトの設置に際し、運輸局長が鉄道事業法32条に基づいてした索道事業許可処分の取消しの訴えにつき、索道施設から100メートルないし11キロメートル離れた場所に居住する者らの原告適格を否定した事例
却下
1 鉄道事業法について...(一) 鉄道事業法(以下「法」という。)は、一条で目的を掲げ、「この法律
鉄道事業の旅客運賃の値上げ等を内容とする鉄道事業法16条に基づく鉄道旅客運賃変更認可処分の取消を求める訴えにつき、前記鉄道事業に係る鉄道の沿線に居住し、同鉄道を利用している者らの原告適格が否定された事例
控訴を棄却
2 同一七頁一行目の次に行を変えて「4さらに、鉄道事業法が保護している利益...主張の各法規から、本件処分の根拠となった鉄道事業法九条が一般公益を保護する...関するもの)を保護しているからといって、鉄道事業法も鉄道の周辺住民の個別的
鉄道事業法9条1項に基づく鉄道施設工事計画の変更認可の取消しを求めて当該施設予定地の周辺住民らがした審査請求を却下した運輸大臣の裁決が、当該周辺住民らは不服申立人適格を有しないとして、適法とされた事例
却下
2 被告は、平成三年四月五日、鉄道事業法(昭和六一年法律第九二号・以下
鉄道事業法9条1項に基づく鉄道施設工事計画の変更認可の取消しを求めて当該施設予定地の周辺住民らがした審査請求を却下した運輸大臣の裁決が、当該周辺住民らは不服申立人適格を有しないとして、適法とされた事例
控訴を棄却
浜高速鉄道が経営を計画しているMM21線と称する鉄道事業について鉄道事業法
一般住民のした鉄道事業法3条に基づく第一種鉄道事業免許の取消しを求める訴えが、同免許は、事業者に対し経営を計画している路線の鉄道事業の免許を付与したというにとどまり、処分本来の効果としてはもとより、処分の必然的な結果として既設の鉄道路線の廃止、変更を生じさせる性質のものではなく、仮に、既設路線廃止を前提に前記免許の申請がされているとしても、別に運輸大臣の許可を得ない限りそのような結果を招来させることはあり得ないとして、その取消しを求める法律上の利益がないとの理由で却下された事例
却下
被告は、平成二年四月一九日、横浜高速鉄道に対し、鉄道事業法三条に基づく第一...けだし、鉄道事業法並びにその他の関連法規を見ても、同法を基本とする法体系に...者集団がもつ一般的公益にすぎないからである。すなわち、鉄道事業法は、その第
一般住民のした鉄道事業法3条に基づく第一種鉄道事業免許の取消しを求める訴えが、同免許は事業者に対し申請に係る鉄道事業を経営する権利を設定するにとどまるところ、同免許本来の効果により自己の権利ないし法律上の利益が侵害されるおそれのあることについて主張立証がなく、また、仮に、当該免許と他の鉄道事業者による既設路線の廃止変更との間に法律上何らかの関連性があり、既設路線の一部廃止によって同線を利用できるという利益が侵害されるおそれがあるとしても、それは不特定多数の利用者集団の一般的利益にとどまり、法律上保護された個人の個別的利益ということはできないとして、却下された事例
12 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in