裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62373 
刑事22064民事40309
法律
金融商品取引法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
金融商品取引法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
金融商品取引法を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
0
6
0
26 件中 1/1 ぺージ
棄却
を「日本板硝子株」という。)の売付けに関し,金融商品取引法(以下「金商
判示要旨:投資運用会社の従業員Aが、証券会社の従業員Bからその職務に関し知った上場会社の公募増資に関する重要事実の伝達を受け、同公募増資の公表前に同上場会社の株式の売付けをしたとして、Aによるこれらの行為がいわゆるインサイダー取引の禁止を定めた金融商品取引法166条3項(平成23年法律第49号による改正前のもの)に違反することを理由に、金融庁長官において上記投資運用会社に対してした課徴金納付命令が、事実誤認に基づくものであり違法であるとされた事例
上告を棄却
ったなどと主張して,被上告人に対し,金融商品取引法(以下「金商法」とい
判示要旨:金融商品取引法18条1項に基づく損害賠償請求訴訟において、裁判所は、民訴法248条の類推適用により金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として相当な額を認定することができる
却下
金融商品取引法(特段の断りのない限り,平成27年法律第32号による改
判示要旨:金融商品取引法(平成27年法律第32号による改正前のもの)に基づき一定の期間を定めて外務員の職務の停止を命ずる処分を受けた者が提起した同処分の取消訴訟の係属中に同期間が経過した場合における訴えの利益の消長
取り消す
上記の行為は,法令に違反する行為と認められ,金融商品取引法第6
判示要旨:1 金融商品取引業者等を名宛人とする金融商品取引法64条の5第1項の規定による外務員の登録を取り消す旨の処分の取消訴訟と当該外務員の原告適格 2 上場会社等による公募増資の実施の公表が特定の日らしいとの趣旨の当該公表前の推測情報の、金融商品取引業等に関する内閣府令1条4項14号所定の法人関係情報該当性 3 金融商品取引業等に関する内閣府令(平成26年内閣府令第7号による改正前のもの)117条1項14号にいう顧客に対する勧誘行為があったといえるための要件 4 金融商品取引業者等を名宛人とする金融商品取引法64条の5第1項の規定による外務員の登録を取り消す旨の処分の取消訴訟を当該外務員が提起した場合における、当該処分が行政手続法14条1項本文の定める理由提示の要件を欠いた違法の行政事件訴訟法10条1項にいう「自己の法律上の利益に関係のない違法」該当性 5 金融商品取引法64条の5第1項2号に基づき、金融商品取引業等に関する内閣府令(平成26年内閣府令第7号による改正前のもの)117条1項14号所定の行為があったとしてされた外務員の登録を取り消す旨の処分が、行政手続法14条1項本文の定める理由提示の要件を欠き、違法であるとされた事例
棄却
理大臣の権限の委任を受けた金融庁長官から,金融商品取引法(以下「法」
判示要旨:1 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資を行うことについて、金融商品取引法166条2項1号にいう「業務執行を決定する機関」に当たるとされた事例 2 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資に必要な準備を開始するよう担当部下に指示する行為が、金融商品取引法166条2項1号にいう公募増資を「行うことについての決定」に当たるとされた事例 3 会社と法律顧問契約を締結していた弁護士が、会社の業務執行を決定する機関が公募増資を行うことについての決定をしたことを「知った」(金融商品取引法166条1項4号)ものとされた事例
上告を棄却
金融商品取引法違反被告事件...これに対し,所論は,①本件重要事実は,金融商品取引法(平成23年法律第4
判示要旨:1 情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2 情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力
取り消す
本件は,原告が,処分行政庁から,金融商品取引法175条1項1号,16...本件に関係する金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のも...の。以下「法」という。)の定めは,別紙2「金融商品取引法の定め」記載の
判示要旨:資産運用コンサルティング会社の役員が証券会社の営業員から上場会社の公募増資に係る重要事実の伝達を受けて当該上場会社の株式を売り付けたとして金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)175条1項1号、166条3項に基づきされた課徴金納付命令が違法であるとされた事例
却下
協会」という。)が,金融商品取引法64条の5第1項に基づき,自己に所属...適当な行為と認められ,金融商品取引法第64条の5第1項第2号に該当...金融商品取引法
判示要旨:1 金融商品取引法64条の5第1項に基づく外務員職務停止処分の取消訴訟と当該外務員の原告適格 2 金融商品取引法64条の5第1項に基づく1年間の外務員職務停止処分が、行政手続法14条1項本文の定める理由提示の要件を欠き、違法であるとされた事例
控訴を棄却
は,金融商品取引法(以下「金商法」という。)159条1項1号で禁止さ
判示要旨:同一人が、特定の銘柄の株式につき、一定期間に、繰り返し、自己の売り注文と買い注文とを同時刻に約定させる取引を行ったことが、金融商品取引法159条1項1号で禁止される仮装取引に当たるとしてした課徴金納付命令が、適法であるとされた事例
上告を棄却
詐欺,証券取引法違反,金融商品取引法違反被告事件...所論に鑑み,第1審判決判示第3の金融商品取引法(平成20年法律第65号に...金融商品取引法166条1項1号は,同号及び同法163条1項所定の上場
判示要旨:1 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「役員、代理人、使用人その他の従業者」の意義 2 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「その他の従業者」に当たるとされた事例
棄却
金融商品取引法...金融商品取引法施行令
判示要旨:同一人が、特定の銘柄の株式につき、一定期間に、繰り返し、自己の売り注文と買い注文とを同時刻に約定させる取引を行ったことが、金融商品取引法159条1項1号で禁止される仮装取引に当たるとしてした課徴金納付命令が、適法であるとされた事例
控訴を棄却
判示要旨:1 金融商品取引法211条1項に基づく差押えが適法とされるために必要な差押物件と犯則嫌疑事実との間の関連性の有無の判断方法 2 金融商品取引法211条1項所定の「犯則事件を調査するため必要がある」旨の要件該当性の判断方法
控訴を棄却
として,処分行政庁から,金融商品取引法172条の2第1項,185条
判示要旨:1 金融商品取引法172条の2第1項に基づき課徴金の納付を命じるに当たり、虚偽記載のある発行開示書類を提出した発行者に具体的な経済的利得があること又はこれが生じる一般的、抽象的な可能性があることを要するか(消極)。 2 金融商品取引法172条の2第1項にいう「重要な事項」の意義 3 金融商品取引法172条の2第1項に基づき課徴金の納付を命じるに当たり、発行開示書類の虚偽記載と有価証券の取得との間に因果関係を要するか(消極)。 4 金融商品取引法172条の2第1項に基づく課徴金の納付を命じるに当たり、発行開示書類の虚偽記載につき発行者に故意又は過失のあることを要するか(消極)。
棄却
させたとして,処分行政庁から,金融商品取引法172条の2第1項,185...(1) 金融商品取引法(ただし,同法172条の2につき平成23年法律第49...する旨の決定をし(平成23年度(判)第25号金融商品取引法違反審判
判示要旨:1 金融商品取引法172条の2第1項に基づき課徴金の納付を命じるに当たり、虚偽記載のある発行開示書類を提出した発行者に具体的な経済的利得があること又はこれが生じる一般的、抽象的な可能性があることを要するか(消極)。 2 金融商品取引法172条の2第1項にいう「重要な事項」の意義 3 金融商品取引法172条の2第1項に基づき課徴金の納付を命じるに当たり、発行開示書類の虚偽記載と有価証券の取得との間に因果関係を要するか(消極)。 4 金融商品取引法172条の2第1項に基づく課徴金の納付を命じるに当たり、発行開示書類の虚偽記載につき発行者に故意又は過失のあることを要するか(消極)。
棄却
本件は,金融商品取引法(以下「金商法」という。)158条(風説の流布,
判示要旨:1 金融商品取引法211条1項に基づく差押えが適法とされるために必要な差押物件と犯則嫌疑事実との間の関連性の有無の判断方法 2 金融商品取引法211条1項所定の「犯則事件を調査するため必要がある」旨の要件該当性の判断方法
棄却
本件は,金融商品取引法(以下「金商法」という。)の規定に基づく認可金融
判示要旨:金融商品取引法64条の5第1項の規定に基づく各外務員登録取消処分の取消しを求める訴えにつき、当該外務員らの原告適格が肯定された事例
控訴を棄却
金融庁長官が控訴人に対し平成22年12月9日付けでした金融商品取引法...く課徴金の納付命令の決定(平成○年度(判)第○号金融商品取引法違反審判
判示要旨:1 金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前)172条の2第1項1号所定の課徴金の額を判断する基準時 2 金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前)172条の2第1項1号にいう「新株予約権の行使に際して払い込むべき金額」の意義
懲役2年
けて,Aと共謀の上,Aは金融商品取引法(以下「金商法」という。)167条1...て金融商品取引法198条の2第2項,1項1号
判示要旨:株券の公開買付けの実施に関する事実の公表前に、証券会社の執行役員から情報の伝達を受けた知人が株券を買い受けたというインサイダー取引の事案について、執行役員と知人との共謀の成立が認められず、知人について第一情報受領者として金融商品取引法167条3項の罪が成立するとされた事例
棄却
判示要旨:金融商品取引法175条1項に基づく課徴金納付命令の要件となる法違反行為の意義
棄却
被告が平成22年4月13日付けでa証券会社に対してした金融商品取引法...被告が平成22年4月13日付けでa証券会社に対してした金融商品取引法...わせた取引について,e社が金融商品取引法(以下「金商法」という。)に基
判示要旨:金融商品取引法64条の5第1項の規定に基づく各外務員登録取消処分の取消しを求める訴えにつき、当該外務員らの原告適格が肯定された事例
破棄
出し,公衆の縦覧に供された臨時報告書及び有価証券報告書に金融商品取引法(以
判示要旨:株式会社が、臨時報告書及び有価証券報告書の虚偽記載等の事実の公表をするとともに、同日、再生手続開始の申立てをした場合において、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害の額を算定するに当たり、同条4項又は5項の規定による減額を否定した原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
金融庁長官が原告に対し平成22年12月9日付けでした金融商品取引法...く課徴金の納付命令の決定(平成○年度(判)第○号金融商品取引法違反審判...平成18年法律第65号により,金融商品取引法に改められた〔平成1
判示要旨:1 金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前)172条の2第1項1号所定の課徴金の額を判断する基準時 2 金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前)172条の2第1項1号にいう「新株予約権の行使に際して払い込むべき金額」の意義
棄却
とにより損害を被ったと主張して,金融商品取引法(平成18年法律第65号によ
判示要旨:1 検察官は金融商品取引法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に基づく権限を有する者」に当たるか 2 金融商品取引法21条の2第3項にいう「虚偽記載等に係る記載すべき重要な事項」の意義 3 金融商品取引法21条の2第5項にいう「虚偽記載等によって生ずべき当該有価証券の値下り」の意義 4 虚偽記載等のある有価証券報告書等の提出者等を発行者とする有価証券につき、投資者がこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で取得しこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で処分した場合における、上記投資者が金融商品取引法21条の2に基づき請求することのできる額の算定方法 5 金融商品取引法21条の2に基づく損害賠償債務が遅滞に陥る時期
棄却
第○号金融商品取引法違反審判事件の事件記録の謄写を許可しない旨の決定を...号金融商品取引法違反審判事件(以下「本件審判事件」という。)につき,金...65号による改正前の金融商品取引法(以下「旧法」という。)178条1
判示要旨:1 金融商品取引法185条の13にいう利害関係人の範囲 2 会社法847条に基づき、金融商品取引法違反行為を原因として損害を被った有価証券の取得者である株式会社を代表して株主代表訴訟を提起した株主と同法185条の13にいう利害関係人
相手方らは,いずれも,金融商品取引法29条所定の登録(ただし,業務の...相手方らは,いずれも,金融商品取引法29条所定の登録(ただし,業務の
判示要旨:金融商品取引法29条に違反して、同法所定の登録を受けずに有価証券の募集又は私募等を業として行っていた相手方会社及びその従業員らに対し、同法192条1項に基づいて、金融商品取引法違反行為の差止めが命じられた事例
懲役3年
価証券届出書を提出した(判示第1の4)という証券取引法違反,金融商品取引法...金融商品取引法の趣旨をないがしろにし,証券市場に対する投資者の信頼を著しく
判示要旨:証券取引所の上場会社の代表取締役及び専務取締役が、公認会計士と共謀の上、3事業年度にわたって、虚偽記載のある有価証券届出書又は有価証券報告書を提出したという証券取引法違反、金融商品取引法違反の事案(代表取締役については、この他、自宅の土地建物について内容虚偽の抵当権設定登記を了したという電磁的公正証書原本不実記録・同供用の事案も含む)について、代表取締役を懲役3年及び罰金1000万円に、専務取締役を懲役2年6月にそれぞれ処し、専務取締役については4年間その刑の執行を猶予した事例
26 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in