2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61910 
刑事21947民事39963
法律
酒税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
酒税法の判決統計
12
1
0
0
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
上告を棄却
 所論は,酒類販売業について免許制を定めた酒税法9条1項が憲法22条1項に...ると,酒税法による酒類販売業の免許制規制についても,その必要性と合理性につ...断定し難いところであり,酒類販売業免許制を定めた酒税法9条1項の規定が憲法
酒税法9条1項と憲法22条1項
上告を棄却
 酒税法が酒類販売業につき免許制を採用したのは、納税義務者である酒類製造者... また、本件処分の理由とされた酒税法一〇条一一号は、酒税の保全上酒類の需給... そうすると、酒税法九条一項、一〇条一一号の規定が、憲法二二条一項に違反す
一 酒税法九条一項、一〇条一一号と憲法二二条一項 二 酒類販売業免許の申請に酒税法一〇条一一号に該当する事由があるとしてした免許の拒否処分が適法とされた事例
破棄
 1 上告人は、昭和六三年一月九日、被上告人に対し、酒税法(以下「法」とい... 3 本件処分当時における酒税法基本通達(昭和五三年六月一七日付間酒一―二...五「酒税法基本通達の全部改正について」国税庁長官通達の別冊。以下「基本通達」
一 酒類販売業免許の申請に酒税法一〇条一〇号に該当する事由があると断定することはできないとされた事例 二 酒類販売業免許の申請に酒税法一〇条一一号に該当する事由があると断定することはできないとされた事例
控訴を棄却
の販売目的は酒税法の改正を訴えるためであって、職業とするためではなかったの... <要旨第一>検討するに、酒税法九条一項及び五六条一項一号にいう酒類の販売業... <要旨第二>検討するに、酒税法は、酒類を製造しようとする場合には、酒類の種
一 酒税法九条一項及び五六条一項一号にいう酒類の販売業をするの意義 二 酒税法七条一項及び五四条一項にいう酒類の製造の意義
棄却
の地域に居住している人すべてが利用できるか否かは、酒税法上の需給調整とは直...は、昭和一五年の酒税法の制定、昭和二八年の改正に引き継がれ、酒類販売免許制...あり、酒税法が定める酒税の確保という観点とはその性質を異にするものであっ
1 酒税法9条1項、10条11号と憲法22条1項 2 消費生活協同組合が酒税法9条1項に基づいてした酒類販売業の免許申請に対し、税務署長が同法10条11号に該当するとしてした拒否処分の取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
巻二号二四七頁参照)。そうすると、酒税法における酒類販売業の免許制について... 酒税法は、酒税の賦課徴収につき、酒類製造者を納税義務者とし、酒類製造者が... また、本件処分の理由とされた酒税法一〇条一〇号は、免許の申請者が破産者で
酒税法九条一項、一〇条一〇号と憲法二二条一項
上告を棄却
趣意並びに被告人本人の上告趣意は、酒類販売業について免許制を定めた酒税法九...七日大法廷判決・民集三九巻二号二四七頁参照)。そうすると、酒税法による酒類...許制を定めた酒税法九条一項及びその罰則を定めた同法五六条一項一号の各規定が
酒税法九条一項、五六条一項一号と憲法二二条一項
却下
を大津市<以下略>に移転することに関する酒税法一六条の移転許可申請につい... 酒税法における酒類販売業の免許制度に関する諸規定は、酒税の確実な徴収とそ...売場D店について、酒税法一六条に基づく移転許可申請をしていたところ、C商店
税務署長が酒税法16条に基づいてした酒類販売場移転許可処分につき、同処分の名あて人以外の近隣における酒類販売業者は、同処分の取消しを求める訴えの原告適格を有しないとした事例
却下
被告がAに対して平成六年一〇月七日付けでした酒税法一六条一項に基づく酒類販...対し平成六年一〇月七日付けでした酒税法一六条一項に基づく酒類販売免許販売場...ところで、酒税法一六条二項、一〇条一一号は、酒税の保全上酒類の需給の均衡を
税務署長が酒税法16条に基づいてした酒類販売場移転許可処分につき、同処分の名あて人以外の近隣における酒類販売業者は、同処分の取消しを求める訴えの原告適格を有しないとした事例
上告を棄却
 1 所論は、酒類販売業について免許制を定めた酒税法九条、一〇条一〇号の規... 3(一) 酒税法は、酒類には酒税を課するものとし(一条)、酒類製造者を納税...販売業について免許制を採用したものである。酒税法は、酒税の確実な徴収とその
酒税法九条、一〇条一〇号と憲法二二条一項
上告を棄却
は異なり、これを放任しても酒税収入が減少する虞はないから、酒税法七条一項、...あり、自己消費を目的とする酒類製造を酒税法の右各規定により処罰するのは、法... しかし、酒税法の右各規定は、自己消費を目的とする酒類製造であっても、これ
酒税法七条一項、五四条一項の規定と憲法三一条、一三条
控訴を棄却
ところで、酒税の保全措置については、製造業者に対する酒税法上の課税及び酒...、酒税収入を安定的かつ効率的に確保する目的は、右の酒税法及び酒類...また、酒税法上酒類製造業者には種々の規制措置がとられ、酒税逋脱の可能性は乏しく、
酒類販売業について免許制度を採用した酒税法9条1項の規定は、憲法22条1項に違反するか
控訴を棄却
立証趣旨とするところは、酒税法の沿革及び立法目的、酒造免許制度の趣旨・目...がみ国税庁長官に対し、「酒税法上の自己消費目的の酒造(自家用酒造)の規制制...は、弁護人の酒税法の形成過程を立証趣旨とする証人A、同B(B証人の関係では
一 酒税法三条三号イ所定のこす行為の意義 二 自己消費を目的とした酒類の製造と酒税法七条一項、五四条一項の罪の成否(積極) 三 自己消費を目的とした酒類の製造に対し酒税法七条一項、五四条一項の適用を認めることと憲法一三条
ところで、被告及び被申立人は、酒税法一六条による酒類販売場移転の許可の性質は、移
酒税法16条による酒類販売場移転の許可がされると、旧販売場についてされた酒類販売業の免許及びこれに付された条件はそのまま新販売場についてのものとなり、移転先の所轄税務署長が右免許条件の緩和又は解除の権限を有することになるから、右許可以前に提起された酒類販売業免許条件解除拒否処分取消訴訟の被告適格は、右免許を付与した税務署長から右移転先の所轄税務署長に承継されるとして、後者に対し訴訟引受が命じられた事例
棄却
いて、所轄下谷税務署長から酒税法九条一項の規定による酒類の販売業免許を受け...行為が酒税法九条一項の規定に違反するとして、国税犯則取締法二条一項の規定に...売業をしてはならないとする酒税法九条一項の規定は、以下に述べるとおり、憲法
酒類販売業について免許制度を採用した酒税法9条1項の規定は、憲法22条1項に違反するか
棄却
1 原告は、昭和五五年九月一八日被告に対し、酒税法第九条第一項の規定に基づ...和五六年三月七日付で原告に対し、本件申請は酒税法第一〇条第一〇号、第一一号...2 しかし、本件申請は酒税法第一〇条第一〇号、第一一号に該当しない。さら
1 酒税法10条10号、11号は、憲法22条1項に違反するか 2 税務署長が、酒類販売業免許の申請につき、酒税法10条10号、11号に該当するとしてした免許拒否処分が、適法とされた事例
破棄
るに、第一審判決はその認定した酒税法違反の行為につき被告会社に対し酒税法五五条一項一号、刑法六〇条、酒税法六二条、六一条本文を適用し、いずれも所定罰...酒税法六二条にいわゆる両罰規定は、事業主たる法人又は人は、その代表者その他...同法二五三条一項により酒税法五五条一項の違反行為が終つた時と解するのが相当
一 酒税法第六二条のいわゆる両罰規定における事業主たる法人又は人に対する公訴時効 二 第一審における証拠とすることの同意を控訴審に至つて撤回することの可否
上告を棄却
 旧酒税法六六条但書は、「但シ懲役ノ刑ニ処スル場合又ハ懲役及罰金ヲ併科スル...条一項所定の罰金刑については、旧酒税法六六条本文により刑法六六条の適用が排...条一項、罰金等臨時措置法六条参照)。なお、旧酒税法六六条二項は、情状により
旧酒税法(昭和一五年法律第三五号)第六六条本文の合憲性
上告を棄却
なお、酒税法二条一項にいう「飲料」とは社会通念上飲用に供することができる液
一 酒税法第二条第一項にいう「飲料」の意義 二 調味料として使用する本件調みりん「総統」なる液体は右条項の「飲料」にあたるか
上告を棄却
 弁護人福島等の上告趣意第一点は違憲をいうが、酒税法が憲法一三条、二五条違
酒税法の合憲性
破棄
 よつて記録を調査するに、被告人に対する酒税法違反被告事件について、原審鹿...との事実を認定し、右第一の所為につき酒税法四五条、五六条一項四号(懲役刑選...択)刑法二五条を、右第二の所為につき酒税法四五条、五六条一項四号(罰金刑選
酒税法違反の罪につき懲役刑を言い渡した簡易裁判所の確定判決と非常上告。
上告を棄却
そしてアルコールに水を加えて濾過しただけでは酒税法三条六号の焼酎の定義にあ...たらないから、原判決前半の判示は当を得ていないが、酒税法四三条三項は一定の...のとおりとすれば本件は酒税法三条一一号にいう雑酒の製造をしたことになり、酒
一 酒税法第四三条第三項により焼酎製造とみなされる事例。 二 焼酎甲類、乙類の確定ができない場合の措置。 三 焼酎の製造といえない旨の主張が被告人に不利益な主張となる事例。
上告を棄却
 酒税法(昭和二八年法律第六号による改正前のもの)五三条は「……免許ヲ受ケ
無免許製造の酒類等の所持を幇助した者から旧酒税法(昭和二八年法律第六号による改正前)第六二条第三項によつて酒税を徴収できるか。
上告を棄却
 酒税法(昭和二三年法律一〇七号による改正前のもの)五四条は、「酒類、酒母、...ル帳簿ノ記載ヲ怠リ若ハ詐リ又ハ帳簿ヲ隠匿シタル者」と規定し、また、酒税法施...又ハ販売ニ関シ税務署長ノ指定スル事項」と規定している。右酒税法六五条によれ
一 酒税法(昭和二三年法律第一〇七号による改正前のもの)第五四条と憲法第七三条第六号。 二 酒税法施行規則(同年政令第一四八号による改正前のもの)第六一条第九号の規定は右酒税法第五四条の委任の趣旨に反するか。 三 酒税法第六五条および第五四条の規定の趣旨。
上告を棄却
二頁参照)、所論旧酒税法(昭和二八年法律第六号による改正前の酒税法)一六条
自己等の飲用に供するために酒類を製造した場合と旧酒税法第一六条但書の適用の有無
上告を棄却
判決に示されている第三の事実は、記録を調べてみても、酒税法四三条六項、酒税...を酒税法四三条一項により新たに酒類を製造したものと看做される場合にあたると
酒税法第四三条第一項の酒類の製造にあたる一事例
上告を棄却
刑訴法第四一一条にあたらない一事例。―酒税法違反(焼酎製造)における事認定―
破棄
 被告人Aに対する酒税法違反被告事件の訴訟記録に徴すると、同被告事件につき...されたためその目的を遂げなかつた、との酒税法違反の事実を認定し、これに対し...酒税法違反の事実及びこの事実にかかる没収につき被告人は通告処分を履行し、収
収税官吏の告発がないのに酒税法違反の事実につき公訴が提起された場合の措置
上告を棄却
告人等の製造したものは、酒税法所定の雑酒であるとした原判示は正当である。)
アルコールを単に水で稀釈したものは酒税法にいう「酒類」にあたるか
控訴を棄却
 所論は、本件もろみは豚の飼料に供するために製造したものであるから、酒税法...認められない。のみならず、酒税法の各種規定が酒類に対する徴税を確保するため...れる。又酒税法第八条はその本文において、酒類製造の用に供し得るもろみを製造
家畜の飼料とする目的をもつて酒税法第八条にいわゆるもろみを製造する場合と免許の要否
控訴を棄却
約三・八度ないし約四・四度を含む液体を酒税法施行令第九条所定の「その他の雑...酒」第二級に該当するものと認定し、これに対して酒税法第七条第一項、第四十三...は、酒税法第二条第一項所定の「酒類」ではないから、これを「酒類」と認定し
酒税法第二条第一項にいわゆる飲料に該当する事例
上告を棄却
 所論一の(一)は、酒税法が取締法規に過ぎないのにその刑罰が過酷であるから、...てこれらの判例の趣旨から明らかなように、酒税法に定める刑が残酷な刑といえな...いことは、当然帰結しうるところであつて、論旨は採用することができない。次に所論一の(二)は、現行酒税法の昭和二三年七月の改正は、占領軍の日本政府に対
酒税法罰則の合憲性
上告を棄却
第二回目の酒税法違反についての証拠物件の存在と第一回、第二回違反の自白の補強証拠
上告を棄却
行為の日時は近接するが種類、仕込を別異にする酒税法違反罪の罪数
上告を棄却
であり、(そして、アルコールを水にて稀釈して焼酎となし得ることは、酒税法九
アルコールを水にて稀釈して焼酎を製出する行為と酒税法第九条第二項後段
上告を棄却
 政府の免許を受けないで酒類を製造した行為を処罰する酒税法の規定が違憲でな
酒税法第一四条および第六〇条の合憲性。
控訴を棄却
一、 略式命令書の原本または謄本の記録不編綴と正式裁判請求による審判手続の効力 二、 酒税法違反被告事件における税務官吏の告発書を当該犯罪事実立証のための証拠とすることならびにその証拠手続の適否
控訴を棄却
月四日迄酒税法第一二条該当の雑酒三級を密造し、これを売子を使つて川口市内の...す必要はないもので酒税法違反の場合は要するに同法所定の如何なる態様の犯則で
一、 酒税法違反における収税官吏の作成する告発書の犯則事実の記載方式、 二、 告発事実と公訴事実との間に同一性ありと認めた一事例
控訴を棄却
右同様の合成清酒五升をAに譲渡したという本件酒税法違反事実について、三条税...B、同CC、当審証人Dの各証言によれば、被告人方に酒税法違反があ...したに止まり、被告人自身の酒税法違反事件が存することを看過し、夫Eのみを被
一、 国税犯則取締法第一三条第一項の調査の事例 二、 酒税法違反被告事件において告発の無効なる旨の主張と刑訴第三三五条第二項
上告を棄却
(酒税法六〇条四項は「第一項又は第二項の犯罪に係る酒類、酒母、醪、原料、副
酒税法第六〇条第四項の規定の趣意
上告を棄却
れたものであるから、本件に適用される酒税法は昭和一五年法律第三五号によるも
酒税法第一四条(昭和二四年法律第四三号による改正前のもの)違反事件は必要的弁護事件になるか
上告を棄却
に酒税法違反被疑事件一審検挙の際押収された密造用器物返還などの要求貫徹のた
酒税法違反につき押収された密造用器物返還などの要求貫徹のため蝟集した団体と憲法第二八条
上告を棄却
というのであるが、本件の没収は酒税法六〇条四項によるもので同条項は刑法一九...しかも前記酒税法の規定によれば同法に違反して製造した酒類やその機械、器具及
酒税法違反につき沒収物件の所有権の帰属を判示する要否
破棄
場に造作したものであることが明らかである、かかる建造物は酒税法第六十二条第... 原判決の確定した事実を法律に照すと原判示事実はいずれも酒税法第十六条第六...納のときの労役場留置日数の換算につき刑法第十八条を、没収につき酒税法第六十
酒税法第六二条第二項の没収と不動産の一部
破棄
密造は酒税法の厳に禁止するところであるから、かような不法の目的に供するため...つたとしても酒税法第十六条但書にいわゆる「自己又は同居の親族の用にのみ供す...原判示第三の無免許麹製造の所為に対し酒税法第十六条本文第六十条を適用処断し
自家用酒類密造の原料にするため無免許で麹を製造する行為と酒税法第一六条但書
上告を棄却
食糧管理法旧第三一条違反と酒税法旧第六〇条第一項違反とは牽連犯となるか
上告を棄却
 従来酒税法でその犯則者に対して刑罰を科するおもなる趣旨は犯則によつて国に...号酒造税法第三一条、昭和一五年法律第二五号酒税法第六六条参照)。しかるに終...設ける必要を見るに至つたのである(所論の酒税法第六六条但書、昭和二四年法律
一 酒税法の犯則者に対して刑罰を科する趣旨と刑法第四八条第二項の適用の排除 二 昭和二四年法律第四三号による改正前の酒税法第六六条と懲役及び罰金を併科する場合の刑法第四八条の適用の有無 三 酒税法の犯則者に対して当該税務官吏の告発は犯罪の処罰要件か――右告発についての証拠説明の要否
上告を棄却
 しかし、原判決の認定した判示第一の事実は、改正前の酒税法六〇条一項、一四...三、二%を含有する合成清酒を製造した旨判示した以上該飲料が酒税法五条にいわ...らず、酒税法五条に「本法に於て合成清酒とはアルコール、焼酎又は清酒と他の物
酒税法第五條の意義
破棄
 原判決が情状により昭和二十四年法律第四十三号酒税法等の一部を改正する法律...附則第二十一項により同法による改正前の酒税法第六十条第二項に従い懲役及び罰... <要旨>職権を以て按ずるに前示酒税法第六十六条によると同法第六十条第一項の
従犯減輕と酒税法第六六条
上告を棄却
 (一) 論旨第一点は、酒税法は憲法第二五条に違反する、というのであるが、...上告趣旨に対し、当裁判所第二小法廷は「酒税法は酒類の造石高を制限している法...判決参照)、いずれの方面よりするも酒税法を違憲なりとする論旨は採用され得な
酒税法の合憲性(第二五條)
60 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in