2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61912 
刑事21947民事39965
法律
都市再開発法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
34 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
に関し,裁決行政庁において,都市再開発法(以下「都再法」という。)85
第一種市街地再開発事業の完成の期待と都市再開発法80条1項にいう「相当の価額」
棄却
に関し,裁決行政庁において,都市再開発法85条3項,土地収用法94条8...項に基づき,原告が施行地区内に有する宅地の価額(都市再開発法73条1項...都市再開発法85条3項,土地収用法133条2項に
第一種市街地再開発事業の完成の期待と都市再開発法80条1項にいう「相当の価額」
棄却
再開発事業に係る都市再開発法73条1項12号に定める原判決別紙物件目録記...原審は,都市再開発法は,施行地区内の建築物について借家権を有する者が地...都市再開発法は,借家権者に対して,権利変換と地区外転出の申出という二
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業において同法71条3項による申出をした借家権者について、同法91条1項に基づく対価補償の価額を0円と定めた権利変換計画及び収用委員会の裁決が適法であるとされた事例
棄却
開発事業に係る都市再開発法73条1項12号に定める別紙物件目録記載の建...原告らは,都市再開発法(以下,単に「法」という。)に基づく第一種市街...134条,都市再開発法施行令33条)。
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業において同法71条3項による申出をした借家権者について、同法91条1項に基づく対価補償の価額を0円と定めた権利変換計画及び収用委員会の裁決が適法であるとされた事例
控訴を棄却
都市再開発法87条1項所定の権利変換期日において土地の共有持分を取得した市街地再開発組合の参加組合員が、地方税法73条の2第1項の「不動産の取得者」に当たるとしてした不動産取得税賦課処分が、適法とされた事例
棄却
業に係る権利変換計画を,都市再開発法72条1項に基づき認可した。上...たな「建築施設の部分」(都市再開発法2条10号。施設建築物の一部及...発事業に係る事業計画の変更を,都市再開発法38条1項に基づき認可し
都市再開発法87条1項所定の権利変換期日において土地の共有持分を取得した市街地再開発組合の参加組合員が、地方税法73条の2第1項の「不動産の取得者」に当たるとしてした不動産取得税賦課処分が、適法とされた事例
棄却
本件は,東京都知事(処分行政庁)が,都市再開発法第3章の規定により行...都市再開発法11条1項の規定に基づき,設立認可(本件設立認可)をしたた...本件設立認可は都市再開発法16条3項,
1 都市再開発法11条1項に基づく市街地再開発組合の設立認可について、当該市街地再開発組合の事業の施行に起因する大気汚染による健康被害等の権利侵害を受けると主張する施行区域の周辺住民らが、同設立認可の取消しを求める訴えにつき、前記住民らの原告適格が否定された事例 2 都市再開発法11条1項に基づく市街地再開発組合の設立認可について、当該市街地再開発組合の事業の施行により景観利益を侵害されると主張する施行区域の周辺住民らが、同設立認可の取消しを求める訴えにつき、前記住民らの原告適格が否定された事例
却下
本件は,東京都知事(処分行政庁)が,都市再開発法第3章の規定により行...事業の施行区域の周辺住民などである原告らが,本件設立認可は都市再開発法...月4日,第一地区組合の設立発起人に対し,都市再開発法11条1項の規定
都市再開発法11条1項に基づく市街地再開発組合の設立認可について、当該市街地再開発組合の事業の施行に起因する大気汚染による健康被害等の権利侵害を受けると主張する施行区域の周辺住民らが、同設立認可の取消しを求める訴えにつき、前記住民らの原告適格が否定された事例
却下
被告は,本件再開発事業について,都市再開発法51条1項(平成...びCが都市再開発法118条の2第1項(平成15年法律第100号に...被告は,都市再開発法56条の規定により,本件再開発事業計画の
都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業に関する管理処分計画の決定の行政処分性
棄却
Fに対してした都市再開発法85条に基づく裁決に係る同法73条1項3号の...した(なお,本件事業に係る都市再開発法80条1項所定の評価基準日は,...承継前控訴人らは ,被控訴人に対し ,都市再開発法83条2項に基づき ,
1 開発利益は、都市再開発法73条1項3号の宅地の価額の算定に係る同法80条1項所定の相当の価額に含まれるか 2 都市再開発法73条1項3号の宅地の価額について、都収用委員会がした第一種市街地開発事業の施行者が権利変換計画で定めた価額を前記宅地の価額とする裁決を受けた同宅地の共有者らが、市街地再開発事業による開発利益を加算して同宅地の価額を算定すべきであるとしてした前記裁決に係る同宅地の価額の増額変更請求が、棄却された事例
棄却
の共有者である原告らが,都市再開発法73条1項3号の宅地(本件各土地)...都市再開発法の関係規定の定め...で,都市再開発法の規定により,権利変換期日において当該権利を失い,
1 開発利益は、都市再開発法73条1項3号の宅地の価額の算定に係る同法80条1項所定の相当の価額に含まれるか 2 都市再開発法73条1項3号の宅地の価額について、都収用委員会がした第一種市街地開発事業の施行者が権利変換計画で定めた価額を前記宅地の価額とする裁決を受けた同宅地の共有者らが、市街地再開発事業による開発利益を加算して同宅地の価額を算定すべきであるとしてした前記裁決に係る同宅地の価額の増額変更請求が、棄却された事例
控訴を棄却
(都市再開発法1条)を図るものではないから,許されな...異なり,都市再開発法に基づく市街地再開発事業ではないから,必ずしも土...(都市再開発法1条)を図るものではないから違
都市再開発法58条1項に基づく第一種市街地再開発事業に関する施行規程及び事業計画の認可の行政処分性
棄却
なお,都市再生機構は,都市再開発法91条1項に基づき,土地建物に...行規程及び事業計画は公告されることになる(都市再開発法58条3項,...のみならず,都市再開発法60条2項の公告があった日以降,施行者が
都市再開発法58条1項に基づく第一種市街地再開発事業に関する施行規程及び事業計画の認可の行政処分性
棄却
 本件は,都市再開発法(以下「法」という。)に基づく第一種市街地再開発
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業の施行中、権利変換期日後、施設建築物の完成前に相続した、同建築物の完成時に同事業に係る権利変換計画所定の共有持分割合に応じて前記建築物の一部を取得する権利について、前記計画の定めるところによって算出された概算額に、100分の70を乗じて算出した価額で評価してされた相続税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
しかしながら、都市再開発法に規定されているように、概算額等が定められた権利
1 都市再開発法103条1項所定の施設建築物の一部等の価額等の確定の行政処分性 2 第一種市街地再開発事業における都市再開発法103条1項所定の施設建築物の一部等の価額等の確定処分の取消請求が、施設建築物の完成前にその価額を反映させずに確定額を決定したという違法事由は認められないなどとして、棄却された事例
棄却
削除し、同二行目から三行目にかけての「同法」を「都市再開発法」と改め、同四...「都市再開発法が第一種市街地再開発事業で採用する権利変換の手法では、権利者...枚目表末行から同裏末行まで)のとおり、本件事業の根拠法である都市再開発法
1 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業が違憲、違法であるとしてした同事業の事業計画決定の取消請求及び損害賠償請求が、同事業に違憲、違法はないとして、いずれも棄却された事例
上告を棄却
 都市再開発法五一条一項、五四条一項は、市町村が、第二種市街地再開発事業を...都市再開発法六条一項、都市計画法六九条)、都道府県知事がする設計の概要の認...示とみなすものとしている(都市再開発法六条四項、同法施行令一条の六、都市計
都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業の事業計画の決定と抗告訴訟の対象
棄却
(一) 都市再開発法(地下「再開発法」という。) 一〇三条一項に規定する価
1 都市再開発法103条1項所定の施設建築物の一部等の価額等の確定は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか 2 第一種市街地再開発事業における都市再開発法103条1項所定の施設建築物の一部等の価額等の確定処分が、同処分に当該施設建築物の完成前にされたこと等の違法事由が認められないとして、適法とされた事例
却下
(一) 本件事業の根拠法である都市再開発法は、別紙「原告らの主張」第一に記...(一) 本件事業は、前記3(二)と同様の理由により、都市再開発法一条に違反...域が土地の利用状況が著しく不健全であるとはいえないから、都市再開発法三条三
1 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 市が施行者である都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業計画の施行区域内に不動産を有する会社の代表者であるが、自身は何らの権利を同区域内に有していない者は、前記事業計画決定の取消しを求める原告適格を有するか 3 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業が違憲、違法であるとしてした同事業の事業計画決定の取消請求及び損害賠償請求が、同事業に違憲、違法はないとして、いずれも棄却された事例
控訴を棄却
1 地方自治法242条の2第1項4号の「当該職員」の意義 2 都市再開発法に基づく市街地再開発組合施行による市街地再開発事業の指導、促進の目的で、都特別区によって行われたその基本計画の作成及びこれに先立つ都市計画の見直し作業に係る公金の支出が違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき区長個人及び区都市整備部長個人に対してした損害賠償請求が、同部長個人に対する請求は、同人は同項の「当該職員」に該当せず不適法であるとして、却下され、また、区長個人に対する請求は、区による前記見直し作業及び前記基本計画の作成がそれによって住民に法的効果を及ぼす性質のものではなく、住民の意見を聞く手続がとられなかったとしても違法の問題を生じないこと等を理由として、棄却された事例
却下
(一) 江東区は、都市再開発法に基づく市街地再開発事業として、区内の住吉、...街地再開発準備組合」が設立され、都市再開発法に基づく組合施行による第一種市
1 地方自治法242条の2第1項4号の「当該職員」の意義 2 都市再開発法に基づく市街地再開発組合施行による市街地再開発事業の指導、促進の目的で、都特別区によって行われたその基本計画の作成及びこれに先立つ都市計画の見直し作業に係る公金の支出が違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき区長個人及び区都市整備部長個人に対してした損害賠償請求が、同部長個人に対する請求は、同人は同項の「当該職員」に該当せず不適法であるとして、却下され、また、区長個人に対する請求は、区による前記見直し作業及び前記基本計画の作成がそれによって住民に法的効果を及ぼす性質のものではなく、住民の意見を聞く手続がとられなかったとしても違法の問題を生じないこと等を理由として、棄却された事例
取り消す
して、土地収用法の適用を含め、都市再開発法の体系上、右後者の事業計画決定の公告と...町村のなす都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業の手続の流れの概要についての...本件事業に適用される都市再開発法、都市計画法、土地収用法が法的保護の対象としてい
1 都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業の施行地区の隣接地域に土地、建物等を有するにすぎない者は、右事業計画決定の取消しを求める原告適格及び訴えの利益を有しないとした事例
控訴を棄却
1 都市再開発法による権利変換計画が、同法77条2項所定の従前の価額と右計画に基づいて与えられる施設建築物の一部等の価額との間に著しい差額が生じてはならないとする価額の均衡の原則に適合しているかどうかを裁判所が審査する場合には、従前の価額について同法85条所定の裁決の申請及び訴えの提起がなく、したがって清算金の関係では右価額が確定しているときであっても、右価額を証拠によって認定することができ、また、認定しなければならないとした事例 2 都がした都市再開発法による第一種市街地再開発事業の権利変換処分が、手続上又は内容上の瑕疵がなく、適法であるとされた事例
却下
被告は、昭和五九年六月一一日、都市再開発法(以下「法」という 。...ところで都市再開発法によれば、第一種市街地再開発事業を個人施行で行う場合には、施...したがつて、本件事業計画決定は、都市再開発法及び前述の被告の約束に違反す
都市再開発法に基づく第二種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
棄却
被告は、役員グループのA、B外一名を都市再開発法(以下「法」という 。
1 都市再開発法による権利変換計画が、同法77条2項所定の従前の価額と右計画に基づいて与えられる施設建築物の一部等の価額との間に著しい差額が生じてはならないとする価額の均衡の原則に適合しているかどうかを裁判所が審査する場合には、従前の価額について同法85条所定の裁決の申請及び訴えの提起がなく、したがって清算金の関係では右価額が確定しているときであっても、右価額を証拠によって認定することができ、また、認定しなければならないとした事例 2 都がした都市再開発法による第一種市街地再開発事業の権利変換処分が、手続上又は内容上の瑕疵がなく、適法であるとされた事例
控訴を棄却
1 都市再開発法86条2項に基づく権利変換に関する処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 都市再開発法に基づく市街地再開発事業の施行地区内の建物についての賃貸借契約を権利変換処分がされる前に建物所有者との間で合意解約した者は、右処分の無効確認を求める訴えの原告適格を有しないとした事例
控訴を棄却
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業の施行地区の隣接地域に居住し、又は土地若しくは建物を所有している者は、同法11条1項に基づく市街地再開発組合の設立認可の取消しを求める法律上の利益を有しないとした事例
却下
外人より賃借し、洋装店「すずらん」を経営していた者であり、都市再開発法(以
1 都市再開発法86条2項に基づく権利変換に関する処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 都市再開発法に基づく市街地再開発事業の施行地区内の建物についての賃貸借契約を権利変換処分がされる前に建物所有者との間で合意解約した者は、右処分の無効確認を求める訴えの原告適格を有しないとした事例
却下
次いで、被告は、都市再開発法一一条一項の規定に基づき、本件事業を施行する西...事業であるホテル事業用に使用されるものであり、本件事業は、都市再開発法の目...3 都市再開発法の目的とする「土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業の施行地区の隣接地域に居住し、又は土地若しくは建物を所有している者は、同法11条1項に基づく市街地再開発組合の設立認可の取消しを求める法律上の利益を有しないとした事例
却下
内の約一・一ヘクタールの区域)を対象として、都市再開発法(以下「再開発法」
都市再開発法に基づく第1種市街地再開発事業に関する都市計画決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
棄却
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
却下
近)の約二・一ヘクタールの区域を対象に、都市再開発法(以下、法という)に基
都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業計画の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
却下
1 被申立人が申立人らに対して、都市再開発法(昭和四四年法律第三八号)八六...被申立人三原市は、都市再開発法(以下法という)に基づく備後圏都市計画事業三...第八七号建設省事務次官から都道府県知事・指定都市への「都市再開発法の施行に
都市再開発法86条2項に基づく権利変換に関する処分及び同法96条1項に基づく土地明渡請求処分の効力停止の申立てが、行政事件訴訟法25条2項ただし書所定の手続の続行の停止によって目的を達することができる場合に当たるとして、却下された事例
却下
から、都市再開発法が制定され、土地の高度利用によつて公共施設用地の取得をは...都市再開発法に定める公共性の要件を具備しない旨主張しているものと解される。...そして、本件事業計画が都市再開発法に適合しているか否かの点については叙上判
1 都市再開発法54条1項に基づく第一種都市再開発事業計画の公告は、取消訴訟の対象となる行政庁の処分に当たるか 2 都市再開発法54条1項に基づく第1種都市再開発事業計画決定の執行停止申請が、本案につき理由がないとみえる場合に当たるとして、却下された事例
34 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in