裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62373 
刑事22064民事40309
法律
郵便法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
郵便法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
郵便法を犯した場合、 50.0%の確率で無罪、
50.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「無罪」に処する。
1
1
0
9 件中 1/1 ぺージ
棄却
せず,郵便法8条1項の「信書の秘密」にも該当しないと解される。」と...郵便法8条2項の「郵便物に関して知り得た他人の秘密」としての守秘義...郵便法8条1項の「信書の秘密」は,憲法21条2項後段を受けてこれ
判示要旨:転居届の有無、転居届記載の転送先等について、弁護士法23条の2に基づく弁護士会照会をした弁護士会及び同照会の申出をした弁護士への依頼者が、郵便事業会社が同照会に対する報告を拒絶したことは同弁護士会及び同依頼者に対する不法行為に当たるとして、同社に対し、損害賠償を求めた事案において、照会事項の全部について報告を拒絶した同社の対応には、正当な理由を欠くところがあったといわざるを得ないが、郵便法上の守秘義務を負っている同社が上記対応をしたことに相応の事情が存したことは否定できず、同社に過失があるとまではいえないとして、請求を棄却した事例。
破棄
 所論は,要するに,(1) 郵便法(以下「法」という。)68条,73条は,憲...る郵便法の改正前は,郵政省令。以下同じ。)に従って差し出された郵便物に関し...り,郵政事業庁(平成11年法律第160号による郵便法の改正前は,郵政省。以
判示要旨:1 郵便法68条及び73条のうち書留郵便物について不法行為に基づく国の損害賠償責任を免除し又は制限している部分と憲法17条 2 郵便法68条及び73条のうち特別送達郵便物について国家賠償法に基づく国の損害賠償責任を免除し又は制限している部分と憲法17条
却下
2 同被告は、原告らの居住する各集団住宅はいずれも郵便法(以下「法」とい...これを郵便法令についてみるに、郵便法令は下命又は禁止一〇項目、許可一項目、...を与えられているだけであつて、郵便法令は右のような公権力の行使によつて郵便
判示要旨:1 郵便の利用関係の法的性質 2 郵便局長が、郵便法55条の2、郵便規則76条の3にいう「高層建築物」に当たる集団住宅の居住者らにあてた普通取扱いの通常郵便物について、郵便局に留め置き、各住宅への配達を停止した措置は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか
却下
の各共同住宅は郵便法(以下「法」という。)五五条の二、郵便規則(以下「規
判示要旨:郵便局長が、郵便法55条の2、郵便規則76条の3にいう「高層建築物」に当たる共同住宅の居住者らに対し、同規則76条の4所定の郵便受箱が設置されたことの連絡があるまで普通取扱い通常郵便物を郵便局に留め置いて配達しないこととした処分の効力停止の申立てが、「回復の困難な損害を避けるための緊急の必要」についての疎明がないとして、却下された事例
控訴を棄却
改める)であるから、これを引用する。郵便法二三条三項三号にいう「発売」と
判示要旨:1 発行部数の大部分が地域住民に無償で頒布されている定期刊行物が郵便法23条3項3号の要件を欠くとして、右刊行物についてされた第3種郵便物不認可処分が適法とされた事例 2 定期刊行物の発行人による右刊行物に第3種郵便物認可申請に対し郵政局長がした不認可処分につき、右刊行物の発行所たる会社はその取消しを求める訴えの原告適格を有するとした事例
棄却
(一) 本件処分は郵便法二三条三項三号後段の解釈を誤まり又は憲法一四条、郵...(1) 郵便法二三条三項三号後段の「あまねく発売される」とは、当該刊行物が...郵便法二三条が「政治、経済、文化その他公共的な事項を報道し、又は論議するこ
判示要旨:1 発行部数の大部分が地域住民に無償で頒布されている定期刊行物が郵便法23条3項3号の要件を欠くとして、右刊行物についてされた第三種郵便物不認可処分が適法とされた事例 2 定期刊行物の発行人による右刊行物の第三種郵便物認可申請に対し郵政局長がした不認可処分につき、右刊行物の発行所たる会社はその取消しを求める訴えの原告適格を有するとした事例
棄却
また、憲法二一条二項にいう「通信の秘密」とは信書の秘密のことであり(郵便法...れた契約内容によることとせられている。すなわち、国は、条約及び郵便法令によ...対して義務を負うものではない(同条約四条、四〇条、郵便法一三条参照)のであ
判示要旨:1 外国郵便物中の映画フィルム等が関税定率法21条1項3号の貨物に当たるとして税関長らがした同条3項の通知及び同条5項の決定が、違法、違憲であるとして取り消された事例 2 関税定率法21条3項の通知及び同条5項の決定は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 3 関税定率法21条3項の通知及び同条5項の決定が、憲法21条2項にいう「検閲」に当たるとされた事例 4 郵便物が郵便官署の管理する通常の郵便物集配過程にある場合、その名あて人は郵便法規に定める手続によらないで当該郵便物の引渡し等の請求をすることができないとした事例
破棄
     原判決中被告人らの郵便法違反幇助及び建造物侵入に関する部分を破棄...というものであつて、(第一)の事実は郵便法七九条一項の罪の教唆、(第二)の... 第一審判決は、郵便法違反教唆の点については、ほぼ公訴事実に沿う外形的事実
判示要旨:一、公共企業体等労働関係法一七条一項と憲法二八条 二、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用 三、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と刑事法上の処罰阻却 四、郵政職員の争議行為に参加を呼びかけた行為が郵便法七九条一項の罪の幇助罪による処罰を阻却されないとされた事例 五、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 六、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた建造物侵入行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
控訴を棄却
て、郵便法八〇条二項の信書の秘密を侵すとともに、国家公務員法一〇〇条一項の...ければならない秘密はないので、宛名、住所を漏らしても、郵便法上の信書の秘密... <要旨>よつて、案ずるに、郵便法九条は郵政省の取扱中に係る信書の秘密は、こ
判示要旨:郵便法第八〇条第二項国家公務員法第一〇九条第一二号各違反の罪の成立する一事例
9 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in