裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62602 
刑事22116民事40486
法律
選挙法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
選挙法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
選挙法を犯した場合、 7.3%の確率で無罪、
92.7%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
77
8
2
20
0
576 件中 1/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
が,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につい...5年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員定
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法14条1項等に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
挙人である上告人らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につい...5年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員定
判示要旨:令和元年7月21日施行の参議院議員通常選挙当時、平成30年法律第75号による改正後の公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない。
上告を棄却
本件は,公職選挙法の一部を改正する法律(平成30年法律第75号)によ...る改正(以下「本件改正」という。)後の公職選挙法の規定が憲法に違反して無効...よる公職選挙法の改正によりいわゆる拘束名簿式比例代表制が導入されたが,これ
判示要旨:参議院(比例代表選出)議員の選挙についていわゆる特定枠制度を定める公職選挙法の規定の合憲性
懲役1年6月,執行猶予
公職選挙法違反被告事件...車上運動員らのうち1名(F)については,記録上,公職選挙法197条の2第5...また,公職選挙法221条第1項1号によれば,限度額を超える報酬については,
判示要旨:参議院議員通常選挙において、車上運動員らに対し、選挙管理委員会の定める支給限度額を超える金員を選挙運動の報酬として供与した事案において、遊説責任者として車上運動員に関する事務全般を担当する立場にあった被告人が、会計担当者に報酬支払の根拠となる集計表を提供し、支払時期等についても具体的に示すなどしたという本件事実関係(判文参照)の下においては、会計担当者に支払を指示した被告人の行為は本件供与の実行行為そのものであるとして被告人に公職選挙法221条1項1号の供与罪の実行共同正犯の成立を認めた原判決に事実誤認はなく、本件犯情等(判文参照)に照らせば、被告人を懲役1年6月に処し、その執行を5年間猶予した原判決の量刑が重過ぎて不当とはいえない。
棄却
という。)について,北海道選挙区の選挙人である原告が,公職選挙法14条...成30年改正法」という。)による公職選挙法の改正(以下「平成30年...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ
判示要旨:令和元年7月21日に行われた参議院議員通常選挙(本件選挙)について、北海道選挙区の選挙人である原告が、公職選挙法が定める参議院(選挙区選出)の議員定数配分規定は、人口比例に基づいて定数配分しておらず、憲法に違反して無効であり、これに基づく本件選挙の北海道選挙区における選挙も無効であると主張したが、違憲状態であるが憲法違反とは認められないとして、原告の請求を棄却した。
上告を棄却
満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている公職選挙法9条
判示要旨:最高裁判所裁判官国民審査法36条の審査無効訴訟において、審査人は、同法37条1項所定の審査無効の原因として、年齢満18歳及び満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている公職選挙法9条1項の規定の違憲を主張することはできない
上告を棄却
満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている公職選挙法9条...すなわち,公職選挙法204条の選挙無効訴訟は,行政事件訴訟法5条に定める...できるものであるところ(同法42条),公職選挙法205条1項は上記の選挙無
判示要旨:公職選挙法204条の選挙無効訴訟において、選挙人は、同法205条1項所定の選挙無効の原因として、年齢満18歳及び満19歳の日本国民につき衆議院議員の選挙権を有するとしている同法9条1項の規定の違憲を主張することはできない
上告を棄却
選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であ...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年に公職選挙法の一部を改正する法律
判示要旨:平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
上告を棄却
選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年に公職選挙法の一部を改正する法律
判示要旨:平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
棄却
員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるか...ると主張して,公職選挙法204条に基づき,それぞれ広島県選挙管理委員会...本件選挙の小選挙区選挙は,平成29年10月22日,公職選挙法(平
判示要旨:本件は、平成29年10月22日に施行された衆議院議員総選挙(以下「本件選挙」という。)について、小選挙区である広島県第1区ないし第7区及び山口県第1区ないし第4区の各選挙人である原告らが、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効であると主張して、公職選挙法204条に基づき、それぞれ広島県選挙管理委員会又は山口県選挙管理委員会を被告として提起した選挙無効訴訟であるが、本件選挙の当時において、本件選挙区割りが憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたということはできないとして、原告らの請求を棄却した。
棄却
する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施...状態に至っており,当時の公職選挙法13条1項,別表第一の規定の...公職選挙法の一部を改正する法律(平成28年法律第49号)が成立
判示要旨:平成29年10月22日に施行された衆議院議員総選挙の小選挙区選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定及び同規定の定める選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったというべきであるが、辛うじて憲法上要求される合理的期間内における是正がされなかったとはいえないとして、選挙無効確認請求が棄却された事例。
棄却
関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行さ...による改正後の公職選挙法13条1項及び別表第1(以下「本件区割規定」...平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する法律
判示要旨:平成29年10月22日に行われた衆議院議員総選挙について、北海道第1区ないし第12区の選挙人である原告らが、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき施行された選挙も無効であるなどと主張したが、上記規定及びこれに従って改定された選挙区割りが憲法の規定に違反すると認めることはできないとして、原告の請求を棄却した。
上告を棄却
被選挙権を有する日本国民を年齢満30年以上の者としている公職選挙法10条1...当時,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規
判示要旨:公職選挙法204条の選挙無効訴訟において、選挙人は、同法205条1項所定の選挙無効の原因として同法10条1項2号の規定の違憲を主張することができない
上告を棄却
の選挙人である上告人らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...選挙区の人口に比例する形で,2人ないし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和25年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員
判示要旨:平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
上告を棄却
らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...選挙区の人口に比例する形で,2人ないし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和25年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員
判示要旨:平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
棄却
2 被控訴人らに適用される公職選挙法別表第3の東京都選挙区及び神奈川県選...挙すべき議員の数を定める公職選挙法別表第3の定めは,平成27年7月28日に成立した公職選挙法の一部を改正する法律(平成27年法律第60号)に...控訴人らに適用される公職選挙法別表第3の配分議員数につき違憲無効の状態
判示要旨:1 公職選挙法別表第3の配分議員数が、憲法前文、14条等に違反し無効であることの確認を求める訴えが却下された事例 2~4 (原審の1~3と同じ)
上告を棄却
公職選挙法違反被告事件...弁護人菊池捷男,同箱守英史の上告趣意は,憲法違反をいうが,公職選挙法24...3条1項3号,平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の
判示要旨:公職選挙法243条1項3号、平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の合憲性
棄却
員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する
判示要旨:衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の規定の合憲性
上告を棄却
りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行さ...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する
判示要旨:衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の規定の合憲性
上告を棄却
員の数を定めた公職選挙法13条2項及び別表第2の各規定(以下「本件定数配分...職選挙法86条の2及び95条の2所定の重複立候補制が投票価値の平等を損なう...ものであるなどとして,公職選挙法13条1項,2項,別表第1及び別表第2の各
判示要旨:衆議院比例代表選出議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定める公職選挙法13条2項、別表第2の規定の合憲性
棄却
りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき...(2) 昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年に公職選挙法の一部が改正さ
判示要旨:平成26年12月14日施行の衆議院(小選挙区選出)議員選挙について、奈良県第4区の選挙人が、同選挙の選挙区割りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき施行された前記選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙の無効請求が、棄却された事例
棄却
8区,神奈川県第12区及び同第15区の選挙人である原告らが,公職選挙法...選挙区における選挙も無効であるなどと主張して,公職選挙法204条に基づ...人が小選挙区選出議員,180人が比例代表選出議員とされ(公職選挙法4
判示要旨:平成26年12月14日施行の衆議院(小選挙区選出)議員選挙について、東京都第2区等の選挙人らが、公職選挙法の定める選挙区割りは憲法による投票価値の平等の要求(憲法14条1項等)に違反する無効なものであるから、これに基づき施行された前記選挙区等の選挙も無効であるなどとしてした選挙の無効請求が、棄却された事例
棄却
下「本件小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定...選挙区における選挙も無効であると主張して,公職選挙法204条に基づき...本件選挙の小選挙区選挙は,平成26年12月14日,公職選挙法(平
判示要旨:平成26年12月14日施行の衆議院議員総選挙について、それぞれ小選挙区福岡県第1区ないし第11区、佐賀県第1区及び第2区、長崎県第1区ないし第4区、熊本県第1区ないし第5区、大分県第1区ないし第3区の各選挙人が、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に反して無効であるから、これに基づき施行された同選挙も無効であるとしてされた同各選挙区における選挙の無効請求が、いずれも棄却されるとともに、主文において同各選挙区における選挙がいずれも違法であると宣言された事例
破棄
挙」という。)について,岡山県選挙区の選挙人である被上告人らが,公職選挙法...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...25年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員
判示要旨:公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
棄却
告らが,公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...25年に制定された公職選挙法の定数配分規定は,上記の参議院議員選挙法の議員
判示要旨:公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
上告を棄却
職選挙法9条1項並びに11条1項2号及び3号の規定(以下「本件各規定」とい...42条)。そして,公職選挙法204条の選挙無効訴訟について,同条は選挙人又は公職の候補者のみがこれを提起し得るものと定め,同法205条1項は上記訴訟...0日第一小法廷判決・民集30巻8号838頁参照)。このように,公職選挙法2
判示要旨:公職選挙法204条の選挙無効訴訟において選挙人が同法205条1項所定の選挙無効の原因として同法9条1項並びに11条1項2号及び3号の規定の違憲を主張することの可否
棄却
4年11月26日に施行された公職選挙法の一部を改正する法律による改正...(以下「本件改正」という。)後の公職選挙法14条1項,別表第3による選...挙も無効であると主張して,公職選挙法204条に基づき,本件各選挙区にお
判示要旨:平成25年7月21日施行の参議院(選挙区選出)議員通常選挙について、東京都選挙区等の選挙人において、公職選挙法14条1項、別表第3による選挙区及び議員数の規定が、憲法の保障する人口比例選挙に反し、投票価値の平等に反して無効であるから、これに基づき施行された前記選挙も無効であるとしてした選挙無効請求が棄却された事例
棄却
について4選挙区で定数を4増4減とすることを内容とする公職選挙法の一...挙について,同選挙が平成18年法律第52号による公職選挙法の改正(以...選挙後に国会に提出された公職選挙法の一部を改正する法律案は,単に4選
判示要旨:平成25年7月21日に行われた参議院(選挙区選出)議員選挙について、大阪府選挙区等の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第三の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は、憲法の保障する代表民主制の基本原則及び選挙権の平等に違反し無効であるから、これに基づき施行された前記各選挙区における選挙も無効であるとしてした前記各選挙の無効請求がいずれも棄却されるとともに、主文において前記各選挙が違法であると宣言された事例
24年法律第94号による改正(以下「本件改正」という。)後の公職選挙法...おり(公職選挙法4条2項),選挙区選挙については,全国に都道府県を単...昭和22年に制定された参議院議員選挙法は,参議院議員の選挙につい
判示要旨:平成25年7月21日に施行された参議院議員通常選挙について、岡山県選挙区の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は人口比例に基づかず憲法14条等に違反し無効であるとしてした選挙の無効請求が、認容された事例
棄却
動に関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行さ...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する法律(平成6年法律第2号)が成立し,その後,平成6年法律第10号及び同第1
判示要旨:衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法(平成24年法律第95号による改正前のもの)13条1項、別表第1の規定の合憲性
破棄
昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...選挙区単記投票制を採用していたが,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する...れ,そのうち300人が小選挙区選出議員,180人が比例代表選出議員とされ(平成24年法律第95号による改正前の公職選挙法4条1項),小選挙区選挙に
判示要旨:衆議院議員小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法(平成24年法律第95号による改正前のもの)13条1項、別表第1の規定の合憲性
控訴を棄却
公職選挙法(昭和25年法律第100号)は,禁錮以上の刑に処せられその...本件は,控訴人が,公職選挙法11条1項2号が禁錮以上の刑に処せられそ...めるとともに,控訴人は違憲の公職選挙法により平成22年7月11日に実施
判示要旨:公職選挙法11条1項2号の合憲性
本件は,平成24年12月16日現在の公職選挙法で定める衆議院議員小...う。)は,公職選挙法(公職選挙法の一部を改正する法律(平成14年法律...とされ(公職選挙法4条1項),小選挙区選挙については,全国に300の
判示要旨:平成24年12月16日に施行された衆議院議員総選挙について、岡山県第2区の選挙人が、公職選挙法13条1項、別表第1の選挙区及び議員定数の規定は人口比例に基づいていないから憲法14条等に違反し無効であるとしてした選挙の無効請求が、認容された事例
区割りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,...の事態を踏まえ,昭和61年の公職選挙法改正において,初めて議員定数の
判示要旨:平成24年12月16日施行の衆議院議員選挙について、広島県第1区及び第2区の選挙人らが、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であり、これに基づいて施行された前記各選挙区における選挙も無効であるとしてした選挙無効請求が、認容され、その効果は平成25年11月26日の経過をもって発生するとされた事例
棄却
件総選挙」という。)について,公職選挙法13条1項及び別表第1で定めら...被告は,公職選挙法5条に基づき,本件各選挙区の選挙に関する事務を管...が比例代表選出議員である(公職選挙法4条1項)。
判示要旨:平成24年12月16日施行の衆議院(小選挙区選出)議員選挙について、愛知県第1区等の選挙人らが、公職選挙法13条1項及び別表第1の選挙区割規定は、人口に比例した選挙区を定めなければならないという憲法上の要求に反しているから違憲無効であり、同規定により定められた選挙区割りにより実施された前記選挙区等の選挙も無効であるとしてした選挙の無効請求が、棄却された事例
却下
て成年被後見人となったところ,公職選挙法11条1項1号が成年被後見人は...ため,上記の公職選挙法11条1項1号の規定は,憲法15条3項,14条1...成年被後見人は選挙権を有しないと定めた公職選挙法11条1項1号の
判示要旨:公職選挙法11条1項1号の合憲性
棄却
りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施...本件選挙の小選挙区選挙は,平成24年12月16日に公職選挙法〔公...職選挙法の一部を改正する法律(平成14年法律第95号)による改正後,
判示要旨:平成24年12月16日施行の衆議院議員選挙について、東京都第1区の選挙人が、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に反して無効であるから、これに基づき施行された同選挙も無効であるとしてされた同選挙区における選挙の無効請求が、棄却されるとともに、主文において同選挙区における選挙が違法であると宣言された事例
棄却
手続(以下「本件開票手続」という。)が公職選挙法(以下「法」という。)
判示要旨:開票管理者が、開票手続において、開票立会人Xの投票の点検が未了であるにもかかわらず投票の点検を終了させ、また、疑問票とされた票について開票立会人Xが意見を述べないままで効力の決定をしたことが公職選挙法66条、67条等に違反するということはできないとした事例
却下
本件訴えのうち,公職選挙法の違憲確認を求める部分及び次回の衆...公職選挙法(昭和25年法律第100号)は,禁錮以上の刑に処せられてそ...本件は,原告が,公職選挙法11条1項2号が憲法に違反していることの確
判示要旨:公職選挙法11条1項2号の合憲性
棄却
及び各都道府県の選挙管理委員会に対し,上記アの選挙につき公職選挙法別...内閣は,国会に対し,公職選挙法別表第1につき1人別枠方式を廃止し人口...つき公職選挙法別表第1に定める選挙区割りに基づく選挙事務の管理をさせる
判示要旨:従前の選挙区割りに基づいて衆議院議員総選挙を施行するものとされたことにより、投票価値の平等が害されたまま投票を行わざるを得ないという重大な損害を被ることとなるとしてされた、?内閣が天皇に対し同選挙の施行の公示に係る助言と承認をすることの差止めを求める主位的訴え、?同選挙の施行の公示がされたときは、内閣が中央選挙管理会及び各都道府県の選挙管理委員会に対し同選挙につき公職選挙法に定める選挙区割りに基づく選挙事務の管理をさせることの差止めを求める予備的訴え及び?内閣が国会に対し公職選挙法につき1人別枠方式を廃止し人口に比例して議員定数を配分する法律案を提出することの義務付けを求める訴えが、いずれも却下された事例
却下
内閣は,国会に対し,公職選挙法別表第1につき1人別枠方式を廃止し...職選挙法等の改正により一部改められたものの,1人別枠方式は維持された...選挙法別表第1に定める選挙区割りに基づく選挙事務の管理をさせることの
判示要旨:従前の選挙区割りに基づいて衆議院議員総選挙を施行するものとされたことにより、投票価値の平等が害されたまま投票を行わざるを得ないという重大な損害を被ることとなるとしてされた、?内閣が天皇に対し同選挙の施行の公示に係る助言と承認をすることの差止めを求める主位的訴え、?同選挙の施行の公示がされたときは、内閣が中央選挙管理会及び各都道府県の選挙管理委員会に対し同選挙につき公職選挙法に定める選挙区割りに基づく選挙事務の管理をさせることの差止めを求める予備的訴え及び?内閣が国会に対し公職選挙法につき1人別枠方式を廃止し人口に比例して議員定数を配分する法律案を提出することの義務付けを求める訴えが、いずれも却下された事例
棄却
挙」という。)について,東京都選挙区の選挙人である被上告人が,公職選挙法1...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...いし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和25年に制定された公職選挙法の参議
判示要旨:公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
上告を棄却
挙」という。)について,東京都選挙区の選挙人である上告人らが,公職選挙法1...参議院議員選挙法(昭和22年法律第11号)は,参議院議員の選挙につ...いし8人の偶数の議員定数を配分した。昭和25年に制定された公職選挙法の参議
判示要旨:公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
棄却
選挙法(以下「公選法」という。)50条3項に基づく仮投票の機会を与えな...公職選挙法施行令16条は,市町村の選挙管理委員会は,公選法27条1
判示要旨:住民票が消除され、選挙人名簿に転出表示がされていた原告が、統一地方選挙において投票を拒否されたこと及び公職選挙法50条2項が定める仮投票の機会が十分に与えられなかったことが違法であるとして国家賠償を求めた事案において、投票の拒否については国家賠償法上違法であるとは認められないが、仮投票の機会が十分に与えられなかったことは違法であるとして、請求の一部を認容した事例
棄却
出議員の選挙(以下「小選挙区選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...このような経緯を経て,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する法律
判示要旨:衆議院小選挙区選出議員の選挙についてのいわゆる1人別枠方式を含む区割基準を定める衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条及び同基準に従って選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の各規定の合憲性
上告を棄却
関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行され...昭和25年に制定された公職選挙法は,衆議院議員の選挙制度につき,中...このような経緯を経て,平成6年1月に公職選挙法の一部を改正する法律
判示要旨:1 衆議院小選挙区選出議員の選挙についてのいわゆる1人別枠方式を含む区割基準を定める衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条及び同基準に従って選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の各規定の合憲性 2 衆議院小選挙区選出議員の選挙において候補者届出政党に選挙運動を認める公職選挙法の規定の合憲性
棄却
ある大阪府選挙管理委員会に対し,公職選挙法別表第三及び同法附則による選...た(公職選挙法4条2項)。...本件選挙は,平成18年法律第52号によって改正された公職選挙法1
判示要旨:平成22年7月11日施行の参議院(選挙区選出)議員選挙について、大阪府選挙区の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第3及び同法附則による選挙区及び議員定数の規定は、人口比例に基づいた定数配分をしておらず、憲法が規定する代議制、選挙権の平等の保障に反し無効であるとしてした選挙の無効請求が、棄却された事例
棄却
2号によって改正された公職選挙法(昭和25年法律第100号)14条,別...公職選挙法204条に基づき,東京都選挙区における本件選挙の無効確認を求...日公布)によって改正された公職選挙法の本件定数配分規定による選挙区及
判示要旨:平成22年7月11日に施行の参議院(選挙区選出)議員選挙について、東京都選挙区の選挙人らが、公職選挙法14条1項、別表第3の議員定数配分規定は、憲法14条及び44条等に違反して無効であり、同規定に基づき実施された前記選挙区の選挙も無効であるとしてした選挙無効請求が、棄却された事例
棄却
た公職選挙法の規定が,人口比例に基づいて定数配分をしておらず,憲法が規...となっているので,同規定は憲法に違反し無効であると主張して,公職選挙法...6人が比例代表選出議員とされている(公職選挙法4条2項)。
判示要旨:平成22年7月11日施行の参議院(選挙区選出)議員選挙における選挙区及び議員数を定める公職選挙法の定数配分規定が、人口比例に基づいて定数配分をしておらず、憲法が規定する正当な選挙に基づく代議制及び選挙権の平等の保障に反する配分となっており違憲であるとしてされた前記選挙の無効請求につき、主文において前記選挙は違法であると宣言した上で、同請求を棄却した事例
棄却
のために使用する自動車の借入契約を締結し,公職選挙法(以下「公選法」と
判示要旨:区が、区議会議員選挙における選挙運動のために使用する自動車の使用に係る費用につき、自動車の借入先のレンタカー業者に対し、公職選挙法141条8項等に基づく公費負担の対象外の費用相当額を含めて支払を行ったことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記業者に不当利得返還の請求をすることを区長に対して求める請求が、一部認容された事例
576 件中 1/12 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in