2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61990 
刑事21964民事40026
法律
軽犯罪法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
軽犯罪法の判決統計
0
0
0
38 件中 1/1 ぺージ
破棄
弁護人前田領の上告趣意のうち,軽犯罪法1条2号(以下「本号」という。)に...そうすると,原判決及び第1審判決は,軽犯罪法1条2号の解釈適用を誤った違
1 軽犯罪法1条2号にいう「正当な理由」の意義及びその存否の判断方法 2 軽犯罪法1条2号所定の器具に当たる催涙スプレー1本を専ら防御用として隠して携帯したことが同号にいう「正当な理由」によるものであったとされた事例
控訴を棄却
行為が同罪及び業務妨害罪に該当するとしても,上記事実については,軽犯罪法1条1...4 【要旨2】軽犯罪法1条16号との関係について... 所論は,虚構の犯罪を申告する場合,軽犯罪法1条16号の虚構申告罪は刑法233
1 刑法233条の虚偽の風説の「流布」に当たるとされた事例 2 刑法233条の信用毀損、業務妨害罪と軽犯罪法1条16号の関係
上告を棄却
の)二七条一号、四条二項一号、四号、軽犯罪法一条三三号前段の各規定が憲法二
愛媛県屋外広告物条例及び軽犯罪法の合憲性
上告を棄却
ち、憲法二一条違反をいう点は、軽犯罪法一条三三号前段、大阪市屋外広告物条例...をいう点は、軽犯罪法一条三三号前段は犯罪の構成要件が不明確とは認められない
軽犯罪法1条33号前段及び大阪市屋外広告物条例の合憲性
破棄
たため勾留できなかった軽犯罪法違反の事実に対する刑である拘留刑に、業務上横...一一日右勾留事実と同一の事実及び軽犯罪法違反の事実を併せて起訴されたこと、...より軽犯罪法違反の事実については勾留できなかったことが明らかであり、そうす
勾留が不能であった軽犯罪法違反の事実に対する刑に他の事実に基づく未決勾留日数を算入することの可否(消極)
上告を棄却
七条一号、二条二項四号、軽犯罪法一条三三号前段の各規定が憲法二一条に違反し...所論は理由がなく、憲法三一条違反をいう点は、軽犯罪法一条三三号前段にいう「
大阪府屋外広告物法施行条例及び軽犯罪法一条三三号前段の合憲性
上告を棄却
常習累犯窃盗罪と軽犯罪法一条三号の侵入具携帯罪の罪数関係につき検討する。
常習累犯窃盗の罪と別の機会に窃盗目的で犯された軽犯罪法一条三号(侵入具携帯)の罪との罪数関係
破棄
う軽犯罪法一条三号違反罪(侵入具携帯罪)により、昭和六〇年七月一八日大阪簡...決・刑集三四巻七号七六七頁参照)、また軽犯罪法一条三号の侵入具携帯罪の立法...居侵入罪の罪数関係について検討することとする。軽犯罪法は、いまだ
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係 三 本来包括一罪となりうる関係にある甲乙両罪のうち乙罪が甲罪に対する一審判決言渡し後に犯され乙罪に対する判決が先に確定した場合における甲罪の公訴の効力
破棄
が、原判示第二の所為は、軽犯罪法一条三号の侵入具携帯の罪(以下「侵入具携帯...のであるから、原判決には、盗犯等防止法三条及び軽犯罪法一条三号の解釈、適用...に、原判示第二の所為は、軽犯罪法一条三号に該当するところ、原判示第二の罪に
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係
上告を棄却
条一項四号、二二条二項一号、軽犯罪法一条三三号前段の各規定が憲法二一条一項
佐賀県屋外広告物条例五条一項四号及び軽犯罪法一条三三号前段による電柱のビラ貼りの規制と憲法二一条
破棄
裁判所たる原審は、第一審裁判所が証明不十分として無罪とした軽犯罪法違反の点... ところで、軽犯罪法一条二三号の罪は、住居、浴場等同号所定の場所の内部をの...いは建物等への侵入行為を伴うのが通常であるから、住居侵入罪と軽犯罪法一条二
住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係 住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係(反対意見がある)
上告を棄却
 所論は、憲法三一条違反をいう点を含め、すべてその実質は軽犯罪法一条一五号、... 所論にかんがみ職権をもつて判断するに、軽犯罪法一条一五号にいう官職の詐称
一 軽犯罪法一条一五号にいう官職の詐称にあたるとされた事例 二 対話者の一方が相手方の同意を得ないで会話等を録音することが違法でないとされた事例
破棄
 控訴趣意中、軽犯罪法一条三三号の「はり札をし」の解釈・適用の誤りを主張す...実を認定し、このような行為も、軽犯罪法一条三三号前段の「はり札をした」に当...ぎないようなばあいにまで、軽犯罪法一条三三号前段にいう「はり札をした」に当
軽犯罪法一条三三号前段にいう「はり札をした」場合にあたらないとされた事例
上告を棄却
一月三一日条例第二号)及び軽犯罪法一条三三号による広告物規制特に電柱へのは
埼玉県屋外広告物条例(昭和二五年条例二号)及び軽犯罪法一条三三号による電柱のはり紙の規制と憲法二一条
上告を棄却
立ち入つた被告人らの本件各所為が軽犯罪法一条三二号前段に該当するとした原判
軽犯罪法一条三二号前段の「入ることを禁じた場所に正当な理由がなくて入つた」罪が成立するとされた事例
上告を棄却
害するごときものは、もとより許されないところであるから、軽犯罪法一条三三号
軽犯罪法一条三三号前段と憲法二一条
上告を棄却
所為に対し刑法六〇条、軽犯罪法一条三三号前段等を適用し、被告人両名を各拘留... 論旨は、まず、原判決は、軽犯罪法一条三三号前段は、結局公共の福祉を保持す...うことはできない旨判断しているが、軽犯罪法の右法条をこのように解釈すべきも
軽犯罪法一条三三号前段と憲法二一条一項
破棄
 (1) まず、軽犯罪法一条三三号前段の「みだりに他人の家屋その他の工作物... そもそも、軽犯罪法が、その取締の対象とする行為は、刑法等の刑罰法規に違反...ことにより、社会の秩序を維持しようとするものである。軽犯罪法一条三三号前段
軽犯罪法第一条第三三号の「みだりに」の法意
控訴を棄却
 所論は要するに、原判決は憲法第二一条の解釈を誤り、又軽犯罪法第一条第三三... 以上の観点に立ち、軽犯罪法第一条第三三号前段の規定(以下、本件規定とい...のてあるが、(軽犯罪法の立法の趣旨が窮極において、公共の福祉を保持しようと
一、 軽犯罪法第一条第三三号前段と憲法第二一条との関係 二、 右軽犯罪法の法規にいわゆる「みだりに」他人の工作物にばり札をするの意義 三、 右軽犯罪法の法規違反に該当する一事例
破棄
由のいずれにも該当しないこと、及び右各所為は軽犯罪法一条三三号前段の他人の...及び軽犯罪法一条三三号前段に一応該当すると解すべきである。...やればよい旨述べ、右行為が愛媛県広告物条例或いは軽犯罪法違反になる場合があ
一、 ビラ貼り行為が愛媛県屋外広告物条例に違反する広告物表示行為に当らないとした事例 二、 軽犯罪法第一条第三三号にいうみだりに他人の工作物にはり札をしたと認められない事例
控訴を棄却
 所論は、要するに、軽犯罪法は、軽い犯罪を規制しているものではあるが、その...ものではないから、原判決がこれに軽犯罪法第一条第三二号を適用して被告人を処...とが明らかである。従つて、原判決が被告人の原判示各行為に軽犯罪法第一条第三
軽犯罪法第一条第三二号の適用が認められた一事例
上告を棄却
軽犯罪法一条三二号違反の罪と、鉄道係員の許諾を受けないで同駅構内において旅
軽犯罪法第一条第三二号違反の罪と鉄道営業法第三五条違反の罪との罪数関係
上告を棄却
立ち入る行為が、軽犯罪法一条三二号違反の罪と鉄道営業法三七条違反の罪との一
軽犯罪法第一条第三二号違反の罪と鉄道営業法第三七条違反の罪との罪数関係
控訴を棄却
軽犯罪法第一条第三二号には当らず、右各行為については鉄道営業法第三七条違反...の罪が成立するにすぎない。かりに軽犯罪法第一条第三二号にも当るとしても、右... しかし、軽犯罪法第一条第三二号は「入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正
客引きの目的で駅前広場に立ち入る行為と軽犯罪法第一条第一三二号
破棄
     軽犯罪法違反の点につき被告人を免訴する。...刑法二六〇条の建造物損壊および同二六一条の器物損壊を内容とする「暴力行為等処罰ニ関スル法律」違反の各訴因として起訴した以上、これを軽犯罪法一条三三号...し、新たに二として、軽犯罪法一条三三号に該当する事実(本件ビラ貼り行為とし
一 いわゆる闘争手段としてのビラ貼り行為が建造物損壊罪、器物損壊罪を構成しないものとされた事例。 二 建造物損壊罪並びに暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の罪(器物損壊を内容とする)として起訴された事実を軽犯罪法第一条第三三号に該当する事実と認定する場合と公訴の時効。
破棄
 所論は軽犯罪法一条三三号にいう「その他の工作物」というのは、構成要件が不... そして、右軽犯罪法一条三三号の構成要件要素としての工作物の概念の意味内容
軽犯罪法第一条第三三号にいうみだりに他人の工作物にはり札をしたと認められる事例
控訴を棄却
する。そして軽犯罪法第一条第三十二号に定める「入ることを禁じた場所」とは、...の本件所為を刑法第百三十条の建造物侵入罪を以て処断するのは格別右軽犯罪法第...罪は前記軽犯罪法第一条第三十二号の罪に対する特別罪であるから、被告人の本件
一、 刑法第一三〇条にいわゆる看守があるとは認め難い事例 二、 軽犯罪法第一条第三二号と鉄道営業法第三七条との関係
上告を棄却
である。されば厚生大臣の許可を受けないで物品販売の目的をもつて国民公園皇居外苑に立ち入ることは、軽犯罪法一条三二号前段にいう「入ることを禁じた場所に
軽犯罪法第一条第三二号前段の「入ることを禁じた場所に正当な理由がなくて入つた」罪の成立する事例。
破棄
 論旨は軽犯罪法第一条第三十二号前段には「入ることを禁じた場所」とあり、こ...苑に立入つたとしてもただそれだけでは軽犯罪法第一条第三十二号に違反するもの...従つて厚生大臣の許可を受けていない物品販売業者に対しては皇居外苑は軽犯罪法
軽犯罪法第一条第三二号前段の「入ることを禁じた場所に正当な理由がなくて入つた」罪の成立する一事例
上告を棄却
であることが明らかであるから軽犯罪法一条一号にいう「看守していない邸宅、建
管理人の管理下にある空別荘は軽犯罪法第一条第一号にいう「看守していない邸宅、建物」に当るか
破棄
軽犯罪法第一条第一五号の官名詐称罪が成立する事例
上告を棄却
 弁護人甘糟勇雄、同芦田浩志の上告趣意第一点は、「軽犯罪法一条三一号は犯罪
軽犯罪法第一条第三一号は犯罪の構成要件を明らかにしていないか
上告を棄却
ることは勿論、本件強盗殺人罪に吸収せらるべき関係にあるものとはいい得ない。所論軽犯罪法一条一九号は、正当の理由がなくて変死体又は死胎の現場を変える行
一 鑑定の目的物を破壊するについて刑訴第一六八条所定の裁判所の許可を受けなかつた場合と当該鑑定の証拠能力 二 軽犯罪法第一条第一九号の法意
破棄
て本件被告人の行為の如きは軽犯罪法第一条第三号に該当するものと解するを以て... 被告人の右所為は軽犯罪法第一条第三一号罰金等臨時措置法第二条第二項にあた
軽犯罪法第一条第三一号違反罪が成立する事例
控訴を棄却
竹竿そのものを隠して所持していたものではないから被告人の本件行為は軽犯罪法...本件竹棒携帯が軽犯罪法第一条第二号に該当するや否やにつき考察するに、...本件行為は軽犯罪法第一条第二号に該当するものと謂うべきであり、原判決の事実
軽犯罪法第一条第二号違反の罪の成立する一事例
棄却
ることほ当然である。としろで、軽犯罪法は、刑法その他の刑罰法令には触れない...があつてはならないと明記しているのであるから(軽犯罪法第四条)、同法が国民...とは、原判決が本件について適用した軽犯罪法第一条第三十三号前段(原判決には
一、 軽犯罪法第一条第三三号前段の規定の合憲性 二、 陳述聴取の際の氏名年齢住居の黙秘と勾留の適否 三、 軽犯罪法第四条の規定違反の主張と刑訴第三三五条第二項
棄却
り、かかる注意は軽犯罪法第一条第十四号にいわゆる公務員の制止に該当するもの
警察官の再三の注意と軽犯罪法第一条第一四号にいわゆる公務員の制止
棄却
 <要旨第一>軽犯罪法はその規定の形式においては警察犯処罰令に似たところがあ... <要旨第二>軽犯罪法第一條第三十三号に謂う「みだりに」とは社会通念上正当な...によつて認めるところであるから、それは軽犯罪法第一條第三十三号に所謂他人の
一、 軽犯罪法の意義 二、 軽犯罪法第一條第三三号にいわゆる「みだり」にの意義 三、 軽犯罪法第一條第三三号にいわゆる「他人の工作物」の範囲
38 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in