裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62373 
刑事22064民事40309
法律
警察官職務執行法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
4 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
て無制限に許されるべきものでないことも同条二項及び警察官職務執行法一条など
判示要旨:一 交通の安全及び交通秩序の維持などに必要な警察の諸活動と警察法二条及び警察官職務執行法一条との関係 二 警察官による交通違反の予防、検挙を目的とする自動車の一せい検問の適法性
破棄
る客観的状況が生じていたことは証拠上明白であり、警察官職務執行法五条後段の...し、ただ本件の場合警察官の実力行使は警察官職務執行法(以下「警職法」とい
判示要旨:一、 組合員の就労を阻止したピケツテイングが労働組合法一条二項にいわゆる正当性の範囲を逸脱したものとして威力業務妨害罪が成立するとされた事例 二、 現に犯罪が行なわれている場合における警察官の制止行為と警察官職務執行法五条との関係
控訴を棄却
 論旨は、都公安条例四条は警察官職務執行法(以下「警職法」という。)五条の
判示要旨:一、 昭和二五年東京都条例四四号(以下「都公安条例」という。)三条一項但書と憲法二一条 二、 都公安条例五条のうち東京都公安委員会かつけた条件の違反を処罰する部分と憲法三一条 三、 集団示威運動につき付された交通秩序維持に関する条件の違反を処罰することと憲法三一条二一条 四、 都公安条例四条は警察官職務執行法五条との関係で憲法九四条地方自治法一四条一項に違反するか
破棄
 論旨は、原判決は、警察官職務執行法第五条後段にいう「財産に重大な損害を受... よつて先ず、威力業務妨害罪は警察官職務執行法第五条後段に規定する制止行為...る。従つて威力業務妨害罪は警察官職務執行法第五条後段の制止行為の対象となり
判示要旨:一、 郵便局における労働争議に際し、違法なピケッティングによつて当該郵便局の一切の業務が停止された場合と右警察官職務執行法第五条後段の「財産に重大な損害を受ける虞があつて急を要する場合」との関係 二、 ピケッティングが威力業務妨害罪を構成する場合におけるピケ隊員に対する警察官の引き抜き行為の適法性
4 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in