裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62315 
刑事22057民事40258
法律
証券取引法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
証券取引法の判決統計
19
0
15
20
0
29 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
所論に鑑み,被告人両名に対する証券取引法(平成18年法律第65号による改...証券取引法167条3項は,公開買付者等関係者から公開買付け又はこれ...株券等の取引を規制しているところ,証券取引法施行令(平成17年政令第19号
判示要旨:証券取引法(平成18年法律第65号による改正前のもの)167条2項にいう「公開買付け等を行うことについての決定」の意義
破棄
平成18年法律第65号による改正前の証券取引法(以下「証取法」とい...これと同旨の規定は,平成15年政令第116号証券取引法施行令の一部を改正...規定であった平成16年法律第97号による改正前の証券取引法(以下「旧証取
判示要旨:証券取引法施行令(平成18年政令第377号による改正前のもの)7条5項4号、発行者以外の者による株券等の公開買付けの開示に関する内閣府令(平成18年内閣府令第86号による改正前のもの)3条の2の4第1項及び第2項所定の「株券等」に、特定買付け等(同施行令7条5項にいうもの)の対象とならない株券等は含まれるか
懲役3年
(証券取引法等の一部を改正する法律)附則218条により同法3条による改正...前の証券取引法(以下「証券取引法」という。)197条2項,同条1項5号...証券取引法198条の2第1項本文,2項の趣旨
判示要旨:被告会社の代表取締役であった被告人が、被告会社の株式について、共犯者らと共に相場操縦行為を行い、さらに、共犯者において、相場操縦によって上昇させた株価によって被告会社の株式を売り付けたとの旧証券取引法違反等の事案において、旧証券取引法198条の2(必要的没収、追徴)の適用に当たり、信用取引による売り付け分については、同条第1項ただし書により、売買差益の限度で没収・追徴の対象とし、他方、かねて入手してあった現物株を売り付けた分については、売付代金の全額を没収・追徴の対象とした事例
懲役3年
あるが,被告人両名は,同会社から証券取引法193条の2に基づく有価証券...価証券届出書を提出した(判示第1の4)という証券取引法違反,金融商品取引法...公正な価格形成を図ることによって投資者の保護を図ろうとする旧証券取引法及び
判示要旨:証券取引所の上場会社の代表取締役及び専務取締役が、公認会計士と共謀の上、3事業年度にわたって、虚偽記載のある有価証券届出書又は有価証券報告書を提出したという証券取引法違反、金融商品取引法違反の事案(代表取締役については、この他、自宅の土地建物について内容虚偽の抵当権設定登記を了したという電磁的公正証書原本不実記録・同供用の事案も含む)について、代表取締役を懲役3年及び罰金1000万円に、専務取締役を懲役2年6月にそれぞれ処し、専務取締役については4年間その刑の執行を猶予した事例
懲役2年6月
平成17年法律第87号による改正前の証券取引法198条19号,平成1...8年法律第65号附則1条本文による改正前の証券取引法166条1項4号,...平成17年法律第87号による改正前の証券取引法166条2項3号
判示要旨:会社役員等の立場で知った重要事実に基づき、インサイダー取引で利益を得ようと企て、2社の株券を代金合計約1億2000万円で売り付けた証券取引法違反2件の事案について、自己又は第三者名義で、信用取引により多数の株券を売りつけており、被告人の刑事責任は相当に重いが、被告人のために有利な事情も認められるとして、被告人を懲役刑(2年6月、執行猶予付き)及び罰金刑に処した上、代金合計相当額の約1億2000万円の追徴を命じた事例
懲役2年
法167条2項(以下「証券取引法167条2項」という 。...そして,上記の観点から見ると,証券取引法167条2項の「決定」に該当する...ってその実現可能性があるといえて初めて,証券取引法167条2項の「決定」に
判示要旨:投資顧問業者から特定の会社の株式買収の提案を受けその業者との間で当該買収に関する会議を設定することを了承したことが平成18年法律第65号による改正前の証券取引法167条2項にいう「公開買付け等を行うことについての決定」に当たるとされた事例
懲役1年
被告人は無罪である,仮に判示証券取引法違反の罪が成立するとしても,被告...証券取引法違反の罪の成否...旧証券取引法198条の2は,相場操縦等の犯罪行為により得た財産及びその
判示要旨:共犯者3名らと共謀し、誘引目的で、株券の売買が繁盛であると誤解させ、かつ、株券の相場を変動させるべき一連の取引を行うとともに、売買の状況等に関して他人に誤解を生じさせる目的で、仮装売買及び馴合売買を行ったとして、証券取引法159条2項1号、同条1項1号・5号の成立を認めた事例
破棄
下「C社」という。)を発行者とする証券取引法(平成16年法律第97号による
判示要旨:証券取引法(平成16年法律第97号による改正前のもの)17条に定める損害賠償責任の責任主体は同法にいう発行者等に限られるか
懲役1年6月
ることは明らかである。そして,証券取引法(現金融商品取引法)166条1項...上記改正前の証券取引法198条の2第2項,1項1号...本件は,判示のとおりのいわゆるインサイダー取引による証券取引法違反の事案
判示要旨:インサイダー取引による証券取引法違反の事案
懲役2年
本件は,判示のとおりのいわゆるインサイダー取引による証券取引法違反の...号による改正前の証券取引法198条の2第1項本文,2項は,犯人が得た利
判示要旨:インサイダー取引による証券取引法違反の事案
上告を棄却
たこと等につき,証券取引法(平成12年法律第96号による改正前のもの)15
判示要旨:1 出来高に関し他人に誤解を生じさせる目的は、価格操作ないし相場操縦の目的を伴わない場合でも、証券取引法(平成12年法律第96号による改正前のもの)159条1項柱書きにいう「取引が繁盛に行われていると誤解させる等これらの取引の状況に関し他人に誤解を生じさせる目的」に当たるか 2 いわゆる自己両建ての有価証券オプション取引(判文参照)は、証券取引法(平成12年法律第96号による改正前のもの)159条1項3号にいう「オプションの付与又は取得を目的としない仮装の有価証券オプション取引」に当たるか
破棄
被上告人は,証券取引法(以下「法」という。)79条の56の規定によ
判示要旨:証券取引法79条の20第3項2号に規定する「証券業に係る取引」と証券会社が同取引を仮装して行った取引
棄却
又は欠けていないものとして証券取引法 以...「特定の顧客の投資利回りの確保,投資損失の補填等,証券取引法,大
判示要旨:監査法人である被告が、倒産した山一証券株式会社の作成した有価証券報告書のうちに重要な事項について虚偽の記載があったなどしたにもかかわらず、証券取引法193条の2第1項に基づく監査証明をしたことから、山一証券株式会社の株式を購入した原告らが被告に対して証券取引法24条の4、22条1項、21条1項3号に基づく損害賠償を請求したところ、上記監査証明をしたことにつき被告に過失はなかったとして、原告らの請求がいずれも棄却された事例
控訴を棄却
3億1082万円を追徴すると判示した部分について,証券取引法198条...証券取引法198条の2第2項にいう犯人の解釈について...まず ,必要的没収・追徴を定めた証券取引法198条の2( 以下 , 本条 」
判示要旨:証券取引法違反(相場操縦)の事案において同法198条の2第2項により被告人から没収不能財産の価額全部を追徴することができるとされた事例
上告を棄却
平成9年法律第117号による改正前の証券取引法166条1項4号にいう「当該...る改正前の証券取引法166条1項4号にいう「当該契約の履行に関し知つたとき」
判示要旨:平成9年法律第117号による改正前の証券取引法166条1項4号にいう「当該契約の履行に関し知ったとき」に当たるとされた事例
破棄
 (1) 平成3年法律第96号による改正前の証券取引法の下においては,損失保...行を求めることが証券取引法の禁止規定に反し許されないと解することは相当では... 平成3年法律第96号による改正前の証券取引法は,損失保証や特別の利益提供
判示要旨:1 法律行為が公序に反することを目的とするものであるかどうかを判断する基準時 2 証券取引法42条の2第1項3号が平成3年法律第96号による同法の改正前に締結された損失保証や特別の利益の提供を内容とする契約に基づく履行の請求をも禁止していることと憲法29条
破棄
の金銭の預託が,証券取引法(平成10年法律第107号による改正前のもの。た
判示要旨:証券会社に所属する外務員が顧客との間でした金銭の受託等が証券取引法(平成10年法律第107号による改正前のもの)64条1項にいう「その有価証券の売買その他の取引」に当たらないとされた事例
上告を棄却
が,証券取引法(以下「法」という。)164条1項に基づき,被上告人の主要株
判示要旨:1 証券取引法164条1項の趣旨 2 証券取引法164条1項と憲法29条
破棄
 原判決は、被告人に対する証券取引法(平成一〇年法律第一〇七号による改正前...一審に差し戻したが、原判決には、証券取引法一六六条二項一号の解釈適用を誤っ...被告人に証券取引法(前記改正前のもの)一六六条一項違反の罪の成立を認めた。
判示要旨:一 証券取引法一六六条二項一号にいう「業務執行を決定する機関」の意義 二 証券取引法一六六条二項一号にいう株式の発行を行うことについての「決定」の意義
破棄
訴事実と同旨の事実を認定し、右副作用症例の発生が証券取引法(平成五年法律第...犯罪の成立を認めたが、原判決は、第一審判決には、前記証券取引法の関係規定の...原判決は、その理由として、前記証券取引法一六六条二項四号は、同項一号から
判示要旨:新薬に関する副作用症例の発生が証券取引法(平成五年法律第四四号による改正前のもの)一六六条二項二号イに該当し得る面を有していてもなお同項四号に該当する余地が否定されないとされた事例
破棄
 所論は、要するに、(1)原判決は、本件副作用情報が証券取引法一六六条二項... そこで、検討するに、原判決には、証券取引法一六六条二項二号イ及び四号の解...関する重要事実としてとらえ、これが証券取引法一六六条二項四号にいう「当該上
判示要旨:証券取引法(平成六年法律第七〇号による改正前のもの)一六六条二項四号の適用範囲
破棄
三年法律第九六号による証券取引法改正前である本件当時においても、公序良俗に...は、右改正前の証券取引法の下において締結された損失保証契約は、公序良俗に反... 2 損失保証に関する証券取引法改正等の経過は、次のとおりである。
判示要旨:平成三年法律第九六号による改正前の証券取引法の下において平成二年八月当時に締結されたいわゆる損失保証契約の効力
上告を棄却
  1 所論は、証券取引法一二五条二項一号後段及び同条三項の各規定(昭和六...   しかしながら、証券取引法一二五条二項一号後段は、有価証券の相場を変動... 2 所論は、証券取引法一二五条三項の規定について、罪刑の不均衡があるとし
判示要旨:一 証券取引法(昭和六三年法律第七五号による改正前のもの)一二五条二項一号後段の意義 二 証券取引法(昭和六三年法律第七五号による改正前のもの)一二五条二項一号後段違反の罪及び同条三項違反の罪と刑法六五条一項にいう身分によって構成すべき犯罪
控訴を棄却
に証券取引法一二五条二項一号後段を、同第二の事実(以下「安定操作」の事実と... <要旨第一>証券取引法一二五条二項(昭和五六年法律第六二号による改正前のも... 所論は、原判決は、証券取引法一二五条二項一号後段及び同条三項は憲法三一条
判示要旨:一 証券取引法一二五条二項一号後段、同条三項と憲法一四条 二 証券取引法一二五条二項一号後段にいう「有価証券市場における有価証券の売買取引を誘引する目的」の意義 三 証券取引法一二五条二項一号後段にいう「相場を変動させるべき取引」の意義 四 証券取引法一二五条二項一号後段にいう「一連の売買取引」の意義 五 証券取引法一二五条二項一号後段にいう「相場を変動させるべき一連の売買取引」の趣旨 六 証券取引法一二五条三項にいう「相場を安定する目的」の意義 七 証券取引法一二五条三項にいう「一連の売買取引」の意義 八 証券取引法一二五条三項にいう「相場を安定する目的を以てする一連の売買取引」の趣旨 九 証券取引法施行令二〇条一項に定める「有価証券の募集又は売出しを容易にするために行なう場合」に当たる安定操作が犯罪とされていない理由 一〇 証券取引法一二五条三項には同条二項一号後段に規定されている「有価証券市場における有価証券の売買取引を誘引する目的」の規定がない理由 一一 証券取引法一二五条二項一号後段違反の罪が成立するとされた事例 一二 証券取引法一二五条三項違反の罪が成立するとされた事例 一三 有価証券市場における一連の売買取引をする証券取引法一二五条二項一号後段違反の罪、同条三項違反の一連の売買取引をする罪と、身分によつて構成すべき犯罪
控訴を棄却
5 右「新規上場銘柄の始め値の決定方法」を適用した株式の譲渡は、証券取引法...の「株式の公開」にいかなる定義を与えているかであるが、それは、「証券取引法...し・・・・・・証券取引法第二条第四項に規定する株式の売出しをいう」と明確に
判示要旨:1 重加算税の賦課決定に対する審査請求につき、重加算税の賦課要件は欠くが過少申告加算税の賦課要件を満たしているとして、過少申告加算税相定額について右審査請求を棄却した国税不服審判所長の裁決が、適法であるとされた事例 2 株式の新規上場に際し、株式の供給不足を暖和し市場始め値の高騰を防止するため、証券取引所の要請により幹事証券会社に対し売り委託されるいわゆる値付玉としての株式の譲渡が、非課税とされる株式の譲渡について定める所得税法施行令(昭和54年政令第69号による改正前)26条3項1号の引用する証券取引法2条4項所定の「売出」に当たらないとされた事例
上告を棄却
右事実によれば、本件信用取引契約が所論のように証券取引法一二七条に規定する... つぎに、証券取引法五一条一項に基づく証券会社に関する省令四条の規定によれ
判示要旨:証券取引法第五一条第一項に基づき証券会社に関する省令第四条の規定する顧客の同意書の記載事項中に白紙の部分があつても移管の措置が有効であると認められた事例
上告を棄却
 所論は、証券取引法五八条一号にいわゆる「不正の手段」の意義、内容は漠然と...あり、かような行為が、証券取引法五八条一号にいわゆる「不正の手段」に該当す
判示要旨:証券取引法第五八条第一号にいう「不正の手段」の意義。
上告を棄却
て証券取引法四九条に定めるいわゆる委託証拠金は主として証券業者が委託者に対
判示要旨:証券取引法第四九条に違反して委託証拠金なしに信用取引がなされた場合における証券業者と委託者との間の契約の効力。
上告を棄却
経由せず直接に売買契約を締結することは、特定の場合を除き、証券取引法一二九... ところで、証券取引法一二九条は、いわゆる呑行為を禁止する規定であつて、「...するものということはできない。そして、証券取引法の諸規定に照らすときは、右
判示要旨:一 証券取引所の会員が取引市場を経由しないで締結した上場株式売買契約が証券取引法第一二九条に違反しないとされた事例 二 右売買契約の効力
29 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in