2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
法律
覚せい剤取締法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
覚せい剤取締法の判決統計
21
11
57
45
35
1
38 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
判決判示第3の事実(以下「本件」という。)について,覚せい剤取締法41条の
いわゆる瀬取り方式による覚せい剤の輸入行為につき覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
いう。)について,覚せい剤取締法41条の輸入罪及び平成17年法律第22号に
船舶から海上に投下し回収する方法により覚せい剤を輸入しようとした行為につき、覚せい剤取締法41条の輸入罪及び関税法(平成17年法律第22号による改正前のもの)109条1項、3項の禁制品輸入罪の実行の着手があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
覚せい剤取締法41条の覚せい剤輸入罪の既遂時期
上告を棄却
【要旨】覚せい剤取締法14条,41条の2第1項にいう「所持」とは,人が物を...認めた原判決は,覚せい剤取締法41条の2第1項の解釈適用を誤ったものといわ
覚せい剤取締法41条の2第1項にいう覚せい剤の所持に当たらないとされた事例
控訴を棄却
覚せい剤の営利目的輸入(覚せい剤取締法四一条二項、一項)の公訴事実につい...剤の営利目的輸入の予備罪(覚せい剤取締法四一条の六、四一条二項、一項)の成...覚せい剤の営利目的所持の罪(覚せい剤取締法四一条の二第二項、一項)により公
覚せい剤取締法四一条の輸入罪に当たらない場合
上告を棄却
料二二二号麻薬・覚せい剤等刑事裁判例集三〇八頁は、覚せい剤取締法四一条、一...だし、関税法と覚せい剤取締法とでは、外国からわが国に持ち込まれる覚せい剤に...対する規制の趣旨・目的を異にし、覚せい剤取締法は、覚せい剤の濫用による保健
一 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪の既遂時期 二 覚せい剤取締法一三条、四一条の輸入罪と関税法一一一条の無許可輸入罪との罪数関係
上告を棄却
 なお、覚せい剤取締法四一条の二第二項にいう「営利の目的」とは、犯人がみず
覚せい剤取締法四一条の二第二項にいう「営利の目的」の意義
破棄
八年法律第一一四号覚せい剤取締法の一部を改正する法律(以下「改正法」とい...う。)による改正後の覚せい剤取締法四一条二項一項一号を適用しているが、改正...を構成することになる。また、昭和四八年二月一五日からは覚せい剤取締法の罰則
犯人がその所有する覚せい剤及び覚せい剤原料につき検察官に所有権放棄書を差し出した場合と覚せい剤取締法四一条の六本文の適用(積極)
上告を棄却
 なお、競走能力をたかめるため馬に覚せい剤を注射する行為が覚せい剤取締法一
覚せい剤取締法一九条にいう使用にあたるとされた事例
破棄
 所論第一点は、要するに、原判決は判示第二の一の覚せい剤取締法の輸入罪と判...ないで同所を通過した事案である。このように、本件における覚せい剤取締法の輸...輸入の機会に犯されたものである。しかしながら、覚せい剤取締法一三条にいう輸
覚せい剤を本邦内に持ち込む過程で犯された覚せい剤取締法の輸入罪と関税法の無許可輸入罪とが併合罪であるとされた事例
上告を棄却
覚せい剤の輸入罪(覚せい剤取締法四一条一項一号)と覚せい剤の無許可輸入未遂罪(関税法一一一条二項、一項)を併合罪とした原判断は首肯しえないとしながら、刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められないとされた事例
上告を棄却
これを本件についてみるに、原判示第四の事実は、被告人は覚せい剤取締法上輸入...示第四の一の覚せい剤取締法による輸入罪と同第四の二の関税法による無許可輸入
覚せい剤取締法の輸入罪と無許可輸入未遂罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
人は、覚せい剤取締法上輸入行為を禁止されており、かつ、関税定率法上の有税品...くする一個の覚せい剤輸入行為として評価することができ、それが覚せい剤取締法...で述べたとおりである。そうすると、原判決は、同一の日時、場所における同一の覚せい剤輸入の機会にされた覚せい剤取締法違反の罪と関税法違反の罪との罪数に
覚せい剤取締法四一条一項一号、二項の罪と関税法一一〇条三項、一項一号前段の罪との罪数関係について意見が付された事例
上告を棄却
 弁護人石塚久の上告趣意第一のうち、覚せい剤取締法一七条三項に規定する「譲
覚せい剤取締法一七条三項の規定する犯罪構成要件の内容はそれ自体明らかであるとして、違憲の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
覚せい剤取締法が法定の資格者以外の者による覚せい剤の譲渡、譲受等が濫用の因...刑集一〇巻六号八三〇頁)とするところであり、また、覚せい剤取締法四一条の二
覚せい剤取締法四一条の二第一項の合憲性
破棄
     被告人は覚せい剤取締法違反の点について無罪。...剤としての効用を有しないものということができる。覚せい剤取締法は覚せい剤の...の所為は覚せい剤取締法四一条一項二号の同法一四条違反の罪に該当しないと解す
覚せい剤の所持が覚せい剤取締法四一条一項二号の罪にあたらないとされた事例
上告を棄却
 第一、二点とも違憲をいうけれども、実質は、覚せい剤取締法の解釈を争う単な...らず覚せい剤取締法一七条にいわゆる覚せい剤の譲り渡しに当る」とし、また「同
一 覚せい剤取締法第一七条にいう覚せい剤の「譲り渡し」の意義 二 覚せい剤取締法第四一条の二にいう「営利の目的で」の意義
上告を棄却
覚せい剤取締法の一部を改正する昭和二九年法律第一七七号の施行前の覚せい剤譲り受けと施行後の常習および営利の覚せい剤譲り受け行為の適条。
上告を棄却
一 覚せい剤取締法違反(不法譲受)罪の実行の着手があつたと認められる事例 二 訴因変更手続を必要としない事例
上告を棄却
覚せい剤取締法第一四条にいう「所持」と認められる一事例
上告を棄却
 所論は憲法三一条違反をいうけれども、その実質は原判決が覚せい剤取締法四一...月一〇日第一小法廷判決、刑集六巻一号六九頁参照)。(所論は覚せい剤取締法四
一 控訴趣旨に対する判断遺脱の違法と上告理由 二 覚せい剤取締法第四一条第二項の法意
上告を棄却
 所論は憲法二二条違反を主張するけれども、覚せい剤取締法が一方において覚せ
覚せい剤の所持の禁止、譲渡の制限および禁止に関する覚せい剤取締法の規定の合憲性
上告を棄却
処断したのは正当である。 (二)次に、昭和二六年七月三〇日施行された覚せい剤取締法にいわゆる「覚せ...ことは明らかである。従つて覚せい剤取締法が、一方において覚せい剤の適正な使...はいえない。されば原判決が同被告人の判示(二)の所為に覚せい剤取締法の右各
一 覚せい剤の譲渡、譲受の制限および禁止に関する薬事法および覚せい剤取締法の規定の合憲性 二 フエニルメチルアミノプロパンは薬事法第四一条七号にいう「その他の医薬品」に該当するか
上告を棄却
 覚せい剤取締法一四条にいわゆる所持とは、人が物を保管する実力支配関係を内
覚せい剤取締法第一四条にいわゆる所持の意義
控訴を棄却
 <要旨>よつて考察するのに、覚せい剤取締法第一四条第一項が禁止する覚せい剤
覚せい剤取締法第一四条第一項にいわゆる所持にあたる事例
上告を棄却
 覚せい剤取締法一四条の「所持」は、人が物を保管する実力支配関係を内容とす...用等よりも犯情において常に軽いとは限らないので、覚せい剤取締法四一条一項が
一 覚せい剤取締法第一四条にいわゆる「所持」の概念 二 覚せい剤取締違法第四一条第一項が第一号から第五号までの所為に対し同一の法定刑を定めたことは憲法第一三条に違反するか 三 被告人にとり不利益な主張であつて上告理由として許されない一事例
上告を棄却
〇五条の上告理由に当らない。(覚せい剤取締法にいわゆる覚せい剤の製造のうち
覚せい剤取締法にいう「覚せい剤の製造」に含まれるべき場合
破棄
覚せい剤取締法第四一条第四項(昭和三〇年八月二〇日法律第一七一号による改正前のもの)にいおゆる営利の目的の意味
控訴を棄却
 原判決が法令の適用において罰則たる覚せい剤取締法第四十一条第一項第二号の... 覚せい剤取締法第四十一条の三には「前二条の場合においては、犯人が所有し、...覚せい剤取締法第四十一条の三を適用して没収しているのであるから、特に右覚せ
覚せい剤取締法第四一条第一項第二号を適用して処断する際同法第一四条第一項の適用を明示することを要するか
破棄
     覚せい剤取締法第四十一条第四項が「営利の目的で又は常習として云
一、 数個の覚せい剤取締法第四一条第四項違反の所為が「営利の目的」をもつてなされたときの罪数 二、 刑訴第三二一条第一項第二号後段「前の供述と相反するか若しくは実質的に異つた供述をしたとき」の意味
破棄
九午六月十二日法律第百七十七号(同日施行)による覚せい剤取締法の改正後の行...ものと認め、判示第三の譲受行為を同法により改正された覚せい剤取締法第四十一...覚せい剤取締法第四十一条第一項第三号第四項後段にあたるものとして、各別に犯
一、 覚せい剤取締法の改正による常習犯処罰規定の新設とその改正の前後にわたる常習性ある同法第四一条第一項違反の処断 二、 右改正後常習として覚せい剤を不法に譲り受けたり製造したりした所為に対する擬律
上告を棄却
覚せい剤取締法にいわゆる覚せい剤の製造の意義
破棄
 然し乍ら、覚せい剤取締法に所謂覚せい剤の製造と謂うのは、同法第一条第一項
既存の覚せい剤たる粉末製剤を原料とするあらたな注射液たる製剤の作出と覚せい剤取締法第一五条第一項にいわゆる覚せい剤の製造
棄却
覚せい剤製造罪(覚せい剤取締法第一五条第一項違反)の既遂の時期
38 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in