裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62368 
刑事22064民事40304
法律
裁判所法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
67 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
棄却
る裁判所法の改正(以下「平成16年改正」という。...)により,改正前の裁判所法...記改正前の裁判所法67条2項本文はなお現存すると主張して,同条項に基づき,
判示要旨:元司法修習生である原告らが、裁判所法を改正して給費制を廃止した立法が違憲無効であると主張して、改正前の裁判所法に基づき給費の支払を請求するとともに、給費制を廃止する立法をし、これを復活させる立法をしなかったことが、国家賠償法上違法であるとして、損害賠償を請求した事案について、立法が違憲であるとも、立法不作為が違法であるともいえないとして、原告らの請求をいずれも棄却した事例。
裁判所法49条も,裁判官が上記の義務を負っていることを踏まえて,「品位を...したがって,被申立人の上記行為は,裁判所法49条にいう「品位を辱める行
判示要旨:1 裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」とは、職務上の行為であると、純然たる私的行為であるとを問わず、およそ裁判官に対する国民の信頼を損ね、又は裁判の公正を疑わせるような言動をいう 2 裁判官の職にあることが広く知られている状況の下で、判決が確定した担当外の民事訴訟事件に関し、インターネットを利用して短文の投稿をすることができる情報ネットワーク上で投稿をした行為が、裁判所法49条にいう「品位を辱める行状」に当たるとされた事例
却下
争訟を裁判する権限を有するのであるが(裁判所法3条1項) ここに...(裁判所法3条1項)
判示要旨:特別区の議会の会派無所属議員が区議会幹事長会及び区議会各派代表者会に出席し、発言する権利を有することの確認を求める訴え並びに区議会幹事長会運営規程及び区議会各派代表者会運営規程に違法があることの確認を求める訴えが裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」に当たらないとされた事例
却下
訟を裁判する権限を有するのであるが(裁判所法3条1項),ここに一切...通じて判断すべき「法律上の争訟」(裁判所法3条1項)には当たらない...請求及び本件地位確認請求に係る訴えは,裁判所法3条1項にいう「法律
判示要旨:特別区の議会において、本会議における無所属議員の一般質問の時間を年間20分とすること等を内容とする時間制を定める議会運営委員会の申合せがされた場合において、無所属議員が上記時間制に基づき質問を制限する処分の差止め及び質問を制限されない地位にあることの確認を求める訴えが、裁判所法3条1項にいう「法律上の争訟」に当たらないとされた事例
却下
はならない義務があることの確認を求める訴えは,裁判所法3条1項の「法律上の争訟」...本件訴えが,裁判所法3条1項の「法律上の争訟」に当たるかどうか。...いて審判することのできる対象は,裁判所法3条1項にいう「法律上の
判示要旨:逗子市が、同市、国及び神奈川県との間でされた合意に基づいて、国に、逗子市と横浜市にまたがって所在する「池子住宅地区及び海軍補助施設」のうち横浜市域に所在する土地において、米軍家族住宅を建設してはならない義務及び「緑地の現況」を変更してはならない義務があることの確認を求める訴えは、裁判所法3条1項の「法律上の争訟」に当たらず、不適法であるとされた事例。
情報の開示を受けた後にした行為が裁判所法49条に該当するとして申し立てられ...慮しても,裁判官の職責と相いれず,慎重さを欠いた行為であり,裁判所法49条...とができないとしているほか,裁判所法はこれを裁判によって行うことを定めてい
判示要旨:裁判官の行為が犯罪の嫌疑を受けた妻を支援、擁護するものとして許容される限界を超え裁判所法49条に該当するとされた事例
棄却
ルディスカッションに参加するつもりであることを認め、そのことは裁判所法五二...めた。自分としては、仮に法案に反対の立場で発言しても、裁判所法に定める積極...容としても、仙台地方裁判所長の警告は裁判所法の解釈を誤ったものであって、そ
判示要旨:一 裁判所法五二条一号にいう「積極的に政治運動をすること」の意義 二 裁判官が積極的に政治運動をすることを禁止する裁判所法五二条一号と憲法二一条一項 三 裁判官が積極的に政治運動をしたとされた事例 四 裁判官が積極的に政治運動をしたことがその職務上の義務に違反するとして当該裁判官に対し戒告がされた事例 五 裁判官分限事件への憲法八二条一項の適用の有無 六 民事訴訟又は非訟の手続において期日に立ち会う代理人の数を制限することの可否
上告を棄却
裁判所法三条にいう「法律上の争訟」に当たらないというほかない。
判示要旨:特定の者が宗教法人の代表役員の地位にあることが争われている訴訟と裁判所法三条にいう法律上の争訟
上告を棄却
 裁判所法三条一項の規定にいう「法律上の争訟」として裁判所の審判の対象とな...るものに帰し、裁判所法三条一項にいう「法律上の争訟」に当たらないというほかはない。...二条参照)ところ、本件各訴えは、前記のとおり裁判所法三条一項にいう「法律上
判示要旨:裁判所の支部を廃止する旨を定めた最高裁判所規則の取消しを求める訴訟と裁判所法三条一項にいう法律上の争訟
上告を棄却
用による終局的解決に適しないものとして、裁判所法三条にいう「法律上の争訟」...できないものといわざるを得ず、裁判所法三条にいう「法律上の争訟」に該当しないというべきである。
判示要旨:宗教団体内部においてされた懲戒処分の効力を前提問題とする代表役員等地位確認請求の訴訟が裁判所法三条にいう「法律上の争訟」に当たらないとされた事例
上告を棄却
 二 裁判所がその固有の権限に基づいて審判することのできる対象は、裁判所法...ものとして、裁判所法三条にいう「法律上の争訟」に当たらないというべきである...裁判所法三条にいう「法律上の争訟」に該当しないというべきである。
判示要旨:宗教団体内部においてされた懲戒処分の効力を前提問題とする具体的な権利義務ないし法律関係に関する訴訟と裁判所法三条にいう法律上の争訟
破棄
の訴訟手続には裁判所法三三条三項及び刑訴法三三二条の解釈、適用を誤つた違法...て、本件は懲役刑が相当な事案であるとして裁判所法三三条三項、刑訴法三三二条... <要旨>ところで、裁判所法三三条二項によれば、簡易裁判所においては売春防止
判示要旨:簡易裁判所が事件を地方裁判所に移送しなかつた措置が裁判所法三三条三項及び刑訴法三三二条に違反するとされた事例
破棄
 裁判所がその固有の権限に基づいて審判することのできる対象は、裁判所法三条...による終局的な解決の不可能なものであつて、裁判所法三条にいう法律上の争訟に
判示要旨:信仰の対象の価値ないし宗教上の教義に関する判断が訴訟の帰すうを左右する前提問題となつている具体的権利義務ないし法律関係をめぐる紛争と裁判所法三条にいう法律上の争訟
上告を棄却
により変更されたというが、裁判所法一〇条三号の適用については、大審院のした...判決は前に最高裁判所のした裁判とみなされるから(裁判所法施行令五条)、大審...院の判例を変更するためには裁判所法一〇条三号の規定により最高裁判所大法廷の
判示要旨:裁判所法第一〇条第三号同法施行令第五条と最高裁判所裁判事務処理規則第九条第六項との関係
棄却
 また、その余の抗告理由は、民訴法四一九条ノ二、裁判所法七条二号の規定の違
判示要旨:民訴法第四一九条ノ二、裁判所法第七条第二号の規定の合憲性
上告を棄却
判示要旨:裁判所法第一〇条第三号同法施行令第五条と最高裁判所裁判事務処理規則第九条第六項との関係
上告を棄却
ぴとも裁判所法八二条に基づいて不服申立権を有するものでないことは、前叙した
判示要旨:印紙追貼命令およびこれに関連する措置等に対する救済を裁判所法第八二条によつて求めることの許否
棄却
のみが右の場合に当るとする旨の裁判所法及び民訴法の規定が違憲でないことは明
判示要旨:民訴法第四一九条ノ二、裁判所法第七条は憲法第三二条に違反するか。
却下
 最高裁判所が抗告に関して裁判権をもつのは、裁判所法七条二号に従い訴訟法に...集四巻二号八八頁)の趣旨とするところである。それ故、裁判所法七条二号が憲法
判示要旨:裁判所法第七条第二号は憲法第三二条に違反するか
上告を棄却
管轄を定めた裁判所法三三条の規定が憲法に違反するものでないことは、下級裁判
判示要旨:裁判所法第三三条第二項の規定が、窃盗罪等につき簡易裁判所に管轄を認めたことと憲法第一四条第一項。
上告を棄却
の代表者でないから、憲法上の裁判官ということはできないし、また、裁判所法は...また、裁判所法は新憲法施行前の制定にかゝるものであるが、旧憲法下の法律であ...二三年六月二三日大法廷判決刑集二巻七号七二二頁)。そして裁判所法の憲法に違
判示要旨:一 下級裁判所の裁判官と憲法上の裁判官。 二 裁判所法の合憲性。
上告を棄却
安定法違反被告事件が当初裁判所法二六条二項二号に違反し、一人の裁判官で取り
判示要旨:裁判所法第二六条第二項第二号違反の訴訟手続上のと瑕疵とその治癒。
判示要旨:一 裁判所法第一〇条第一号最高裁判所裁判事務処理規則第九条第三項によつて最高裁判所大法廷が同条第二項にあたる点のみについて審理裁判した場合の判決主文 二 土地区画整理施行規程に基き土地台帳地積によつてした換地予定地指定処分と憲法第二九条
棄却
 裁判所法七条二号にいう訴訟法において特に定める抗告とは刑訴応急措置法一八
判示要旨:裁判所法第七条第二号の法意
破棄
 裁判所法三三条一項によれば簡易裁判所は窃盗及び傷害の罪について裁判権を有...判決は、裁判所法三三条二項に違反したもので本件非常上告は理由がある。そして
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三条第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法と非常上告
破棄
 およそ、簡易裁判所は、裁判所法三三条一項によれば窃盗罪及び右銃砲刀剣類等...裁判所が裁判所法三三条二項の制限を超える刑を科するのを相当と認めるときは同...てはすべからく裁判所法三三条三項、刑訴法三三二条により事件を管轄地方裁判所
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三条第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法と非常上告
破棄
当と認めながら、裁判所法三三条三項、刑訴三三二条により事件を地方裁判所に移...すことなく、自ら同罪につき懲役刑をもつて処断したものであつて、裁判所法三三
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三条第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法と非常上告
上告を棄却
判示要旨:一 理由不備の違法のない事例 二 裁判所法第四条に違反しない事例
破棄
事実は、記録によつて明白であり、原審の右措置が、裁判所法第三三条第二、三...は、裁判所法第二四条第一号、第三三条第一項第二号によつて明らかである。そし...を相当とする。このことは、裁判所法第三三条第二項が管轄に関する規定でもある
判示要旨:裁判所法第三三条第二項に違反する判決と破棄の事由
上告を棄却
めた民訴三九三条及び裁判所法一六条三号の規定は、なんら憲法三二条同七六条同
判示要旨:民訴第三九三条および裁判所法第一六条第三号の規定の合憲性
控訴を棄却
件につき原裁判所を拘束することは、裁判所法第四条の規定によつて疑をいれない
判示要旨:裁判所法第四条の適用ある一事例
破棄
行為に対しては、裁判所法第七十三条が刑法第九十<要旨第二>五条第一項に優先し...て適用されるべきものであると主張するが、裁判所法第七十三条の審判妨害罪と刑...し裁判所法において特に審判妨害罪を設けた趣旨は法廷は民主社会存立の基盤たる
判示要旨:一、 いわゆる誘導尋問が禁止されない場合 二、 裁判所法第七三条の罪と刑法第九五条第一項の罪との関係
上告を棄却
対し本件請求異議の訴が提起された昭和二四年一月二四日当時は、すでに裁判所法...が施行され同区裁判所は廃止せられたのであるから、裁判所法施行令(昭和二二年...つたことは明らかである。所論の政令(裁判所法施行法の規定に基く調停に関する
判示要旨:一 調停に対する請求異議の第一審の管轄 二 区裁判所で成立した調停に対し裁判所法施行後に提起する請求異議の第一審の管轄 三 調停について要素の錯誤の認められない一事例 四 家屋の賃貸借契約の期限付合意解除の効力
上告を棄却
判示要旨:英文で記載した証拠書類の取調が裁判所法第七四条に違反しない一事例
上告を棄却
判示要旨:裁判所法第四条に違反しない一事例
上告を棄却
中途において裁判所法三三条三項の場合に当るものと認めて事件を管轄地方裁判所...裁判所は審理の中途において裁判所法三三条三項の場合に当るものと認め、よつて
判示要旨:一 裁判所法第三三条第三項による事件移送前における簡易裁判所の訴訟手続の効力 二 犯罪の時が判示事実と証拠との間にくいちがいがある判決の適否
上告を棄却
二三年七月二九日刑事判例集二巻九号一〇〇七頁以下参照)。また、裁判所法二六
判示要旨:一 責問権喪失の事例 二 証拠申出の放棄と認められる事例 三 裁判所法第二六条第二項第一号の決定を変更する決定の適否 四 裁判所法第二六条第二項第一号の決定及びその変更決定の方式 五 合議体の審理が単独裁判官の審理に移行した場合と口頭弁論更新の要否 六 労務の提供と賃貸借契約の成否
無罪
たことによるものと認められるが、裁判所法施行前の昭和二二年四月四日前橋区裁...第一項違反事件で、同裁判所に繋属中裁判所法が施行せられたため、裁判所法施行...法第二条第一項及び裁判所法施行令第三条第一項乃至第三項により前橋地方裁判所
判示要旨:區裁判所に事件係屬中裁判所法が施行されたために、地方裁判所の單獨判事により審判され事件の控訴審は同裁判所の合議部であるのに、高等裁判所が不當にも控訴審の審判をした一事例
棄却
 <要旨>裁判所法第二十四条第一号第三十三条第一項第二号の規定によると罰金以
判示要旨:裁判所法第三三条第一項第二号にいわゆる罰金以下の刑にあたる罪の意義
 本件は裁判所法施行前の昭和二二年四月四日大阪区裁判所検事局検事山根正より...大阪区裁判所に対し起訴せられて同裁判所に係属中同年五月三日より裁判所法が施...行せられた結果、裁判所法施行法第二条第一項及び裁判所法施行令第三条第一項乃
判示要旨:區裁判所に事件係屬中裁判所法が施行されたために、地方裁判所の單獨判事により審判され事件の控訴審は同裁判所の合議部であるのに、高等裁判所が不當にも控訴審の審判をした
上告を棄却
 本件は所論昭和二三年一月一日施行の裁判所法の一部を改正する法律によつて改...正された裁判所法三三条一項二号、二項但書の規定によつて井原簡易裁判所が第一...て所論裁判所法の一部を改正する法律は迅速な裁判をなすべき憲法の要請、裁判所
判示要旨:一 裁判所の事物管轄に關する國會の立法權 二 昭和二三年一月施行裁判所法の一部を改正する法律の合憲性(憲法第一四條)
棄却
 裁判所法第七条によれば、最高裁判所は「訴訟法において特に定める抗告」につ
判示要旨:裁判所法第七條の法意―最高裁判所に裁判官怠避申立棄却決定に對する抗告を申立てることの適否
無罪
るが、裁判所法第三三条第二項によれば、簡易裁判所は刑法第二三五条の罪若しく...すべきであつたのである。然るにかゝる措置に出ることなく自ら右裁判所法所定の
判示要旨:簡易裁判所が裁判所法第三三條第三項の制限を超えて懲役刑を言渡した判決の違法
服の申立ある判決をした裁判所は大審院である。そして裁判所法施行法第二条に基...く裁判所法施行令第一条には「大審院においてした事件の受理その他の手続はこれ
判示要旨:一 裁判所法施行前大審院が言い渡した判決に対する再審の訴の管轄裁判所 二 最高裁判所に対し裁判所法施行前大審院が言い渡した判決に対し再審の訴があつたときの処置
上告を棄却
制所を構成しなかつたものと信ずる仮りに裁判所法第二十八條の規定に従つて札幌...裁判所の構成は裁判所法第二十八條に違反しているものと信ずるその理由は次の通
判示要旨:一、 裁判所法第二八條による職務代行と公告、告知の要否 二、 同條による職務代行と公判調書及び判決における表示方
上告を棄却
ことは明らかである(裁判所法第五条第二項)。裁判官でない判事は、どこにもい
判示要旨:一 副檢事の公訴提起の權限 二 副檢事に地方檢察廰の檢察官の事務を取扱はせることの可否 三 副檢事が地方檢察廰の檢察官事務取扱としてなした公訴提起の効力 四 裁判所法第五條第二項のいわゆる「判事」と「裁判官」 五 強盜の被害物件が他人の所持にかかることの判示の程度
本件では原判決を為した裁判所は大審院である。そうして裁判所法施行法第二条に...基く裁判所法施行令第一条には、「大審院においてした事件の受理その他の手続は
判示要旨:一 最高裁判所に対し裁判所法施行前大審院が事実審理をして言渡した有罪判決に對する再審請求があつたときの処置 二 大審院のなした判決に對する再審請求に對する管轄裁判所
上告を棄却
 裁判所法第二六条第一項において第二項に規定する場合を除いて地方裁判所は一
判示要旨:一 精神鑑定の請求と精神障碍の事實上の主張 二 裁判所法第二六條第一項の合憲性 三 精神病者の證言の證據能力 四 刑訴法第三四七條第一項の法意 五 被害者不知の間になされた財物の奪取と強盗罪 六 緊急逮捕手続と司法警察官の被害者に対する訊問権 七 證據書類中の被害金額の限度内でこれと異る被害金額を認定した場合と虚無の證據 八 刑訴應急措置法第一三條第二項の合憲性
上告を棄却
以外の何ものでもなく裁判所法第一〇条に該当しないものと解し当小法廷において
判示要旨:一 犯罪事實の一部につき被告人の自白以外の證據がない場合と憲法第三八條第三項及び刑訴應急措置法第一〇條第三項 二 アルコールを飮用として他人に販賣する者の注意義務 三 憲法違反に名を藉り原審の事實認定を非難する上告論旨と裁判所法第一〇條
上告を棄却
利益な陳述をしたとの事実は少しも主張されて居ない。それ故裁判所法第一〇条第
判示要旨:一 憲法第三七條にいわゆる公平な裁判と相被告人との刑の權衡 二 辯論再開及び證據調の限度に關する事實審の自由裁量權 三 刑訴法第三四九條第三項の法意 四 裁判所法第一〇條第一號に該らぬ場合
67 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in