裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62368 
刑事22064民事40304
法律
職業安定法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
職業安定法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
職業安定法を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「執行猶予」に処する。
12
0
1
0
43 件中 1/1 ぺージ
破棄
る職業安定法違反の事実や、その他の起訴されていない余罪を認定し、これらを実...った、との職業安定法違反の事実で、本件の起訴と同日である同年七月二五日名古...の前記の職業安定法違反の事実を、単に、被告人が前記Aと知り合った後、本件の
判示要旨:児童福祉法違反被告事件についての家庭裁判所の訴訟手続に地方裁判所係属中の職業安定法違反の犯罪事実をも実質上処罰する趣旨で刑を量定した違法があるとされた事例
上告を棄却
介事業を行うことにつき、職業安定法三二条一項ただし書に基づく労働大臣の許可... (四) 被上告人は、本件業務は、一体として職業安定法五条一項、三二条一項た... 2 職業安定法にいう職業紹介におけるあっ旋とは、求人者と求職者との間にお
判示要旨:一 いわゆるスカウト行為と職業安定法五条一項にいう職業紹介 二 有料職業紹介において労働大臣が定める手数料の最高額を超える手数料を定めた契約の効力
控訴を棄却
行ったとして職業安定法(以下「職安法」という。)六三条二号(有害職業紹介等
判示要旨:一 職業安定法六三条二号にいう「労働者の供給」の要件 二 職業安定法六三条二号にいう「労働者の供給」に当たるとされた事例 三 出入国管理及び難民認定法七三条の二第一項二号にいう「自己の支配下に置いた」の意義 四 出入国管理及び難民認定法七三条の二第一項二号にいう「自己の支配下に置いた」に当たるとされた事例
破棄
そもそも、原判決の認定した事実だけでは到底職業安定法六三条二号の労働者の募... 職業安定法六三条二号にいう「募集」とは、同法五条五項において、「労働者を... <要旨>(一) 職業安定法は、同法六三条二号において、「公衆衛生又は公衆道
判示要旨:職業安定法六三条二号の「労働者の募集」の意義
上告を棄却
 弁護人松本剛の上告趣意は、違憲をいうが、職業安定法三二条一項が憲法一三条、
判示要旨:職業安定法三二条一項が憲法一三条、二二条一項に違反しないとされた事例
上告を棄却
職業安定法三二条一項、六四条一号が憲法二二条一項、二七条に違反しないことは、
判示要旨:職業安定法三二条一項、六四条一号の規定が憲法二二条一項、二七条に違反しないとされた事例
上告を棄却
うのであるから、被告人の右所為は職業安定法三二条一項にいわゆる「職業紹介」
判示要旨:一 職業安定法三二条一項にいわゆる「職業紹介」にあたるとされた事例 二 職業安定法六四条一号の法意
控訴を棄却
 所論は、要するに、原判決には職業安定法三二条一項にいわゆる「職業紹介」の...に、職業安定法が私人による職業紹介事業を原則として禁止する趣旨は、労働者に... <要旨>しかしながら、職業安定法三二条一項本文は、「何人も、有料の職業紹介
判示要旨:職業安定法三二条一項本文の法意
控訴を棄却
う。)とJとの関係はいずれも請負契約ないしそれに準ずるもので、職業安定法施...ものであることが認められ、もとより職業安定法施行規則四条一項の一、二及び四... <要旨第一>次に、所論(二)の点について検討する。職業安定法四四条は「何人
判示要旨:一、 職業安定法四四条の労働者供給事業の禁止規定に違反する行為をしたと認められた事例 二、 労働基準法六条にいう「他人の就業に介入して利益を得」る行為をしたと認められた事例
上告を棄却
で、労働者の募集をした職業安定法六三条二号違反の罪と、児童の心身に有害な影
判示要旨:職業安定法第六三条第二号の罪と児童福祉法第三四条第一項第九号第六〇条第二項第三項の罪との罪数関係
上告を棄却
たものであるとの、職業安定法六三条一項該当の公訴事実に対する判断を遺脱して...右事実を含めた判示第三の事実に対する適用法令として職業安定法六四条一号三二
判示要旨:訴因、罰条の変更手続を要しないとされた事例―職業安定法第六三条第一項と同法第六四条第一号第三二条第一項本文刑法第六〇条
上告を棄却
 弁護人白畠正雄の上告趣意は、職業安定法六三条二号が罪の内容を定めるのに「...が職業安定法六三条二号にいわゆる公衆衛生、公衆道徳上有害な業務に該当するこ
判示要旨:違憲の主張がその前提を欠く事例。―職業安定法第六三条第二号と憲法第三一条
上告を棄却
判示要旨:数名の求職者についての職業紹介(職業安定法第六三条第二号違反)は包括一罪か、併合罪か。
上告を棄却
 弁護人森鋼平の上告趣意第一点は、原判決が本件被告人の所為につき職業安定法...当裁判所大法廷判決(刑集四巻六号一〇四九頁)は、職業安定法は公共の福祉のた...で、憲法二二条に違反するものでないとするのである。いわんや職業安定法六三条
判示要旨:職業安定法第六三条第二号は憲法第二二条第一項に違反するか
上告を棄却
Aより、求人の申込を受けたことがないから、原判決は、職業安定法にいわゆる職
判示要旨:職業安定法にいわゆる職業紹介にあたる事例。
上告を棄却
あるから、第一審判決が被告人を職業安定法六三条二号に問擬したのは相当であつ... 論旨は職業安定法六三条二号が憲法一四条に違反すると主張する。しかし職業安
判示要旨:職業安定法第六三条二号と憲法第一四条。
破棄
紹介事業を行つた点は、職業安定法三二条一項、六四条一号に、業として他人の就...適用し、犯情の重いと認める職業安定法違反の刑に従つて処断すべく、所定刑中懲
判示要旨:職業安定法第六四条第一号(第三二条第一項違反)と労働基準法第一一八条の罪(第六条違反)との関係
破棄
基法という)六条、一一八条の罪と職業安定法(以下職安法という)六三条二号の
判示要旨:動労基準法第一一八条(第六条違反)の罪と、職業安定法第六三条第二号の罪とが想像的競合となる事例
処罰に関する勅令に当る場合であつて、職業安定法を適用したのは誤りであると主...張するが、本件のような抱主と婦女子との関係は、職業安定法五条一項にいう雇用
判示要旨:売淫稼業を契約内容とする抱主と婦女子との関係と職業安定法第五条第一項にいう「雇用関係」
上告を棄却
と職業安定法第五条第六項で明らかである)刑訴四〇五条の上告理由に当らない。
判示要旨:酌婦となることを「勧誘」することは、職業安定法第五条第六項の「募集」に該当するか
上告を棄却
 所論は、職業安定法六三条は同一、二号所定の犯罪に対し法定刑として一年以上
判示要旨:職業安定法第六三条の罪に係る事件につき地方裁判所に控訴が提起されたときと合議体による審判の要否
控訴を棄却
 なお所論は職業安定法第六十三条第二号の募集とは相手方に売淫を為ナべきこと...で被用者となろうとする者の認識を問わず原判示所為に職業安定法第六十三条第二
判示要旨:公衆衛生または公衆道徳上有害な業務につかせる目的で労働者の募集を行つた者について職業安定法第六三条第二号所定の罪の成立する要件
上告を棄却
は存しない。同第二点は訴訟法違反をいうが、判示第一事実は職業安定法六三条二
判示要旨:職業安定法第六三条第二号の罪と同法第六四条第一号の罪につき併合罪加重をなす場合と刑法施行法第三条第三項。
上告を棄却
そして職業安定法五条にいわゆる「雇用関係」とは、必ずしも厳格に民法六二三条... 所論は、本件女給の義務は、職業安定法六三条二号にいう、公衆衛生上有害な業
判示要旨:職業安定法第五条にいう「雇用関係」の意義
破棄
ものであるというのであつて、その罪名は職業安定法違反、罰条は同法第六三条第...職業安定法第六三条の法定刑は一年以上十年以下の懲役又は二千円以上三万円以下...すべきは明瞭であるから、職業安定法第六三条の法定刑に選択刑として罰金刑があ
判示要旨:職業安定法第六三条違反事件は地方裁判所の第一審法定合議事件か
破棄
 所論は、本件事案は職業安定法第六三条第二号の違反罪であるから、裁判所法第...であると主張する。そこで本件のような職業安定法第六三条違反罪は裁判所法第二...と、職業安定法第六三条の法定刑は、「一年以上十年以下の懲役又は二千円以上三
判示要旨:職業安定法第六三条違反事件は法定合議事件か
破棄
三名の労働者を募集し」と記載され、罰条として職業安定法第三十七条第一項第六...し、罰条として職業安定法第六十三条第二号を加え、弁護人において右訴因罰条の...おいて職業安定法第六十三条第二号にいわゆる公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務
判示要旨:職業安定法第三七条第一項違反の訴因に同法第六三条第二号該当の罪の訴因を追加することができるか
棄却
二七年特(わ)六二号職業安定法違反事件記録及び同事件判決謄本を調査すると、...職業安定法第三二条第一項、第六四条第一号、及び同法第三三条第一項第六四条第...対し職業安定法違反の有無を判断してされた判決でない以上その効力が包括一罪の
判示要旨:一、 職業安定法第三二条第一項違反罪の罪数 二、 いわゆる職業犯につき公訴の提起があつた後誤つて右犯罪に含まれる行為についてさらに公訴を提起しこの部分について公訴棄却の判決のあつた場合さらに訴因追加手続によりこの行為を審判の対象とすることができるか。
上告を棄却
関係は、職業安定法五条一項にいわゆる「雇用関係」にあたること及び職業安定法... また、職業安定法にいう職業紹介とは、求人および求職の申込を受けて求人者と...の判示第三事実に摘示した被告人の所為を職業安定法六三条二号に該当する旨の判
判示要旨:職業安定法にいう職業紹介の意義
上告を棄却
 職業安定法六三条二号は、公衆術生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で...旋料をとり、多数婦女を右営業に就職させる契約をした者は、職業安定法六三条二
判示要旨:職業安定法第六三条第二号と昭和二二年勅令第九号第二条との関係
上告を棄却
 論旨は、所論業者を起訴しないて不問に付し、被告人等に職業安定法上の刑責を...するのであるが、原判決の判断の正当であることは、さきに当裁判所が職業安定法...ゆる「接客婦」も労働基準法又は職業安定法による法律上の保護を受けるものであ
判示要旨:職業安定法第五条にいわいゆる「雇用関係」の意義
控訴を棄却
以上のようた関係は、職業安定法第五条に所謂雇用関係に該当するものと認めるの...は職業安定法に所謂雇用関係のあつ旋に該当しない旨主張するのでこの点について...るものではない。原判決が被告人の判示所為を職業安定法第三十二条第一項第六十
判示要旨:芸妓と芸妓置屋との関係が職業安定法第五条にいわゆる雇用関係に該 当するとした事例
破棄
を内容とする従業婦との本件契約の成立は、職業安定法第五条第一項にいう、雇用...らかであり、従つて、職業安定法第五条にいう、雇用関係の成立をあつ旋したもの...た訴因及び罰条に明らかであるように、職業安定法第六三条第二項違反
判示要旨:一、 職業安定法第五条にいう雇用関係の成立あつ旋の意義 二、 地方裁判所に起訴された職業安定法第六三条第二項違反の事件と合議体事件
上告を棄却
て、職業安定法は、舊法とは異り産業上の労働力充足のためにその需要供給の調整...り」との制限があるのであつて、職業安定法が右のごとき職業紹介を公共の福社の
判示要旨:職業安定法第五条にいわゆる「雇用関係」の意義
上告を棄却
準法六条と職業安定法三二条一項とは各その立法の目的を異にするとともに対象た...ずれも正当であつて、なんら法律の解釈に誤りはない。従つて所論の職業安定法三
判示要旨:職業安定法第三二条第一項と労働基準法第六条との関係
上告を棄却
ことを内容とする契約をした者を所罰する規定であり、職業安定法六三条二号は、
判示要旨:昭和二二年勅令第九号(婦女に売淫をさせた者等の処罰に関する件)第二条と職業安定法第六三条二号との関係
上告を棄却
判決において適法に判示されている。そして、第一審では職業安定法六三条二号を...るから、原判示は正当である。第一審判決判示第一の(二)の職業安定法違反罪と...一)の職業安定法違反罪とは別の行為であるから、併合罪として処断したことは当
判示要旨:一 職業安定法第六三条第二号の法意 二 詐欺事実と一所為数法の関係にある職業安定法違反事実と、他の職業安定法違反事実とは併合罪か
控訴を棄却
業に介入して利益を得る行為並に職業安定法第六三条第二号に該当するものとして...(甲)の各事実を掲げ、(乙)の事実を以て単に職業安定法第六三条第二号の公衆...ことを前提とする論旨前段はその理由がない。而して職業安定法第六三条第二号に
判示要旨:職業安定法第六三条第二号にいう「職業紹介」と紹介者の斡旋による雇用関係成立の要否
上告を棄却
おりであり、売笑婦とその抱主との関係として職業安定法五条一項にいわゆる雇用
判示要旨:売笑婦とその抱主との関係と職業安定法第五条第一項にいう「雇用関係」
破棄
 第一の一について。所論は要するに被告人の本件所為を職業安定法で処罰するは... 第一の二について。職業安定法第六三条第二号は同号所定の目的で職業紹介を行...る。されば被告人の本件所為を職業安定法第六三条第二号に問擬した原判決には何
判示要旨:一、 職業安定法第六三条第二号にいわゆる職業紹介の意義 二、 労働基準法第六条にいわゆる利益を得る相手方
控訴を棄却
していわば自然犯的性質を多分に帯びているのに対し、職業安定法第三十二条第一...職業安定法の前記規定に違反するものでないことは所論のとおりであるし、また後...を一個の行為で右職業安定法及び労働基準法の二個の法条違反の罪名にあたるもの
判示要旨:職業安定法第三二条第一項違反の罪と労働基準法第六条違反の罪との関係
棄却
前記婦女に関する契約は職業安定法第六三条第二号にいわゆる公衆道徳上有害な業
判示要旨:一、 昭和二二年勅令第九号第二条にいわゆる「婦女に売淫をさせることを内容とする契約をした者」の意味 二、 職業安定法第六三条第二号にいわゆる「公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で職業紹介を行つた者」の意味
上告を棄却
ある、原審が論旨摘録のように判示して職業安定法三二条は現今わが国情の下にお...のは相当である。職業安定法は戦時中の統制法規とは異り所論のように産業上の労...著な事実である。職業安定法は公の福祉のためこれ等弊害を除去し、各人にその能
判示要旨:職業安定法第三二條の合憲性
43 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in