裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62365 
刑事22063民事40302
法律
競売法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
20 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
判示要旨:1 競売法による不動産の競売手続における競落人から競落に係る土地に関する権利の譲渡を受け、自己の出えんにより競落人名義で代価が裁判所に支払われたことにより、右土地を取得した者につき、右土地の競落人からその競落価額を上回る価額で右土地の譲渡を受けたことが地方税法593条2項にいう「著しく低い価額による土地の取得」に当たるとしてされた特別土地保有税賦課決定は、右競落人に対しては、競落価額をそのまま取得価額として特別土地保有税賦課決定がされているとしても、課税の公平を害するものではなく、違法とはいえないとした事例 2 競売法による不動産の競売手続における競落人から競落に係る土地に関する権利の譲渡を受け、自己の出えんにより競落人名義で代価を裁判所に支払う旨のいわゆる競落権譲渡契約を締結した者につき、右契約の実質は他人の土地の売買契約であるとして、競落人が代価の支払によって右土地の所有権を取得したことにより、右の者も特別土地保有税の課税の対象となる土地を取得したものであるとした事例 3 地方税法593条2項にいう「著しく低い価額」とは、所得税に関して同種の特例を規定する所得税法59条1項2号に基づいて同法施行令169条で定める額と同様に、当該土地の時価の2分の1に満たない価額をいうとした事例
棄却
と、地方競売法及び民事訴訟法(昭和五五年法四号による改正前のもの。以下同...は到底競売法及び民事訴訟法の認めるところとは解されないところ、前掲乙第一号
判示要旨:1 旧競売法(明治31年法律第15号)による不動産の競売手続における競落人から競落に係る土地に関する権利の譲渡を受け、自己の出えんにより競落人名義で代価を裁判所に支払う旨のいわゆる競落権譲渡契約を締結した場合において、土地の競落人からその競落価格を上回る価額で当該土地の譲渡を受けたことが地方税法593条2項にいう「著しく低い価額による土地の取得」に当たるとしてされた特別土地保有税賦課決定は、右競落人に対しては、競落価額をそのまま取得価額として特別土地保有税賦課決定がされているとしても、課税の公平を害するものではなく、違法とはいえないとした事例 2 地方税法593条2項にいう「著しく低い価額」とは、所得税に関して同種の特例を規定する所得税法59条1項2号に基づいて同法施行令169条で定める額と同様に、当該土地の時価の2分の1に満たない価額をいうとした事例 3 旧競売法(明治31年法律第15号)による不動産の競売手続における競落人から競落に係る土地に関する権利の譲渡を受け、自己の出えんにより競落人名義で代価を裁判所に支払う旨のいわゆる競落権譲渡契約を締結した者につき、右契約の実質は他人の土地の売買契約であるとして、競落人が代価の支払いによって右土地の所有権を取得したことにより、右の者も特別土地保有税の課税の対象となる土地を取得したものであるとした事例
却下
九条ノ二所定の場合に限られるところ、本件抗告理由を要約すれば、競売法二七条...に競売開始決定正本を抗告人に送達していることが認められる。)。また、競売法...うな競売法の規定(競売法に準用される民訴法の規定を含む。)のもとにおいて、
判示要旨:競売法二七条二項と憲法二九条一項
却下
主張するところ、競売法二七条四項、民訴法六四八条が所論のいう規定にあたるが、...その余の所論引用の競売法・民訴法の規定は利害関係人の範囲を定めたものではな
判示要旨:競売法二七条四項と憲法三二条
却下
競売法二七条三項の違憲(憲法一四条、二九条、三二条)をいうところ、右主張は、
判示要旨:競売法二七条三項と憲法三二条の裁判を受ける権利
却下
いる競売法二七条二項の規定は、右通知は発せられたが現実に到達しなかつた利害
判示要旨:競売法二七条二項と憲法三二条
上告を棄却
 競売法による不動産競売手続において、競売裁判所は、仮登記のある抵当権者に
判示要旨:競売法による不動産競売手続における仮登記のある抵当権者に対する競売代金の配当方法
上告を棄却
判示要旨:競売法による不動産競売手続において配当異議訴訟が提起された場合と異議ある債権の配当額の供託
上告を棄却
 競売法による競売手続において、その手続の完了前に競売の基本である抵紙当権
判示要旨:競売法による競売手続完了前に抵当権が消滅したがその旨の抹消登記をしなかつた場合と競落人の目的不動産の所有権取得の有無
棄却
判示要旨:競売法による競売手続において口頭弁論ないし当事者の審尋を経ないで審理裁判することは憲法に違反するか
棄却
理由として競落許可決定に不服の申立をすることが許されないこと(競売法三二
判示要旨:競売法による競売開始決定に対し自己が所有者でないことを理由として異議の申立てをすることの許否
取り消す
 本件競売及び競落期日公告によると、競売法二九条の要求している賃貸借の期... 同理由は、競売法三二条によつて準用される民訴六八一条二項六七二条に列挙さ... (1) 本件記録によると、原裁判所から、競売法二八条によつて本件不動産の
判示要旨:一、 競売法第二八条によつて競売に付すべき不動産の評価を命ぜられた鑑定人が、その評価にあたり競売という特殊性を考慮に入れて評価することの可否 二、 同鑑定人が現況宅地地目農地の不動産を農地として評価することの可否
上告を棄却
右仮差押債権者は配当に与かる債権者となり、従つて競売法三三条二項の場合に、
判示要旨:不動産に対する仮差押債権者と競売法による競売。
控訴を棄却
一部滅失の場合の担保責任の規定は、競売法による競売の場合にも準用され...落許可決定の確定した当時又は競売法による競売において代金納付により競売物件
判示要旨:競売法による競売における民法第五六五条第五六八条の担保責任
棄却
登記をしたものというべきであつて、競売法第二七条第三項第四号によつて「不動
判示要旨:競売法による競売申立登記後に目的不動産の所有権を取得した者と競売手続上の利害関係人
棄却
 競売法第二十四条によれば、競売法による不動産競売申立について代理人による...出すべきことが明らかであるから、競売法上の手続の代理に関しては民事訴訟法あ...に関する理由に基くことを得ない(競売法第三十二条第二項民事訴訟法第六百八十
判示要旨:競売法による不動産競売の申立代理人と法人
棄却
 <要旨>競売法第二七条の利害関係人である債務者とは、競売手続において主張さ
判示要旨:競売法第二七条の利害関係人たる債務者
棄却
判示要旨:競売法に基く不動産競売手続と中断
棄却
判示要旨:競売法による建物の競売事件において競売申立登記記入後競売に付すべき建物の構造坪数等が登記簿の表示と符合しないことが判明した場合の処置
棄却
法第六百五十五条、競売法第二十八条参照)。しかしながら最低競売価額で競買の
判示要旨:一、 民訴第六七〇条競売法第三一条の合憲性 二、 最低競売価額の低減と法定の売却条件
20 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in