裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62665 
刑事22127民事40538
法律
社会福祉法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
34 件中 1/1 ぺージ
棄却
いた社会福祉法人について不明朗な土地取引を主導し,...に主たる事務所を有し,特別養護老人ホームの経営等を目的とする社会福祉法人Dの...本件記事は,社会福祉法人であるDが土地取引によって多額の損失を出している疑
判示要旨:社会福祉法人の元理事長が不明朗な土地取引を主導し(①)、同法人に約4700万円の損失が生じている(②)疑いがある旨の新聞記事について、①については真実相当性を肯定し、②については掲載当時、損失額が約920万円に減少し、同記事の取材及び執筆等をした者においてその事実を知っていたとして、真実相当性を否定した事例
棄却
被告は,大阪府知事の認可を受けた社会福祉法人であり,A保育園(a...5日及び同月27日,被告に対し,社会福祉法56条及び児童福祉法46条...る。社会福祉法人と理事との利益が相反する事項については,理事は代
判示要旨:認可保育所を運営する社会福祉法人の元理事長兼保育所園長が自ら経営する書店と取引をしたことや保育所運営費を不正に流用したことなどについて、委任契約上の債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任を認めるとともに、これを理由とする懲戒解雇についても有効と認めた事例
棄却
行する日刊新聞に,被告宮城県(以下「被告県」という。)が社会福祉法人A...ため必要があると認めるときは,社会福祉法人からその業務若しくは会計...の状況に関して報告を徴し,又は社会福祉法人の業務及び財産の状況を検
判示要旨:社会福祉法人の前理事長を県が業務上横領の疑いで警察に告発したことなどを内容とする新聞記事を掲載した新聞社及び上記告発に係る情報を新聞社に提供した県において、上記記事により摘示された事実が真実であると信ずるについて相当の理由があったと認められた事例
棄却
ことを目的とする社会福祉法人であり,自立ホーム「O」(以下「自立...被告Aは,社会福祉法人である被告法人の理事として,同法人の代表...告Aの不法行為についても,社会福祉法人法29条,一般社団法人及び
判示要旨:障害者福祉サービス事業を営む社会福祉法人の施設において、施設職員らが、興奮状態にあった施設入所者の男性をうつぶせの状態で押さえつけて死亡させたことについて、途中で離脱した職員を除く押さえつけ行為に関与した施設職員には、お互いの押さえつけ行為の態様や男性の表情などを確認しなかった過失があり、社会福祉法人の理事長には、入所者を制止する方法についての指導やマニュアルの整備を怠った過失があるとして、上記施設職員、社会福祉法人の理事長及び社会福祉法人に対する損害賠償請求が認められた事例
取り消す
本件は,社会福祉法人である原告が児童福祉施設建築のために被告から別紙...きないとしているところ,同項4号の2は,社会福祉法人その他政令で定め...る者(以下「社会福祉法人等」という。)が児童福祉法7条1項に規定する
判示要旨:社会福祉法人が児童福祉施設建築のために土地を取得した後に、同土地について土地区画整理法に基づく換地処分がされたため、換地上に前記施設を建築した場合において、前記土地取得は地方税法73条の4第1項4号の2の非課税事由に当たるとして、前記土地取得に係る不動産取得税賦課処分の取消しを求める請求が、認容された事例
懲役1年6月
調整を図る団体として設立され,平成6年12月に社会福祉法人としての認可...域で社会福祉法人の運営に携わっていた被告人であれば,その職責の重要性も...B協会の会長を引責辞任したのはもちろん,社会福祉法人の理事や社会福祉施
判示要旨:社会福祉法人の当時の会長であった被告人が、当時の副会長らと共謀の上、内容虚偽の補助金交付申請書等を提出し、補助金の交付を受けたという補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律違反の事案について、各公訴事実を認定した上で、多額の補助金を目的外に流用した点などは強い非難に値するとしつつも、被告人は、これまで長年にわたり社会福祉の分野で活動していることなどをも考慮して、執行猶予付懲役刑を言い渡した事例
懲役1年6月
「厚労省」という。)所管の社会福祉法人B協会(以下「B協会」という。)の当...絡・調整を図る団体として設立され,平成6年12月に社会福祉法人としての...自らも地域で社会福祉法人の運営に携わっていた被告人であれば,その職責の
判示要旨:社会福祉法人の当時の副会長であった被告人が、当時の同会長らと共謀の上、厚労省所管の調査研究事業を実施する意思がないのにこれがあるかのように偽り、内容虚偽の補助金交付申請書等を提出し、2会計年度にわたり、同省から総額5000万円余りの補助金の交付を受けたという補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律違反の事案について、各公訴事実を認定した上で、血税を犠牲にして自己の属する組織の利益を求めるその態度や実際に多額の補助金を目的外に流用した点などは強い非難に値するとしつつも、本件各犯行が、被告人のみならず、上記法人関係者の強い関与、さらには厚労省担当者による軽視できない程度の助長行為によって遂行されたものであること、個人的利益を得ていないこと、自らの負担で贖罪寄付をしていること、これまで長年にわたり社会福祉の分野で活動しており、今後も同様の活動を続けたいと述べるなど更生への意欲を示していることなどをも考慮して、刑の執行猶予を言い渡した事例
棄却
者である原告らが,被告が当該保育所の運営を社会福祉法人に委託したこと等...本件保育所の運営は,平成18年度から社会福祉法人B福祉会 ( 以下...を有する社会福祉法人であり,それまでにトラブル等もなかったことか
判示要旨:市がその設置・運営する保育所の運営を社会福祉法人に委託したこと等が、当該保育所に入所し保育を受けてきた児童の保護者らに対する国家賠償法上の違法行為又は契約上の債務不履行に該当しないとして、当該保護者らから市に対する国家賠償法1条又は債務不履行に基づく損害賠償請求が棄却された事例
棄却
福岡県知事が平成19年6月19日付けで社会福祉法人Aに対してした解散...本件は,社会福祉法人であるAが設置し経営するB学園に勤務していた...引用に係る原判決が判示するとおり,社会福祉法は,福祉サービスの利
判示要旨:1 社会福祉法46条2項に基づき県知事がした社会福祉法人の解散認可処分の取消しを求める訴えにつき、同法人が経営する学園に勤務する社会福祉事業従事者の原告適格が肯定された事例 2 社会福祉法46条2項に基づき県知事がした社会福祉法人の解散認可処分の取消請求が棄却された事例
棄却
一審被告は,社会福祉法人aに対し,1254万2015円を堺市に支
判示要旨:1 社会福祉法人が、その設置に係る通所介護事業所につき、偽りその他不正の行為により市から介護報酬の支払を受けていたにもかかわらず、同法人に対して介護保険法22条3項に基づく加算金を市に支払うよう請求しないことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記社会福祉法人に加算金の請求をすることを市長に対して求める請求が、棄却された事例 2 社会福祉法人が常勤の管理者を置かずに通所介護事業所、訪問介護事業所及び居宅介護支援事業所の各指定を申請するなどの不正の行為によって、その旨の指定を受け市から介護報酬の支払を受けていたにもかかわらず、同法22条3項に基づく加算金の請求及び民法709条に基づく損害賠償の請求を前記法人に対してしないことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記法人に介護報酬相当額及び加算金の請求をすることを市長に対して求める請求が、一部認容された事例 3 社会福祉法人が、その設置に係る通所介護事業所につき、偽りその他不正の行為により市から介護報酬の支払を受けていたにもかかわらず、同法人に対して介護報酬相当額及び介護保険法22条3項に基づく加算金を市に支払うよう請求しないことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記社会福祉法人に介護報酬相当額及び加算金の請求をすることを市長に対して求める訴えが、適法であるとされた事例
棄却
福岡県知事が平成19年6月19日付けで社会福祉法人Aに対してした解散...本件は,社会福祉法人A(以下「A」という。)が設置し,経営するB学園...県知事は,社会福祉法に基づく社会福祉法人の設立,解散等の認可権
判示要旨:1 社会福祉法46条2項に基づき県知事がした社会福祉法人の解散認可処分の取消しを求める訴えにつき、同法人が経営する学園に勤務する社会福祉事業従事者の原告適格が肯定された事例 2 社会福祉法46条2項に基づき県知事がした社会福祉法人の解散認可処分の取消請求が棄却された事例
却下
1号による改正前のもの。)に基づき認可され,社会福祉法人として設立
判示要旨:精神薄弱者更生施設の入所者が、後遺症を残す傷害を負ったことにつき、同施設を運営する社会福祉法人に対し、同法人の職員の不法行為を理由とする使用者責任に基づく損害賠償を求める前訴を提起して請求棄却の判決を受け、これが確定した後に、同法人に対して提起した準委任契約による安全配慮義務違反を理由とする損害賠償を求める訴えが、実質的に前訴の蒸し返しであるなどして信義則上許されないとされた事例
棄却
被告は,社会福祉法人Aに対し,1億0158万7576円を堺市に支払う...被告は,社会福祉法人Aに対し,1254万2015円を堺市に支払うよう...被告は,社会福祉法人Aに対し,1億1186万1276円を堺市に支払う
判示要旨:1 社会福祉法人が、その設置に係る通所介護事業所につき、偽りその他不正の行為により市から介護報酬の支払を受けていたにもかかわらず、同法人に対して介護保険法22条3項に基づく加算金を市に支払うよう請求しないことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記社会福祉法人に加算金の請求をすることを市長に対して求める請求が、棄却された事例 2 社会福祉法人が常勤の管理者を置かずに通所介護事業所、訪問介護事業所及び居宅介護支援事業所の各指定を申請するなどの不正の行為によって、その旨の指定を受け市から介護報酬の支払を受けていたにもかかわらず、同法22条3項に基づく加算金の請求及び民法709条に基づく損害賠償の請求を前記法人に対してしないことが違法であるとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき、前記法人に介護報酬相当額及び加算金の請求をすることを市長に対して求める請求が、一部認容された事例
棄却
けでした社会福祉法人A(以下「本件法人」という 。
判示要旨:市長が、地方自治法244条の2第3項に基づき、社会福祉法人に対してした、保育園の指定管理者指定処分について、前記保育園に入所している児童及びその保護者がした、前記指定処分の取消しを求める訴えを本案とする前記処分の効力停止の申立てが、却下された事例
取り消す
育所」という。)の運営を民間の社会福祉法人に移管するために,同保育所を平...保育所の運営を民間の社会福祉法人に移管する方針を立て,移管に向けて関
判示要旨:市立保育所に入所していた児童及びその保護者らが、同保育所を廃止して民間の社会福祉法人に運営を移管することを内容とする神戸市立児童福祉施設等に関する条例(神戸市昭和33年条例第1号)の一部を改正する条例の制定は、児童及び保護者らの保育所選択権等を侵害するものであって違法であるとして市に対し同条例の制定をもってする前記保育所を廃止する処分の仮の差止めを求めた申立てが、却下された事例
破棄
被上告人Y7は,稚内市内において福祉事業を営む社会福祉法人である。(2)
判示要旨:パチンコ業者らが風俗営業の許可に係る規制を利用して競業者において購入した出店予定地での営業許可を受けることができないようにする意図の下に近接する土地等を児童遊園として社会福祉法人に寄附した行為が不法行為を構成するとされた事例
却下
川崎市長が平成18年10月5日付けでした社会福祉法人Aを川崎市B保育...月5日付けで社会福祉法人A(以下「本件法人」という 。...る社会福祉法人等を基本」とするものとされた。
判示要旨:市長が、地方自治法244条の2第3項に基づき、社会福祉法人に対してした、保育園の指定管理者指定処分について、前記保育園に入所している児童及びその保護者がした、前記指定処分の取消しを求める訴えを本案とする前記処分の効力停止の申立てが、却下された事例
却下
社会福祉法人に運営を移管する予定であるところ,同保育所に入所していた児童及び...間,20か所程度の保育所の運営主体を相手方から社会福祉法人に移管して,公民...滑な移管のために必要な対策を講じること等を定めた上で,移管先の社会福祉法人
判示要旨:市立保育所に入所していた児童及びその保護者らが、同保育所を廃止して民間の社会福祉法人に運営を移管することを内容とする神戸市立児童福祉施設等に関する条例(神戸市昭和33年条例第1号)の一部を改正する条例の制定は、児童及び保護者らの保育所選択権等を侵害するものであって違法であるとして、市に対し、同条例の制定をもってする前記保育所を廃止する処分の仮の差止めを求める申立てが、認容された事例
破棄
る社会福祉法人である。...したがって,都道府県による3号措置に基づき社会福祉法人の設置運営する児童
判示要旨:1 都道府県による児童福祉法27条1項3号の措置に基づき社会福祉法人の設置運営する児童養護施設に入所した児童を養育監護する施設の職員等と国家賠償法1条1項にいう公権力の行使に当たる公務員 2 国又は公共団体以外の者の被用者が第三者に加えた損害につき国又は公共団体が国家賠償法1条1項に基づく損害賠償責任を負う場合における使用者の民法715条に基づく損害賠償責任の有無
控訴を棄却
本件は ,社会福祉法人である控訴人が ,神戸市長に対し ,身体障害者療護...者等の通所授産施設の設置経営等を目的とする社会福祉法人である(甲1∼...社会福祉法人が社会福祉事業を行うについての間接補助金交付制度の概要
判示要旨:社会福祉法人がした、身体障害者更生援護施設の整備費に係る補助金の交付申請に対し、何らの処分をしないことが違法であることの確認を求める訴えが却下された事例
却下
社会福祉法人である被告法人の理事長及び理事の地位にあった原告X1,理事...8年1月16日に設立された社会福祉法人である(甲1,12)。...が山梨県と協議した結果,全理事を任期切れで退任させ,社会福祉法
判示要旨:社会福祉法人である被告法人の理事長及び理事の地位にあった原告X1、理事及び評議員の地位にあった原告X2が、被告法人における一連の理事長選任決議等の無効確認を求めるとともに、原告らが理事長等の権利義務を有する地位にあることの確認を求め、さらに、被告Y2ら個々の理事等が理事等の地位にないことの確認を求めるという事案。
棄却
社会福祉法人である原告の設立や施設の建設等に関わった元理事らが,県等か...月16日に設立された社会福祉法人である。...本件訴訟は,訴訟代理権を欠く者が提起したものか,社会福祉法人の訴
判示要旨:社会福祉法人である原告の設立や施設の建設等に関わった元理事らが、県等から交付される補助金を不正に受給し、私的に流用したとして、原告が、元理事ら6名を被告として、共同不法行為等を主張して損害賠償を求めた事案(一部認容)。
上告を棄却
被上告人は,社会福祉事業を行うことを目的とする社会福祉法人であり,...で最大の社会福祉法人であった。...社会福祉法人の定款の変更が効力を生じるためには,所轄庁の認可を受けること
判示要旨:1 社会福祉法人において退任した理事が後任理事の選任をすることができる場合 2 社会福祉法人において退任した理事が定款で後任理事の選任に必要とされている同意をすることができるとされた事例
棄却
本件は,埼玉県の住民である原告らが,当時社会福祉法人の理事長であった...8つの社会福祉法人の理事長を務めていたものである。...彩福祉グループは,被告Aが理事長を務める社会福祉法人の集合であり,
判示要旨:養護老人ホームの建設工事に際し、虚偽の契約書や何ら工事に関与しない会社をトンネル会社として介在させるなどして国及び埼玉県から補助金の交付を受けた行為は、民法上の不法行為に該当するものとして、社会福祉法人理事長に対する住民の県に代位した損害賠償請求を認容したが、当時の埼玉県及び厚生省(当時)担当者については、共同不法行為の成立を否定した事例
取り消す
本件は,抗告人から,平成17年4月20日付けで社会福祉法(以下「法」...「社会福祉法第2条第3項...た事業者には,社会福祉法に基づいて事業の制限又は停止を命じる」ことを
判示要旨:県知事が、社会福祉法69条1項に基づき同法2条3項8号所定の第二種社会福祉事業を開始する旨の届出をした者に対してした同法72条1項に基づく同事業の停止命令の効力停止の申立てが、却下された事例
1 処分行政庁が平成17年4月20日付けで申立人に対してした社会福祉法72条1項の...(1) 申立人は,平成17年3月30日,処分行政庁に対し,社会福祉法(以下「法」とい
判示要旨:県知事が社会福祉法2条3項8号の第二種社会福祉事業を経営する者に対してした同法72条1項に基づく同事業の停止命令の効力停止の申立てが、認容された事例
却下
 本件は,社会福祉法人である原告が,身体障害者療護施設の整備費に係る補...及び第二種社会福祉事業を行うことを目的とする社会福祉法人であり,兵庫県内で...る身体障害者更生援護施設(同法5条1項,30条)であり,社会福祉法62条1項の定め
判示要旨:社会福祉法人がした、社会福祉施設の整備費に係る補助金の交付申請に対し、何らの処分をしないことが違法であることの確認を求める訴えが却下された事例
取り消す
人ホーム蓬生園の設置運営を主たる目的として設立された社会福祉法人であるが,
判示要旨:社会福祉法人の元代表者が同法人の資金から引き出して経済的利益を享受した場合において、同利益が元代表者の給与所得に当たるとして同法人に対してされた源泉徴収に係る所得税の納税告知処分及び重加算税の賦課決定処分が、いずれも適法とされた事例
取り消す
 原告は,平成8年4月1日に設立された社会福祉法人である。... また,原告は公益性の高い社会福祉法人であり,都道府県知事の認可を得て設立... 以上の定款の規定ないし原告が社会福祉法人であること,予算書の記載事実及び
判示要旨:社会福祉法人の元代表者が同法人の資金から引き出して経済的利益を享受した場合において、同利益が元代表者の給与所得に当たるとして同法人に対してされた源泉徴収に係る所得税の納税告知処分及び重加算税の賦課決定処分が、いずれも違法とされた事例
上告を棄却
したがって、箕面市から、社会福祉法人W協議会(以下「W協議会」という。)を...定する条例が制定されていない状態で社会福祉法人に助成がされた場合においても、
判示要旨:市から社会福祉法人を経て地元の戦没者遺族会に配分された補助金の支出及び市の職員による右遺族会の書記事務への従事が憲法二〇条三項により禁止される宗教的活動に当たらないとされた事例
上告を棄却
 社会福祉事業法二七条一項は、社会福祉法人は、政令の定めるところにより、そ...ができない旨を規定している。その趣旨は、社会福祉法人は、登記をしなければな... ところで、社会福祉法人の理事の退任すなわち代表権の喪失は、社会福祉事業法
判示要旨:社会福祉法人の理事の退任についての登記と民法一一二条の適用
控訴を棄却
業法に基づき、社会福祉法人富山県視覚障害者協会設立代表者Aに対してなした同...二 社会福祉事業法上の社会福祉法人は社団ではなく、財団である。このことは、...社会福祉事業法二九条の社会福祉法人を設立しようとする者とは、不特定者ではな
判示要旨:厚生大臣のした社会福祉法人の設立許可処分につき、設立予定中の右社会福祉法人に対し設立認可を条件として財産寄附申込みをした社団法人の会員たる地位にあるにすぎない者は、右処分の取消しを求める法律上の利益を有しないとした事例
却下
1 被告が昭和五一年一一月二五日付で、社会福祉事業法に基づき、社会福祉法人...載のとおりである。発起人設立であれば社会福祉法人設立の趣旨は財源に関する記...(1) 盲人協会においては、組織改革とか改名のための手続あるいは社会福祉法
判示要旨:厚生大臣のした社会福祉法人の設立認可処分につき、設立予定中の右社会福祉法人に対し設立認可を条件として財産寄附申込みをした社団法人の会員たる地位にあるにすぎない者は、右処分の取消しを求める法律上の利益を有しないとした事例
却下
被告は、相馬市長として、社会福祉法人相馬市社会福祉協議会(以下訴外協議会と...(二) 次に、地方公共団体が社会福祉法人に対し補助金を支出するには、社会福...第一五号社会福祉法人に対する助成の手続に関する条例)が公布、施行され、別表
判示要旨:地方公共団体が社会福祉事業法56条1項所定の条例を制定しないままでした社会福祉法人に対する補助金の交付決定が、右条例の不存在をもって直ちに違法となるものではないとされた事例
34 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in