2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
法律
監獄法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
28 件中 1/1 ぺージ
棄却
上告人の上告理由のうち監獄法46条2項の違憲をいう部分について...囲にとどまるべきものと解するのが相当である。そうすると,監獄法46条2項...監獄法46条2項の解釈上,受刑者のその親族でない者との間の信書の発受は,
1 監獄法46条2項と憲法21条、14条1項 2 刑務所長が受刑者の新聞社あての信書の発信を不許可としたことが国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例
上告を棄却
 【要旨】在監者の信書の発受に関する制限を定めた監獄法50条及び監獄法施行...また,上記監獄法令の規定が,市民的及び政治的権利に関する国際規約14条3項...と弁護人との間における信書の授受につき,拘置所長が監獄法50条及び監獄法施
在監者の信書の発受に関する制限を定めた監獄法50条、監獄法施行規則130条の規定と憲法21条、34条、37条3項
上告を棄却
 【要旨】接見時間を三〇分以内と定めた監獄法施行規則(以下「規則」という。)... 一 監獄法(以下「法」という。)四五条二項本文が受刑者につき親族以外の者
監獄法施行規則一二一条本文、一二七条一項本文と憲法一三条、三二条
上告を棄却
 監獄法三一条二項その他の所論の法令等の規定が憲法一三条、一九条、二一条に... 監獄法五〇条、監獄法施行規則一三〇条に基づく信書に関する制限が憲法二一条
在監者の信書の発受に関する制限を定めた監獄法五〇条、監獄法施行規則一三〇条の規定と憲法二一条
破棄
をしたところ、所長は、翌二八日監獄法施行規則(以下「規則」という。)一二〇... (二) そして、監獄法(以下「法」という。)四五条一頃は、「在監者ニ接見セ
一 監獄法施行規則(平成三年法務省令第二二号による改正前のもの)一二〇条及び一二四条の各規定の法適合性 二 拘置所長が未決勾留により拘禁された者と一四歳未満の者との接見を許さなかったことにつき国家賠償法一条一項にいう過失がないとされた事例
棄却
他方、受刑者の著作物の外部投稿ないし外部発表については、現行監獄法令上明文の規定...あると認められる場合のみ許可されるにすぎず(監獄法四六条二項 )...えないものである。監獄法施行規則一三六条は「信書ノ検閲」等の手続はなるべく速やか
1 受刑者による著作物の外部投稿の自由を制限することは、憲法21条に違反するか 2 受刑者からの著作物の外部投稿の出願を不許可とした刑務所長の処分が、監獄法は、受刑者がする著作物の外部投稿の自由の制限に関し、明文の規定を置いていないが、その性質の許す限り、信書の発信に関する同法46条の規定に準じて取り扱うベきものと解するののが相当であるところ、同所長は、右出願が同条2項ただし書所定の信書発信許可事由である「特ニ必要アリト認ムル場合」に当たらないとして右出願を不許可としたものであり、右の認定判断に誤りはないから、裁量権を逸脱・濫用した違法はないとされた事例 3 刑務所長が、受刑者に対して、信書発信の不許可処分をする際に、処分の理由を告知しなくても違法でないとした事例 4 監獄における信書の検閲、発受に関する処分が、出願のあった日から40日を経過してされた場合でも、このように期間を要したことについて相当の理由がある場合には、右処分は、監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)136条に違反しないとした事例
控訴を棄却
る危険)を発生させることは避けなければならない。そこで監獄法は、幼年者の心情の保...監獄法施行規則一二四条の規定によつて監獄の長が裁量権を行使し得るのは、...な制限的解釈をした裁判例や上級行政庁の例規は存在せず、監獄法令に関する学説におい
1 監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)120条は、同法50条の委任の範囲を超えているか 2 刑事被告人として未決勾留中の者とその養親の孫(当時10歳)に当たる者との面会を不許可とした拘置所長の処分が、幼年者の心情を害する具体的危険を避けるため右面会を拒否すべき事情があるとも、また、右面会を認めると、勾留の目的又は拘置所の正常な管理運営保持の目的に何らかの支障を来すとも解されないから、監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)120条、124条の解釈適用を誤った結果、接見に関する裁量権の範囲を逸脱又は濫用してされた違法なものであるとして、取り消された事例
棄却
(三) 東京拘置所長は、同月二八日、右申請を監獄法施行規則(以下「規則 」という 。...監獄法(以下「法」という 。
1 監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)120条は、同法50条の委任の範囲を超えているか 2 刑事被告人として未決勾留中の者とその養親の孫(当時10歳)に当たる者との面会を不許可とした拘置所長の処分が、幼年者の心情を害する具体的危険を避けるため右面会を拒否すべき事情があるとも、また、右面会を認めると、勾留の目的又は拘置所の正常な管理運営保持の目的に何らかの支障を来すとも解されないから、監獄法施行規則(明治41年司法省令第18号)120条、124条の解釈適用を誤った結果、接見に関する裁量権の範囲を逸脱又は濫用してされた違法なものであるとした事例
却下
4 しかし、本件制限は、憲法一三条、二一条、監獄法四六条に違反している。...条、二一条、監獄法四六条に違反し、刑事被告人の防禦権を著しく侵害し、刑訴法...2 監獄法四六条一項は、「在監者ニハ信書ヲ発シ又ハ之ヲ受クルコトヲ許ス」と
1 拘置所長が、被収容者の信書の発信につき、原則として1日2通以内とし、特に必要があるときは度数外発信を許す旨の達示を定めたことが、拘置所に現在及び将来収容される不特定多数の被収容者を対象とする一般処分であるとして、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例 2 被収容者の信書の発信につき、原則として1日2通以内とし、特に必要があるときは度数外発信を許す旨の拘置所長の定めた達示による制限の撤廃等を求める右被収容者の要求に対し、右拘置所長のした要求に応じない旨の回答が、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとされた事例 3 勾留中の刑事被告人をも対象とする被収容者の信書の発信につき、原則として1日2通以内とし、特に必要があるときは度数外発信を許す旨の拘置所長の定めた達示による制限が、憲法13条、21条、監獄法46条、刑事訴訟法1条に違反するものではなく、拘置所長の裁量権の濫用によるものでもないとされた事例
上告を棄却
る旨定めた監獄法三一条二項、監獄法施行規則八六条一項の各規定、昭和四一年一... ところで、監獄法三一条二項は、在監者に対する文書、図画の閲読の自由を制限...基づき監獄法施行規則八六条一項はその制限の要件を定め、更に所論の法務大臣訓
一 未決勾留により拘禁されている者の新聞紙、図書等の閲読の自由を監獄内の規律及び秩序維持のため制限する場合における監獄法三一条二項、監獄法施行規則八六条一項の各規定と憲法一三条、一九条、 二 一条二拘置所長が未決勾留により拘禁されている者の購読する新聞紙の記事を抹消する措置をとつたことに違法はないとされた事例
上告を棄却
京子の上告趣意のうち、憲法三九条の解釈の誤りをいう点は、監獄法の規定する懲
監獄法の規定する懲罰はその種類及び軽重の程度を問わず刑罰と同一視すべきものではないとして、憲法三九条違反の主張が欠前提とされた事例
棄却
体はこれを認めている。しかしながら、監獄法(以下「法」という。)第五三条第...なつており(法第五一条第一項、第五四条、監獄法施行規則(以下「規則」とい
1 在監者に対する差入れが監獄法施行規則146条2項に当たらない場合には、差入人と在監者との人的関係を理由に右差入れを不許可にすることはできないとした事例 2 在監者に対する図書の差入れを、差入人と在監者との続柄等が不明であることを理由に不許可にしたことが違法であるとされた事例 3 在監者に対する図書の差入れにつき、差入人と在監者との続柄等が不明であることを理由に不許可とされたことにより精神的苦痛を被ったとして右在監者がした損害賠償請求が、一部認容された事例
棄却
合に限り制限し得るに過ぎない。監獄法第五三条及びこれを受けた同法施行規則第...右の図書を除くその余の図書については、府中刑務所長は監獄法施行規則第一四六...1 監獄法第五三条によると在監者への差入は命令の定めるところによりこれを許
1 在監者に対する図書差入れにつき、監獄法施行規則146条1項に定める調査によっても差入人と在監者との続柄が判明しない場合には、刑務所長の合理的裁量により右差入れを不許可とすることができるとした事例 2 在監者に対する図書差入れにつき、刑務所長が差入人と在監者との続柄が不明であるとしてした不許可処分が、違法でないとされた事例
控訴を棄却
郎=朝倉京一共著「改訂監獄法」(有斐閣発行)のうち、原判決別紙目録記載部分
未決拘禁者に差し入れられた監獄法及び関係法令並びにその運用状況を解説した学術的専門書の一部を謄写用インクにより抹消してした拘置所長の右図書の一部閲読不許可処分につき、右抹消部分は原状に復することができないとして、右処分の取消しを求める訴えの利益はないとした事例
上告を棄却
土であることは自明のことであり、憲法三九条、三六条違反をいう点は、監獄法及
一 北海道はアイヌ民族の領土であつて日本国の領土でないことを前提とする違憲の主張が欠前提とされた事例 二 監獄法及び同法施行規則の規定する懲罰や戒護は刑罰ではないから同一の犯罪について二重に処罰されたものではないとして違憲の主張が欠前提とされた事例
棄却
(1) 昭和五二年五月二三日法務大臣に監獄法七条による情願(昭和五三年七月...ところで、監獄法によれば、在監者は信書の発受を許されているが、受刑者および
受刑者からの新聞社への特別発信願を不許可にした刑務所長の処分が、監獄法46条2項ただし書の場合に当たらないとして適法とされた事例
棄却
ていなければならない。しかるに、監獄法五九条は、「在監者紀律ニ違ヒタルトキ...また、かかる執行は、監獄法六〇条二項の規定していないところであるから、被告...また、このうちの戸外運動の停止は、在監者に運動させることを義務付けた監獄法
1 監獄法7条に基づく受刑者の情願に対して法務大臣のした却下裁決は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 行刑累進処遇令による累進処遇階級を2級から3級に低下させる処分を受けた受刑者は、右処分の不利益を回避するため、その無効確認を求める法律上の利益を有するとした事例
却下
朝倉京一共著「改訂監獄法」(有斐閣発行)のうち、別紙目録記載部分を抹消した...訂監獄法」(昭和四九年九月三〇日有斐閣発行)一冊(以下「本件図書」とい...(二) 本件図書は監獄法及びその関係法令を解説した学術専門書であり、目録の
未決拘禁者に差し入れられた監獄法及び関係法令並びにその運用状況を解説した学術的専門書の一部を謄写用インクにより抹消してした拘置所長の右図書の一部閲読不許可処分につき、右抹消部分は原状に復することができないとして、右処分の取消しを求める訴えの利益はないとした事例
控訴を棄却
1 監獄法第三一条は、「法律による行政の原理」に反する。同法第三一条第二項...ればならない。従つて、監獄法第三一条が憲法に違反することは明白である。...2 監獄法第三一条は、憲法第一九条、第二一条に違反し、「文言上無効」であ
1 刑務所長が、いわゆる公安事件関係の未決拘禁者からの雑誌「闘争と弁護」の閲読許可願に対し、右雑誌には閲読許可不適当箇所が多く、右箇所を抹消してその余の部分の閲読を許可することは著しく困難であるとして、これを不許可にした処分が、違憲、違法でないとされた事例 2 監獄法31条及び同法施行規則86条の合憲性
棄却
ト、(2)監獄法に関連する通達、訓令等の抜粋、(3)一〇・一一月闘争公判資...が監獄法に関する知識を欠くとすれば、その権利の侵害は放置され、右に述べたい...雑誌の閲読により監獄法に関する諸規程を知悉し、拘置所内における原告の権利侵
1 刑務所長が、いわゆる公安事件関係の未決拘禁者からの雑誌「闘争と弁護」の閲読許可願に対し、右雑誌には閲読許可不適当箇所が多く、右箇所を抹消してその余の部分の閲読を許可することは著しく困難であるとして、これを不許可にした処分が、違憲、違法でないとされた事例 2 監獄法31条及び同法施行規則86条の合憲性
却下
1 監獄法施行規則(以下規則とも略称する。)一〇七条は、「独居拘禁に付せら...態の把握手段として監獄法三九条・四三条による個別的な随時の健康診断または治...の変更は認められているが例外規定としては監獄法二五条に「就業を免ぜざること
1 受刑者の刑務所長に対する健康診断を求める義務付け訴訟が許されるとされた事例 2 受刑者の刑務所長に対する監獄法施行規則107条及び結核予防法4条1項に基づく定期健康診断の施行請求につき、当該刑務所の医療態勢、収容者に対する日常の衛生、健康管理は相当に充実し、かつ、健康診断も年に1回ないし2回実施されているとして、右請求は理由がないとした事例
棄却
二、監獄法施行規則第八六条第二項の解釈について。...監獄法第三一条第二項が文書図画の閲読に関する制限を命令に委任し、同法施行規...のと解される(ポケツト註釈全書(8)改訂監獄法二六五頁、二七〇頁、二七二頁
刑務所長が、受刑者からの図書10冊の閲読許可願に対し、右全部の閲読を許可するとともに同時に所持できる冊数を3冊以内に制限した処分及び自費による新聞購読願に対し、これを不許可にした処分が、憲法に違反せず、監獄法、同法施行規則に照らし違法でないとされた事例
上告を棄却
欠き、憲法三六条違反をいう点は、被告人が受けた監獄法による懲罰が憲法三六条
監獄法上の懲罰を受けた行為についての公訴の提起と憲法三九条
上告を棄却
 所論は、在監者に対する喫煙を禁止した監獄法施行規則九六条は、未決勾留によ...と解するのが相当であり、監獄法施行規則九六条中未決勾留により拘禁された者に
監獄法施行規則九六条中未決勾留により拘禁された者に対し喫煙を禁止する規定と憲法一三条
上告を棄却
四月三〇日、民集一二巻六号九三八頁)。しかるに、監獄法に規定する懲罰はもと
監獄法に規定する懲罰と憲法三九条後段
棄却
 監獄法第三五条、同法施行規則第九八条、第一〇〇条、第一〇一条によれば、刑... 監獄法第三八条、同法施行規則第一〇六条によれば、在監者にはその健康を保つ... 監獄法施行規則第一〇五条によれば、在監者の入浴の度数は、六月から九月まで
監獄法施行規則は、代用監獄たる留置場に拘禁されている者の処遇について適用があるか
上告を棄却
三三年四月三〇日大法廷判決・民集一二巻六号九三八頁参照)。しかるに、監獄法
監獄法に規定する懲罰と刑罰
上告を棄却
るとおりであり、監獄法および同施行規則の規定する懲罰や戒護はもとより刑罰と
監獄法および同施行規則の規定する懲罰や戒護と憲法第三九条後段。
28 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in