2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
特定非営利活動法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
7 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
に係る事業として行う特定非営利活動法人である。
都知事がした特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動法人の設立の認証を取り消す旨の処分が適法とされた事例
棄却
正前のもの。以下同じ。)に基づき特定非営利活動法人の設立の認証を取り消...の支援事業」等を行う特定非営利活動法人である。...特定非営利活動法人の設立の認証の取消しとし,②不利益処分の原因と
都知事がした特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動法人の設立の認証を取り消す旨の処分が適法とされた事例
控訴を棄却
被控訴人は,補助参加人特定非営利活動法人Cに対し,3億3946万8...研修命令により,B及び補助参加人特定非営利活動法人C(以下「C」とい
県が、知的発達障害者が参加して県内で開催される国際的な競技会であるスペシャルオリンピックス世界大会の企画、組織化、運営実行に関する事業を行うこと等を目的として設立された特定非営利活動法人に、県の職員を研修のためとして派遣したことは、地方公務員法35条に違反し、同職員に対し給料を支給したことが、地方自治法204条の2に違反するなどとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき市長個人に損害賠償の請求をすること及び前記特定非営利活動法人に不当利得の返還の請求をすることを市長に対し求める請求が、棄却された事例
却下
被告は,特定非営利活動法人P3に対し,2億1891万9215円及びこ...被告は,特定非営利活動法人P3に対し,1億2054万9758円及びこ...地方公務員である県の職員を研修命令により,P2及び特定非営利活動法人P
県が、知的発達障害者が参加して県内で開催される国際的な競技会であるスペシャルオリンピックス世界大会の企画、組織化、運営実行に関する事業を行うこと等を目的として設立された特定非営利活動法人に、県の職員を研修のためとして派遣したことは、地方公務員法35条に違反し、同職員に対し給料を支給したことが、地方自治法204条の2に違反するなどとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき市長個人に損害賠償の請求をすること及び前記特定非営利活動法人に不当利得の返還の請求をすることを市長に対し求める請求が、棄却された事例
控訴を棄却
訴人が営利を目的としない特定非営利活動法人であり,控訴人の会員も利益を得る
税務署長が、特定非営利活動促進法別表1号所定の保険、医療又は福祉の増進を図る活動を行う同法2条2項所定の特定非営利活動法人に対してした法人税の更正につき、家事、介助、介護等の提供を希望する同法人の会員に対し、他の会員の協力を得て、前記サービスを提供する同法人の事業は、一定の役務を提供して対価を受けるものであって、法人税法施行令5条1項10号にいう請負業に該当するから、前記事業は法人税法7条、2条13号所定の収益事業に該当するとして、前記更正を適法とした事例
棄却
項所定の特定非営利活動法人であり,法人税法7条所定の内国公益法人に当たる。...とが条件とされている特定非営利活動法人なのであるから,受領する報酬が市場価
1 法人税法施行令5条1項10号所定の請負業の意義 2 税務署長が、特定非営利活動促進法別表1号所定の保険、医療又は福祉の増進を図る活動を行う同法2条2項所定の特定非営利活動法人に対してした法人税の更正が、適法とされた事例
取り消す
を目的として設立された特定非営利活動法人である。原告が特定非営利活動に係る...② 同法における「特定非営利活動法人」とは,特定非営利活動を行うことを主た...③ 特定非営利活動法人は,特定の個人又は法人その他の団体の利益を目的とし
特定非営利活動法人が、墓地、埋葬等に関する法律10条に基づいてした、墓地、納骨堂経営の許可申請に対し、市長が、同法人は「潮来市墓地、埋葬等に関する法律の施行に関する規則」(平成13年潮来市規則22号)2条所定の団体に該当しないとしてした不許可処分が、その裁量権を逸脱する違法なものであるとして、取り消された事例
7 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in