2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62194 
刑事22001民事40193
法律
消防法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
消防法の判決統計
0
0
0
23 件中 1/1 ぺージ
取り消す
処分行政庁が平成26年1月15日付で第1審原告に対してした消防法5...第1審原告に対し,平成26年1月15日付で,消防法5条の3第1項に基づ...あたっては処分行政庁が相当な根拠をもって消防法5条の3第1項所定の
1 消防法5条の3第1項に基づき、雑居ビルの5階通路部分に設置された木製本棚2台及び同本棚に収納された書籍等並びに7階塔屋部分に設置されたスチール製ロッカー2台のうちの1台及び同ロッカー2台に収納されていた冊子等の設置物を除去することを命じた処分の取消請求が、一部認容された事例 2 消防法5条の3第1項に基づき、雑居ビルの5階通路部分に設置された木製本棚2台及び同本棚に収納された書籍等並びに7階塔屋部分に設置されたスチール製ロッカー2台のうちの1台及び同ロッカー2台に収納されていた冊子等の設置物を除去することを命じた処分が違法であり、上記処分が発せられたことを公示する標識によって、その信用が毀損されたとして、都に対してされた国家賠償請求が、棄却された事例
取り消す
処分行政庁が平成26年1月15日付けで原告に対してした消防法...処分行政庁が平成26年1月15日付けで原告に対してした消防法5条の3...成26年1月15日付けで,原告に対し,消防法5条の3第1項に基づき,上
1 消防法5条の3第1項に基づき、雑居ビルの5階通路部分に設置された木製本棚2台及び同本棚に収納された書籍等並びに7階塔屋部分に設置されたスチール製ロッカー2台のうちの1台及び同ロッカー2台に収納されていた冊子等の設置物を除去することを命じた処分の取消請求が、一部認容された事例 2 消防法5条の3第1項に基づき、雑居ビルの5階通路部分に設置された木製本棚2台及び同本棚に収納された書籍等並びに7階塔屋部分に設置されたスチール製ロッカー2台のうちの1台及び同ロッカー2台に収納されていた冊子等の設置物を除去することを命じた処分が違法であり、上記処分が発せられたことを公示する標識によって、その信用が毀損されたとして、都に対してされた国家賠償請求が、一部認容された事例
取り消す
き,「消防法4条1項に基づく検査結果通知書及び同法5条に基づく措置命令等を...成13年4月26日付けで,消防法4条又は16条の5に基づく立入検査結果通知...「消防法4条1項に基づく立入検査結果通知書及び同法5条に基づく措置命令等を
1 消防法4条又は16条の5に基づく立入検査結果通知書及び改修(計画)報告書に記載された企業、氏名等を特定する情報が、阿見町情報公開条例(平成12年阿見町条例第41号)7条1号に不開示事由として規定する法令秘情報に該当しないとされた事例 2 消防法4条又は16条の5に基づく立入検査結果通知書及び改修(計画)報告書に記載された企業、氏名等を特定する情報が、阿見町情報公開条例(平成12年阿見町条例第41号)7条4号に不開示事由として規定する公共秩序維持情報に該当しないとされた事例 3 消防法4条又は16条の5に基づく立入検査結果通知書及び改修(計画)報告書に記載された企業、氏名等を特定する情報が、阿見町情報公開条例(平成12年阿見町条例第41号)7条7号に不開示事由として規定する事務事業情報に該当しないとされた事例
棄却
(二) 本件文書二は、本件火災につき、消防法の規定に基づく調査の結果得られ...る。)のうちに含まれる情報である。なお、火災調査は、消防法三一条ないし三五
市が消防組織法に基づいて消防庁に報告した「火災報告」、及び消防法に基づく調査の結果得られた火災原因等を集約した「火災調査報告書」、「火災原因認定書1」、「火災状況見分書」、「実況見分調書」、「質問調書」、「火災損害額算定関係書類」について、横浜市公文書の公開等に関する条例に基づいてされた公開請求に対し、実施機関である市長がしたその一部を非公開とする旨の一部公開決定が、適法とされた事例
控訴を棄却
いては、消防法八条一項にいう「管理について権原を有する者」とは、同ホテルを... <要旨第一>思うに、消防法八条、同条の二、消防法施行令四条、消防法施行規則...に属する。消防法二条二項参照)の「管理について権原を有する者」(以下、「管
一 法人が消防法の防火対象物を管理する場合と同法八条一項にいう「管理について権原を有する者」 二 高層ホテルの火災による死傷事故につきこれを経営する会社の代表取締役に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
棄却
社に対してした消防法一一条一項の規定に基づく伊達発電所移送取扱所の設置許可...「本件処分の根拠となった消防法(以下単に「法」という)一一条一項等の規定...本件においては、消防法上の危険物とされている重油又は原油が、控訴人らの生活
1 火力発電所の燃料移送取扱所設置許可処分の取消しを求める訴えにつき、消防法は、前記取扱所の周辺住民が火災等による被害を受けないことを個別的利益としても保護しており、当該移送取扱所から、危険物の規制に関する規則(昭和34年総理府令第55号)28条の16及びこれに基づき制定された危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示(昭和49年自治省告示第99号)32条14号により地上に送油管を設置する場合の送油管と既存住宅との間に設けるべき水平距離として定められた25メートルの範囲内に住居を有する住民については、当該処分により被害を被るがい然性を具体的に判断するまでもなく、当然に原告適格が認められ、前記距離を超える部分に住居を有する住民についても、当該処分に瑕疵があった場合に想定される事故によりその生命、身体、財産に直接的な被害が及ぶことを証明したときは、原告適格が認められるとした事例 2 火力発電所の燃料移送取扱所設置許可処分に対してその移送取扱所から300メートルないし1500メートルの距離内に居住している住民が提起した同処分の取消しを求める訴えにつき、同処分に瑕疵があった場合に想定される重油の漏出により爆発あるいは前記住民らの住居に引火して火災が起きるがい然性は極めて低く、前記住民の生命、身体及び財産に直接的な被害が及ぶがい然性は認められないとして、前記住民らの原告適格を否定した事例
破棄
ートル、以下「店舗本館」という。)について、消防法八条の管理権原を有し、同... (7) 本件火災当時の株式会社C1では、消防法、同法施行令及び同法施行規... (8) 本件火災当時、店舗本館に消防法令上設置が義務付けられていた消防用
一 過失犯において注意義務が認められるための前提要件 二 多数の死傷者を出した出火原因不明の百貸店火災について、消防法上の管理権原者でも防火管理者でもない会社の取締役及び従業員たる火元責任者に過失の注意義務が認められた事例
却下
l被告が昭和五一年八月三一日付で参加人に対してした消防法第一一条第一項の規定に基...年八月三一日付で消防法(昭和四九年法律第六四号による改正後のもの。以下「法」とい
1 消防法11条1項、2項の意義 2 火力発電所の燃料移送取扱所の設置許可処分の取消しを求める訴えにつき、当該移送取扱所において発生するおそれのある火災、爆発等の災害により生命、身体及び財産に被害を受け、あるいは必然的に被害を受けるおそれのある周辺住民は、原告適格を有するとした事例 3 設置許可処分に係る移送取扱所の構造、強度、設置工法等かんがみると、送油管が破損して、油が流出し、その結果火災、爆発等の災害が発生する蓋然性は極めて低い上、仮に何らかの理由で送油管が破損し油が漏えいするという事態を想定しても、これがため火災、爆発等の災害が起こり右移送取扱所から300メートルないし500メートルの距離内に居住している周辺住民の生命、身体及び財産に被害を与えるおそれはないから、右住民らは、右処分の取消しを求める訴えについて原告適格を有しないとした事例
上告を棄却
 (二)また、消防法三二条一項による質問調査は、捜査官とは別個独立の機関で... なお、消防法三二条一項は、消防署長等が当該消防署等に所属する消防職員をし
一 違法な別件逮捕中の自白を資料として発付された逮捕状による逮捕中の被疑者に対する勾留質問調書の証拠能力 二 違法な別件逮捕中の自白を資料として発付された勾留状による勾留中の被疑者に対する消防職員の質問調書の証拠能力 三 消防署長等が当該消防署等に所属する消防職員に質問調査を行わせることと消防法三二条一項 四 消防署長等が放火又は失火の罪で逮捕された被疑者に対し検察官送致後に質問調査を行うことと消防法三五条の二第一項
破棄
たが、昭和四八年三月初め頃上告人に対し、消防法一一条一項の規定に基づき給油
一 消防法一一条一項の規定に基づく給油取扱所変更許可処分が行政処分として有効に成立していないとされた事例 二 消防法一一条一項の規定に基づく給油取扱所変更許可処分を前提とする灯油等専用一般取扱所設置許可申請に係る行政庁の不作為の違法確認の訴えが右変更許可処分の不存在を理由として却下された事例 三 消防法一一条一項の規定に基づく給油取扱所変更許可処分につき隣接住民の同意書を提出する義務の不存在確認の訴えが右変更許可処分の不存在を理由として却下された事例
控訴を棄却
 論旨は、要するに、消防調書は、消防法上質問調査の権限のない消防司令補が、... ところで、所論は、(一)消防司令補であるA1には消防法上の質問権限がない... 消防法三五条一項(以下条文のみを示す場合は消防法のそれを指す。)は、「放
一 いわゆる別件による逮捕及びこれに引き続く本件による逮捕、勾留中の取調に違法があるため、その間に捜査官が作成した被告人の供述調書の証拠能力が否定される場合であつても、勾留質問調書及び消防司令補作成の被告人に対する質問調書の証拠能力を肯定すべきであるとした事例 二 放火又は失火の犯罪で警察官が逮捕した被疑者に対し、事件が検察官に送致された後において、消防法三二条一項による質問権を行使することの可否
控訴を棄却
1 道路法70条1項の補償の対象 2 ガソリンタンクを地下に埋設した当時予測し得なかった地下横断歩道が設置されたため、右タンクの位置が消防法に違反する結果となった場合、右タンクの移設に要する費用は、受忍限度を超える損失として道路法70条1項により補償されるベきであるとした事例
棄却
「本件給油取扱所」という。)を設置することを計画し、消防法(以下「法」とい
1 危険物の規制に関する政令(昭和34年政令第306号)3条に基づき屋内給油取扱所として設置の許可を受けた施設につき、これを屋外給油取扱所とするなどの変更を加えて工事を完成させたが、右変更についての許可を得ていない場合において、市長の消防法11条5項に基づく完成検査済証を交付しない処分が適法とされた事例 2 危険物の規制に関する政令(昭和34年政令第306号)3条に基づき屋内給油取扱所として設置の設可を受けた施設の屋外給油取扱所への変更許可申請者が右取扱所に隣接するLPガススタンドとの間に設置したへいは、同令17条1項13号の設置基準に適合していないとして、右申請を不許可にした処分が適法とされた事例
却下
ところで、消防法は危険物給油取扱営業の持つ災害発生の危険性に鑑み、行政警察...営もうとする者は、市長等の許可及び完成検査済証の交付を受けない限り、消防法...立人において消防法上の処罰を受けることなく営業できたり、申立人の営業を被申
危険物の規制に関する政令(昭和34年政令第306号)3条の給油取扱所につき、消防法11条5項に基づく完成検査済証を交付しない処分及び右給油取扱所設置不許可処分の効力停止の申立てが、申立ての利益を欠くとして不適法とされた事例
棄却
クが消防法一〇条四項及び危険物の規制に関する政令一三条に違反する旨警告を受...るから、将来同所に地下道が設置されることも当然あり得ることを考慮し、消防法...移設を求めたものではなく、専ら、火災予防等の警察目的から消防法及び同法に基
1 道路法70条1項の補償の対象 2 ガソリンタンクを地下に埋設した当時予測し得なかった地下横断歩道が設置されたため、右タンクの位置が消防法に違反する結果となった場合、右タンクの移設に要する費用は、受忍限度を超える損失として道路法70条1項により補償されるベきであるとした事例
棄却
第一 抗告人らは、「原決定を取消す。相手方が昭和五一年八月三一日消防法第一
知事のした消防法11条による発電所移送取扱所設置許可処分の効力停止の申立てが、回復困難な損害を避けるため緊急の必要があるとは認められないとして、却下された事例
却下
し、昭和五〇年九月八日被申立人に対し、消防法一一条一項の規定により伊達発電...移送取扱所の設置計画の内容が、消防法一〇条四項、危険物の規制に関する政令一...(三) 参加人は、本件移送取扱所の設置工事が完成したときには、消防法一一条
知事のした消防法11条による発電所移送取扱所設置許可処分の効力停止の申立てが、回復困難な損害を避けるため緊急の必要があるとは認められないとして、却下された事例
控訴を棄却
として公布され、右に伴い消防法第一一条第二項も改正され、許可要件が従前「技...控訴人は、消防法の許可を機関委任事務として行う場合でも、その事務の遂行は、...とができると解されるから、右条例に根拠を有する条件は、当然消防法上も付款と
消防法(昭和50年法律第84号による改正前)11条2項の危険物取扱所変更許可処分につき、隣接住民の同意書を提出すべき旨の付款が違法とされた事例
棄却
和四八年三月初め頃被告に対し、消防法一一条一項に基づき給油取扱所変更許可申...消防法により政令で定める技術上の基準に適合するか否かを審査するに必要な相当...(一) 本件附款は消防法一一条二項に違反し、重大かつ明白な瑕疵ある処分であ
消防法11条2項の危険物取扱所変更許可処分につき、隣接住民の同意書を提出すべき旨の付款が違法とされた事例
上告を棄却
 消防法二九条によれば、(一)火災が発生しようとし、または発生した消防対象物...らかである。してみれば、E消防団長が右建物を破壊したことは消防法二九条三項
消防法二九条三項にいう延焼の防止のために緊急の必要があつたと認められた事例
破棄
た」との消防法違反の本位的訴因を排斥し、火災報知機の損壊を認めず、単に同報...物損壊の予備的訴因を認定し、被告人を処断したのは、消防法三九条にいう「火災...目的として、消防法その他の関係法規に基き、姫路市が公共の用に供するため設置
火災報知機の覆いガラスの損壊と消防法第三九条
上告を棄却
消防法第七条による消防長の建築許可の同意、同意の拒絶、又は同意の取消は行政処分か。
却下
被控訴人が、消防法第七条の規定に基いて、昭和二四年一月八日同知事に対してな... 一、 本訴は出訴期間経過後の訴ではない。消防法第七条による被控訴人の同意...の各図面参照)その他にこれを制限する法令は存しない。又当時施行の消防法に基
一、 消防長を相手とする消防法第七条の同意の取消の取消を目的とする訴の適否 二、 建築出願不許可処分の取消を求める訴と消防法第七条
23 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in