裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62375 
刑事22066民事40309
法律
消費税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
判決:
消費税法の判決傾向
👨‍⚖️AI裁判官
消費税法を犯した場合、 0%の確率で無罪、
100.0%の確率で有罪になるでしょう。
最多判決は「懲役1-3年」に処する。
11
0
7
12
0
45 件中 1/1 ぺージ
棄却
本件更正処分等には,「課税仕入れを行つた日」(消費税法30条1項1...原告は,平成25年4月24日,本件合同会社の消費税法12条1項...本件建物の取得に係る「課税仕入れを行つた日」(消費税法30条1項
判示要旨:課税仕入れに該当する建物(居住用賃貸物件)の譲受けについて、当該建物の売買契約を締結した日が、当該建物の取得に係る「課税仕入れを行つた日」(消費税法(平成24年法律第68号による改正前のもの)30条1項1号)であるとは認められないとされた事例
控訴を棄却
ついてA社との間で行っている取引(以下「本件取引」という。)が消費税法...いう役務を提供するものであり,消費税法施行令17条2項7号ハに掲げる役...頁本文10行目の「同条3項」を「消費税法(平成27年法律第9号による
判示要旨:旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人が、外国法人の主催する訪日旅行ツアーについて、当該外国法人に対し、訪日旅行客の国内における飲食場所、宿泊先、交通手段等を確保し、これらを組み合わせて提供する取引が消費税法7条1項により消費税が免税される取引に当たらないとされた事例
棄却
件取引」という。)が消費税法7条1項により消費税が免税される取引に当たる...として(以下,消費税法7条1項により消費税が免除される取引を広く「輸出免...原告は,平成17年10月20日,消費税法19条1項4号に基づき,
判示要旨:旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人が、外国法人の主催する訪日旅行ツアーについて、当該外国法人に対し、訪日旅行客の国内における飲食場所、宿泊先、交通手段等を確保し、これらを組み合わせて提供する取引が消費税法7条1項により消費税が免税される取引に当たらないとされた事例
取り消す
本件金員は何に対する対価であるか(本件金員の収受は,消費税法2条1項...消費税法基本通達5-5-5は,「ゴルフクラブ,宿泊施設その他レ...当することに留意する。」と定めているところ,消費税法2条1項8号に
判示要旨:会員制リゾートクラブを主宰していた会社が会員から入会時に収受した金員のうち、預託金として返還することとされている部分を除いた残りの部分が、消費税法別表第1第4号ハの物品切手等の対価に当たると判断された事例
取り消す
除等について規定した消費税法39条1項に基づき,貸倒れに係る消費税額の...消費税法の定め...貸倒れに係る消費税額の控除等(消費税法39条1項)
判示要旨:市場において出荷者から販売の委託等を受けて牛枝肉等の卸売業を営む会社が、牛枝肉等の買受人に対する債権が貸倒れとなったことについて、消費税法39条1項に基づき、貸倒れに係る消費税額の控除をして消費税等の確定申告をしたのに対し、税務署長が同項所定の控除は認められないとしてした更正処分が、違法とされた事例
控訴を棄却
判示要旨:眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した、眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が、法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり、また、その負担が、消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた、法人税、消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求が、棄却された事例
棄却
いにもかかわらず,消費税法が非課税取引である社会保険診療等の仕入れに係...原告らは,国家賠償法上の違法行為として,①国会議員による消費税法(昭...下,これと上記消費税法の立法行為とを併せて「本件立法行為等」という。)
判示要旨:1 社会保険診療等を非課税取引と定めた上、課税期間における課税売上割合が95パーセントに満たない事業者には、その非課税取引の仕入れに係る消費税額について仕入税額控除を認めないという消費税法6条1項、別表第1の6号、7号、30条1項、2項の仕組みが、診療報酬の額を公定価格とする健康保険法76条2項、診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)とあいまって、医療法人等について、一般の事業者と異なり、仕入税額控除あるいは価格の引上げによる転嫁を採ることができないとしていることと憲法14条1項 2 平成20年度及び平成22年度の厚生労働大臣の告示による診療報酬改定行為につき、医療法人等が負担する仕入税額相当額の適正な転嫁という点に配慮しているとして、国家賠償請求が棄却された事例
取り消す
争点(2) 本件各消費税関係支出が消費税法2条1項12号の課税仕入れに該...上記金額は,消費税法30条の規定に基づき算出した原告の平成17年課税期間...定する必要経費に算入することはできず,また,消費税法2条1項12号に規
判示要旨:弁護士業を営み、仙台弁護士会会長や日本弁護士連合会副会長等の役員を務めた者が、これらの役員としての活動に伴い支出した懇親会費等を事業所得の金額の計算上必要経費に算入し、また、消費税及び地方消費税の額の計算上課税仕入れに該当するとしてした確定申告に対し、前記懇親会費等は所得税法37条1項に規定する必要経費に算入することができず、また、消費税法2条1項12号に規定する課税仕入れには該当しないとしてされた更正処分の一部取消請求が、一部認容された事例
棄却
税等について,消費税法30条(平成23年法律第82号による改正前のもの。...た消費税法9条1項本文の規定は,適用されない。...課税仕入れが消費税法30条2項1号イに規定する「課税資産の譲渡等に
判示要旨:株式会社の最初の事業年度に係る課税期間の消費税及び地方消費税について、同期間中の株式払込金の取扱手数料、司法書士事務所に対する報酬、印鑑代、保証料の送金の手数料、融資スキームの構築に関する手数料及び法律顧問業務に関する報酬等の支払が消費税法(平成23年法律第82号による改正前。以下同じ)30条2項1号ロに規定する「課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要する課税仕入れ」に区分される等としてされた、更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
控訴を棄却
対して,上記各取引が消費税法上の課税資産の譲渡等(課税取引)に当たらず
判示要旨:内航海運業者の組合における船舶建造の調整事業の解消に伴う暫定措置事業に関し、内航海運業者間で行われた「留保対象トン数使用承諾書」の取引が、消費税法上の課税資産の譲渡に当たるとされた事例
棄却
対価なくしてされたものであって,消費税法2条1項12号所定の課税仕入れ...税法37条の寄附金に該当せず,また,消費税法2条1項12号所定の課税仕...いて行われた共同広告の費用としてされたものであるから,消費税法2条
判示要旨:眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した、眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が、法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり、また、その負担が、消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた、法人税、消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求が、棄却された事例
取り消す
各取引は消費税法(以下「法」という。)上の課税資産の譲渡等(課税取引)に当...ることとなった。また,消費税法基本通達においても,平成7年12...しつつ,それを他人に移転することであり(消費税法基本通達5-2
判示要旨:内航海運業者の組合における船舶建造の調整事業の解消に伴う暫定措置事業に関し、組合員が他の組合員から「留保対象トン数使用承諾書」を取得した取引が、消費税法2条1項12号の課税仕入れに当たるとされた事例
棄却
消費税法2条(定義)...消費税法4条(課税の対象)...消費税法施行令6条
判示要旨:カーレースへの参戦等を行う有限会社がスポンサー企業との間のスポンサー契約に基づいてした役務の提供につき、消費税法4条3項2号、同法施行令6条2項7号所定の役務の提供に該当するとしてした消費税等の更正処分が適法とされた事例
棄却
判示要旨:1 消費税法7条1項所定の輸出免税対象取引該当性の主張立証責任 2 中華人民共和国を仕向地とする航空貨物につき、航空会社から委託を受けて運送にかかわる業務を行っている業者の取引が消費税法7条1項所定の輸出免税取引に当たらないとしてした消費税等の更正処分が、適法とされた事例
棄却
送にかかわる業務を行う原告が,①同業務に係る取引が消費税法7条1項所定の輸...なお,本判決において引用する消費税法等の関連法令は,別紙1関連法令記載の...対して消費税を免除しており,消費税法7条の輸出免税取引は,このような仕向地
判示要旨:1 消費税法7条1項所定の輸出免税対象取引該当性の主張立証責任 2 中華人民共和国を仕向地とする航空貨物につき、航空会社から委託を受けて運送にかかわる業務を行っている業者の取引が消費税法7条1項所定の輸出免税取引に当たらないとしてした消費税等の更正処分が、適法とされた事例
取り消す
しても消費税法39条1項(課税資産の譲渡先の破産等により領収ができなく...被控訴人は,破産財団は,権利能力なき財団に該当し,消費税法3条,...要件を満たしていない。しかも,法3条が「人格なき財団」を消費税法
判示要旨:1 破産法人である株式会社に対して行われた、同社が破産宣告後の課税期間中に国内において行った課税資産の譲渡等に係る、消費税等の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分が、適法とされた事例 2 破産法人である株式会社に対して行われた、同社が破産宣告後の課税期間中に国内において行った課税資産の譲渡等に係る、消費税等の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分について、同社が有する同社の破産した関係会社に対する売掛債権(税込譲渡額)には消費税法39条1項が適用されるため、前記課税期間中の課税資産の譲渡による消費税の申告及び納付の義務を負わないなどとしてした前記各処分の取消請求が、棄却された事例
棄却
消費税等を還付しないとして,被告に対し,国税通則法56条1項,消費税法...行う課税仕入れに係る消費税等の額が控除される(消費税法30条1項,地...しなければならない(国税通則法56条1項,消費税法52条1項,45条
判示要旨:1 消費税法施行令64条にいう「当該不足額が過大であると認められる事由がある場合」の意義 2 消費税及び地方消費税の確定申告をした者が、国税通則法56条1項、消費税法52条1項及び地方税法72条の88第2項に基づいてした還付加算金の請求が、棄却された事例
取り消す
消費税法45条1項は,事業者(免税事業者を除く 。...上記ア②の消費税額の計算については,まず,消費税法45条1項に従...次に,消費税法施行規則22条1項(ただし,平成15年財務省令第9
判示要旨:消費税及び地方消費税の確定申告をした事業者が、消費税法施行規則(平成15年財務省令第92号による改正前)22条1項によるいわゆる積上計算方式により申告する意思を有していたにもかかわらず、一部の店舗を除いて誤って消費税法45条1項によるいわゆる総額計算方式による申告をしたため、申告書に記載した税額に計算の誤りがあったとしてした更正の請求に対してされた、更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が、認容された事例
棄却
古自動車の販売取引を行い,これが消費税法7条1項1号の免税取引(輸出取...消費税法...消費税法施行規則(平成17年財務省令第36号による改正前のもの。
判示要旨:1 消費税法7条1項1号にいう「本邦からの輸出として行われる資産の譲渡又は貸付け」の意義 2 日本国内において外国人に対する中古自動車の販売取引を行う者が、同取引が消費税法7条1項1号のいわゆる免税取引に該当するとして税務署長に対してした、同法8条6項の規定による輸出物品販売場の許可申請の却下処分が、適法とされた事例
取り消す
が,消費税法9条1項(平成15年法律第8号による改正前のもの。同条項に...3000万円を超えているため,消費税法9条1項により消費税の納税義...消費税法9条には,消費税納税義務者の納税義務の免除に関する規定が
判示要旨:町から委託された施設の管理運営を別法人に再委託する契約を締結していた公益法人が、前記施設の利用料金等は前記別法人に帰属し、同公益法人の基準期間における課税売上高は3000万円以下であるから、消費税法(平成15年法律第8号による改正前)9条1項にいう免税事業者に当たるとして更正の請求をしたのに対し、税務署長がした更正をすべき理由がない旨の通知処分が、違法であるとされた事例
取り消す
む歯科技工業(本件事業)が消費税法施行令57条5項3号に定める第三種事業...原審は,本件事業は消費税法施行令57条5項3号ヘ所定の「製造業」に当たる...1 当裁判所は,被控訴人の営む歯科技工業は消費税法施行令57条5項4号ハ所
判示要旨:消費税簡易課税制度を選択した歯科技工業を営む法人に対し、同事業が消費税法施行令57条5項4号ハに定める第五種事業(サービス業)に当たり、みなし仕入率は100分の50であるとしてした消費税等の更正処分が、適法とされた事例
棄却
いずれも消費税法及び国税通則法等の法令の解釈を誤った違法な処分であると...高が3000万円を超えることとなったとして,消費税法45条3項,地...る改正前の消費税法(以下「改正前の消費税法」という 。
判示要旨:1 被相続人に係る課税期間の消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)の課税仕入れに係る控除不足還付税額及び譲渡割額に係る還付額があるとして相続人らがした消費税等の確定申告について、当該課税期間に係る基準期間に都市計画事業に関して被相続人に支払われた建物等移転補償費等の補償金が課税売上高に含まれず、被相続人は消費税法(平成15年法律第8号による改正前)9条1項本文に規定する消費税を納める義務を免除される免税事業者に当たることから、課税仕入れに係る消費税額の控除の規定の適用はないとしてされた消費税等の更正が、適法とされた事例 2 被相続人に係る課税期間の消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)の課税仕入れに係る控除不足還付税額及び譲渡割額に係る還付額があるとして相続人らがした消費税等の確定申告について、前記被相続人は消費税法(平成15年法律第8号による改正前)9条1項本文に規定する消費税を納める義務を免除される免税事業者に当たることから、課税仕入れに係る消費税額の控除の規定の適用はないとしてされた所得税の更正と共にされた過少申告加算税の賦課決定が、適法とされた事例
取り消す
科技工業が消費税法施行令57条5項3号に定める第三種事業(製造業)に該当...原告は,本件事業が消費税法施行令57条5項3号ヘ所定の製造業に該当...被告は,本件事業は消費税法施行令57条5項4号ハ所定のサービス業に
判示要旨:消費税簡易課税制度を選択した歯科技工業を営む法人に対し、同事業が消費税法施行令57条5項4号ハに定める第五種事業(サービス業)に当たり、みなし仕入率は100分の50であるとしてした消費税等の更正処分が、違法とされた事例
上告を棄却
上告人は,消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの。以下「法」と
判示要旨:事業者が消費税の課税期間に係る基準期間中の課税資産の譲渡等につき消費税を納める義務を免除された場合における当該基準期間中の消費税法(平成15年法律第8号による改正前のもの)9条1項所定の課税売上高の算定
上告を棄却
 1 消費税法(平成9年3月31日以前の課税期間については平成6年法律第1...項の適用を受けるには,消費税法施行令(平成9年3月31日以前の課税期間につ...いとする法文上の根拠はない(消費税法施行令66条は還付等一定の場合にのみ帳
判示要旨:事業者が帳簿及び請求書等を税務職員による検査に当たって適時に提示することが可能なように態勢を整えて保存していなかった場合の消費税法30条7項にいう「事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿及び請求書等を保存しない場合」該当性
棄却
を乗じて得た消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの。以下「法」...求書等の保存に関する事項を定める消費税法施行令(平成7年政令第341号によ... (3) 以上によれば,【要旨】事業者が,消費税法施行令50条1項の定めると
判示要旨:事業者が帳簿又は請求書等を税務職員による検査に当たって適時に提示することが可能なように態勢を整えて保存していなかった場合の消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの)30条7項にいう「事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿又は請求書等を保存しない場合」該当性
上告を棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの)9条1項本文の規定の適
判示要旨:税理士が依頼者に賠償すべき損害が消費税法に定める税制選択に必要な届出書の提出を怠ったという過誤により生じたものである場合における税理士職業賠償責任保険約款の免責条項の適用の有無
破棄
った。ところで,訴外会社は,消費税法(平成13年法律第6号による改正前のも
判示要旨:税理士が依頼者に賠償すべき損害が消費税法に定める税制選択に必要な届出書の提出を怠ったという過誤により生じたものである場合における税理士職業賠償責任保険約款の免責条項の適用の有無
却下
局は,同各申告において,同各年度に交付を受けた補助金について,消費税法60...消費税法施行令及び同施行令附則の解釈として,税率が3パーセント(旧税率)か...た被告らにおいて,消費税法及び同法施行令による仕入税額控除の制限規定による
判示要旨:市交通局が消費税の確定申告に際し、運輸施設事業団及び市から交付を受けた補助金について消費税法60条4項所定の特定収入による仕入税額控除の制限を算定するに当たり、消費税法施行令の一部を改正する政令(平成7年政令第341号)附則15条の解釈として新税率(5パーセント)ではなく旧税率(3ぺーセント)を基に算出して申告をしたところ、国税局から新税率を適用すべきである旨の指摘を受けたにもかかわらず、修正申告に応じなかったために過少申告加算税及び延滞税の賦課決定をされたのは、公営企業管理者である交通局長らに重過失があるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、当時の交通局長ら個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
控訴を棄却
費税額を控除して確定申告したところ,被控訴人八女税務署長から,消費税法(以... すなわち,消費税法は,事業者からの申告によって納税するという納税制度が採... この点,控訴人は,更に,消費税法が,「保存」と「提示」を使い分けており,
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
棄却
るのであり、結局、現行消費税法令においては、課税仕入れに係る消費税額の調査
判示要旨:1 貨物運送業を営む者に対する所得税及び消費税の更正処分につき、推計の必要性があるとされた事例 2 貨物運送業を営む者に対し推計課税の方法によってされた所得税の更正処分が、適法とされた事例 3 消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう帳簿又は請求書等を「保存しない場合」に当たるとして、税務署長が同条1項による仕入税額控除を適用しないでした消費税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
(ア) 新設法人に対する消費税の課税関係を規定する法的根拠は,消費税法12...条の2と同法9条との規定関係にそれをみるとされるところ,消費税法9条1項...課税関係の法的根拠はどこにも存在せず,法律の規定を欠く現行消費税法の下で
判示要旨:消費税法(平成17年法律第87号による改正前)12条の2に定める新設法人である事業者が同法(平成13年法律第6号による改正前)37条1項に基づいて所轄税務署長に簡易課税制度選択適用届出書を提出した場合において、税務署長が前記届出書の提出日の属する課税期間以後の課税期間については簡易課税が適用されるとして算定した消費税及び地方消費税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
(二) 上記(一)に基づいて、消費税法(ただし、平成6年法律第109号によ...具体的に列挙している。また、同条10項の委任に基づく消費税法施行令(平成7
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「保存」の意義と「保存しない」ことが推認される場合
取り消す
 消費税法(二八条一項、二九条、三〇条一項及び七項については平成六年一二月...において乗じる一定割合を、卸売業を主として営む事業者として消費税法施行令...とめた帳簿を見せて下さい」と言ったので、原告は、「消費税法三〇七条七項には
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
棄却
1 消費税法の定め... 消費税法は、「個人事業者及び法人」を「事業者」と、「資産の譲渡等のうち第...と、「消費税法第四五条第一項第四号に掲げる消費税額を課税標準として課する地
判示要旨:消費税法(平成17年法律第87号による改正前)12条の2に定める新設法人である事業者が同法(平成13年法律第6号による改正前)37条1項に基づいて所轄税務署長に簡易課税制度選択適用届出書を提出した場合において、税務署長が前記届出書の提出日の属する課税期間以後の課税期間については簡易課税が適用されるとして算定した消費税及び地方消費税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
年九月二八日付けで、東淀川税務署長に対して、消費税法(ただし、平成四年分に... ランジェリー千日及びステージ千日は消費税法施行令(平成三年政令第二〇一号... すなわち、消費税法施行令五七条四項によると、第四種事業と第四種事業以外の
判示要旨:1 所得税法150条1項1号に該当するなどとしてレンタルビデオ店等を営む事業者に対してされた所得税青色申告承認取消処分及び事業所得金額に推計を用いてされた所得税の更正処分の各取消請求が、いずれも棄却された事例 2 消費税法37条1項の適用を受ける事業者の控除対象仕入税額について、消費税法施行令(平成3年政令第201号による改正後、平成8年政令第86号による改正前)57条1項に規定する第四種事業及び第四種事業以外の事業を営む事業者に対し、その事業すべてについて第四種事業の見なし仕入率を適用してした更正処分が、適法とされた事例
棄却
 本件係争年期分の控除対象仕入税額は、本件が消費税法(平成六年法律第一〇九...(一) 消費税法三〇条七項の「保存」の意義... 消費税法は、申告納税制度を採用するとともに(法四二条、四五条)、質問検査
判示要旨:1 貨物運送業を営む者に対する所得税及び消費税の更正処分につき、推計の必要性があるとされた事例 2 貨物運送業を営む者に対し推計課税の方法によってされた所得税の更正処分が、適法とされた事例 3 消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう帳簿又は請求書等を「保存しない場合」に当たるとして、税務署長が同条1項による仕入税額控除を適用しないでした消費税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
九円を超える」に改め、同六行目の「消費税法(」の次に「昭和六三年法律第一〇...る平成元年三月二〇日ごろ国税当局担当者の執筆に係る解説書(詳解消費税法)の...会から発行された「実務消費税法」には、消費税額の一円未満の端数処理は取引ご
判示要旨:スーパーマーケットを営む法人が、顧客に販売した個々の商品の売上単価に消費税の税率を乗じ、1円未満の端数を切り捨てて算出した金額を消費税法施行規則(昭和63年大蔵省令第53号、平成7年大蔵省令第75号による改正前)22条1項に規定する「消費税に相当する額」とし、その合計額を課税標準額に係る消費税額としてした消費税の確定申告に対し、そのような計算方式は同項が予定するものではないなどとして、課税期間内における課税資産の譲渡等に係る対価の額の合計額を課税標準額として、これに消費税の税率を乗ずることにより課税標準額に対する消費税額を算定してした消費税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
ない」を付加し、七行目の「現行消費税法は、」を「法の定める消費税は、前記の
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
棄却
1 消費税法(ただし、法二九条、三〇条一項、七項ないし一〇項、四五条につい...2 また、消費税法施行令(ただし、令五〇条一項については、平成七年政令第三
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
棄却
たところ、被告から、消費税法三〇条七項にいう「課税仕入れ等の税額控除に係る... 消費税法(平成六年法律第一〇九号による改正前のもの。以下「法」という。)... 消費税法は申告納税制度を採用しているが(法四二条、四五条)、申告納税制度
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
棄却
消費税法(平成三年法律第七三号による改正前のもの。以下「法」という。)三〇...法律第一〇九号による改正によって、消費税法四五条五項に、申告書には、大蔵省...内容が商品コード番号、記号又は商品名で記載され(なお、消費税法基本通達一一
判示要旨:消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
棄却
前の消費税法(以下「改正前の消費税法」という。)三〇条一項によって計算した...額」という。)として控除しない点において、消費税法の解釈適用を誤った違法が...二四五六万八〇〇〇円に消費税三パーセント(改正前の消費税法二九条)を乗じて
判示要旨:建物の賃貸借契約の合意解除に際し賃借人に支払った立退料に係る消費税相当額を、賃貸人に係る消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条1項の「課税仕入れに係る消費税額」とすることはできないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
上告を棄却
判示要旨:一 物品税法(昭和二四年法律第二八六号による改正前のもの)第一八条第一項にいう「不正ノ行為ニヨリ物品税ヲ逋脱セントシ」および取引高税法(同年法律第二八五号による廃止前のもの)第四一条第一項第三号にいう「不正の行為により取引高税を免れようとし」の意義 二 昭和二四年法律第二八六号(物品税法の一部を改正する法律)附則第二項および同法律第二八五号(織物消費税法等を廃止する法律)附則第三項にいう「なお従前の例による」旨の規定の趣旨 三 昭和二四年法律第二八六号(物品税法の一部を改正する法律)附則第八項および同法律第二八五号(織物消費税法等を廃止する法律)附則第一〇項にいう「この法律施行前にした行為」の意味
上告を棄却
 弁護人江口繁の上告趣意第一点は、違憲をいうが、所論砂糖消費税法一七条にい
判示要旨:砂糖消費税法第一七条にいわゆる法人の業務はその定款に定められた事業の範囲に限られるか
45 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in