2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
海上衝突予防法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
棄却
海上衝突予防法(以下「予防法」という。)は,1972年の海上におけ...ある(乙2「海上衝突予防法の解説」159頁)。...なお,「海上衝突予防法の解説」(乙2)31頁によれば,予防法7条
油送船と底びき網をえい網しながら航行中の漁船とが衝突した海難事故について、海上衝突予防法18条に定める各種船舶間の航法又は同法15条に定める横切り船の航法を適用するのではなく、同法38条及び39条に定める船員の常務により律するのが相当であるとされた事例
取り消す
貨物船の船首と左舷前方から接近中の漁船の右舷船体中央部が衝突した事故について、地方海難審判所が、海上衝突予防法15条の横切り船の航法は適用されず、同法38条及び39条の船員の常務によって律するのが相当であるなどとして、前記貨物船の海技士に対してした三級海技士(航海)の業務を1か月停止するとの裁決が、取り消された事例
棄却
で、この場合に適用される航法は、海上衝突予防法(以下「予防法」という。)一
1 三船間に見合関係が成立した場合の航法 2 三船間に見合関係が成立した場合につき、海上衝突予防法15条1項の定める横切り航法が適用されるとした事例 3 高等海難審判庁が潜水艦と衝突した遊漁船の船長に対してした業務停止1箇月の裁決につき、同船長には前記潜水艦の動静を監視して衝突の危険の有無を確認し、これを回避すべき注意義務があるのにこれを怠るなどの職務上の過失があり、その過失の態様及び事故の結果の重大性に照らすと、前記裁決は適法であるとした事例
却下
ち、拓洋が海上衝突予防法(以下「法」という 。...二項)ところ、右条項の趣旨は、従前は(旧海上衝突予防法二一条一、二船が間近に接近...ための最善の協力動作を要求(旧海上衝突予防法二一条但書)しても、衝突を回避するだ
1 高等海難審判庁の裁決のうち、海難審判法4条1項により海難原因を明らかにした部分は、抗告訴訟の対象となる処分に当たるか 2 海上衝突予防法17条2項の趣旨 3 海上衝突予防法17条1項により針路及び速力の保持義務を負う船舶が全長285メートル、総トン数8万3、874トンの巨大船である場合において、遅くとも、避航義務を負う船舶との距離が1.2海里に狭まった時点で、前記保持義務が解除されたとした事例 4 海上衝突予防法17条2項は、同条1項による針路及び速力の保持義務を負う船舶に対し、右義務を解除する規定であって、更に避航義務までをも課する規定ではないが、右保持義務を負う船舶が全長285メートル、総トン数8万3、874トンの巨大船である場合には、右巨大船の海技従事者には、右解釈にかかわらず、遅くとも、避航義務を負う船舶との距離が1.2海里に狭まった時点のころにおいて、職務上の注意義務としての避航義務があるとした事例
上告を棄却
 動力船に対し狭い水道における右側航行を定める海上衝突予防法(以下単に予防
一、海上衝突予防法第二五条第一項による航路筋の右側航行が免除される場合 二、海上衝突予防法第二五条の適用ある狭い水道における同法第一九条第二一条の適用の有無
破棄
を規制せんとするものであつて、旧海上衝突予防法(明治二五年法律第五号、以下
一 海上衝突予防法と捕鯨操業規約の関係 二 船舶の衝突について船員に過失がないとするについて審理が十分でないとされた事例
控訴を棄却
「高松港口と女木島間で右舷対右舷で航過する場合は海上衝突予防法上のニヤリエ
一、 レーダー装備船と海上衝突予防法第一六条第二項 二、 国鉄宇高連絡船の航海副直の船長補佐義務
上告を棄却
趣旨と解される。そして、海上衝突予防法一九条の適用を肯定するためには、右判...れるから 原審が港則法一七条の適用を否定し、海上衝突予防法一九条の適用を肯
一 裁判官の通常の知識により認識し得べき推定法則と証拠調の要否。 二 海上衝突予防法(明治二五年法律第五号)第一九条にいう「衝突ノ虞アル」見合関係の意義。
控訴を棄却
 小林弁護人は昭和二八年八月一日法律第一五二号海上衝突予防法所定の法規に立... 所論は要するに、C丸船長司法警察員Dは海上衝突予防法の灯火に関する規定を...則に反して停船信号を行わず、しかも海上衝突予防法所定の航方を全く無視して同
海上における漁業に関する現行犯の検挙と海上衝突予防法規遵守の要否
上告を棄却
本件の場合は、海上衝突予防法一九条の適用を見ない場合であつたとするにあるも...従つて零時七分頃までの状況においては、D丸に海上衝突予防法一九条の避譲義務
一 互に航路を横切る両船が海上衝突予防法第一九条にいう「衝突の虞」がないものとされる事例 二 互に航路を横切る両船が、そのまま進めば無難に替り行くことを相互に看取し得る状況にあつたにかかわらず、一船がその後速力を減じたため、新たに衝突の危険を惹起するに至つた場合において、両船のいずれに避譲義務があるか
棄却
 思うに海上衝突予防法航方前文には「衝突ノ危険ハ其ノ現況ニヨリ我船ニ近寄リ...は衝突の虞があり、海上衝突予防法第十九条の規定の適用がある。...違反したということはできない。これを要するに、原告には海上衝突予防法上何等
一、 海上衝突予防法第一九条の避譲義務発生の時期 二、 僅かに六トンの操縦容易な漁舟と同条の避譲義務履行の時期 三、 入港準備のための減速と航方違反と衝突の責任
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in