2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
法律
森林法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
森林法の判決統計
0
0
0
24 件中 1/1 ぺージ
棄却
査基準の定めは森林法の趣旨目的に反する明らかに不合理な内容ではなく,...土地を道路として供用開始するものであり,森林法に違反し無効であ...能が確保されない状態が継続することになりかねず,森林法の趣旨,目的
1 鉱山開発業者の森林法27条1項に基づく保安林解除申請につき農林水産大臣がした保安林指定の解除をしない旨の処分が適法であるとされた事例 2 市道敷地の所有者が、当該市道について黙示の公用廃止がされたとして、自らが同土地について道路法4条の制限を受けない完全な所有権を有することの確認を求める請求が、棄却された事例
取り消す
年4月19日に,それぞれ旧森林法(明治30年法律第46号(但し,明治...その後,昭和26年に現行森林法(昭和26年法律第249号)が制定され...森林法27条1項に基づく保安林解除申請
土地の所有者がした保安林指定の解除申請について、森林法26条1項にいう「指定の理由が消滅したとき」に当たるとして、農林水産大臣がした保安林指定の解除をしない旨の処分の取消請求及び保安林指定の解除の義務付け請求がいずれも認容された事例
却下
森林法26条2項は,「農林水産大臣は,公益上の理由により必要が生じた...森林法27条1項は,「保安林の指定若しくは解除に利害関係を有する地方公共...とを考慮の上,森林法10条の2第2項3号に関する基準の一つとして決められた
1 鉱山開発業者の森林法27条1項に基づく保安林解除申請につき農林水産大臣がした保安林指定の解除をしない旨の処分が適法であるとされた事例 2 市道敷地の所有者が、当該市道について黙示の公用廃止がされたとして、自らが同土地について道路法4条の制限を受けない完全な所有権を有することの確認を求める請求が、棄却された事例
取り消す
 ア 原告は,森林法10条の2第1項の規定に基づき平成13年4月25日付け... (5) 本件開発行為は,森林法上の不許可事由に該当するか。... 被告は,森林法に基づく開発許可の基準として,「開発行為の許可基準に関する
産業廃棄物裁集処分場設置のために林地開発を計画している者が森林法10条の2第1項に基づいてした林地開発行為許可申請に対し、知事が農業振興地域の整備に関する法律15条の15第1項による許可申請が不許可処分になったため開発行為の実施が不可能になったとしてした不許可処分の取消請求が、認容された事例
取り消す
基幹林道α1線事業(以下「本件事業」という。)につき,本件事業が森林法等の...  (2) 森林法違反... 森林法10条の2においては,地域森林計画の対象となっている民有林
1 県が実施した広域基幹林道事業が、自然環境を破壊し、森林法等の法令に違反する違法な事業であり、事業の一環として県知事が業者との間で工事請負契約を締結して工事代金を支出したことが違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、県に代位して当時の県知事個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例 2 県が実施した広域基幹林道事業が、自然環境を破壊し、森林法等の法令に違反する違法な事業であり、事業の一環として県知事が業者との間で工事請負契約を締結して工事代金を支出したことが違法であるとして、地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第1項4号に基づき、県に代位して当時の県知事個人に対してされた損害賠償請求が、棄却された事例
控訴を棄却
成11年法律第87号による改正前の森林法35条に基づき,損失補償を求めた... 森林法の定め,前提となる事実,当事者双方の主張及び争点は,次項において当
魚つき保安林に指定されている森林を所有する者が、保安林指定のためにその使用収益を妨げられて損失を被ったと主張して、国に対してした森林法(平成11年法律第87号による改正前)35条及び憲法29条3項に基づく損失補償請求が、棄却された事例
棄却
による改正前の森林法35条に基づき,損失補償を求めている事案である。...1 森林法(昭和26年法律第249号。平成11年法律第87号による改正前の...せて「本件森林」という。)は、大正11年6月1日,千葉県知事により,森林法
魚つき保安林に指定されている森林を所有する者が、保安林指定のためにその使用収益を妨げられて損失を被ったと主張して、国に対してした森林法(平成11年法律第87号による改正前)35条に基づく損失補償請求が、棄却された事例
却下
一 被告が岩崎産業株式会社に対し平成四年三月三一日付けでした森林法一〇条の...二 被告が奄美大島開発株式会社に対し平成六年一二月二日付けでした森林法一〇...成四年三月一三日付けで、森林法一〇条の二に基づく林地開発行為の許可処分(指
1 林地開発許可処分の無効確認を求める訴えにつき、「自然の権利」という自然の価値の代弁者としての地位を有すると主張する市民や環境NGOの原告適格が否定された事例 2 林地開発許可処分の無効確認を求める訴えにつき、開発予定地の周辺に居住する住民の原告適格が否定された事例 3 森林法10条の2第1項(平成11年法律第87号による改正前)に基づく林地開発許可処分の取消しを求める訴えが、訴えの利益が消滅したとして、却下された事例
棄却
森林法10条の2及び都市計画法29条所定の各開発行為許可処分に基づくゴルフ場建設により、水利権、環境権等が侵害されるとして、複数の近隣住民が提起した同各処分の取消しを求める訴えの訴額は、各住民がそれぞれ2個の非財産権上の請求をするものとして、これらを合算して算定するのが相当であるとした事例
棄却
被告が昭和五六年一二月二一日付け書面により原告に対してなした、森林法五〇条...本件は、山林所有者である原告が被告に対し、森林法五〇条一項に基づき使用権設...ことを承認しないことを理由に、森林法五〇条一項に基づき、使用権設定協議に関
森林法50条1項に基づく使用権設定に関する協議の認可申請に対し県知事がした棄却決定が、当該申請は同項後段にいう「他の土地をもつて代えることが著しく困難である」こと及び同項前段にいう「他人の土地を使用することが必要且つ適当であ」ることのいずれの要件も満たさないとして、適法とされた事例
控訴を棄却
森林法(平成3年法律第38号による改正前)10条の2に基づく開発許可に係る工事が完了したときは、同許可の取消しを求める訴えの利益は失われるとした事例
却下
4 被告県知事の訴外会社に対する森林法一〇条の二第一項の規定による昭和六二...また、森林法施行規則八条の二では、同法一〇条の二の開発許可を受けようとする...阜県指導要綱、森林法に違反するとともに、憲法二五条にいう「生存権の保障」を
森林法10条の2(平成3年法律第38号による改正前のもの)に基づく開発許可に係る工事が完了したときは、同許可の取消しを求める訴えの利益は失われるとした事例
棄却
森林法10条の2に基づく開発行為の許可の申請を受理する行為の行政処分性
却下
被告知事は、右事前協議は森林法に基づくものであり、平成元年から行なってお...(三) 被告知事は、平成四年六月九日、県央開発から提出された森林法一〇条の...月二六日、「本件受理は森林法一〇条の二第一項に規定する開発行為の許可の申請
森林法10条の2に基づく開発行為の許可の申請を受理する行為の行政処分性
破棄
 所論は、要するに、森林法一八六条を合憲とした原判決には憲法二九条の解釈適... 三 森林法一八六条は、共有森林につき持分価額二分の一以下の共有者(持分価...る森林法一八六条は、公共の福祉に適合するものといえないときは、違憲の規定と
一 森林法一八六条本文と憲法二九条二項 二 民法二五八条による共有物の現物分割と価格賠償の方法による調整 三 数か所に分かれて存在する多数の共有不動産についての民法二五八条による現物分割といわゆる一括分割 四 民法二五八条による多数共有者間の現物分割といわゆる一部分割
上告を棄却
 森林法(以下「法」という。)上、農林水産大臣は、水源のかん養その他法二五... これを前記森林法所定の保安林指定処分についてみるのに、右処分が一般的公益...り(法二九条、三〇条、三二条)、これらの規定と、旧森林法(明治四〇年法律第
一 森林法二七条一項にいう「直接の利害関係を有する者」と保安林指定解除処分取消訴訟の原告適格 二 森林法二七条一項にいう「直接の利害関係を有する者」として保安林指定解除処分取消訴訟の原告適格が認められた事例 三 いわゆる代替施設の設置と保安林指定解除処分取消訴訟の訴えの利益 四 保安林指定解除処分に伴う立木竹の伐採後の跡地利用によつて生ずる利益侵害の危険と保安林指定解除処分取消訴訟の原告適格
控訴を棄却
れなかつた場合にも異なるところはなく、また、森林法に定める保安施設制度のも
1 保安施設地区指定の予定の通知が、森林法44条、30条に定める相手方を誤ってされたとしても、後続の保安施設地区指定処分が当然無効とされるものではないとされた事例 2 保安施設地区指定の通知が、森林法44条、33条3項に定める相手方を誤ってされたとしても、右指定処分の効力が当然失われるものではないとされた事例 3 保安施設地区指定の通知が、森林法44条、33条3項に定める相手方を誤ってされた瑕疵がないとして、適法とされた事例
棄却
東京都知事から農林水産大臣に対し保安施設地区指定の申請があつた(森林法(以
1 保安施設地区指定の予定の通知が、森林法44条、30条に定める相手方を誤ってされたとしても、後続の保安施設地区指定処分が当然無効とされるものではないとされた事例 2 保安施設地区指定の通知が、森林法44条、33条3項に定める相手方を誤ってされたとしても、右指定処分の効力が当然失われるものではないとされた事例
上告を棄却
 所論は、原判決は、森林法一九七条にいう産物には、森林から取り出して利用す...日判決・刑録二六輯七二三頁)は、右規定と同趣旨の旧森林法(明治四〇年法律第...したものといわなければならない。しかしながら、森林法一九七条の趣旨、文言及
森林法一九七条にいう産物の意義
控訴を棄却
 一、 よつて按ずるに、森林法は森林の産物についてこれを定義する規定を定め...ていないが、森林法が森林における産物の窃取を普通窃盗と区別し特別に規定を制...し著しく軽い。その後明治三十年に至り、同年法律第四十六号森林法(以下旧旧法
一、 森林法一九七条にいう「森林の産物」の意義 二、 同条にいう「森林の産物」にあたるとされた事例
4 なお被申立人においては、森林法第三四条、同法施行規則第二二条の八の趣旨...この点につき、森林法の保安林制度は災害の防止、水源のかん養など公共の目的の...は解することができない。のみならず、現に森林法の規定自体のなかでも、たとえ
1 自衛隊の高射教育訓練施設敷地および同連絡道路敷地とするための国有林の保安林解除処分の執行停止申立てにつき、右解除に伴う国有林の伐採によって洪水等の災害をもたらす危険性の増大することが考えられるとして、申立人らの生命、財産に対する回復しがたい損害を避けるため右処分の効力を停止する緊急の必要があるとした事例 2 保安林により洪水、水害などの災害が避けられ、灌漑用水等の確保ができるなど保安林所在地の住民が有する利益は、一概に法によって保譲された利益でないということはできないとして、右住民は自衛隊の高射教育訓練施設敷地および同連絡道路敷地とするための国有林の保安林解除処分の執行停止申立ての本案である保安林指定の解除処分の取消しを求める訴えにつき一応法律上の利益を有するということができるとした事例 3 自衛隊の高射教育訓練施設敷地および同連絡道路敷地とするための国有林の保安林解除処分の執行停止申立てにつき、自衛のために必要かつ相当な限度内であればいかなる軍事力も憲法第9条第2項にいう「戦力」に当たらないとすることには疑問があり、自衛隊が右「戦力」に当たるかどうかの点は、自衛隊自身の規模、装備、能力などを実態に即して検討した上で判断されなければならず、したがって当該保安林解除処分が森林法第26条第2項にいう「公益上の理由」に当たらないとする申立人らの主張を、本案の審理を経ない段階でただちに理由がないとみることはできないとした事例 4 自衛隊の高射教育訓練施設敷地および同連絡道路敷地とするための国有林の保安林解除処分の執行停止申立てにつき、右保安林解除処分の効力停止によって、防衛計画の遂行に支障が生ずることがあっても、ただちに行政事件訴訟法第25条第3項にいう「公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるとき」に当たるということはできないとした事例
控訴を棄却
 <要旨>森林法第一九七条にいわゆる「森林において」とは、当該森林産物の生育
森林法第一九七条所定の森林窃盗の目的物
上告を棄却
 本件第一審判決並びに原判決当時施行されていた森林法(明治四〇年法律第四三...林叢をなしていないと認定して、第一審判決が本件につき前示森林法の規定を適用
森林法第八三条にいわゆる森林の意義
上告を棄却
ことがわかる。そうして森林法八四条二号、五号の犯罪の成立に必要な犯意ありと
森林法違反罪の犯意
24 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in