2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61983 
刑事21960民事40023
法律
昭和22年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
5 件中 1/1 ぺージ
破棄
昭和22年法律第222号による改正前の民法730条2項は,「養親カ養家ヲ
養親自身が婚姻又は養子縁組により家に入った者である場合にその養親が家を去ったときと民法(昭和22年法律第222号による改正前のもの)730条2項
控訴を棄却
1 旧法人税法(昭和22年法律第28号)22条の4第1項にいう「残余財産が確定した場合」の意義 2 旧法人税法(昭和22年法律第28号)22条の4第1項にいう「残余財産が確定した場合」に当たるとしてした清算中の法人に対する法人税決定処分が適法とされた事例
棄却
1 旧法人税法(昭和22年法律第28号)22条の4第1項にいう「残余財産が確定した場合」の意義 2 旧法人税法(昭和22年法律第28号)22条の4第1項にいう「残余財産が確定した場合」に当たるとしてした清算中の法人に対する法人税決定処分が適法とされた事例
控訴を棄却
旧所得税法(昭和22年法律第27号。昭和40年法律第33号による改正前)の給与所得に関する9条1項5号、11条の6、11条の7、11条の9、11条の10、12条、13条、38条及び40条の諸規定は、給与所得者に対し、その他の所得者に比ベて著しく不公平な所得税の負担を課しているとはいえないから、憲法14条1項に違反しないとした事例
却下
1 不動産を譲渡担保ないしこれに類する担保に供したにすぎないのを、代物弁済として譲渡したものと誤認してした課税処分につき、右誤認は右処分を無効とするほどの明白な瑕疵には当たらないとした事例 2 代物弁済を原因とする資産の所有権移転登記がされていても、その実質が譲渡担保ないしこれに類する担保として右資産の所有権を移転したにすぎない場合には、右担保の設定者が右資産の取戻権を喪失するなどの事情が発生するまでは、旧所得税法(昭和22年法律第27号)上の資産の譲渡があったとはいえないとした事例
5 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in