裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62372 
刑事22064民事40308
法律
旧所得税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
17 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
旧所得税法は、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を保障するところの...制する旧所得税法は、最低生活費非課税の原則を定めた憲法二五条に違反する。そ...旧所得税法は、広汎な合目的裁量権を有する立法府により早くも昭和二二年適法に
判示要旨:旧所得税法(昭和22年法律第27号。昭和40年法律第33号による改正前)の給与所得に関する9条1項5号、11条の6、11条の7、11条の9、11条の10、12条、13条、38条及び40条の諸規定は、給与所得者に対し、その他の所得者に比ベて著しく不公平な所得税の負担を課しているとはいえないから、憲法14条1項に違反しないとした事例
却下
移転登記を経由した。右所有権の移転は、旧所得税法(昭和二二年法律第二七号。...所有していたものとして旧所得税法一〇条の五第一項の規定により昭和二八年一月...一日における価額を旧所得税法施行規則(昭和二三年勅令第一一〇号)一二条の一
判示要旨:1 不動産を譲渡担保ないしこれに類する担保に供したにすぎないのを、代物弁済として譲渡したものと誤認してした課税処分につき、右誤認は右処分を無効とするほどの明白な瑕疵には当たらないとした事例 2 代物弁済を原因とする資産の所有権移転登記がされていても、その実質が譲渡担保ないしこれに類する担保として右資産の所有権を移転したにすぎない場合には、右担保の設定者が右資産の取戻権を喪失するなどの事情が発生するまでは、旧所得税法(昭和22年法律第27号)上の資産の譲渡があったとはいえないとした事例
上告を棄却
 旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)のもとにおいて、事業所得として課税の
判示要旨:旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)のもとにおいて事業所得として課税の対象とされた金銭債権が後日回収不能となつた場合と徴収税額についての国の不当利得の成否
取り消す
して計上しているが、当該所得は旧所得税法九条一項四号および旧所得税法施行規...第三三号による改正前の所得税法(昭和二二年法律第二七号。以下旧所得税法とい...(二)の各処分には、旧所得税法一〇条の適用を誤つた違法が存するといわなけれ
判示要旨:仮執行宣言付判決により認容された土地の増額賃料及び賃料相当損害金が旧所得税法10条1項の「収入すべき金額」として確定するのは、仮執行宣言に基づき金員の支払がされたときでなく、右判決が確定したときであるとした事例
棄却
ており、これは旧所得税法(昭四〇・三・三一法三三号施行前のもの)一一条の...業所得の計算上必要経費に算入できないと主張するが、旧所得税法一一条の二、一
判示要旨:親族等が、納税義務者の経営する事業に従事し、その賃金によって自己の計算において独立の生計を営んでいる場合には、旧所得税法11条の2第1項にいう「生計を一にする」に当たらないとされた事例
棄却
三万円)以下の少額配当について、該配当の支払をなす者は、旧所得税法施行細則...相当する費用を必要経費と認めることができる(旧所得税法施行規則一〇条の二五...との特例が認められていた(旧所得税法施行細則二六条二項。なお、現在も同様で
判示要旨:旧所得税法の給与所得に関する9条1項5号、11条の6、11条の7、11条の9、11条の10、12条、13条、38条及び40条の諸規定は、給与所得者に対し、その他の所得者に比べて著しく不公平な所得税の負担を課しているとはいえないから、憲法14条1項に違反しないとした事例
上告を棄却
(昭和二二年法律第二七号。以下「旧所得税法」という。)のもとにおいて、雑所... よつて、按ずるに、旧所得税法は、一暦年を単位としてその期間ごとに課税所得...課税を受ける結果となることを避けられない。この場合、旧所得税法の解釈として、
判示要旨:昭和三七年法律第四四号による改正前の旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)のもとにおいて雑所得として課税の対象とされた金銭債権が後日回収不能となつた場合と徴収税額についての不当利得の成否
上告を棄却
 一 論旨は、まず、旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)一〇条の六は、債権...とさら除外していること、旧所得税法には所得税法(昭和四〇年法律第三三号)五...旧所得税法は、事業所得については、いわゆる現実収入主義をとつたものであり、
判示要旨:一、旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)のもとにおける事業上の貸倒れ損失と必要経費算入の許否 二、利息制限法による制限超過の利息・損害金に対する課税の許否
取り消す
一円を除いた七〇七万七、九八〇円は行使不可能であつたので、旧所得税法(昭和...したところ、被告は、旧所得税法一〇条の六第二項の規定の適用を否定し、昭和四...万七、九八〇円の限度において、行使不能の状態にあり、旧所得税法一〇条の六第
判示要旨:旧所得税法10条の6第2項にいう「求償権の全部又は一部を行使することができないこととなったとき」の意義
棄却
判示要旨:1 借家人が立退きに際し、他の借家権を取得するために支出した金額が、立退料収入との関係で旧所得税法(昭和40年法律第33号による改正前)第9条第1項第9号にいう「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとされた事例 2 借家人の取得した立退料収入を旧所得税法(昭和40年法律第33号による改正前)第9条第1項第9号の一時所得に当たると解した事例
棄却
すことは所得税法(昭和二二年法律二七号をいう。以下旧所得税法という。)一条...1、原告は法人格のない社団で代表者の定めのあるものであるから、旧所得税法一...2、しかして、原告が居住者に対し給与所得の支払いをなす場合には、旧所得税法
判示要旨:いわゆる労音が、その事務局員らに対し活動保障費の名目で支払った金員が、旧所得税法第9条第1項第5号にいう「給与」に当たるとされた事例
却下
判示要旨:所得税更正処分の取消しを求める訴えが、旧所得税法(昭和37年法律第67号による改正前)第51条第1項の審査の決定を経ない不適法なものとされた事例
破棄
る改正前の所得税法(昭和二二年法律第二七号。以下、旧所得税法という。)にお...て、昭和二五年法律第七一号による旧所得税法の改正によつて、再度、不動産所得...ると、前記昭和二五年の旧所得税法改正当時には、近時における高額の権利金のよ
判示要旨:借地権の設定に際して授受される権利金と昭和三四年法律第七九号による改正前の旧所得税法(昭和二二年法律第二七号)九条一項八号にいう譲渡所得
上告を棄却
 本件訴の提起当時における旧所得税法(昭和二二年法律第二二号、以下同じ。)... 旧所得税法二六条の三(昭和三四年法律第七九号による改正前のもの、以下同じ。)
判示要旨:旧所得税法(昭和二二年法律第二二号)による処分で再調査の決定および審査の決定を経たものにつき、再調査の決定を対象として提起した取消訴訟の適否
上告を棄却
旧所得税法(昭和二二年法律第二七号、以下同じ。)九条一項八号の規定である。
判示要旨:旧所得税法第五条の二の規定の法意
控訴を棄却
判示要旨:手附金損失と旧所得税法第一〇条第二項の必要経費
控訴を棄却
(昭和二十五年三月三十一日に改正となつた前の所得税法、すなわち旧所得税法第... (A) 昭和二十四年度における控訴人の取入すべき金額(旧所得税法第一〇条... 従つて旧所得税法第九条第一項第九号の規定による控訴人の昭和二十四年度事業
判示要旨:貨幣価値の下落に伴う商品価格の騰貴と旧所得税法第一〇条第二項にいう「仕入品の原価」の意義
17 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in