2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61913 
刑事21948民事39965
法律
旧刑事訴訟法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
再審を開始
ろは、種々主張しているが結局、いずれも旧刑事訴訟法(大正一一年法律第七五... まず、本件再審請求事件は、同記録によると、旧旧刑事訴訟法(明治二三年法律
旧刑事訴訟法(大正一一年法律第七五号)五〇五条二項所定の「同一ノ原由」にあたらないとした事例
再審を開始
も、旧刑事訴訟法四八五条六号にいう再審請求人に対し無罪を言い渡すべき明確な...求人に対して言い渡した有罪の確定判決が、旧刑事訴訟法四八五条にいう「有罪ノ... <要旨>ところで、旧刑事訴訟法四八五条六号は「有罪ノ言渡ヲ受ケタル者ニ対シ
旧刑事訴訟法第四八五条第六号にいう「明確ナル証拠」の評価方法
破棄
ろ、旧刑事訴訟法(大正一一年法律七五号、同一三年一月一日施行)は、その三六...は、当然、法人を被告人とすべきものというべく、法律五二号二条は旧刑事訴訟法
一、 明治三三年法律第五二号(法人ニ於テ租税ニ関シ事犯アリタル場合ニ関スル法律)第二条と旧刑事訴訟法(大正一一年法律第七五号)第三六条第一項及び刑事訴訟法第二七条第一項との関係 二、 未成年者飲酒禁止法第四条第二項のいわゆる転嫁罰規定の法意 三、 未成年者飲酒禁止法第四条第二項により営業者を処罰する有罪判決中に営業者に過失ある旨を判示することの要否 四、 未成年者飲酒禁止法第四条第二項にいう営業者が法人である場合明治三三年法律第五二号第一条を準用することの要否
上告を棄却
 論旨は、旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則
一 経済関係罰則ノ整備ニ関スル法律の趣旨−憲法第九条との関係 二 旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則第六条の趣旨−憲法第一四条との関係
上告を棄却
そこで、原判決は「旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関
「旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則」第六条によつて事実の摘示証拠の説明を記載した判決の趣旨
上告を棄却
一 第一審の事実摘示及び証拠説明につき被告人に不服がないと判示してした第二審判決と旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則第六条 二 昭和二五年最高裁判所規則第三〇号第六条と憲法第三八条第三項
上告を棄却
一 旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則第五条にいわゆる「不服のないことが明らかな事項」の意義 二 訴訟手続に関する規定を判決に摘示することの要否
上告を棄却
旧刑事訴訟法事件の控訴審及び上告審における審判の特例に関する規則第五条及び第六条は憲法第三八条第三項に違反するか
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in