2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61990 
刑事21964民事40026
法律
日本法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
28 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
本件は,旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人である控訴人が,
旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人が、外国法人の主催する訪日旅行ツアーについて、当該外国法人に対し、訪日旅行客の国内における飲食場所、宿泊先、交通手段等を確保し、これらを組み合わせて提供する取引が消費税法7条1項により消費税が免税される取引に当たらないとされた事例
棄却
本件は,旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人である原告が,外国
旅行業法に基づく旅行業等を目的とする日本法人が、外国法人の主催する訪日旅行ツアーについて、当該外国法人に対し、訪日旅行客の国内における飲食場所、宿泊先、交通手段等を確保し、これらを組み合わせて提供する取引が消費税法7条1項により消費税が免税される取引に当たらないとされた事例
破棄
外国法人である親会社が日本法人である子会社の従業員等に付与したスト...前記事実関係等によれば,課税庁は,外国法人である親会社から日本法人である...それまでの間は,納税者において,外国法人である親会社から日本法人である子会
納税者が平成12年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
取り消す
とおり,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与さ...それまでの間は,納税者において,外国法人である親会社から日本法人である
平成11年分から同14年分までの所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益及び同社から付与されたリストリクテッド・ストックに係る株式取得益(一定の制限期間中は譲渡することができないとされた株式の制限解除時の当該株式の時価と付与時の取得価額との差額相当額の利益)をいずれも一時所得として申告した者が、同権利行使益及び株式取得益がいずれも給与所得に当たるとして増額更正処分とともにされた各過少申告加算税賦課決定処分について、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとしてした取消請求のうち、平成11年分から同13年分までの分について認容され、平成14年分について棄却された事例
棄却
親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与されたストックオプショ...ては,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与され...前記2の事実関係等によれば,外国法人である親会社から日本法人である
所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告した者が、同権利行使益が給与所得に当たるとして増額更正とともにされた過少申告加算税賦課決定処分について、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとしてした取消請求が、棄却された事例
破棄
国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与されたストックオ...する回答には,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に株式...前記事実関係等によれば,課税庁は,外国法人である親会社から日本法人である
納税者が平成11年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
破棄
は,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与されたスト...前記事実関係等によれば,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従...において,外国法人である親会社から日本法人である子会社の従業員等に付与され
納税者が平成11年分の所得税の確定申告において勤務先の日本法人の親会社である外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を一時所得として申告したことにつき国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
棄却
1 米国法人の子会社である日本法人の取締役が親会社である米国法人から付与されていた同法人の譲渡制限株式の譲渡制限が解除されたことにより受けた利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例 2 米国法人の子会社である日本法人の取締役が親会社である米国法人から付与されていた同法人の譲渡制限株式(いわゆるリストリクテッド・ストック)の譲渡制限が解除されたことにより受けた利益に係る所得の帰属年分は、同制限解除の年分であるとされた事例
取り消す
   エ 親会社が日本法人であれば,措置法29条の2により,商法上のストック・オプションに係る課税につい...    被控訴人は,海外親会社によるストック・オプションの付与が,日本法人に認められるこの税制適格型のスト
米国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である米国法人から同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で購入することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例
取り消す
日本アプライド社は,昭和54年10月1日,半導体装置メーカーである米国アプライド社の日本法人と...      以上のとおり,本件更正処分は,①過去の取扱い,②類似制度の取扱い,③親会社が日本法人の...れ特性が異なる以上,異なる取扱いがされてもやむを得ないし,親会社が日本法人の場合の取扱いとの比較
外国法人の100パーセント子会社である日本法人の従業員が、前記外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を所得税法34条1項所定の一時所得として所得税の修正申告(平成13年3月9日)をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
取り消す
1 外国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして確定申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正処分が、適法とされた事例 2 親会社から子会社の役員に対して付与されたストック・オプションの権利行使利益を、平成8年分ないし平成12年分の一時所得として確定申告した納税者に対して課税庁が前記権利行使益は給与所得に該当するとしてした平成11年分及び平成12年分の過少申告加算税の賦課決定処分の取消請求が、認容された事例
上告を棄却
「E社」という。)の日本法人として設立されたものであり,E社は,D社の発行
米国法人の子会社である日本法人の代表取締役が親会社である米国法人から付与されたいわゆるストックオプションを行使して得た利益が所得税法28条1項所定の給与所得に当たるとされた事例
取り消す
米国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である同米国法人から同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で購入することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が、所得税法34条1項所定の一時所得に該当するとされた事例
取り消す
外国法人の子会社である日本法人の取締役が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を一定の期間内に定められた権利行使価格で購入できる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして確定申告をしたところ、当該利益は給与所得に当たるとしてされた更正処分が、適法とされた事例
棄却
ド社の日本法人として設立され,米国アプライド社は,日本アプライド社の発行済株式の10
外国法人の100パーセント子会社である日本法人の従業員が、前記外国法人から付与されたストックオプションの権利行使益を所得税法34条1項所定の一時所得として所得税の修正申告(平成13年3月9日)をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」がないとされた事例
棄却
1 米国法人が、子会社である日本法人に勤務する従業員に付与したストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)及びその権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)は、所得税法上の給与所得に当たる。 2 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした取消請求が、棄却された事例 3 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で、自社株式について新株の発行を受け、又は発行済み株式の譲渡を受けることができる権利)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした、過少申告加算税賦課決定の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
更正処分のうち、原告の従前勤務していた日本法人マイクロソフト株式会社の親会
1 米国法人が、子会社である日本法人に勤務する従業員に付与したストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)及びその権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)は、所得税法上の給与所得に当たる。 2 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした取消請求が、棄却された事例 3 勤務していた日本法人の親会社である米国法人から付与されたストックオプション(特定の株式を、一定の条件の下、一定の期間内に、市場価格ではなく、あらかじめ定められた権利行使価格で取得することのできる権利ないし契約上の地位)を行使したことにより取得した権利行使益(権利行使時における株式の市場価格と被付与者の払い込んだ権利行使価格との差額)が、所得税法上の給与所得に該当するとしてされた所得税の更正処分が違法であるとして、納税者が当該権利行使益を一時所得に区分して計算した上でした、過少申告加算税賦課決定の取消請求が、一部認容された事例
取り消す
外国法人の子会社である日本法人の従業員が、親会社である同外国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正処分が、適法とされた事例
取り消す
従前勤務していた日本法人A株式会社(以下「日本A社」という。)の親会社であ
日本法人の取締役がその親会社である米国法人から付与されたいわゆるストックオプションの行使による株式の取得に係る経済的利益が給与所得に該当するとされた事例
取り消す
1 米国法人の子会社である日本法人の従業員ないし取締役が、親会社である同米国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が、給与所得に当たるとされた事例 2 米国法人の子会社である日本法人の従業員ないし取締役が、親会社である同米国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が譲渡所得又は一時所得に当たるとして確定申告したのに対し、前記利益は給与所得に当たるとしてされた過少申告加算税賦課決定処分が、違法とされた事例
取り消す
ーセント出資の日本法人としてコンパック株式会社(以下,合併後の会
外国法人の子会社である日本法人の役員が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を一定の期間内にあらかじめ定められた権利行使価格で取得することができる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして確定申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正処分が、適法とされた事例
取り消す
外国法人の子会社である日本法人の取締役が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を一定の期間内に定められた権利行使価格で購入できる権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして確定申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正処分が、一部取り消された事例
取り消す
外国法人の子会社である日本法人の従業員が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を将来の一定時点において一定の価格で購入する権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして所得税の確定申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正が、一部取り消された事例
取り消す
外国法人の子会社である日本法人の従業員が、親会社である当該外国法人から、同社の株式を将来の一定時点において一定の価格で購入する権利であるいわゆるストックオプションを付与され、その権利を行使して得た利益が一時所得に当たるとして所得税の確定申告をしたところ、税務署長が当該利益は給与所得に該当するとしてした更正が、一部取り消された事例
上告を棄却
 一 所論は、自動車及びその部品の輸入等を目的とする日本法人である上告会社...  これを本件についてみると、上告会社は、本件契約の効力についての準拠法は日本法であり、本訴請求に係る預託金返還債務の履行地は債権者が住所を有する我...件契約において我が国内の地を債務の履行場所とすること又は準拠法を日本法とす
日本法人がドイツに居住する日本人に対して契約上の金銭債務の履行を求める訴訟につき日本の国際裁判管轄が否定された事例
棄却
1 弁護士法二五条の「職務」とは、日本法によって与えられた職務・権限を意味...4 原告は、弁護士法二五条の「職務」とは、日本法によって与えられた職務・権...用について相手方や社会一般に多大の疑惑を生む点で、これが日本法に準拠した遺
弁護士が、受任している事件の相手方の遺言執行者に就任し、遺言執行行為として前記事件の委任者に有利な形での訴えの取下げ、請求の認諾等を行ったことが弁護士法25条1号に違反するなどとしてされた、当該弁護士に対する業務停止1箇月の懲戒処分を維持した日本弁護士連合会の裁決につき、たとえ遺言執行者への就任が日本法ではなく外国法に準拠したものであったとしても同号違反を免れるものではないなどとして、前記裁決が適法とされた事例
却下
結局、不動産所在地法である日本法が適用されるべきこととなる。原判決はこの趣
日本にある不動産の所有者である中華人民共和国の国籍を有する者の相続につき同国の法律がさかのぼって適用されて反致されることにより日本法が準拠法となるものとされた事例
上告を棄却
件不動産の所在地法である日本法としたのは誤りである、というのである。すなわ...用されるべき法律は、法例一〇条二項により、その原因である事実の完成した当時における目的物の所在地法、すなわち本件不動産の所在地法である日本法というべ...かどうかが次に問題となるが、前示のとおり、この点は日本法によって判断される
共同相続人の一人が相続の準拠法上の規定を遵守しないで日本にある相続不動産についてした持分の処分と物権変動の準拠法である日本法上の権利移転の効果
28 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in