裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62372 
刑事22064民事40308
法律
日本国憲法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
裁判年代から探す
20 件中 1/1 ぺージ
棄却
を失ったものとされたところ,同条は日本国憲法(以下「憲法」という。)
判示要旨:1 国籍法12条と日本国憲法14条1項 2 国籍法12条と日本国憲法13条
棄却
判示要旨:1 国籍法12条と日本国憲法14条1項 2 国籍法12条と日本国憲法13条
棄却
1 埼玉県は、平和主義と国際協調主義を基本原理とする日本国憲法の公布五〇年
判示要旨:日本国憲法公布50年を記念して県が開催した行事に出演した講師3人に対する報償金支出関係文書に記録された報償金額及び講師名が、埼玉県行政情報公開条例6条1項1号に非開示事由として規定する個人情報に当たるとされた事例
棄却
(1) 日本国憲法は 、その前文において、 主権が国民に存することを宣言し」ており、...このような西ドイツにおける平等選挙の原則は、わが日本国憲法の場合にも妥当する。...日本国憲法の場合と同じく 、
判示要旨:1 衆議院議員の定数配分規定の違憲性の判断基準 2 衆議院議員定数の配分基準としての「府県単位・人口比例配分方式」は、明治22年の衆議院議員選挙法制定以来、明治憲法、日本国憲法を通じて成立し、なお効力を維持している憲法的習律としての性質を有するところ、この憲法的習律は、成文憲法と同一の効力を有するものではなく、これに反するからといって直ちに違憲ということはできないが、憲法条規の解釈基準になるものであり、衆議院議員の定数の配分を行う上で合理的な決定基準となるもので、右配分の合理性の判断に当たって重要な解釈基準になるとした事例 3 昭和61年法律第67号により改正された公職選挙法13条、同法別表第1及び同法附則7項ないし10項による選挙区及び議員定数の定めが、右改正の際、衆議院議員定数の配分基準としての「府県単位・人口比例配分方式」によらずに部分的手直しを行ったもので、議員1人当たりの人口の最大区と最小区との較差2・99対1を残し、その手段、措置及び内容が改正法の立法目的である緊急暫定性と実質的に関連しているものといえないから、既に改正の当初から、同規定の下における選挙区間の議員1人当たりの人口又は選挙人数の較差は憲法の選挙権の平等の要求に反し、違憲な選挙権の不平等状態が存在しているが、右改正法の緊急暫定性という立法目的に照らし、右人口較差や次選挙の可能性をも考慮して、合理的期間内に抜本的改正により是正することが憲法上要求され、それが行われない場合に初めて右規定が憲法に違反するものと判定することができるとした上、右改正法成立後わずか2箇月足らずのうちに行われた昭和61年7月6日施行の衆議院議員選挙当時においては、抜本的是正のために憲法上要求される合理的期間内における是正がされなかったものと断定することは困難であるから、右選挙当時、憲法に違反するとはいえないとされた事例
上告を棄却
 国家賠償法附則六項に則り、日本国憲法施行前における国の公務員の違法を公権
判示要旨:国家賠償法附則六項と日本国憲法施行前における公務員の不法行為
上告を棄却
 しかしながら、右勅令第五四二号は、日本国憲法にかかわりなく憲法外において
判示要旨:一 「ポツダム宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件」およびこれに基づく「団体等規正令」「解散団体の財産の管理及び処分等に関する政令」ならびに右政令に基づく団体指定、解散、財産接収の処分と日本国憲法。 二 「団体等規正令」および「解散団体の財産の管理及び処分等に関する政令」に基づく財産接収処分は公用徴収にあたるか。
上告を棄却
 所論は、日本国憲法は旧憲法七三条に従い適法に改正されたものではないから無
判示要旨:刑訴法四〇五号の上告理由に当らなら事例。―「日本国憲法は無効であり、これに基礎をおく最高裁判所も適法なものとはいえない」との主張―
上告を棄却
判示要旨:銃砲火薬類取締法施行規則第四五条と昭和二二年法律第七二号「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律」第一条
上告を棄却
判示要旨:日本銀行券預入令の特例の件は、日本国憲法の施行又は昭和二二年一二月三一日限り失効したか
控訴を棄却
の規定を対比し極めて明瞭なるのみならず、前示日本国憲法第二十二条第一項は、...あるから、前掲出入国管理令第三条の規定が日本国憲法第二十二条に反する違憲の...は前掲人権に関する世界宣言第十三条、又び日本国憲法第二十二条の精神に反する
判示要旨:一、 出入国管理令第三条は人権に関する世界宣言第一三条第二項および日本国憲法第二二条に反するか 二、 人権に関する世界宣言第一四条第一項の意義
破棄
た公職選挙法第二百五十二条第一項は日本国憲法に違反する疑があると...憲法第十四条に違反するとの主張は採用することができない。また、日本国憲法第
判示要旨:一、 公職選挙法第二五二条第一項が違憲であるとの主張と適法な控訴理由 二、 公職選挙法第二五二条第一項と日本国憲法第一四条および第一五条との関係
却下
判示要旨:日本国憲法第八一条と最高裁判所の性格
上告を棄却
る委任命令が昭和二二年法律七二号日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規
判示要旨:具体的事項についての委任命令は昭和二二年法律第七二号日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律の規定により失効するか
上告を棄却
項を実施するためには、日本国憲法にかかわりなく法律上全く自由に自ら適当と認...定されたものであるから、日本国憲法にかかわりなく憲法外において法的效力を有...かし日本国憲法によればすべての基本的人権はそれを享有している個人の利益のた
判示要旨:一 昭和二〇年勅令第五四二号と日本国憲法との関係 二 昭和二三年政令第二〇一号は昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令か 三 (イ)昭和二三年七月二二日付連合国最高司令官の内閣総理大臣宛書簡は連合国最高司令官の要求といえるか。 四 (ロ)昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令を発し得るのは国会の議決を求めるいとまのない場合に限るか。 五 (ハ)書簡にいわゆる公務員の意義。 六 (ニ)政令第二〇一号が当時係属中の国又は地方公共団体を当事者とする労働争議の斡旋、調停または仲裁に関する手続を中止したことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 七 (ホ)政令第二〇一号が公務員の団体交渉権を禁止しながらその労働条件の改善について別途の措置を講ずるとしたことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 八 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二八条。 九 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第一八条。 一〇 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二五条。 一一 昭和二三年政令第二〇一号第二条第一項にいわゆる争議手段にあたる一事例。 一二 昭和二三年政令第二〇一号と労働組合法、労働関係調整法との関係。 一三 昭和二三年一二月三日法律第二二二号国家公務員法の一部を改正する法律附則第八条の意味。 一四 昭和二三年政令第二〇一号にいわゆる業務の運営能率を阻害する行為の意義。
上告を棄却
属であつたこと明白である。されば、昭和二二年法律七四号(日本国憲法の施行に
判示要旨:一 刑法第二〇〇条の犯罪成立後の民法改正と刑の変更 二 日本国憲法の施行に伴う民法の応急的措置に関する法律施行後も姻族関係は、夫婦の一方が死亡しただけで消滅するか
破棄
 同規則は日本国憲法施行前制定された命令であるが、日本国憲法施行前の命令の...新憲法施行後における効力については、昭和二二年法律七二号日本国憲法施行の際...定され、この法律は日本国憲法施行の日から施行された。そして、その一条におい
判示要旨:鉄砲火薬類取締法施行規則第四五条と昭和二二年法律第七二号「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律」第一条
上告を棄却
委任による委任命令は日本国憲法施行の際(昭和二二年五月三日)現に効力を有す
判示要旨:一 委任命令は「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律」の規定により失効するか 二 判例と相反する判断をしたことにならない一事例 三 証拠決定をしないままで結審した違法が判決に影響を及ぼさない一事例 四 証拠調をしない証拠を証拠とした違法が判決に影響を及ぼさない一事例
上告を棄却
判示要旨:一 主要食糧を供出時期までに売り渡さないことを煽動する所為と食糧緊急措置令第一一条 二 主要食糧の政府に対する売渡を為さざることを煽動するが如き言動と言論の自由 三 日本国憲法施行後における食糧緊急措置令の効力 四 食糧緊急措置令第一一条の合憲性
上告を棄却
判示要旨:一 昭和二一年二月食糧緊急措置令の効力と昭和二二年法律第七二号第一条にいわゆる「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令」 二 物価庁告示で指定された統制額を超えて押麦を買い入れた所為の擬律 三 紡績会社がその工員の食糧を購入することと物価統制令第一一条但書
上告を棄却
急勅令の効力が日本国憲法の施行によつて何らの影響を受くべきものでないことは...令並びに政令は所論日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関
判示要旨:一 昭和二一年二月食糧緊急措置令の効力と昭和二二年法律第七二号第一条にいわゆる「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令」 二 水産物の指定出荷機関又は指定荷受機関以外の者は卸売業者となり得るか−右機関以外の者の卸売取引と統制額 三 魚類の大量取引につき卸業者販売価格を適用した事例 四 昭和二一年九月物価庁告示第六八号ノ一一所定の「生産者若くは生産者の団体又は………」の規定の趣旨
20 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in