2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62208 
刑事22007民事40201
法律
旅館業法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
5 件中 1/1 ぺージ
棄却
(1) ホテル等 旅館業法(略)第2条第2項に規定するホテル営業又は同...ウ 旅館業法との適合性...前記(ア)bの規制目的を受けて,本件条例は,旅館業法2条2項3項に
1 旅館業法2条2項及び3項に規定するホテル及び旅館を対象として、その建物の構造等について所定の基準を設け、その基準に適合しない場合には、町長は当該ホテル等の建築に同意せず、かかる同意なくしてホテル等を建築し、又は建築しようとする者に対しては、当該ホテル等の建築の中止等を命ずることができる旨定める「東郷町ホテル等建築の適正化に関する条例」(平成6年東郷町条例第19号)と憲法22条 2 旅館業法2条2項及び3項に規定するホテル及び旅館を対象として、その建物の構造等について所定の基準を設け、その基準に適合しない場合には、町長は当該ホテル等の建築に同意せず、かかる同意なくしてホテル等を建築し、又は建築しようとする者に対しては、当該ホテル等の建築の中止等を命ずることができる旨定める「東郷町ホテル等建築の適正化に関する条例」(平成6年東郷町条例第19号)の「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」との適合性 3 旅館業法2条2項及び3項に規定するホテル及び旅館を対象として、その建物の構造等について所定の基準を設け、その基準に適合しない場合には、町長は当該ホテル等の建築に同意せず、かかる同意なくしてホテル等を建築し、又は建築しようとする者に対しては、当該ホテル等の建築の中止等を命ずることができる旨定める「東郷町ホテル等建築の適正化に関する条例」(平成6年東郷町条例第19号)に基づき、ホテルの建築に着手した者に対し、町長がした建築中止命令の無効確認請求が、棄却された事例
控訴を棄却
取締法や旅館業法による国の事務としての監督行政は、その性質上全国的最低基準...をなすことは旅館業法に違反するものではない。...二 本件の第一の争点は控訴人が本件不同意処分の根拠とした本件条例が旅館業法
旅館業を目的とする建築物を建設しようとする者は当該建築及び営業に関する所轄官庁への認可申請前に町長の同意を要することとした上、右同意の基準を定めた飯盛町旅館建築の規制に関する条例(昭和53年飯盛町条例第19号)3条が、旅館営業につき旅館業法より強度の規制を行うべき必要性及び規制手段の相当性がないとして、同法に違反するとされた事例
棄却
3 しかしながら、本件不同意処分は以下のとおり、旅館業法及び建築基準法並び...て定めをした法律として旅館業法があり、同法は、旅館業の経営を都道府県知事の...いても旅館業法に比べ対象施設を拡大したばかりかその施設の周囲の距離には何ら
旅館業を目的とする建築物を建築しようとする者は当該建築及び営業に関する所轄官庁への認可申請前に町長の同意を要する旨及び右同意の要件を定めた飯盛町旅館建築の規制に関する条例(昭和53年飯盛町条例第19号)2条、3条が、旅館営業につき旅館業法より高次の規制を定めるものとして、同法に反し無効であるとされた事例
破棄
 所論はまず、本件に適用された旅館業法六条二項、一二条の各規定が、居住、移...転の自由を保障した憲法二二条一項に違反する旨を主張する。旅館業法六条一項は、... 次に所論は、旅館業法六条二項、一二条の各規定が、何人も自己に不利益な供述
一 旅館業法第六条第二項第一二条の合憲性 二 刑訴法第四一一条第二号に該当するとして同法第四一三条第一項本文により破棄差し戻された事例 三 旅館業法第六条第二項第一二条と憲法第二二条第一項
上告を棄却
業を営んだというのであるから、旅館業法三条に違反し同一〇条の罰則に触れるこ
昭和二二年勅令第九号違反罪と旅館業法違反罪との関係 ―併合罪か否か―
5 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in