2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62196 
刑事22003民事40193
法律
憲法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
2015 件中 1/41 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
却下
状況の変化等に応じて変わり得るものであり,このような規定の憲法適合性につい...態様,現在の社会的状況等を総合的に較量すると,本件規定は,現時点では,憲法13条,14条1項に違反するものとはいえない。...由は,その意思に反して身体への侵襲を受けない自由として,憲法13条により保
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律3条1項4号は、憲法13条、14条1項に違反しない
上告を棄却
選挙」という。)の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に違反し無効であ...りは憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたと判示した。そして,...同判決は,これらの状態につき憲法上要求される合理的期間内における是正がされ
平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
上告を棄却
憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区に...りは憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたと判示した。そして,...同判決は,これらの状態につき憲法上要求される合理的期間内における是正がされ
平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
棄却
本件抗告の趣意のうち,刑訴法299条の4,299条の5は,憲法37条...時抗告をすることができる。これらに鑑みれば,刑訴法299条の4,299条の5は,被告人の証人審問権を侵害するものではなく,憲法37条2項前段に違反し...刑訴法299条の5の憲法37条1項違反をいう点は,刑訴法299条の5は,
刑訴法299条の4、299条の5と憲法37条2項前段
棄却
及び観察等に関する法律(以下「医療観察法」という。)の憲法14条,22条1...ところで,憲法31条の定める法定手続の保障は,直接には刑事手続に関するも...は,憲法14条,22条1項に違反するものではなく,憲法31条の法意に反する
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律による処遇制度と憲法14条、22条1項、31条
上告を棄却
の契約の自由,知る権利,財産権等を侵害し,憲法13条,21条,29条等に違...放送は,憲法21条が規定する表現の自由の保障の下で,国民の知る権...放送法64条1項の憲法適合性について
1 放送法64条1項は、受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり、日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には、その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する 2 放送法64条1項は、同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして、憲法13条、21条、29条に違反しない 3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合、同契約に基づき、受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する 4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は、受信契約成立時から進行する
上告を棄却
よる改正前の別表第2を含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効で...挙区ごとの議員定数については,憲法が参議院議員につき3年ごとにその半数を改...て当該各定数配分規定が憲法に違反するに至っていたとはいえない旨の判断を示し
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
上告を棄却
を含め,「定数配分規定」という。)は憲法に違反し無効であるから,これに基づ...挙区ごとの議員定数については,憲法が参議院議員につき3年ごとにその半数を改...て当該各定数配分規定が憲法に違反するに至っていたとはいえない旨の判断を示し
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
上告を棄却
び附則7条の2第2項の各規定が,憲法14条1項に違反する旨をいう。...しかしながら,地方公務員災害補償法の定める遺族補償年金制度は,憲法25条...に達していることを受給の要件としている部分が憲法14条1項に違反するという
地方公務員災害補償法32条1項ただし書及び附則7条の2第2項のうち死亡した職員の夫について一定の年齢に達していることを遺族補償年金の受給の要件としている部分と憲法14条1項
上告を棄却
本件条例3条1項及び16条1項1号の各規定は,憲法22条1項に違反するもの...件条例7条2号の規定は,憲法21条1項に違反するものではないと解するのが相
1 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)3条1項、16条1項1号と憲法22条1項 2 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)7条2号と憲法21条1項
上告を棄却
弁護人小松圭介の上告趣意のうち,税関検査の憲法35条違反をいう点につ...われたもので,関税法上許容されていない検査であって,憲法35条が許容しない...の解釈を誤り,憲法35条に違反すると主張する。
郵便物の輸出入の簡易手続として税関職員が無令状で行った検査等について、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号によって許容されていると解することが憲法35条の法意に反しないとされた事例
棄却
挙区に関する配分議員数(東京都12名,神奈川県8名)は,憲法前文,同第...14条及び選挙権に関するその他の憲法各条に違反し無効であることを確認す...よる改正後も,人口に比例して議員の数を配分する内容となっておらず,憲法
1 公職選挙法別表第3の配分議員数が、憲法前文、14条等に違反し無効であることの確認を求める訴えが却下された事例 2~4 (原審の1~3と同じ)
控訴を棄却
1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
棄却
1965年(昭和40年)当時のペルー憲法(以下「ペルー憲法」とい...ペルー憲法4条は,ペルーの領土内に出生した者はペルー国民とする旨規...告は,ペルーにおいて出生したのでペルー憲法によりペルー国籍も取得し
昭和59年法律第45号(以下「昭和59年改正法」という。)附則5条1項が同法施行日前に日本人母から出生した子に認められる簡易な手続による国籍取得の対象から日本国民であった者を除外していることと憲法14条
上告を棄却
条1項の規定(以下「本件規定」という。)は憲法14条1項及び24条2項に違...扱うものであるから憲法14条1項及び24条2項に違反し,本件立法不作為は国...所論は,要するに,原判決には憲法14条1項及び24条2項の解釈の誤りがあ
1 民法733条1項の規定のうち100日の再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 2 民法733条1項の規定のうち100日を超えて再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 3 立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 4 国会が民法733条1項の規定を改廃する立法措置をとらなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
上告を棄却
称すると定める民法750条の規定(以下「本件規定」という。)は憲法13条,...上告理由のうち本件規定が憲法13条に違反する旨をいう部分について...論旨は,本件規定が,憲法上の権利として保障される人格権の一内容である
1 民法750条と憲法13条 2 民法750条と憲法14条1項 3 民法750条と憲法24条
棄却
的な生活を保障する憲法25条にも反するというべきである。...れたことなどにかんがみると,健康保険法1条の規定が憲法14条及び25...憲法14条及び25条違反をいう原告の主張について
1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
破棄
委任するものということはできず,憲法41条及び73条6号に違反するものでは...断は,憲法41条及び73条6号並びに国公共済法附則12条の12の解釈を誤っ...断には,憲法解釈の誤り及び結論に影響を及ぼすことが明らかな法令解釈の誤りが
国家公務員共済組合法(平成24年法律第63号による改正前のもの)附則12条の12第4項及び厚生年金保険法等の一部を改正する法律(平成8年法律第82号)附則30条1項と憲法41条及び73条6号
上告を棄却
被告人本人の上告趣意のうち,旅行業の登録制度に関し,憲法22条1項違...所論は,旅行業法29条1号,3条,2条1項は,憲法22条1項に違反する旨...に違反した者を処罰することにしたものである。上記各規定が,憲法22条1項に
旅行業法2条1項、3条、29条1号所定の登録制度と憲法22条1項
上告を棄却
250条1項を適用するとしている点において,遡及処罰を禁止した憲法39条及...び適正手続を保障した憲法31条に違反すると主張する。(3)...の刑訴法250条1項を適用するとした本法附則3条2項は,憲法39条,31条
公訴時効を廃止するなどした「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の経過措置を定めた同法附則3条2項と憲法39条、31条
棄却
保釈保証金の全部を没取した原々決定及びこれを是認した原決定は,憲法31条に
あらかじめ告知・弁解等の機会を与えずになされた保釈取消し決定及び保釈保証金没取決定と憲法31条
棄却
保釈保証金の全部を没取した原々決定及びこれを是認した原決定は,憲法31条に
あらかじめ告知・弁解等の機会を与えずになされた保釈取消し決定及び保釈保証金没取決定と憲法31条
上告を棄却
た刑訴法48条3項の憲法31条違反をいう点について...機会を奪うものであって,憲法31条に違反する,という。...を整理すべき期間を具体的にどのように定めるかは,憲法31条の刑事裁判におけ
公判調書の整理期間を定める刑訴法48条3項と憲法31条との関係
棄却
本件抗告趣意のうち,刑訴法278条の2第3項の憲法31条,37条3項...ることを踏まえても,憲法31条,37条3項に違反するものではない。このよう...その余の抗告趣意は,憲法違反をいう点を含め,実質は単なる法令違反の主張で
刑訴法278条の2第3項に規定する過料の制裁と憲法31条、37条3項
上告を棄却
あるから,憲法14条1項に違反する,②本件規定は必要な限度を超えて居住の自...由を制限するものであるから,憲法22条1項に違反する,③上告人Y1 は近隣住...は憲法14条1項又は22条1項に違反するというのである。
1 西宮市営住宅条例(平成9年西宮市条例第44号)46条1項柱書き及び同項6号の規定のうち、入居者が暴力団員であることが判明した場合に市営住宅の明渡しを請求することができる旨を定める部分と憲法14条1項 2 西宮市営住宅条例(平成9年西宮市条例第44号)46条1項柱書き及び同項6号の規定のうち、入居者が暴力団員であることが判明した場合に市営住宅の明渡しを請求することができる旨を定める部分と憲法22条1項
棄却
りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから,これに基づき...憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていたが,いずれも憲法上...準規定及び平成14年区割規定が憲法14条1項等の憲法の規定に違反する
平成26年12月14日施行の衆議院(小選挙区選出)議員選挙について、奈良県第4区の選挙人が、同選挙の選挙区割りに関する公職選挙法等の規定は憲法に違反し無効であるから、これに基づき施行された前記選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙の無効請求が、棄却された事例
棄却
の定める選挙区割りは憲法による投票価値の平等の要求(憲法14条1項等)...憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていると判断した。...本件選挙区割りが憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至ってい
平成26年12月14日施行の衆議院(小選挙区選出)議員選挙について、東京都第2区等の選挙人らが、公職選挙法の定める選挙区割りは憲法による投票価値の平等の要求(憲法14条1項等)に違反する無効なものであるから、これに基づき施行された前記選挙区等の選挙も無効であるなどとしてした選挙の無効請求が、棄却された事例
棄却
は憲法に違反し無効であるから,これに基づき施行された本件選挙の本件各...い程度に達しているとまでいうことができず,旧区割規定が憲法14条...判所は,旧区割規定が憲法に違反するとはいえない旨判示した(最高裁
平成26年12月14日施行の衆議院議員総選挙について、それぞれ小選挙区福岡県第1区ないし第11区、佐賀県第1区及び第2区、長崎県第1区ないし第4区、熊本県第1区ないし第5区、大分県第1区ないし第3区の各選挙人が、衆議院小選挙区選出議員の選挙の選挙区割りに関する公職選挙法の規定は憲法に反して無効であるから、これに基づき施行された同選挙も無効であるとしてされた同各選挙区における選挙の無効請求が、いずれも棄却されるとともに、主文において同各選挙区における選挙がいずれも違法であると宣言された事例
上告を棄却
記子のうち日本で出生した者等との区別において憲法14条1項等に違反し無効で...憲法10条は,「日本国民たる要件は,法律でこれを定める。」と規定し,...これを受けて,国籍法は,日本国籍の得喪に関する要件を規定している。憲法10
国籍法12条と憲法14条1項
上告を棄却
(以下「区分審理制度」という。)は,公平な裁判所の裁判を定めた憲法37条1...十分保障されているといえる。したがって,区分審理制度は憲法37条1項に違反...互間で区々となったことを理由として憲法37条1項違反をいう点は,証拠とされ
裁判員裁判における審理及び裁判の特例である区分審理制度と憲法37条1項
控訴を棄却
憲法21条1項の解釈,適用の誤りの主張について...これに対し,弁護人は,①本件掲載行為は,憲法21条1項により最も厚く保...して刑罰を科すことは,必要かつ合理的でやむを得ないものではなく,憲法21
1 検察官から開示された証拠である写真の複製等をインターネット上の動画サイトに掲載した行為に刑事訴訟法281条の5第1項を適用して処罰することが、憲法21条1項に反しないとされた事例 2 刑事訴訟法281条の4第1項にいう被告事件の審理の準備に使用する目的の意義 3 被告事件における証拠等の問題点を指摘して一般の支援を求めて行った上記掲載行為が、刑事訴訟法281条の5第1項に該当するとされた事例
上告を棄却
第74号による改正前のもの。以下同じ。)の規定の憲法13条,19条,21条...違反をいう点及び合理的な処罰根拠を欠くとして憲法31条違反をいう点は,いず...せつ」の概念が不明確であるとして憲法31条違反をいう点は,その概念が所論の
刑法175条と憲法13条、19条、21条、31条
上告を棄却
する法律による裁判員制度に関して憲法13条,18条後段,19条,20条,2...1条,31条,32条,37条違反をいう点は,裁判員制度が憲法のこれらの規定...らかであり,死刑制度に関して憲法13条,31条,32条,36条,37条,3
1 裁判員制度と憲法13条、18条後段、19条、20条、21条、31条、32条、37条 2 死刑の量刑が維持された事例(長野一家3人強盗殺人事件)
却下
ていないことが憲法31条に違反し,また,本件において抗告人にその機会を与え...らみて逃亡犯罪人の手続保障に欠けるものとはいえず,憲法31条の法意に反する...決定につき不服申立ての方法を設けていないことが憲法81条に違反するともい
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
に当たり,事前に逃亡犯罪人に一切の弁明の機会を与えていない点で憲法3...しかし,前記引用の原決定が説示するとおり,憲法31条の定める法定手...とが,憲法31条の法意に反するということはできず,法に基づく本件命令
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
却下
を排除し,一切の弁明の機会を与えていないことは憲法31条に違反してお...とは憲法81条に違反しており,このような違憲の手続を前提とした本件命...①の主張(憲法31条違反)について
逃亡犯罪人引渡法35条1項が同法14条1項に基づく逃亡犯罪人の引渡命令につき行政手続法第3章の規定の適用を除外し上記命令の発令手続において改めて弁明の機会を与えることを要しないものとしていることと憲法31条
上告を棄却
は,身分関係の法的安定を保持する上から合理性を持つ制度であって,憲法13条...に違反するものではなく,また,所論の憲法14条等違反の問題を生ずるものでも
嫡出否認の訴えについて出訴期間を定めた民法777条と憲法13条、14条1項
却下
1 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づく公示の定める一般乗用旅客自動車運送事業における乗務距離の最高限度を超えたことを理由とする道路運送法40条に基づく自動車その他の輸送施設の当該事業のための使用の停止、事業の停止又は許可の取消しの各処分の差止めの訴えが適法とされた事例 2 一般乗用旅客自動車運送事業を営む者が旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づく公示の定める同事業における乗務距離の最高限度を超えて運転者を事業用自動車に乗務させることができる地位を有することの確認の利益があるとされた事例 3 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条と憲法22条1項 4 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づき、地方運輸局長が定めた一般乗用旅客自動車運送事業における乗務距離の最高限度の公示が違法であるとされた事例
破棄
憲法15条1項及び93条2項の趣旨に照らして憲法21条1項による保...障が及ぶと解される議員の議員活動の自由並びに憲法22条1項及び29条による...約を生じさせることには合理性や必要性が認められないから,本件規定は,憲法2
1 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち、議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず、当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法21条1項 2 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち、議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず、当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法22条1項及び29条
上告を棄却
介事業の届出制度に関し,憲法21条1項違反をいう点について...るから,憲法21条1項に違反する旨主張し,被告人本人の所論は,本件届出制度...は,表現の自由,集会結社の自由を不当に制約するものであるから,憲法21条1
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律7条1項、32条1号所定の罰則を伴う届出制度と憲法21条1項
棄却
「参議院議員定数配分規定」という。)が,憲法の保障する人口比例選挙に反...挙区の議員定数については,半数改選制(憲法46条)を踏まえて,これ...について,結論として同選挙当時における参議院議員定数配分規定が憲法
平成25年7月21日施行の参議院(選挙区選出)議員通常選挙について、東京都選挙区等の選挙人において、公職選挙法14条1項、別表第3による選挙区及び議員数の規定が、憲法の保障する人口比例選挙に反し、投票価値の平等に反して無効であるから、これに基づき施行された前記選挙も無効であるとしてした選挙無効請求が棄却された事例
棄却
下「本件定数配分規定」という。)は,憲法の保障する代表民主制の基本原則...う憲法上の要請を踏まえた偶数配分を前提に,都道府県を単位として各選挙...上記定数配分規定が憲法に違反するに至っていたということはできないと判
平成25年7月21日に行われた参議院(選挙区選出)議員選挙について、大阪府選挙区等の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第三の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は、憲法の保障する代表民主制の基本原則及び選挙権の平等に違反し無効であるから、これに基づき施行された前記各選挙区における選挙も無効であるとしてした前記各選挙の無効請求がいずれも棄却されるとともに、主文において前記各選挙が違法であると宣言された事例
人口比例に基づかず,憲法14条等に違反し無効であるから,同規定に基づき...規定が憲法に違反するに至っていたとはいえないとしたものの,違憲の問...いとして,当該各選挙当時における上記議員定数配分規定が憲法に違反す
平成25年7月21日に施行された参議院議員通常選挙について、岡山県選挙区の選挙人が、公職選挙法14条1項、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定は人口比例に基づかず憲法14条等に違反し無効であるとしてした選挙の無効請求が、認容された事例
取り消す
争点1ないし5(本件条例は憲法違反であるとの主張)について...等の規定が憲法に適合するか否かなどが問題とされたときに,その判断の...件規則そのものが,直ちに憲法及び関係法令に違反するものであるとは
1 反社会的団体(無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律5条1項に規定する観察処分を受けた団体のこと)に対して所定事項につき報告する義務を課し、その義務を懈怠した場合につき過料に処することなどを定める足立区反社会的団体の規制に関する条例(平成22年足立区条例第44号)の規定と憲法20条1項 2 足立区反社会的団体の規制に関する条例(平成22年足立区条例第44号)5条2項が定める報告を正当な理由がないのに拒んだとして、同条例10条に基づき過料に処する旨の処分を受けた宗教団体がした前記処分の取消請求が、認容された事例
上告を棄却
下,この部分を「本件規定」という。)は憲法14条1項に違反するものであるな...上告理由のうち本件規定が憲法14条1項に違反する旨をいう部分について...きものと定める本件規定は,婚外子を不当に差別するものとして憲法14条1項に
戸籍法49条2項1号の規定のうち出生の届出に係る届書に嫡出子又は嫡出でない子の別を記載すべきものと定める部分と憲法14条1項
棄却
の相続分の2分の1とする部分(以下,この部分を「本件規定」という。)は憲法...論旨は,本件規定は憲法14条1項に違反し無効であるというものである。...憲法14条1項適合性の判断基準について
1 民法900条4号ただし書前段の規定と憲法14条1項 2 民法900条4号ただし書前段の規定を違憲とする最高裁判所の判断が他の相続における上記規定を前提とした法律関係に及ぼす影響
棄却
ると,憲法89条後段にいう「公の支配」に属するか否かを判断...A学園の教育事業は憲法89条後段の「公の支配」に属するとは...よって,本件支出負担行為は憲法89条後段に違反する。
県知事が学校教育法134条1項の学校教育に類する教育を行う各種学校を設置する学校法人に対して補助金を交付したことが憲法89条後段に反し違法であるとして、地方自治法242条の2第1項2号、4号に基づき、同補助金交付決定の取消し、及び同学校法人に同補助金相当額の返還の請求をすることを県知事に対して求める各請求が、同学校法人が行う教育事業は憲法89条後段にいう「公の支配」に属するとして、いずれも棄却された事例
控訴を棄却
り,憲法22条1項が保障する経済活動の自由(営業の自由)の根幹をなすもので...のであるから,憲法の趣旨に適合しようとすると,預金者(預金開設申込者を含む...行政の指導に基づく公的な性格を有するものといえるところ,憲法22条1項が保
1 金融機関における暴力団員等の反社会的勢力との取引拒絶規定と憲法22条1項等 2 暴力団員が金融機関の係員に対し自己が反社会的勢力ではない旨の表明・確約をして預金口座の開設等を申し込み預金通帳の交付を受ける行為が、詐欺罪に当たるとされた事例
乗務距離の最高限度を規制する運輸規則22条が営業の自由を保障する憲法22...保障する憲法22条1項に違反して無効である。したがって,運輸規則22条に基...乗務距離規制は,憲法で保障された営業の自由を制約するものであるから,その
1 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づく公示の定める一般乗用旅客自動車運送事業における乗務距離の最高限度を超えたことを理由とする道路運送法40条に基づく自動車その他の輸送施設の当該事業のための使用の停止、事業の停止又は許可の取消しの各処分の差止めの訴えが適法とされた事例 2  一般乗用旅客自動車運送事業を営む者が旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づく公示の定める同事業における乗務距離の最高限度を超えて運転者を事業用自動車に乗務させることができる地位を有することの確認の利益があるとされた事例 3 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条と憲法22条1項 4 旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)22条に基づき、地方運輸局長が定めた一般乗用旅客自動車運送事業における乗務距離の最高限度の公示が違法であるとされた事例
いないので,憲法(前文第1段落・第1文,56条2項,59条,67条,...い作用を及ぼすものとして,それ自体,憲法の投票価値の平等の要求に反す...て定められたものである以上,平成21年選挙時において憲法の投票価値の
平成24年12月16日に施行された衆議院議員総選挙について、岡山県第2区の選挙人が、公職選挙法13条1項、別表第1の選挙区及び議員定数の規定は人口比例に基づいていないから憲法14条等に違反し無効であるとしてした選挙の無効請求が、認容された事例
2015 件中 1/41 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in