2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61912 
刑事21947民事39965
法律
弁護士法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
弁護士法の判決統計
0
2
0
62 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
本件は,郵便事業株式会社に対して弁護士法23条の2第2項に基づき原判...弁護士法23条の2第2項に基づく照会(以下「23条照会」という。)の
弁護士法23条の2第2項に基づく照会をした弁護士会が、その相手方に対し、当該照会に対する報告をする義務があることの確認を求める訴えは、確認の利益を欠くものとして不適法である
破棄
行為をすることは弁護士法25条1号に違反すると主張して,相手方Y 2 及び同Y...いて相手方Y 2 ,同Y 3 及び同Y 1 が訴訟行為をすることが弁護士法25条1号に...どに照らすと,上記弁護士の訴訟行為は弁護士法25条1号にいう「相手方の・・
1 弁護士法25条1号に違反する訴訟行為及び同号に違反して訴訟代理人となった弁護士から委任を受けた訴訟復代理人の訴訟行為について、相手方である当事者は、上記各行為を排除する旨の裁判を求める申立権を有する 2 弁護士法25条1号に違反することを理由として訴訟行為を排除する旨の決定に対し、自らの訴訟代理人又は訴訟復代理人の訴訟行為を排除するものとされた当事者は即時抗告をすることができるが、その訴訟代理人又は訴訟復代理人は自らを抗告人とする即時抗告をすることができない 3 破産管財人を原告とする訴訟において、破産者の依頼を承諾したことのある弁護士が被告の訴訟代理人として訴訟行為を行うことが、弁護士法25条1号に違反するとされた事例
破棄
法3条1項7号に規定する額である140万円を超えるため,弁護士法72条に違...弁護士法72条は,弁護士又は弁護士法人でない者が,報酬を得る目的で法律事...和解をすることについての委任契約を締結することは,弁護士法72条に違反する
認定司法書士が弁護士法72条に違反して締結した裁判外の和解契約の効力
破棄
本件は,弁護士法23条の2第2項に基づく照会(以下「23条照会」とい...弁護士会である被上告人に対し,弁護士法23条の2第1項に基づき,B宛ての郵...て報告をすべきものと解されるのであり,23条照会をすることが上記の公務所又は公私の団体の利害に重大な影響を及ぼし得ることなどに鑑み,弁護士法23条の
弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告を拒絶する行為と同照会をした弁護士会に対する不法行為の成否
上告を棄却
するなどの事情はなく,被告人らが受託した業務は弁護士法72条にいう「その他...ことがほぼ不可避である案件に係るものであったことは明らかであり,弁護士法7...たのであり,被告人らの行為につき弁護士法72条違反の罪の成立を認めた原判断
弁護士資格等がない者らが、ビルの所有者から委託を受けて、そのビルの賃借人らと交渉して賃貸借契約を合意解除した上で各室を明け渡させるなどの業務を行った行為について、弁護士法72条違反の罪が成立するとされた事例
破棄
弁護士法58条1項は,「何人も,弁護士又は弁護士法人について懲戒の事...由があると思料するときは,その事由の説明を添えて,その弁護士又は弁護士法人...の弁護士法61条1項に基づき異議の申出をする場合についても同様に当てはまる
弁護士法58条1項に基づく懲戒請求が不法行為を構成する場合
棄却
として品位を失うべき非行(弁護士法56条1項)であり,原告には,以下のとお
弁護士が、依頼者に対し、相手方から受領した解決金等に関して未受領であるなどの虚偽の報告をしたこと等が弁護士法(平成13年法律第41号による改正前)56条1項に該当するとして、所属する弁護士会がした業務停止3か月の懲戒処分について、日本弁護士連合会が同処分に対する審査請求を棄却した裁決が、取り消された事例
却下
株式会社の取締役に就任しようとして、被告に対し、弁護士法30条3項に基づく...んがみ、許可制度を実施することにより弁護士法の特例として債権回収会社が業と...行社員、取締役若しくは使用人となることができない(弁護士法30条3項)。
弁護士法(平成14年法律第45号による改正前)30条3項に基づく営業許可申請に対して弁護士会がした不許可決定の取消しを求める訴えが、同決定は抗告訴訟の対象となる処分とはいえないとして、却下された事例
破棄
てされたものであるから,上告人による本件会員権の譲受けは,弁護士法73条に... (2) 原審の上記2(2)の判断について 弁護士法73条の趣旨は,主として弁護士でない者が,権利の譲渡を受けること... そして,上告人の行為が弁護士法73条に違反するものであるかどうかについて
他人の権利を譲り受けて訴訟等の手段によってその権利の実行をすることを業とする行為が弁護士法73条に違反するとはいえない場合
棄却
定がされたこと,及び本件原決定については,弁護士法(以下「法」という。)6
弁護士法64条にいう「懲戒の手続を開始する」の意義
棄却
決定がされたこと,及び本件原決定については,弁護士法(以下「法」とい
弁護士法64条にいう「懲戒の手続を開始する」の意義
棄却
)につきT物産の訴訟代理人としてこれに関与したものであるから、弁護士法二五...るから、弁護士法二五条一号により禁止されている職務を行ったものというべきで...れも遺言執行者たる弁護士としての職務を誠実に行うべき義務に違反し、弁護士法
弁護士が、受任している事件の相手方の遺言執行者に就任し、遺言執行行為として前記事件の委任者に有利な形での訴えの取下げ、請求の認諾等を行ったことが弁護士法25条1号に違反するなどとしてされた、当該弁護士に対する業務停止1箇月の懲戒処分を維持した日本弁護士連合会の裁決につき、たとえ遺言執行者への就任が日本法ではなく外国法に準拠したものであったとしても同号違反を免れるものではないなどとして、前記裁決が適法とされた事例
上告を棄却
弁護士法八条、九条、三六条二項と憲法二二条一項
棄却
みなし、弁護士法(以下「法」という)一二条四項に基づく審査請求(以下「本件...本件に関連するような問題について論じたものは少なく、弁護士法の解釈で通説と...七月一三日の二回の弁護士法五五条一項に基づく陳述(成立に争いのない乙第二二
1 弁護士会が弁護士登録の請求の進達を拒絶し得ることを定めた弁護士法12条1項にいう「弁護士会の秩序若しくは信用を害する虞がある者」に該当するかどうかの判断においては、登録を求める者に関し、弁護士会の統制を乱すおそれがある場合、著しい非行がある場合、その者の入会によって一般会員の体面を損なうおそれがある場合その他あらゆる事由がその審査の対象となり得るとされた事例 2 弁護士法12条1項にいう「弁護士会の秩序若しくは信用を害する虞がある者」に該当するか否かの判断において、その者の性格、思考及び行動様式の特異性を評価するために、刑の執行を終了し、又は刑の言渡しが効力を失った後に、刑事事件で確定されたその者の行為を考慮することは、前科のあること自体を理由として差別するものではないから、憲法14条、22条、13条に違反しないとされた事例 3 日本弁護士連合会が、弁護士登録の請求の進達の拒絶を争う審査請求につき、その者の弁護士登録を認めるときは、弁護士会内部の秩序が乱されるだけでなく、弁護士ないし弁護士会の信用そのものが害されるおそれが大きいとしてした審査請求棄却決定が、適法とされた事例
上告を棄却
回答をすることができるのであり、同様な場合に弁護士法二三条の二に基づく照会... 本件は、前記各通達のあつたのちに制定施行された弁護士法二三条の二の規定に... そして、右弁護士法二三条の二の規定が弁護士会に公務所に照会して必要な事項
いわゆる政令指定都市の区長が弁護士法二三条の二に基づく照会に応じて前科及び犯罪経歴を報告したことが過失による公権力の違法な行使にあたるとされた事例
上告を棄却
の訴訟代理人を兼ねたとしても、民法一〇八条、弁護士法二五条の規定に違反する
当事者の訴訟代理人である弁護士が行政事件訴訟法四五条、二三条によつて参加した行政庁の訴訟代理人を兼ねる場合と民法一〇八条、弁護士法二五条
棄却
は、弁護士法第一二条の二に違反して違法である。...るから、右議決を容認した原裁決には、弁護士法第五五条第二項の違反がある。...(三) よつて、原告は、弁護士法第一六条の規定に基づいて被告に対し被告が昭
1 脳梗塞症による後遺障害があるとしても、弁護士法12条1項にいう心身に故障があって「弁護士の職務を行わせることがその適正を欠く虞がある者」とはいえないとした事例 2 詐欺、横領等の罪で懲役刑に処する旨の執行猶予付判決を受けたことがあるとしても、弁護士法12条1項にいう「弁護士会の信用を害する虞がある者」とはいえないとした事例
破棄
 ところで、弁護士法七二条にいわゆる「業とする」とは、反覆継続して行う意思
弁護士法七二条の「業とする」の意義と認定証拠
上告を棄却
 弁護士法五八条により弁護士の懲戒を請求した者が同法六一条により日本弁護士... 論旨は、弁護士法六二条が懲戒を受けた弁護士に出訴を認めながら懲戒請求者に... 弁護士法五八条所定の懲戒請求権及び同法六一条所定の異議申出権は、懲戒請求者の個人的利益の保護のために認められたものではなく、弁護士懲戒制度の運用の
一、弁護士懲戒請求者の異議申出を棄却した日本弁護士連合会の裁決につき右請求者が取消訴訟を提起することの許否 二、弁護士法六二条が憲法一四条に違反するとの主張が排斥された事例
上告を棄却
それが弁護士法七二条に触れるものということはできない。けだし、弁護士法七二...もつてしたものとは認められないというのであるから、これを弁護士法七二条に触れるものとすることはできない。そうすると、被上告人の本件行為を商行為である...とする一方、右行為が弁護士法七二条に触れないとした原審の判断は正当である。
宅地建物取引業者のした法律事務の取扱と弁護士法七二条
棄却
を経ても被告に右請求の進達をしないので、原告は、弁護士法第一二条第四項の規...務所の設置を禁止した弁護士法第二〇条の規定に違反したものであることは否定で...とえ原告の行為が形式的に弁護士法第二〇条の規定に違反するとしても、その実質
所属弁護士会の地域外で法律事務の執務をしたこと、弁護士再登録に際し贈賄等の罪により罰金刑に処せられたことを秘匿したこと及び受任事件の処理に関して弁護士として遺憾な点があったとしても、弁護士法12条1項本文にいう登録換の進達拒絶事由に当たらないとされた事例
却下
1 旧沖縄弁護士会〔沖縄の弁護士法(一九六七年立法第一三九号)の規定による...期間の在職により、原告は日本の弁護士法(昭和二四年法律第二〇五号)五条三号...2 原告は、沖縄の弁護士法による弁護士として登録すべく、昭和四六年九月一六
1 復帰前に提起された旧沖繩弁護士会を被告とする弁護士名簿登録請求拒否処分の取消しを求める訴えが、登録請求拒否処分について取消判決を得ても、沖繩の弁護士法が復帰と同時に効力を失っている以上、同法による弁護士登録を受けることはできず、また、原告のした旧沖繩弁護士会に対する登録請求が、弁護士法により日本弁護士連合会に対する登録請求の進達を求めるものとして取り扱われるべきものではないから、訴えの利益を欠くとして却下された事例 2 復帰前に提起された旧沖繩弁護士会を被告とする弁護士名簿登録請求拒否処分の取消訴訟につき、復帰後の沖繩弁護士会が被告適格を有するとされた事例
破棄
た事実を認定判示し、これにつき、(甲)の各所為はいずれも弁護士法七二条本文...れば、第一、二審裁判所はいずれも、弁護士法七二条本文は、弁護士でない者が、...つて、そのために弁護士法には厳格な資格要件が設けられ、かつ、その職務の誠実
弁護士法七二条本文の法意
破棄
とする」との判決を求め、上告理由第二点について「被上告代理人が弁護士法に違... <要旨>ところが、弁護士法第一、二、三条、第七二条によれば、法律事務は基本
弁護士法七二条に違反する訴訟行為の効力およびその追完の可否
破棄
ることは弁護士法第二五条第一ないし第三号に直接抵触するか否かは別として、少...象となるべき本件不動産等(この関係においては弁護士法第二八条潜脱の疑いを免...のであるから、Aの右行為はその品位を失うべき非行(弁護士法第五六条第一項)
売買および起訴前の和解が当事者の代理人として関与した弁護士の行為に弁護士法五六条一項該当事由があるため公序良俗に反し無効と判断された事例
取り消す
電話の件」についての弁護士法(以下単に「法」という。)第六四条所定の除斥期
一、 弁護士法第六四条にいう「懲戒の手続を開始する」の意義 二、 日本弁護士連合会からその懲戒委員会に対してなされた審査請求によつて特定の追加的懲戒事由につき懲戒の手続が開始されたものと認められないとされた事例
控訴を棄却
 以上の事実関係にてらせば、被告人の本件所為は、弁護士法第七二条の禁止す
弁護士法第七二条に違反する一事例
破棄
     被告人両名について、各弁護士法違反教唆の点は無罪。...そして、第一審判決は、右事実につき、弁護士法違反の教唆の罪が成立するとし、... ところで、弁護士法七二条は、弁護士でない者が、報酬を得る目的で、一般の法律事件に関して法律事務を取り扱うことを禁止し、これに違反した者を、同法七七
弁護士法第七二条違反の罪の教唆犯が成立しないとされた事例
上告を棄却
弁護士法五条三号にいう「法律学」にあたらないとし、上告人に同号による弁護士... 弁護士法五条三号は、「五年以上別に法律で定める大学の学部、専攻科又は大学...者とし、「弁護士法第五条第三号に規定する大学を定める法律」(以下大学指定法
弁護士法第五条第三号にいう大学の学部等における法律学の教授または助教授の職にあつた者の意義
上告を棄却
 「弁護士法第五条第三号に規定する大学を定める法律」(以下大学指定法と称す...る。)は、弁護士資格者の特例として弁護士法五条三号に掲げる大学の学部等にお...  論旨は、弁護士法が大学の教授、助教授の在職者に弁護士資格の特例を認めた
「弁護士法第五条第三号に規定する大学を定める法律」にいう「法律学を研究する大学院」の意義
上告を棄却
を害するものでもなく、弁護士の信用品位を涜すものともいえないから、弁護士法
登記申請の双方代理と弁護士法第二五条第一号
控訴を棄却
い。又弁護士法七二条にいう「法律事務」とは、法律上の効果の発生、変更を伴う...きない」と規定されている。また弁護士の取り扱う職務を規定した弁護士法三条一...包含されるものと解するのが相当である。そこで弁護士法七二条の弁護士でない者
自由刑の執行延期申請と弁護士法第七二条
上告を棄却
て弁護士法二五条四号に違反し無効であるといい、またこの点を看過した原審に釈... 弁護士法二五条四号の規定の違反が、弁護士たる者の信用、品位を失墜するもの
一 弁護士法第二五条第四号違反の訴訟行為の効力 二 候補者の氏名の記載以外に人の氏名と判読できる無色の記載の跡のある投票が有効と認められた事例
上告を棄却
行為は、弁護士法二五条一、二号に違反するものではなく、同条三号に違反するも
弁護士法第二五条第三号違反の訴訟行為の効力
上告を棄却
一〇八条違背の問題は生じないし、弁護士法二五条に違反するものともいえず、所
原告代理人である弁護士が参加人代理人として民訴法第七三条による参加申立をした場合において弁護士法第二五条第一号に違反しないとされた事例
上告を棄却
適法な上告理由に当らない。(なお所論の点に関する原判決の弁護士法七三条にい
弁護士法第七三条にいう「業とする」の意義。
上告を棄却
 所論は、原判決につき弁護士法二五条一号ないし三号および五号違反の点を云々...したことは、弁護士法二五条の前各号の規定に違反し無効である旨を主張するので
一 口頭弁論終結前に相殺適状にある場合において右弁論終結後の相殺による債務消滅は請求異議の原因になるか。 二 弁護士法第二五条第一号または第二号に違反しないとされた事例。 三 弁護士法第二五条第三号の「受任している事件」の意義。 四 債権譲渡の通知前に相殺適状にある場合と債権譲受人に対する相殺の適否。
取り消す
ことを業とする、いわゆる三百代言として弁護士法第七二条、第七三条違反の行為...易に肯認し得るところであり、右は強行法規たる弁護士法第七二条違反行為を隠蔽...るところであり、前記のとおり弁護士法第七二条違反の所為あるものであることは
一、 支配人として営業主のために訴を提起し訴訟を遂行する行為が弁護士法第七二条違反と認められた事例 二、 右の場合その者のなした訴訟行為の効力およびその追完補正の可否
上告を棄却
れを裁判所に提出する行為も、弁護士法七二条の代理に包含されるとした原判示は
弁護士法第七二条の代理にあたるとされた事例。
控訴を棄却
行為と保険金の受領行為との法律的判断を要しない機械的作業であつて、弁護士法... 弁護士法第七十二条は、その本文において「弁護士でない者は、報酬を得る目的...きである。ちなみに、弁護士法第七十二条は、「法律事務取扱ノ取締ニ関スル法
自動車損害賠償責任保険金の請求及び受領が弁護士法第七二条にいわゆる「その他の法律事務」にあたる事例
棄却
 したがつて、原告は弁護士法第五条第三号、弁護士法第五条第三号に規定する大...に異議の申立をした(改正前の弁護士法第一四条)ところ、被告はその資格審査会...法律学に精通しているのが普通である。弁護士法第五条第三号は右の後者に弁護士
弁護士法第五条第三号に規定する大学を定める法律にいう「法律学を研究する大学院」の意義
上告を棄却
由がないのに、報酬を得る目的をもつて、弁護士法七二条前段所定の訴訟事件に関
弁護士法第七二条前段の罪の成立要件。
上告を棄却
のような行為が上告人の職務上の本拠たる事務所を不明瞭ならしめ、弁護士法二〇
弁護士法第二〇条の趣旨に反し弁護士の品位を失うべき非行と認められた事例。
上告を棄却
り判示事件の周旋を受けたことを以つて弁護士法二七条に当るとした原判決の判断...人の右行為を以つて弁護士法二五条に違反するとした原判決には所論違法はなく、論旨は採用できない。
一 非弁護士から事件の周旋を受けたことをもつて弁護士法第二七条に当ると判断された事例 二 共有物分割事件と弁護士法第二五条
上告を棄却
 弁護士法二五条一号において、弁護士は相手方の協議を受けて賛助し、又はその...弁護士法二五条一号に違反するものとしても、記録によれば、D弁護士の被上告人...しかも、上告人本人はD弁護士の右弁護士法の禁止規定に違背する事実の存在につ
弁護士法第二五条第一号違反の訴訟行為の効力。
上告を棄却
前示弁護士法の各法条に抵触するものであつて、右は上告人が右のような契約をな
弁護士法第七二条本文前段に抵触する委任契約の効力。
上告を棄却
弁護士法第七二条にあたるとされた事例。
上告を棄却
るから、右参加申立は全体として、弁護士法二五条一号違反により無効であると主...ら、弁護士法二五条一号に違反しないと解すべきである。...けその代理人として参加申立をした行為には、何ら弁護士法二五条一号に違反する
原告代理人である弁護士が参加人代理人として民訴第七三条、第七一条による参加申立をした場合につき、弁護士法第二五条第一号に違反しないとされた事例
上告を棄却
弁護士法二八条の解釈適用の誤りをいう点につき考えるに、原判決の確定した事実
競売手続実行中の抵当権附債権は弁護士法第二八条にいう係争権利に当るか
上告を棄却
 被告本人および弁護人成田篤郎の各上告趣意は、弁護士法二六条に関する単なる...法令違反の主張と事実誤認の主張であり、弁護人成田哲雄の上告趣意は、弁護士法... しかし、弁護士法二六条が、いわゆる弁護士の汚職行為を禁止し、同法七六条が
一 弁護士法第二六条違反と現実に弁護士の職務の公正を害することの要否 二 同法第二六条にいう「受任している事件」の意義 三 同法第二六条にいう「利益」
62 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in