2019.11 お知らせ:判例検索βがメインになりました。
旧裁判.in | 裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:61906 
刑事21947民事39959
法律
平成6年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
32 件中 1/1 ぺージ
棄却
を乗じて得た消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの。以下「法」
事業者が帳簿又は請求書等を税務職員による検査に当たって適時に提示することが可能なように態勢を整えて保存していなかった場合の消費税法(平成6年法律第109号による改正前のもの)30条7項にいう「事業者が当該課税期間の課税仕入れ等の税額の控除に係る帳簿又は請求書等を保存しない場合」該当性
取り消す
ア 租税特別措置法(平成6年法律22号による改正前のもの、以下「措置法」と
税務署長がした相続税の更正処分に対し、租税特別措置法(平成6年法律第22号による改正前)69条の3の小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例を適用しなかったことが違法であるなどとしてされた取消請求が、棄却された事例
上告を棄却
項,21条1項,31条違反をいう点については,公職選挙法(平成6年法律第2
公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの)129条、138条1項、239条1項1号、3号の合憲性
上告を棄却
条違反をいう点については,公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの。
公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの)138条1項、142条1項、2項、146条1項の合憲性
取り消す
に至った土地の共有持分について、租税特別措置法(平成6年法律22号による改...は、いずれも平成4年法律16号による改正後のもので平成6年法律23号による
税務署長がした相続税の更正処分に対し、租税特別措置法(平成6年法律第22号による改正前)69条の3の小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例を適用しなかったことが違法であるなどとしてされた取消請求が、一部認容された事例
控訴を棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
棄却
1 貨物運送業を営む者に対する所得税及び消費税の更正処分につき、推計の必要性があるとされた事例 2 貨物運送業を営む者に対し推計課税の方法によってされた所得税の更正処分が、適法とされた事例 3 消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう帳簿又は請求書等を「保存しない場合」に当たるとして、税務署長が同条1項による仕入税額控除を適用しないでした消費税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
(2) 本件小選挙区選挙は、平成6年法律第2号、同第10号及び同第104号
1 衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りの基準を定める衆議院議員選挙区画定審議会設置法3条並びに同区割りを定める公職選挙法(平成6年法律第2号、同第10号及び同第104号)13条1項及び別表第一が、憲法の規定する投票価値の平等の要請に反するとは認められないとされた事例 2 衆議院小選挙区選出議員の選挙において候補者届出政党に候補者本人のする選挙運動とは別に、選挙運動を認める公職選挙法の規定が、憲法14条1項、15条、21条、43条1項に違反するとはいえないとされた事例
棄却
(二) 上記(一)に基づいて、消費税法(ただし、平成6年法律第109号によ
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「保存」の意義と「保存しない」ことが推認される場合
棄却
土地等の譲渡人において開発許可を取得して開発をした場合の同土地等の譲渡に係る譲渡所得には、租税特別措置法(平成6年法律第22号による改正前)31条の2第2項7号の特例の適用はない
取り消す
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
却下
1 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定の要件であるいわゆる放射線起因性についての立証の程度 2 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定申請却下処分の取消請求が、認容された事例
棄却
1 貨物運送業を営む者に対する所得税及び消費税の更正処分につき、推計の必要性があるとされた事例 2 貨物運送業を営む者に対し推計課税の方法によってされた所得税の更正処分が、適法とされた事例 3 消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう帳簿又は請求書等を「保存しない場合」に当たるとして、税務署長が同条1項による仕入税額控除を適用しないでした消費税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
国民年金法等の一部を改正する法律(平成6年法律第95号)附則6条に基づく障害基礎年金給付の支給についての国民年金法18条1項にいう「支給すべき事由が生じた日」の意義
控訴を棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」に当たるとして、同条1項に基づく課税仕入れに係る消費税額の控除を認めないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
却下
1 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定の要件であるいわゆる放射線起因性についての立証の程度 2 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律(昭和32年法律第41号、平成6年法律第117号による廃止前)8条1項に基づく認定申請却下処分の取消請求が、認容された事例
棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
棄却
消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条7項にいう「帳簿又は請求書等を保存しない場合」の意義
上告を棄却
公職選挙法138条1項、239条1項3号(平成6年法律第2号による改正前のもの)の合憲性(補足意見がある。)
棄却
建物の賃貸借契約の合意解除に際し賃借人に支払った立退料に係る消費税相当額を、賃貸人に係る消費税法(平成6年法律第109号による改正前)30条1項の「課税仕入れに係る消費税額」とすることはできないとしてした消費税の更正が、適法とされた事例
上告を棄却
公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前のもの)221条1項1号の規定違憲(憲法21条)の主張が欠前提処理された事例
上告を棄却
関税法(平成6年法律第118号による改正前のもの)109条の規定と憲法13条、19条、21条、31条
控訴を棄却
一般建設業の許可申請において、許可申請書に添付された誓約書等が代理人名義で作成され申請者本人の押印を欠いていた場合につき、当該申請は、建設業法(平成6年法律第63号による改正前)8条に規定する「添付書類中に(中略)重要な事実の記載が欠けているとき」に該当するものであるとして、同申請を不許可とした建設大臣の処分が適法とされた事例
控訴を棄却
1 建設業法(平成6年法律第63号による改正前)29条5号にいう「不正の手段」の意義 2 法人である建設業者の代表者以外の役員又は従業員の行為と建設業法(平成6年法律第63号による改正前)29条5号にいう「不正の手段」 3 建設業を営む株式会社が不正の手段により特定建設業の許可の更新を受けたとしてされた当該許可の取消しが、適法とされた事例
棄却
一般建設業の許可申請において、許可申請書に添付された誓約書等が、代理人名義で作成され申請者本人の押印を欠いていた場合につき、当該申請は、建設業法(平成6年法律第63号による改正前)8条に規定する「添付書類中に(中略)重要な事実の記載が欠けているとき」に該当するものであるとして、同申請を不許可とした建設大臣の処分が適法とされた事例
上告を棄却
公職選挙法138条1項、239条1項3号(平成6年法律第2号による改正前のもの)の合憲性(補足意見がある)
却下
1 建設業法(平成6年法律第63号による改正前)29条5号にいう「不正の手段」の意義 2 法人である建設業者の代表者以外の役員又は従業員の行為と建設業法(平成6年法律第63号による改正前)29条5号にいう「不正の手段」 3 建設業を営む株式会社が不正の手段により特定建設業の許可の更新を受けたとしてされた当該許可の取消しが、適法とされた事例
棄却
公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前)13条1項、別表第1、附則7項ないし11項の衆議院議員の議員定数配分規定は、平成4年法律第97号による改正時及び平成5年7月18日の衆議院議員選挙当時、憲法に違反していたものとはいえないとした事例
棄却
公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前)14条、別表第2の参議院(選挙区選出)議員の選挙区及び議員数の定めは、平成4年7月26日の参議院議員選挙当時、憲法に違反するに至っていたとはいえないとした事例
棄却
市議会議員選挙において「平野(善)」と記載した投票につき、候補者の姓に続けて名の第一字を縦の丸括弧でくくった「(善)」の記載が、公職選挙法68条1項5号(平成6年法律第2号による改正前のもの)の他事記載に当たらないとして、前記投票を有効とした事例
却下
1 候補者の氏名のほかにその所属政党名を記入した投票の効力 2 候補者の氏名のほかに記載された同人の所属政党名以外の政党名と公職選挙法(平成6年法律第2号による改正前)68条1項5号の他事記載 3 候補者の氏名のほかに同人の所属政党名以外の政党名を記載した投票が、有効とされた事例
32 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in