裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62315 
刑事22057民事40258
法律
平成27年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
6 件中 1/1 ぺージ
却下
判示要旨:我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律(平成27年法律第76号)及び国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律(同年法律第77号)によって新設又は改正された規定に基づく自衛隊の出動命令、後方支援活動及び協力支援活動等は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たらないとして、行政事件訴訟法3条7項に基づく差止請求を却下するとともに、前記各法律の制定に係る内閣及び国会議員の行為について、原告らの平和的生存権、人格権及び憲法改正決定権等の侵害を理由とする国家賠償請求を棄却した事案
上告を棄却
所論に鑑み,本件における不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例
却下
金融商品取引法(特段の断りのない限り,平成27年法律第32号による改
判示要旨:金融商品取引法(平成27年法律第32号による改正前のもの)に基づき一定の期間を定めて外務員の職務の停止を命ずる処分を受けた者が提起した同処分の取消訴訟の係属中に同期間が経過した場合における訴えの利益の消長
控訴を棄却
告人の行為は平成27年法律第54号による改正前の不正競争防止法(以下
判示要旨:転職先等で直接的又は間接的に営業秘密を参考にする目的と平成27年法律第54号による改正前の不正競争防止法21条1項3号の「不正の利益を得る目的」
控訴を棄却
聴等を)可能とする機能を有するプログラム」(平成27年法律第54号による改
判示要旨:不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)2条1項10号に規定する技術的制限手段により制限されている影像の視聴を当該技術的制限手段の効果を妨げることにより可能とする機能を有するプログラムに当たるとされた事例
上告を棄却
3条1項3号,平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の
判示要旨:公職選挙法243条1項3号、平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の合憲性
6 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in