裁判員日程 | 傍聴券日程
検索対象:
全ての判例:62315 
刑事22057民事40258
法律
平成25年法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
11 件中 1/1 ぺージ
取り消す
本件は,生活保護法(平成25年法律第104号による改正前のもの。以下
判示要旨:勤労収入についての適正な届出をせずに不正に保護を受けた者に対する生活保護法(平成25年法律第104号による改正前のもの)78条に基づく費用徴収額決定に係る徴収額の算定に当たり、当該勤労収入に対応する基礎控除(昭和36年4月1日付け厚生事務次官通知に基づくもの)の額に相当する額を控除しないことが違法であるとはいえない
取り消す
業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律
判示要旨:外国人学校であるA校を設置及び運営する被控訴人が、公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律第90号による改正前のもの。同号により法律の題名が「高等学校等就学支援金の支給に関する法律」と改められた。)2条1項5号の委任を受けて定められた同法施行規則(平成22年文部科学省令第13号。ただし、平成25年文部科学省令第3号による改正前のもの。)1条1項2号ハの規定に基づく文部科学大臣の指定を受けるため、当該指定に関する規程(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律施行規則第1条第1項第2号ハの規定に基づく指定に関する規程」。以下「本件規程」という。)14条1項に基づいて申請をしたのに対し、A校が本件規程13条に適合すると認めるに至らないことを理由に文部科学大臣が当該指定をしない旨の処分をしたことについて、A校は他の団体から教育の目的を達するための必要性、合理性の限度を超えて介入を受け、教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑いがあること、A校において就学支援金の管理が適正に行われないことを疑わせる相当な根拠があることから、A校について、法令に基づく適正な学校運営という観点からして本件規程13条適合性があるとはいえないとして、上記不指定処分が違法とはいえないとされた事例
取り消す
の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成25年法律第9
判示要旨:平成25年法律第90号による改正前の公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律2条1項5号及びその委任を受けた同法施行規則1条1項2号ハの規定に基づく指定をしない旨の文部科学大臣の処分が違法であるとして取り消され、上記規定に基づく指定をすべき旨が命じられた事例
控訴を棄却
死亡させ,B及びCに傷害を負わせたとして,平成25年法律第86号による改正
判示要旨:「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
上告を棄却
所論に鑑み,職権で判断する。刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第
判示要旨:刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」
控訴を棄却
第79号により,当時の薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの,現...本件植物片約1.467グラムを所持したという当時の薬事法(平成25年法律第
判示要旨:薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの)2条14項に規定する指定薬物を所持する罪の故意が認められる場合
控訴を棄却
判示要旨:1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
棄却
〔平成25年法律第6号による改正前のもの。 28条3項)
判示要旨:化粧品等の輸入、卸売販売等の事業を営む会社が、アメリカ合衆国所在の関連企業との間の問屋契約に基づき、上記関連企業が複数の製造者から購入した輸入貨物について、上記関連企業と製造者との間の売買が関税定率法(平成25年法律第6号による改正前のもの)4条1項の規定する輸入取引に該当し、同項の規定を適用して輸入貨物の課税価格を計算すべきであるなどとして、関税、消費税及び地方消費税の申告納税を行ったところ、上記売買は同項の規定する輸入取引には該当しないから、同法4条の3第1項1号等の規定に基づいて課税価格を計算すべきであるとしてされた更正処分等が、適法であるとされた事例
棄却
(平成25年法律第26号(以下「平成25年改正法」という。)による改正
判示要旨:1 健康保険の被保険者である会社の代表者が負傷に関して療養の給付を受けた場合において、代表者に対してされた療養の給付の不支給決定に裁量逸脱の違法があるとはいえないとされた事例 2 健康保険法1条(平成25年法律第26号による改正前のもの)が法人の代表者等の業務上の事由による負傷等を保険給付の対象としていないことと憲法14条及び25条
取り消す
伴い,厚生年金保険法(平成25年法律第63号による改正前のもの。以下同
判示要旨:厚生年金保険法(平成25年法律第63号による改正前のもの)に基づき設立された厚生年金基金の規約が、給付に要する費用に充てるため、脱退の申出を行った設立事業所に係る未償却過去勤務債務等の額を、特別掛金として当該設立事業所の事業主から徴収するものとすると定める場合において、当該厚生年金基金の設立事業所の事業主(法人)が吸収合併され適用事業所に該当しなくなった場合の当該設立事業所の上記「脱退の申出を行った設立事業所」該当性
破棄
判示要旨:個人住民税の所得割に係る賦課決定の期間制限の特例を定める地方税法(平成25年法律第3号による改正前のもの)17条の6第3項3号にいう決定、裁決又は判決があった場合の意義
11 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in